gin8313



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ イスラエル・ライトフォース・オペレーション ★量子転換★ *:..。o○☆*゚¨゚゚

September 12, 2020

ブラック・アルコンは、彼らの食糧源である地球のヒト生命エネルギーを維持供給できるよう、ヒトの進化を抑える目的で、地球上にマトリックスを作成しました。
彼らが操作したのは、主に人間のDNAやカルマです。

ブラック・アルコンは、その為に、エルサレムの神殿の丘(テンプル・マウント)の下にマトリックスを作りました。
エルサレムのライトフォースの地上チームの仕事の目的は、エルサレムのテンプル・マウントの下にあるそのマトリックスを破壊し、ブロックされた人間のDNA鎖とカルマのリリースでした。

ライトフォースの作戦は、地上の光の戦士達と、高次の光の階層の者達によって、ベールの向こう側のプレーンでも戦いが行われました。

【 エルサレムの神殿の丘作戦 】

エルサレムのテンプル・マウント / Temple Mount でのライトフォースの地上チームの作戦の主なタスクは、暗い階層のもの達 / the Dark Hierarchs によって作られたマトリックス、地球とサトル・プレーン(エーテルの平面)の全てのレベルで、黒と灰色のエンティティを作成する為に作られたこのマトリックスをを破壊することでした。
この作戦には長い歴史があります……ブラック・アルコンの主な問題は、存続可能な人間を作成できないことでした。

地球上で彼らの力を維持する為に、彼らはその生命エネルギーを生成することによって存在するホモ・サピエンスを必要とします、そして、彼らがするように、他人の生命力に寄生しません。

何十万年もの間、暗い階層のもの達は、人間のゲノムを実験して来ました。
彼らは、その構造を変えました。
それに、動物や野菜のインサートを作りました。

12本のDNA鎖のうち10本をブロックして、ソースのエネルギーを遮断しました。
そして、多くのハイブリッドを作成しました。

そのような厄介(やっかい)な実験を全てリストアップするには、長い時間がかかります……しかし、それは全て無駄でした。
何千年もの努力は、望ましい結果を生み出しませんでした。

ブラック・アルコンは、最も重要なことを実行できなかったことに激怒しました。
創造主の火花を抽出して、完全に鎮圧し、創造主は人間の魂にそれを投入しました。

これは、創造者がかつて宇宙に息を吹き込んで、それを使って自分自身とその創造物を知るのと同じスパークです。

時間と空間を様々な次元で旅する体験が、層状にホログラムの形で置かれている、光の輝点。
半透明のボール、金、エメラルド、その他の虹の色合いが煌(きら)めくものなど……暗い階層の者達が、それでもなお成功させるという信念は印象的です。

ブラック・アルコンは、彼らのホモ・サピエンスのバージョンを作りました。
但し、「完璧な創造のマトリックス」を使用しても、得られたものはアブサリュート(完全)・バージョン / the Absolute’s version よりも根本的に劣っていました。

欠陥のあるコピーでさえ、創造主がその粒子を人間に吸い込んだ場合、完璧であり、黒の階層を超えます。
そのような人に対して、完全な権限を確立することはできません。

試みは、続きました。
アダムの初代モナディック・マトリックスを取得したブラック・アルコンは、生体解剖に従事しました。

アブサリュート・バージョンは、それを両性具有、即ち完全で自給自足で、男性と女性の原則の統一と平等の現れとして作り出したのです。
アダムのモナド(単純な単細胞生物の歴史的な用語)を2つに分割することで、アルコンは創造主の火花をそこから盗み、完全な力を得ることを望みましたが、それはうまくいきませんでした。

それから彼らは、男性の側面を持っていた女性の半分で操作を繰り返しました。
これは、オスとメスのモナドが、そこから出現した方法です。

しかし、分割された形式であっても、両方の部分は、創造主のおかげで不滅であり、進化レベルで闇の階層の者達を上回ったという意味で、パーフェクトに近いままでした。

彼らの怒りに、制限はありませんでした。
彼らの大評議会で、彼らは両方のモナドを完全に壊すことに決めました。
それは、機械式時計から部品を引き抜こうとするようなもので、うまくいかなかった時、既に壊れていたとしても、ハンマーで激しく叩いて何かを得るやりかたでした。

モナドでも、ほぼ同じことが行われました。
それらは切断され、細断されました。

ホリスティック・アダムに24本のDNA鎖がありましたが、分離後、それらは12本になりました……彼と彼の女性の半分にとって。
彼女の新しい生体解剖後、DNAの2ストランド(鎖)のみが機能し続けました。

脳の100%のうち、3〜5%が機能し続けること、つまり、遺伝子構造から……約10%が機能するだけになりました。
それでも、高次の光の階層では、ホリスティック・アダム・バージョンに従って作成された、いくつかの人間のモナドを維持することができました。
これは、所謂(いわゆる)モナディック・ファミリーです。

そして、その結果、人間のモナドの大多数、現在、地球上に住んでいる地球人は、アダム模倣バージョン / version of Adam Counterfeit.です。
彼らのモナドは完全ではなく、自給自足ではありません。
何故なら、それらは黒のアルコンが、彼らの怒りで全て取り除いた後に残った、モナディック・マトリックスに従って作成されたからです。

高次の光の階層のもの達とライトワーカーが、地球上で体現した強力な努力の結果として、アダム模倣マトリックス / the Adam Counterfeit Matrix の変換の前提条件が作成されました。
目標は、元の完全性に戻すことです。

ライトフォースの地上チームは、この作戦の準備と実施に参加しました。
重要なことは、チームリーダーが、ホリスティック・アダムバージョン / /the Holistic Adam version に基づいて作成され、このモナディック・マトリックスの担い手であるということです。

アダム模倣マトリックスの分割の前に、ユニークなオーメン(良くない前兆)がありました。
この光の戦士が朝ベッドに入ると、剣を持った預言者エリヤの像がシートに現れました。
預言者エリヤが作戦を主導する為に、高次の光階層によって任命されたことが判明しました。

模倣マトリックスは、闇の階層とブラック・アルコンによって注意深く守られていた為、エリアの剣は激しい戦いが始まったことを意味していました。
それらの多くは、マトリックスへのアクセスの為の、宇宙での戦闘中に破壊されました。

これは、カルマのマトリックスをクリアすることも含む、複雑なマルチ・パス操作でした。
しかし、最初の段階では、全てが完全に失敗に終わりました。
アダム模倣分割マトリックスは、自己再生されたからです。

徹底的な分析中に、操作の参加者は大失敗の原因を発見しました。
宇宙の夜の間に、私達の惑星とローカルユニバースの重要な部分を捉えた高次の闇の階層の者達は、自己規制と自己再生の原理に基づいたハイアーイオンのように、彼らと人間を再構築しました。
これらと同じ原則が、3Dマトリックスに埋め込まれています。

3Dマトリックスの不可欠な部分は、地球と3次元の人体です。
従って、アダム模倣マトリックスが分割された時、ブラック・イオン達は、直ぐに動物の世界での自己再生のような自動修復を開始しました。
同様に、マトリックスは、常にブラック・イオンを復元しました。

ガンやCOVID-19でも、同じ効果があります。
彼らは巧みに体を騙(だま)し、ヒトの免疫システムをシャットダウンし、そして、生命のほとんど全ての資源を捧げることを余儀なくされました。
これは、身体が、その損傷部分を癒す力を与えていると考えている為に起こります。

同じ原理により、高次の暗い階層の作成マトリックスは、アダム模倣マトリックスを復元し、悪魔のような反世界を生き返らせ続けました。
これは、核ファントム自己再生効果 / the Nuclear-Phantom Self-Regeneration Effect.と呼ばれます。

アブサリュートと高次の光の階層は、上記のイベントを待機して監視することができませんでした。
彼らは、この異常を排除する為に、大規模で包括的なオペレーションを開発しました。

地上のチームヘッドには、特別な役割が割り当てられました。
しかし、最初に、彼はモナディック・ハルマゲドン / Monadic Armageddon を通過しなければなりませんでした。

彼の生涯を通じて、そして、特に近年、高次の光の階層は、モナドで数多くの変化を遂げて来ました。
アダムの模倣モデルから、ホリスティック・アダムのバージョンから、パーフェクトヒューマンへと。

ハルマゲドンの初めまでに、彼のモナドは、プレロマ生まれのレベルにアップグレードされていました。
ハルマゲドンの目的……モナドの新しい状態がどれほど安定しているかをテストすること。
成功した場合は、操作に参加するチームリーダーを準備します。

アブサリュート / Absolute の計画は、アダム模倣モデルで作成された全ての欠陥モナドの変換を提供します。
計画が実現すれば、全ての人間の魂は破壊から保護され、救われます。
今まで救済の機会がなかった、カルマの現実の底にいる人々でさえ救われるでしょう。

2020年8月31日に知られるようになったように、ローカルユニバースの共同作成者と同じように、ヤルタバオト / Yaltabaoth や、他の高次のダーク・エンティティが光に戻る準備ができている場合でも、それは当て嵌(はま)ります。

チームリーダーのコアのハルマゲドンのアップグレードされたモナドには、アダム模倣マトリックスがインストールされます。
同時に、カルマロード / the Karma Lords は非干渉を命じられました。
その後、チームリーダーのモナドで、自然な自主規制が発生します。

お互いに戦った結果、マトリックスは1つだけ残っているはずです。
これは、これからも永遠に光の戦士が、プレロマチルドレンファミリー / the Pleroma Children Family の正会員であることを意味します。

彼はテストに耐えることができず、彼のモナドは、元の欠陥のあるレベルに再び低下しました。
後者の場合、高次の光の階層の骨の折れる作業は、全て無駄になります。

モナディック・ハルマゲドンの結果によって、光の戦士が計画された作戦に参加し続けるかどうかが決まります。
ハルマゲドンは、3週間、酷(ひど)く続きました。

光の戦士は、彼のラディアント・コーザルとサトルボディが、古いマトリックスによって粉々に引き裂かれた後、彼の人生の為に必死に戦っていました。
しかし、生まれたプレロマは自分を擁護し、アダム模倣マトリックスを抑制し、モナドの中心にある情報ウイルスのように完全に消去しました。

その為、戦闘中の光の戦士は、プレロマチルドレンの1人であることが証明されました。
そして、モナドが作成されたバージョンに関係なく、これは全ての人が利用できることを示しました。

モナディック・ハルマゲドンを獲得した後、チームリーダーとそのグループは、作戦の次の段階に進むことができました。
ダーク・ヒエラルキー・マトリックスのヘル・クリスタル(地獄の結晶)を分割し、カルマの作成キーを削除しました。

作戦の場所は、エルサレムの神殿の丘でした。
地上チームの他の遠征に参加した最も経験豊富なライトワーカーのグループは、それに参加する為に選ばれました。

運用前に、彼らはアップグレードされたエジプトのロゴス(概念)のコアに、ファンデーション・ユニティ / Foundations Unity のアブサリュート(絶対)マトリックスをインストールしました。
このロゴスは、ヘル・クリスタルを破壊する上で、重要な役割を果たしました。

その後、イスラエルへの飛行中に、飛行機からシナイ半島を越えて、チームは新しいエジプトのロゴスのコアと同期し、コーザル体のコアの加速を絶対合成の状態にテストしました。
同時に、セラピスに率いられた新エジプト領主は、ロゴスのコアをアブサリュート・ライト(絶対光)の状態に加速し、そのような高い振動が常に維持されるようにしました。
とても、難しかったです。

ロードにはグループでコアに入り、定期的に交代しました。
オーバーロードが、非常に重い為です。

同時に、光の輪の形をした石棺が、神殿の丘の周りのサトル・プレーンに建てられました。
予期しないことが起こるまで、全てがうまくいきました。

結局のところ、この場所は地球上で敗北した闇の階層の要塞の1つであり、最後のブラック・アルコンが塹壕(ざんごう)に入っていました。
彼らは失うものが何もなかったので、彼らは何の為にでも準備ができていました。

LF(ライトフォース)の作戦の前夜、真夜中に、彼らは神殿の丘の周りにある光の輪を突破しようとしました。
これを行う為に、黒の残党は3つの結晶を組み合わせることで、3D現実の力を使用しました : コンポーネントの惑星結晶とエレメンタルはまだ制御下にあり、ヘル・クリスタル(地獄の結晶)と一緒にチベットのアンチ・シャンバラの結晶、それはエルサレムの神殿の丘の角石にあります。

攻撃を撃退する為に、高次の光の階層は、作戦に関与する全ての力を使用してヘル・クリスタルを分割する必要がありました。
彼らは、大打撃の矢面に立ちました。

午前3.33amに、地上の乗組員は、大砲が近距離から発砲されたかのように感じました。
彼らの放射体 / Radiant Bodies は粉々に吹き飛ばされました
パーフェクトライトの振動でさえ、そのような力の衝撃に耐えることができませんでした。

これに続いて、ブラック・アルコンがリング・オブ・ライト(光の指輪)を突破しようとしました。
試みは、ブロックされました。

高次の光の階層の者達は後退せず、壊れたリング・オブ・ライトを彼ら自身で覆(おお)いました。
グラウンド・チームのトップを含む、多くの光の戦士が負傷しました。
午前中、ヘビの咬傷や聖痕 / stigmata. のように、腕に二重の傷が現れました。

猛攻撃に耐えた高次の光の階層は反撃を開始し、その瞬間を利用して、同じ夜に作戦の次の部分を実行しました。
階層のライト・クリスタルのビームと、新しいエジプトのロゴスのコアの助けを借りて、テンプル・マウントのコーナー・ストーンの下に保管されているヘル・クリスタルの中心に、強力なピンポイント・ストライクが行われました。
それは分割され、その体積の最大48%が新しいエジプトのロゴスのアブサリュート・ライト / Absolute Light によって、消滅の為に即座に撤回されました。

惑星のヘル・クリスタルの実体は、高次の黒と灰色の階層の側面の、最も爆発的な組み合わせでした。
光の階層の反撃はヘル・クリスタルのかなりの部分を破壊しただけでなく、その完全性を破壊しました。
それはまた、人類の単一のカルミック・エグレガー / Karmic Egregor と、所謂(いわゆる)人類の第一の枝、即ちヤルタバオト / Yaltabaoth からカインを経る家族の、ジェネティック・エグレガー / egregors を排除することを可能にしました。

2番目の最初の分岐は、真の神の子供であり、アダムとイブの子孫であるセスです。
ブラック・アルコンの打撃によって、ボロボロに縮れになっていた放射体を復元するのに、次の2日かかりました。

3番目のチャクラは特に影響を受け、この Thin Body パーツに大きなギャップホールが形成されました。
作戦の最終段階は、神殿の丘で行われました。

それとコーナー・ストーンについてのちょっとした余談……エルサレム旧市街の東側に、高い壁に囲まれた長方形の正方形の神殿の丘があります。
真ん中には、宗教的な建物、岩のドームがあります。

これは、a-シュリヤ / a-Shriya(Foundation Stone または Cornerstone)でさえあると考えられており、タルムードとトーラでは、主が創造を始めたと述べています。
この場所は、惑星の地獄のポータル(地獄の門)に過ぎません。

これは、寓話ではありません。
岩の中の微妙な面に、地獄の結晶があったからです。
それは、どんな感じでしたか?

これは、ヤルタバオトやブラック・アルコンなど、より高位の悪魔的存在の側面を集めたものです。
前者の側面はヘル・クリスタルのコアを構成し、他の側面はその外殻のシェルを構成していました。

ヘル・クリスタルの目的は、多面的でした。
これは、ローカルユニバースの中央の反太陽(黒い太陽)の投影であり、反プレロマと地球のカルマ中心の投影です。
これら全てが相俟(あいま)って、新しいモナドキャリアの地球へのノードエントリポイントとして機能することが保証されました。

ファンデーション・ストーンは、惑星のカルマの化身のポータルでした。
ダーク・フォースの圧力下で、地球に転生するエンティティに課せられた12%の必須カルマは、そこに集中していました。

同じポータルは、彼らの地上の生活の結果として、彼らのカルマが少なくとも1%増加した場合、多くの魂を故郷に帰らせませんでした。

アダム模倣マトリックスも、ここに保管されていました。
ヘル・クリスタルのコアにある、このマトリックスを通過する人体の中で最高の使命を実現する為に、地球に来る全ての光実体。

その結果、彼らの因果関係の体は模倣アダムの状態に再構成され、強制されたカルマの12%を、即座にカジュアルな体に受け取りました。
そして、肉体の誕生時には、私達のイーオン / Eon 自体がそれから構成されている為、カルマは既にアプリオリにDNAに入力されている為、既にブラック・アルコンの実体で構成されていました。

各エンティティのタスクは、アンカーカルマを処理し、その因果関係を復元することでした。
これだけで、地球の転生の場から抜け出す道が与えられました。

残念ながら、地球外の高等実体の大部分はこれに対処できず、3D現実のカルマの捕虜に陥りました。
彼らはこれらの条件を満たすまで、何度も何度も転生させられました。
それで、サムサラの車輪 / the Wheel of Samsaraspun.が回転しました。

しかし、エルサレムには、地獄のポータルだけではありません。
復活の結果として、イエス・キリストによって作成された楽園のポータル / a Portal of Paradise もあります。

彼が「死んだ」3日間、彼は地獄で過ごし、人間の魂の救いを準備しました。
人生の終わりに、自分の因果的カルマに蓄積された人生の人が出生時よりも多くなった場合、それは地獄への直接の道であり、ブラック・アルコン・ゾーンにあります。

そこに着いた後、この魂で、彼らは彼らが望む何でもします。
全ての裁判、罰、拷問は、そこで行われていると説明されていました。
そして、次の転生まで。

人が生涯にカルマを処理した場合、つまり、死時のコーザル体のボリュームが出生時よりも少なくなった場合、彼はパラダイスに行きます。
これは、光のゾーンです。

最近まで、誰がどこに送られるかは、カルミック裁判所 / the Karmic Court.で決定されていました。

イエス・キリストの後、預言者ムハンマドは魂を地獄から救う為に、素晴らしい霊的な働きをしました。
コーナー・ストーンからのアセンションの瞬間に、彼は一時的なアセンションのチャンネルを作成してカットしました。
そこから運命の人間の魂が運ばれ、光の中に救われました。

テンプル・マウントの下には、強制収容所のような特別な現実があります。
そこで行われたことは、ヒトラーの死の収容所で起こったことに似ています。

事はヤルタバオトと、彼のグレイとブラックのアルコンが、致命的で不完全に作られたということです。
彼らは人々にカルマを投げ捨て、彼らの生命エネルギーを盗むことを学びました。
これを行う為に、病気、小児性愛、アルコール、薬物、及び他の中毒から、平凡な蚊(モスキート)に至るまで、多くの方法が使用されて来ました。

地球の主要なカルマポータルは、エルサレムの神殿の丘のヘル・クリスタルでした。
それを通して、惑星と人類の全てのカルマの往来が行われました。

また、ローカルユニバースのカルマシステム全体が機能するようになりました。
中心はアンチプレロームにあり、モナドはメインのブラック共同クリエーターです。

神殿の丘の下の死の収容所で、ブラック・アルコンと、個人的に地獄の主ヤーハウエ(ヤルタバオトの3人の息子の1人)が、死にゆく暗い階層の復活について実験を行いました。
この目的の為に、死後にこの地獄に落ちた人々のコーザル体のコアが使用されました。

アラブとイスラエルの紛争のカルマのルーツ、そして、血に染まったテンプル・マウントに加えて、地球の平和はどこから来るのでしょうか。
カルマの原因を排除し、何世紀にも亘(わた)って、アラブ人とユダヤ人の互いに対する宗教的不寛容がなければ、ここには平和はありません……これら全ては、ライトフォースの作戦の最終段階の前に考慮されました。

準備は、嘆きの壁で行われました。
その後、最後の部分がやって来ました。

その作戦の実行の為に、高次の光の階層の者達と秒/単位でシンクロナイズした地上チームは、コーナー・ストーンにいなければなりませんでした。
しかし、中に入るのはうまくいきませんでした。
それで、光の戦士達は外で仕事をすることに決めました、後(のち)に彼らがこの方法で肉挽き器の震源地から連れ出されていたことに後で気づきました。

チームメンバーは、八角形のオマールモスクの6つの角に広がっています。
チームリーダーは、約30〜33メートル離れたコーナー・ストーンの見通しラインで、ドームオブザロックの格子に立って、作業の主要部分を実行しました。
チームのメンバー全員が、何をすべきかを知っていました。

作業計画は、エジプトでの毎日のトレーニング中に、以前に繰り返しリハーサルされました。
どこにでも警備員がいて、不審者を監視しているので、誰もが最大の秘密を示さなければなりませんでした。

オマールモスクの入り口の隣には、モスク全体が構築されている白い大理石の上に黒く見える驚くべき顔があります。
チームは直ぐに、この不吉な自発的なイメージを悪魔の顔と呼びました。

これが、ヤルタバオトの顔です。
そして、モスクの中にそのような顔がたくさんあります。

聖なる場所で……未知の理由で、誰もそれについて話しません……全員がモスクの隅に配置された後、準備をする為の秘密のサインが与えられました。
Go!の指揮で、地上での操作の参加者とその振動によって、牽引トラッククレーンのような微妙なプレーンが形成されました。

次に、コーザル・ボディから作成された単一のエネルギー・チャネルを通じて、ヘル・クリスタルの残りの部分がその場所から引き裂かれ、アブサリュート・ライト(絶対光)を放射する新しいエジプトのロゴスに入れられました。
その中で、クリスタルの破片は全滅しました。

同時に、アセンデッド・ライト・ハイアークがコーナー・ストーンの化身フィールドから、全ての人間の魂がブロックしているのを取り除きました。
これは、階層の生きたヒエラルキーの鎖の梯子(はしご)を使用して行われました。

彼らは交代で地獄に降り、次の魂のグループから避難しました。
作戦の主要部分を完了した後、ライトフォースの地上チームリーダーは個人的なタスクを開始しました……コーザル・プライマリー・アダム模倣マトリックスを抽出して破壊することです。

次に、アダム(または Perfect 3D Human)の新しいコーザル-・モナディック・マトリックス / Causal-Monadic Matrix バージョンに置き換えます。
この為、高次の光の階層の者達は、チームリーダーのモナドにアダム模倣マトリックスを導入しました。

アブソリュート・ライトの振動で、彼はそれを消滅させました。
このように、壮大な共同作業の結果として、人類の共通のカルマに相当するヘル・クリスタルのシェルは破壊されました。

これからは、地球に転生する際に、黒魔術師のアンカー・カルマの12%を引き受ける必要から完全に解放されます。
しかし、ヘル・クリスタルのコアはまだあり、その中には地球のロゴスの惑星のカルマが集中しています。

地球のカルマの絆の最後の拠点の1つであるコアとの連携は、まだ実現されていません。
シェルを分割する作業よりも、遥かに複雑です。

このブラックコアは、テンプル・マウントのフィールドに残り、高次の光の階層によって人に害を与えることなく隔離された状態のままです。

【 イスラエルのライトフォース作戦 】

エルサレムの神殿の丘での作戦に加えて、ライトフォースの地上チームが、イスラエルで更にいくつかの作戦を実施するよう割り当てられました。
彼らの目標は、カルマの埋葬地、ブラック・アルコンのインカーネーション・マトリクスのリポジトリ(集積所、貯蔵)を排除し、彼らが捕らえたポータルを復元し、周囲のライトアイランドを復活させることでした。

これら全ては、コード名ファースト・オートジェニック / First Autogenic(つまり、自己生成された)インカネーション・オアシス(この領域の上の分か)の下で結合されました。
このレベルでは、それは統一化された化身のフィールドの自律セグメントであり、特に光の高いエンティティ(オートジェニック、及びニューオートジェニックモナドキャリア)向けに作成されたものであり、人体の中で彼らが地球上のミッションを遂行できるようにします。

【 テイバー山とアルベル山でのオペレーション】

次の作戦の現場は、イスラエル北部のガリラヤ、テイバー山とアルベル山でした。
テイバー / Tabor は、イエス・キリストの最もお気に入りの場所の一つです。

ここで彼はリトリートし、瞑想し、ハイアーポータルを作成しました。
救世主が昇天した場所はここであり、エルサレムのオリーブ山ではありません。

テイバー山に到着すると、地上チームは直ぐにキリスト昇天の場所を見つけました。
そこで、計画された作業を実行する必要がありました。

予備セッションは、過去2週間に薄いプレーン / a Thin Plane で開催されました。
準備中に、新しいインカネーション・オアシスのコアは成熟し、結晶化しました。

それを作成する為に、ローカルユニバースの2つのハイアー・コー-クリエイターズ / Higher Co-Creators の双極子(ダイポール)/ the dipoles は、モナド(単純な単細胞生物の歴史的な用語)からアスペクトを分離し、それらを絶対合成で組み合わせました。
その結果、それらの側面はコアに統合されました。

次に、2人のグラウンドチームリーダーに、モナディックな側面を、このコアに導入するよう依頼しました。
コア自体は、この為に特別に独占されたモナドに配置されました。
それは、ライトウォーリアーズが3D地球で必要な作業を行うことができる唯一の方法でした。

コアの成熟は、極端な心臓の振動で、絶対合成によっても実行されました。
それは、2週間続きました。

高次の光の階層達 / Higher Light Hierarchs は、テイバー山を、最初の地球のオートジェニック・インカーネーション・オアシス / Autogenic Incarnation Oasis …… 新しい人類のインカーネーション・フィールドのコアのローカリゼーションとして、選択しました。
確かに、見つけるのに最適な場所はほとんどありませんでした。

キリストの様相を示す永続的なポータルは、彼の昇天の間に置き去りにされました。
純粋で明るい場所。

救世主のアセンションポイントに行く人は、ほとんどいません。
それは森の中にあり、それを知っている人はほとんどいないからです。

共同創造主 / Co-Creators に同調したキリストの昇天の場所で、光の戦士達は成熟したコアオブインカネーション・オアシスをユナイテッド・モナドからアンロードし、コアオブアースのロゴス(概念)と同期しました。
追加のサービスと技術的な操作には、更に時間がかかりました。

最初のオートジェニック・インカーネーション・クレードル / Autogenic Incarnation Cradle のアクティベーションが、真夜中に予定されていました。
残り約12時間で、チームはアルベル山に行きました。

テイバー山と同じように、アルベル山はイエス・キリストが好んで訪れた場所でした。
ここで彼は、アセンションのバックアップ・ポータルを作成しました。
長い間、ポータルは維持されていました。

山の頂上から高次の光の階層の決定により、チームは山を再活性化するように指示されました。
ポータルが微妙な平面と表面での共同アクションによって活性化された後、最初の魂は直ぐにポータルを通過しました。

ここにいるだけで、光の戦士達は、両方のノードで実行するように指定された理由を理解しました。
山が連携して機能していることが、分かりました。

地球のアップグレードされたインカーネーション・フィールド(受肉場)では、テイバー・ポータル / Tabor Portalが、そのコアでした。
つまり、テイバー・ポータルを介して、魂は転生の為に惑星に来ます。

アルベル・ポータルは、カルマから解放された人々のコアとして機能しました。
つまり、浄化された魂は、そこから地球を離れます。

アルベル・ポータルの活性化中に、ガイアのモナディック・アスペクトが導入されました。
アクティベーション後、ポータルは直ぐに全力で動作し始めました。

全ての魂がそれを介して表示されるのではなく、不自由な魂が表示されることが直ぐに明らかになりました。
ポータルの主な目的は、ローカルユニバースの高い光の階層の側面を使用して、それらを復元し、リハビリすることです。

先ず、中絶を生き延びた全ての魂を、そこに送りました。
それ以前は、胎児の魂は別々に育てられていました。

これは、光の階層から多大な時間と労力を費やしました。
彼らは中絶の瞬間を探し出して、身体に障害のある子供の魂を捕まえなければなりませんでした。

今後、このプロセスは半自動モードで行われます。
中絶の直後に、魂はリハビリとその後の昇天の為に、アルベル・ポータルに送られます。

最初に流産した魂が入って来た瞬間、ライトフォースの地上チームは彼女を感じました。
彼女は、それらを通り抜けました。

そのような魂との接触は、常に痛みと涙です。
魂が創造主の愛によって直ぐに癒されることは、全てが幸せでした。

作戦の第2部の前に、ガイアは彼女の側面を最初のオートジェニック・クレードルオブテイバー・ポータルにも導入しました。
その後、ハイアーパワーズの参加により、ポータルがアクティブ化されました。

コアがクリエーターズ・レイと接触した後、光の戦士達はサトル・プレーンで、そこから美しい多数の花弁(はなびら)の花が咲き始める様子を見ました。
花弁(はなびら)は、地球の転生フィールド全体を覆(おお)っていました。

チームは、振動数が異なる7つのレベルをカウントしました。
次に、それがどのように機能するかを示しました。

地球に来る、そして、やって来る地球の全てのモナドキャリアは、振動、光度などが異なります。
従って、光の振動が最も少ない魂は、第7レベル(第7花弁(はなびら))で具体化されます。
魂の振動周波数と精神性が高ければ高いほど、それが到達できる化身の花弁(はなびら)レベルがより深くなります。

高等機関の魂は、第1レベル、つまり、インカーネーション・オアシスコアを通過します。
今のところ、オアシスは地球のインカーネーション・フィールド全体に拡張されており、新しい地球オートジェニック・インカーネーション・フィールドへの架け橋となる、過渡的なマイルストーンです。
主なことは、プレロマの高次エンティティ、更には彼らが、私達の間で転生したい場合は新しい絶対モナドさえも、グローバルに到着する為の条件が作成されていることです。

テイバー・インカーネーション・オアシス / Tabor Incarnation Oasis は、以前には存在し中った状態を提供します(な例外を除いて、例えば、スペインのモントセラトのインカーネーション・ポータル)。
これは、彼らのモナドが地球上での彼らの実施中に損傷、再構成、修正されないことの保証です。

以前は、これは全て、ダークフォースの強固な条件であり、地球上での高次の光の魂の転生を妨げていました。

【 モーゼス山でのオペレーション】

モーゼス山での作戦の目的は、このシナイ砂漠のローカライゼーションに保存されていた、闇の階層の者達のインカーネーション・マトリックスを探して破壊することでした。
これはまた、エホバ(土星のブラック・ロード / the Black Lord of Saturn とヤルタバオト / Yaltabaoth の3人の息子の1人)が、彼の惑星と地球の化身フィールドをリンクして、ローカルユニバースの悪魔の飛び地からのアルコンと他のブラックエンティティが、私達の惑星に転生するようにしていました。

地球の創造時、この時点でシナイ砂漠にはライトポータルの1つである、ガイアプラネタリー・テンプルがありました。
マリアナ諸島(ロタ島)、ポリネシアのボラボラ島(オテマヌ山の進化定数の神殿 / The temple of Evolutionary Constantson Mount Otemanu )、ギリシャのデルフィックオラクル / the Delphic Oracle の神殿など。

ガイアシナイ寺院は、マリアナ寺院と密接に関連しています。
どちらにも、モナドのアスペクトがありました。

ガイアの最大の悲劇は、これらの寺院にも関連しています。
彼女の魂は、地元の宇宙の堕落したコークリエイター(共同創造主)によって捕らえられました。
捕虜はマリアナ海溝の地域で行われましたが、捕獲自体は、後にモーゼス山の彼女の神殿で行われました。

高次のブラック階層は、ガイアのモナド・アスペクトを使用して、シナイ寺院に、所謂(いわゆる)666thモナディック・ストリームを作成しました。
そのマトリックスはモーゼス山の下に隠され、紀元3世紀まで機能していました。

その後、このポータルは、聖なる大殉教者キャサリンの英雄的な偉業を犠牲にして、閉鎖されました。
彼女はマウント・モーゼスフィールドに入り、666番目のモナド・ストリームのマトリックスを、自分でブロックしました。
彼女はここ18世紀の間、自発的に捕らわれの身にされていた為、この悪魔のような創造物は二度と地球で機能しません。

モーゼス山の正教会の修道院は、彼女の名を冠して名づけられました。
しかし、土星では、エホバの努力によって、マトリックスを使用して、666番目のモナドストリームが具体化され続けました。

光の戦士達の地上チームは、マウント・モーゼスフィールドでそれを見つけ、そこからガイアの側面を取り除き、それを彼女のモナドに返すよう割り当てられました。
ブラック・エンティティの全ての側面を–破壊することが、仕事でした。

チームメンバーの高次の光の階層の者達と、高次のサービス達の助けを借りて、666番目のモナドストリームのマトリックスが素早く発見され、キャプチャされました。
それはパーツに分割され、10日以内に浄化と開裂の為に、光の戦士達のモナドに導入されました。

最強の毒素による中毒の場合のように、仕事には症状が伴いました……オペレーションは正常に完了しました。
そして、666番目のモナドストリームのマトリックスが削除された日にのみ、セント・キャサリンは彼女の監禁から脱出することを決定し、プレロマに昇格しました。

【 ムンタル山でのオペレーション】

新しい作戦のローカライゼーションは、ユダヤ砂漠の最高点であるムンタル山(アザゼル)/ Muntar(Azazel) でした。
民間伝承と外典では、アザゼルは、アンティルビアン・ジャイアント /the antediluvian giants、つまり、神に反抗したネフィリムのリーダーとして説明されています。

アザゼルは武器と戦争の芸術を男性に教え、女性は欺瞞(ぎまん)の芸術を教え、人々を神のないところへと誘惑し、彼らに屈辱を教えました。
アザゼルは、創造主と、その意志を恐れ中った最初の堕天使の1人として描かれています。

これの為に、大天使は彼を殺すように命じられました、しかし、誰も彼より強い人はいませんでした。
そして、大天使ラファエルは彼の翼を切り取り、彼を地獄に送るように指示されました……これは全てブラック・アルコンの嘘です。

アザゼルは、悪魔でも堕天使でもありませんが、ネフィリムのように高次の光階層によって作成された、光のエンティティです。
アザゼルは、黒魔術師に捕らえられ、地獄の一部である彼らのイーオンに閉じ込められました。
その地球投影は、ムンタル山にあります。

それから、ヤハウエイ / Yahweh 黒い階層は、アザゼルのモナドとコーザル体に、彼らのカルマを投げ始めました。
それが、彼らが存在できる唯一の方法でした……アザゼルは確かに、真実の守護者である天の監視人である、ネフィリムの指導者でした。

彼らは、無許可の悪魔軍の侵入からイオンを保護する為に、地球に転生します。
地球での彼らの任務の一つは、イエス・キリストの到来に備えることでした。

何故、ブラック・アルコンはアザゼルを黒くしたいのですか?

彼はヤーウウィ / Yahweh の息子、ヤルタバオト、地球の高次の闇の階層に憎まれていました。
これは、ヤーウェとアザゼルが現れる、スケープゴート儀式によって示されます。
地上チームに割り当てられたタスクは、アザゼル・モナドのカルマを一掃し、ムンタル山からの捕虜からそれを退避させ、サトル・プレーンに持ち上げることでした。

ユダヤ砂漠に到着する3か月前に、チームリーダーの1人が、リモートで黒階層カルマのアザゼル・モナドをパージし始めました。
しかし、最初に、また遠隔で、彼はそれにアクセスすることをカットしなければなりませんでした。

最初の試みで、乗り越えられない障害物が、重くて突き通せない黒いスラブ(床板)の形で現れました。
それを突破する試みは、失敗しました。

光の戦士達は、プレートの物質の一部を分析する為に、非常に困難を伴うことがありました。
それと接触した直後、強力な否定的な泉がヒットしました。

喉のチャクラは、ブロックされました。
体の虫垂のエリアに、強力な注射を開始しました。

黒い物質がリサーチされた時、光の戦士は、その高い振動でそれを全滅させ始めました。
それは、大変な日々の仕事でした。

後で説明するレエパイム人 / Rephaim のカルマを現時点で消滅させた為、チームの他のメンバーは助けられませんでした。
保護用の黒い板が破壊された後、アザゼルとの接触が確立され、カルマから彼のコーザル体とモナドの部分浄化が始まりました。

モナドには、スペースがありませんでした。
その全てのボリュームは、ブラック・アルコンのカルマで満たされていました。

そして、スペースがなくなると、カルマ物質は圧縮され、アーカイブされ、モナドに押し込まれました。
この全てが、アザゼルの想像を絶する苦しみの原因でした。

2か月間、光の戦士はアザゼルモナドのカルマをモナドに引き抜いて、合成アブサリュート(アブソリュート・シンセシス)で全滅させました。
チームがムンタル山に到着した時、アザゼルモナドはカルマが完全に清められていました。
今、それを監禁から解放する必要がありました。

ムンタル山は、ユダヤ砂漠の中心、キドロンバレーの上にあります。
山の名前は「オブザーバー」、または「ガーディアン」に変換されます。

確かに、ネフィリムは、この山と非常に密接に関係しています。
彼らの本堂がありました。

彼らの化身マトリックスは、かつてここに局在していました。
アザゼルがムンタルで捕らえられたのは、偶然ではありませんでした。

チームの仕事が始まりました。
乗組員の一部が山にあるポータルを保持し、悪魔の実体の発生の可能性を防いでいました。

ムンタル山は、惑星の地獄のポータルの1つです。
チームリーダーはこの地獄の門を地球の奥深くまで進み、光の階層のガードが病棟を構えるブラインドドアに辿り着きました。

彼らは、それ以上進むことは不可能であり、この道(、及び全ての惑星の地獄の門からの道)が、メギド / Megiddo(イスラエルのキブツ(集産主義的協同組合))に通じていると言いました。
従って、このポータルはブロックされた為、チームの懸念は確認されませんでした。

念の為、彼らはポータルを再びモナドの側面で封印し、保護構造に軽い石棺を追加しました。
地上員のリーダーはストアからアザゼルのモナドを引き出し、更なるリハビリの為にモナドに入れました。

その後、アザゼルは、テイバー山の頂上から高次イオンに昇格しました。
こうして、手術は終わりました。

【 ゴラン高原でのオペレーション】

ゴラン・ハイツ(ゴラン高原)での作戦は、精霊の輪(スピリットのホイール)、またはリファイム / Rephaim の輪の検索から始まりました。
それは何であり、リファイムとは誰ですか?

リファイム / Rephaim はネフィリム / Nefilim とは対照的に、ブラック・アルコンによって作成されました。
降下はありませんでしたが、これらは当然のことながら堕天使 / FALL ENANGELS です。

彼らは既に、悪の為にプログラムされていました。
そして、彼らの子孫と地上の女性は、ネフィリムの場合と同様に、アナキマナ / Anakimana.と呼ばれました。
もし、ネフィリム–エンジェルズ-ガーディアンズ、リファイム–悪魔的な生き物なら。

最も有名なリファイムの一人は、ダビデに敗れたゴリアテでした。
人々に悪の知識をもたらしたのは、ネフィリムではなくリファイムでした。

それらのほとんどは、洪水によって破壊されました。
洪水のずっと前に、転生するのを止(や)めた人もいます。

彼らのモナド(ネフィリム、コーザル体、モナドのようなもの)は、彼らのインカーネーション・マトリックスに対応するリポジトリ(貯蔵庫)に残っています。
マトリックスは精霊の輪(ホイールオブスピリッツ/WheelofSpirits)に、保管されていました。

リファイムは彼らの任務を完了し、それらはある時まで単に保存されました。
しかし、前述のように、ネフィリムはこれまでのところ人間の間で、転生し続けています。

リファイムは、ハーモン山の頂上のポータルを通して地球に来ました。
しかし、彼らのポータルオブインカーネーション(インカーネーション・マトリックス、彼らの聖なる聖地)は、数十キロ移動されていました、それはヘルモンの南斜面に移動されていました。

精霊の輪、またはホイールオブリファイム。
アラビア語の名前は、ルイム・エル・ヒリ / RujmEl-Hiri、またはヘブライ語のギルガル-リファイム / Gilgal-Rephaim、中央にマウンドのある玄武岩の輪。

この構造は、キネレット湖 / Lake Kinneret の東16キロにある、ゴラン高原にあります。
LF(ライトフォース)のチームは、その場で精霊の輪のフィ ールドで何を見つけましたか?

先ず第一に、ネフィリムのインカーネーション・マトリックスです。
またリファイムには、地球上で具体化されたマトリックスが中ったことが判明しました。
彼らは宇宙法に違反し、押収され、別のものを使用し始め、それを損ない、否定性とカルマで満たしました。

2番目のチームのリーダーは、乗組員が精霊の輪に到着する約2か月前に、リモートでリファイムの作業を開始していました。
高次の光の階層の評議会 / Higher Light Hierarchs Council と、ローカル・ユニバースの共同作成者(コークリエイター)の決定により、リファイムは浄化、償還、変革、つまり、救いとさらなる進化の機会を得ました。

合意された計画により、カルマで溢れているリファイムのモナドは部分的に分割され、段階的にテレマティック / telematically に、毎日、グループリーダーのモナドに導入されました。
彼のモナドは、それらとモナド間合成を開始し、絶対合成 / Absolute Synthesis でカルマ物質を消滅させました。

作業は、毎日、数時間、ほぼ2か月間行われました。
最初は、簡単ではありませんでした。

モナドは非常に汚れていて、多くの有毒なネガティビティ(否定性)が含稀(まれ)ていました。
初めて光の戦士が手順に耐えることが、特に難しい作業でした。

それには、重度の片頭痛、太陽神経叢の痛み、数時間続く悪心が伴いました。
その後、体温と心臓の振動が増加しました。
しかし、彼らがイスラエルに到着した時までに、全てのリファイムモナドは、カルマから清められていました。

精霊の輪では、作業を完了する必要がありました。
光の戦士は、マトリックスを保管庫から取り出し、モナドに入れて浄化し、完全に分解しました。

それから数日間、ネフィリムとレファイムのモナドが結晶化しました。
彼らは、長い間、休眠状態でした。

その後、ネフィリムとリファイムのモナドは1つに統合され、チームリーダーのモナドに配置されました。
作戦は、メギドの丘で完了する必要があります。

【 メギドの丘でのオペレーション】

メギド / Megiddo の丘は、地球上で最も恐ろしい場所の1つです。
地球上には、人間の血がこのように大量に流出した場所は、他にほとんどありません。
この点で、メギドはバールベック(レバノン)のバール寺院、ユカタンのマヤ寺院、マナカマン(ネパール)のリリス寺院としか比較できません。

メギドでは、子供達はモロック / Molochに犠牲にされました。
この神の巨大な偶像の内部で、竈(かまど)が燃えていました。

生きている子供達は、火の中に投げ込まれました。
別の慣習により、新しい家の建設が完了した時、壁の中で生きたまま赤ん坊が傷つけられました……チームがメギドの丘の頂上で最初に見つけたのは、ナガ族 / the Nagas を除いて、地球からだけでなく、主要な惑星の悪魔保管庫 / demon vault でした。

メギドは、ムンタル山やハーモン山、リファイムの精霊の輪などと同様、地球上の全ての地獄ポータルにチャンネルを介して接続されていました。
これらのチャンネルは、セス・トンネル / Seth Tunnelsとも呼ばれ、トップレット爆弾に接続されています。
以前は、高次の光の階層がメギドの悪魔の金庫を封鎖しており、誰もそこから抜け出すことができませんでした。

手術の最後の部分が来ました。
光の戦士達が、その日に行っていた全てのことは、ローカルユニバースの共同作成者と秒単位で行われました。

彼らの指示で、ヒルキーパー(丘の番人)/ the Hill Keepers は、チームリーダーにメギド・フィールドへのアクセスを与えました。
その中で、光の戦士は、ネフィリム・マトリックスと組み合わされた精霊の輪、リファイム・インカーネーション・マトリックスから降ろされて退避しました。
その目的は、彼らが煉獄を通過しなければなら中った為で、償う為のリファイムの決定をテストすることでした。

彼らにとって、それはメギドでした。
従って、それらは全て、インカーネーション・マトリックスと一緒にそこで紹介されました。

モナドは半休眠状態で持ち出され、丘の中では、本格的な個々の実体となりました。
彼らが、どのような環境にいたかを想像することができます。

リファイムが光の側を越えたいと思っていることを知っていた、ローカル・ユニバースの中からの瓦礫!
しかし、それは彼らの選択でした。

チャンスを与えられたのは、リファイムだけではありませんでした。
それが、メギドに入れられたポイントです。

共同クリエーターは、カルマからの浄化、償還、聖化、そして、変容を望む全てのメギドの悪魔の実体に同様の機会を与えました。
クリエーターズ・カウンシルの指示で、光の戦士はメギドフィールドで強力な振動のチャンネルである、高次の光の階層と共に焦点を合わせました。

キーパーが入り口を開け、アブサリュートライト(絶対光)と愛の波動が流れ込みみました。
その後、参加した光のエンティティのグループが参加しました。
それは、ハルマゲドン(光と闇の戦い)のような戦いになるはずでしたが、このようなことは何も起こりませんでした。

直ぐに、彼らはメギドフィールドを去り、続いて光側に渡り、全ての人々がそれに続きました。
そして、メギドの丘での最も重要な出来事は、かつて私達のローカルユニバースの、ブラック共同創造者のプレロマへの変容と昇天でした。

しかし、これは、ディスクロージャーニュース : ライトフォースの表面処理、DNI、2020年8月12日で既に説明されている別のトピックです。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional