gin8326



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ 銀河のリハビリテーション ★ライトフォース作戦★ ..。o○☆*゚¨゚゚

August 22, 2020

高次の光階層と銀河委員会は、緊急特別作戦である[ギャラクティック・リハビリテーション2020]の準備を始めました。
これは、2020年7月19〜23日直後に、LF(ライト・フォース)の地上チームと連携して、高次の光階層が実施した別のオペレーションの続きです。
その後、それはボールド・マウンテンの惑星系とネオワイズ彗星の助けを借りて、地球を破壊しようとしたダーク・フォースの試みへの反応でした。

宇宙からの強力な攻撃には、ブラック・ロゴスが使用されました。。
攻撃は、撃退されました。
地球の大規模な爆撃に関係する全てのロゴスは、ローカライズされ、ターゲットとしてキャプチャされ、新しいコンテンツを移植することにより、リハビリ、または破壊の為に措置が取られました。

最近の劇的な出来事により、高次の光階層は新しいオペレーション[ギャラクティック・リハビリテーション2020]の準備を、スピードアップすることを余儀なくされました。
8月12〜13日の夜に、ダーク・フォースはボールド・マウンテン・システムを使用して、惑星を破壊する新たな試みを行いました。

セキュリティ上の理由から、名前や場所に言及することなく、作戦の説明に専念します。
しかし、初めに、単一の階層チャネルを介して、最近、送信された新しい情報から。

多くのボールド・マウンテンは、強いエネルギーを放出する場所にあり、それは善の為だけでなく悪の為にも使用されました。
何千年もの間、闇の階層(ダーク・ヒエラルキー)は、これらの山岳地帯のシステムを、悪魔の儀式、処刑、犠牲、そして、安息日(ヴァルプルギスの夜など)の為に、惑星全体のバッテリーと3Dインフラストラクチャ(下部構造)の電源として利用して来ました。

ボールド・マウンテンの表層システムは、ローカル・ユニバースの黒の階層(ブラック・ヒエラルキー)の飛び地と密接に関連しています。
これは、悪魔の世界からの惑星、及びその他のロゴスのグループであり、単一の構造に統合されています。

ブラック・ロゴスは、アスペクトの交換だけでなく、相互に浸透するロゴスのセグメント全体によってリンクされます。
そして、それは閉回路です。

【 グレイと、ブラック・ワールドのエリート・クラブ 】

全てのロゴスは、世界の悪の枢軸、または世界の悪魔の枢軸として知られる宇宙軸によって、リンクされています。
しかし、黒の階層は更に進んで、ローカル・ユニバースを作成したいと考えていました。

これには、生気のないブラック・ロゴスと生命の境界に2本の極が存在する為に、生命力のエネルギー源が必要でした。
これらの情報源の1つは、地球とボールド・マウンテン・システムでした。

彼らはまた、地球をローカル・ユニバースの下部極として選択しました。
これを行う為に、彼らはそれをキャプチャし、惑星のロゴスを制圧し、惑星を悪魔の世界の一部にすることを決定しました。

この目的の為に、彼らはアース・ハートの神聖なポータルを通じて、アース・ロゴスを手に入れ、それを世界の悪の枢軸に通そうとしました。
つまり、この軸をキャプチャされた地球のロゴスに拡張することです。

この試みは、古代に行われました。
しかし、ある至高の光の存在の自己犠牲のおかげで、自分で銛(もり)の打撃を受け止めて、地球の心臓には届きませんでした。
それは、地球のポータルにあるボールド・マウンテンの地点で、地球の体に残ったままでした。

失敗を認めずに、ダーク・フォースはボールド・マウンテンの広大なネットワークに賭け、地球を悪魔の世界の下部極に変えましたが、惑星のロゴスを捕らることはできませんでした。
この目的の為に、彼らは地球のロゴと世界の悪の枢軸の一部である全てのブラックのロゴスの側面を備えた、仮想ロゴス・クリスタルを作成しました。

それから、彼らはそれをボールド・マウンテンのフィールドに、地球のポータルのポータルと共に置きました。
そして、その惑星の体に深く埋め込まれた銛(もり)が、世界の悪魔の軸の続きとなったような方法で。
その後、ブラック階層はボールド山脈システム全体を活性化しました。

対立は始まりました、地球のこのポータルの為の光と闇の力の戦い。
それは、惑星の表面と宇宙で同時に行われました。

最後の主要な戦いは第二次世界大戦で、ダーク・フォースが壊滅的な敗北を喫しました。
悪魔の世界の下の極としての地球の心臓のポータルが、ブロックされました。

しかし、全てのインフラストラクチャ(下部構造)は残り、現在まで部分的に機能し続けました。
これは全て新しいマトリックスに転送され、高次の光階層はそれを処理する必要がありました。
彼女に代わって、LF(ライト・フォース)の地上チームが、地球のボールド・マウンテンのネットワーク全体をクリアし始めました。

2020年8月12〜13日の夜に、何が起こりましたか。

最近、チームはこれらの山の1つを、アンタカラナ/Antahkaranaのエネルギーで一掃しました。
この場所自体は、地球の中心のポータルの隣のボールド・マウンテンと密接に関連しており、微妙な平面(サトルプレーン)上でそれと一体になっています。

その後、予期しないことが起こりました。
クリアリングは、地球の心臓の自然な収縮を引き起こしました。
地球の中心のポータルが配置されている惑星のシンボディにいるダーク・フォースの銛(もり)がなければ、何も危険はありません。

心臓の反射的な自己収縮が、痙攣(けいれん)を引き起こしました。
その結果、銛(もり)は、地球の中心部まで急速に深くなり始めました。

ほんの数秒でした。
誰も、何もする時間はありませんでした。

しかし、LF(ライト・フォース)の地上チームには、彼らのあらゆる行動を静かに、そして、目に見えない形で監視する防御システムがあります。
地面の危険な状況毎(ごと)に。
そして、それが発生すると、地球上に顕現体を持つことで、即座にその状況に介入し、制御不能かつ壊滅的な発展を阻止します。

このディフェンダーは、ハイヤーセルフと呼ばれます。
これは、LF(ライト・フォース)地上チームの、20年間の献身的な仕事で何度も起こりました。

最も重要な瞬間に、彼らのハイヤーセルフは単に全てのものを投げました……彼ら自身、モナド、顕現の体、一撃を負う為に。
それらの可能な致死結果は、二次的なものと見なされました。
だから、今回もまた起こったのです。

2020年8月12日の約22時間25分で、黒い銛(もり)はその先端で地球の心臓にほとんど到達しました。
この時点で、チームリーダーの1人のハイヤーセルフは、銛(モリ)に曝(さら)されました。
そのハイヤーセルフは、モナドのコアと物理的なものを含む、顕現体を含むハートを提供しました。

太陽神経叢と心臓に、鋭い刺すような痛みがありました。
その人は、呼吸も移動もできませんでした。

チームメイトは、できる限り精力的にサポートしました。
無意識になるほどの痛みと麻痺は、8月12日から13日の夜を通して続きました。

午前9時までに、全てが止まり、眠りがやって来ました……同じ日に、高次の光の階層は、銛(モリ : 世界の悪の枢軸の一部)の実体が処理されたと報告しました。
しかし、全てではなく、地球のポータルの隣の惑星の体に埋め込まれた部分です。
従って、もう一度、LF(ライト・フォース)の地上チームのメンバーのハイヤーセルフは、私達と地球全体を救いました。

次は、何ですか?

チームは、ボールド・マウンテン・システムのDFのエネルギーインフラストラクチャ(下部構造)を排除し続けました。
上位の光の階層と銀河委員会は、地球だけでなくローカル・ユニバース全体を網羅する、銀河のリハビリテーション2020という大規模な作戦を準備しています。

詳細は、追って紹介します。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional