gin8244



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ ベンジャミン・フルフォードレポート ★フルフォード 英語版(8/3)★ *-..。o○☆*゚¨゚゚

August 3, 2020

【 所謂(いわゆる)Covid-19パンデミックは、1976年の世界銀行計画に辿り着いた 】

シオニストは、世界経済を再起動する合意がない状態で、野外演習日を持っている。
彼らは、中国と米国の間で戦争を巻き起こし、彼らのパンデミックとワクチン詐欺を促進し、世界中でトラブルを引き起こしている。

彼らを永久に打倒するのであれば、長期計画……いくつかのものは何百年の前に遡(さかのぼ)れる……に基づいて動く、彼らという敵と相対(あいたい)しているのだと認識する必要がある。
これの最新の例は、現在進行中のCovid-19とワクチン詐欺である。

英国のMI6インテリジェンスは、今、次のように述べている。
「Covid-19のことは、1976年世界銀行の文書に遡(さかのぼ)り、国連とその機関(器官:en:organs)が関与する優生学の一形態である。」

下のリンクで、所謂(いわゆる)Covid-19事件の世界地図を見ると、本質的に一神教支配国(秘密の植民地であるインドや日本を含む)に影響を及ぼす病気だと気づくだろう。

アフリカは、大体、東アジアの大部分のように詐欺全体を避けてる。
だから、優生学であれば、MI6が主張するように、ターゲットは主にヨーロッパ系の人々と思われる。

https://coronavirus.jhu.edu/map.htmlP3

フリーメイソンは、「世界共和国」を成立させる合意に達するまで、Covid-19キャンペーンは激化すると言っている。
確かに、P3ロッジの関与は、全ての肯定的なテスト結果がクリスチャン(P3)宗派、またはハザリアン・マフィアのヘッジファンドの何(いず)れかに追跡されている、日本と韓国で発見し易い。

https://www.dw.com/en/south-korea-church-leader-arrested-over-coronavirus-outbreak/a-54400630

だからこそ、「ワクチン」が害を及ぼす場合、薬理系企業に法的免除が与えられているのは不穏である。
「これは、ワクチンの副作用が4年以内に起こっている場合、企業としてリスクを取ることができないというユニークな状況である」と、Astra Zeneca 社のトップ・エグゼクティブの Rud Dobber 氏は述べている。

https://www.zerohedge.com/political/red-flags-soar-big-pharma-will-be-exempt-covid-19-vaccine-liability-claims

更に、政治家や有名人などの間で、Covid-19が統計的に不可能であることは、エリートがコロナウイルスをプレイして行動して、シープルを恐怖に留めるように言われている兆候であり、当然のことながら、コロナウイルスを悪魔主義者の大粛清の口実として用いるホワイトハットの側面もあるが、それは物語の一部に過ぎない。

シオニストに押されたもう一つの大きなテーマは、米国と中国の対立のエスカレートで、米国国務省のプロパガンダマシンは、「Chi Haotian 将軍の秘密スピーチ」として知られている博士文書を押している。
米国に侵入、女性と子供を殺し、生物戦を使用するという、中国の秘密計画という内容である。

https://jrnyquist.blog/2019/09/11/the-secret-speech-of-general-chi-haotian/

もちろん、「新しいアメリカ世紀プロジェクト」を読んだ人は皆、シオニスト政権が人種固有、または民族固有の生物戦を「有用な政治ツール」として宣伝していることを知っているので、その逆が事実である。
また、シオニスト達は、悪名高い日本の731部隊生物戦部門を引き継ぎ、以降、これまでバイオウェポンの開発を進めており、朝鮮戦争中に兵器化した昆虫のような生物戦エージェントを用いると言ったことが、よく文書化されている。

9.11以降、武漢、中国を含む世界中の研究機関に、生物戦研究機関を構築している。
反中国チアリーダーは、米シオニスト国務長官マイク・ポンペオのような人で、このようなことを言っている ; 「中国との盲目の関与という古いパラダイムは、失敗した。我々は、それを継続してはならない。我々は、それに帰ってはならない」
「真実は、我々の政策……他の自由国家のもの……が、中国の失敗する経済を復活させた。北京が、それに食料を与えていた国際的な手を噛むのを見るだけだ。」

アメリカ人はまた、南シナ海への彼らの最後の中国ベイティング遠征中に、厄介(やっかい)なショックを受けている。

西側のメディアでは、利用不可能で言及もされない香港を拠点とするアナリスト、トーマス・ウィング・ポリンが翻訳した中国語の重要な報告書は、文脈を理解する為に不可欠である。
本報告書は、南シナ海の島や岩礁に配置された電子妨害装置によって、完全に制御不能にされた米国のグローラー電子戦闘機に言及している。“

https://www.zerohedge.com/geopolitical/escobar-heart-matter-south-china-sea

米国の電子機器の脆弱(ぜいじゃく)性は、最近、ロシア人が黒海で米国のイージス軍船を、19世紀の軍艦に撃沈された可能性がある座っているカモに変えた時にも、悪用された。
シオニスト達はまた、中国の三峡ダムを壊す試みで、気象戦を使用しているように見えるが、もし、ダムが壊れたら4億人の中国人が被災し、少なくとも50万人の死者が出る。
しかし、そうした試みをする人々は、中国がイエローストーン・カルデラを吹き飛ばすといったような報復することを認識しなければならない。

https://www.zerohedge.com/geopolitical/rumors-structural-faults-chinas-three-gorges-dam-could-be-verge-collapse

中国人の「構造的変化」は、「世界情勢からの米国の撤退と責任の放棄へ」、「COVID-19のパンデミックは、恐らく誰も米国にリーダーシップを求めていない、1世紀以上に亘(わた)って最初の世界的な危機である」と注記している。

http://www.xinhuanet.com/english/2020-08/02/c_139259170.htm

何(いず)れにしても、ドナルド・トランプ米大統領の政権と、中国人の間で議論されているにも関わらず、世界は、現在、米国も中国も支配的ではない時代に入りつつある。
それは、アメリカの軍産複合体と、中国を仕切っているアジアの秘密結社は共に、共通の敵に直面しているからである、それは……ハザリアン・マフィア……別名シオニストである。

米国企業政府が直面している状況は、喫緊である。
世界ではこれを認識しており、アメリカ人として知られるシオニスト奴隷の人々は、隣国やカナダとの同盟国を含むほとんどの国を訪問することを禁止されている。
「Covid-19」を表向きの理由として。

英国を除いて、アメリカ人は、現在、ベラルーシやウクライナのようなカリブ海諸国や東欧諸国を訪問することができる。
アメリカ人が渡航禁止されている本当の理由は、ドナルド・トランプ米大統領の政権が、連邦準備制度理事会を国有化したからである。
つまり、米国内部では何もないところからお金を作り、アメリカ市民や企業に直接渡すことができる。

であるが、いくつかの例外を除いて、米国外で使用することはできない。
つまり、米国人が米国製のフィアットドルを取って米国外で使用することを防ぐ為に、米国人が世界のほとんどから禁止されていることを意味する。

米国内でトランプ民がやって来たのは、テスラ、Amazon.com、AppleInc.、AlphabetInc.、Google、FacebookInc.、MicrosoftCorp.のような地元のチャンピオンをポンピングし、経済の再構築を試みている。
問題は、人類はいくつかのアメリカ企業への短期的な流動性注入では解決できないということで、これは特に、これらの企業のどれも、実際に米国内で多くのものを製造していないことに気づく場合に当て嵌(は)まる。

代わりに、FRBの面白いお金を使って米国経済を傷つけているのである、これらの巨人の競争相手に進化できる数十の企業を買収するということで。
言い換えれば、所謂(いわゆる)パンデミックの反応は、数万の実際のビジネスを停止し、少数のハザリアン・マフィアが支配するハイテク寡占に富と力を集中させている。

米国内の富の格差の高まりも大きな社会不安定さを生み出しており、過去48時間以内に、シアトル、ポートランド、アトランタ、シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルス、オークランド、ルイビル、オースティン、リッチモンドなどの主要都市で、暴力の噴火が起きている。
この時点で、我々は2ヶ月近くに亘(わた)って、持続的な抗議と暴動を見て来た。
混乱は、直ぐには消え去らないようである。

http://endoftheamericandream.com/archives/americas-major-cities-are-being-turned-into-war-zones-and-it-is-not-going-to-end-in-november

アメリカの企業や個人の最大40%が、ローンや家賃の何(いず)れかを払っていないという事実は、彼らが良くなる前に物事は悪化するだろう。
それは既に、3,000万アメリカ人は、先週、食べる為に十分な食べ物がなかったという状況に退化していることに注目することは、悲劇的である。

https://www.msn.com/en-us/finance/markets/almost-30-million-in-us-didn-e2-80-99t-have-enough-to-eat-last-week/ar-BB17ldBN

ハイパーインフレが米国に来ている兆候で、国はコイン不足に直面している。
アルゼンチンは、コインが額面よりもメルトダウンする価値があった為、ハイパーインフレがあった時に、同じ問題を経験した。

物事が退化し続けると、ペニーを溶かして金属を得るようになる。
直ぐに、マンホールのカバーが盗まれるようになる。

https://www.zerohedge.com/personal-finance/americas-coin-shortage-getting-worse

既にニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコのような都市は、もうゴミの収集を処理できない。
彼らの街は、捨てられた針や人間の糞便、ジャンキーで一杯になっている。

https://newyork.cbslocal.com/2020/07/29/trash-collection-nyc-sanitation-department-budget-cuts/

国内の混乱と国際行動は、「米国は、現在、ならず者国家である」という意味だと、MI6の情報源は言いる。
英国のような親しい同盟国である米国を、ならず者国家と密かに見ているという事実は、米国当局に対する新しい世界制裁は、時間の問題に過ぎない。

例を挙げると、国連によれば、イラン将軍カーセム・ソレイマニーの暗殺は「違法」であり「恣意的な殺害」であった。
特に、国連の調査結果によると、ソレイマニが米国、またはその人員への差し迫った攻撃を計画していたという証拠はない。

https://www.zerohedge.com/geopolitical/us-blasts-un-whitewashing-terrorists-calls-soleimani-bloodiest-terrorist-world

米国の倒産による混乱は、世界の舞台に真空を作り続け、様々な地域戦争の地盤を整備している。
最大のものはトルコであり、新しいカリフを作る為に懸命に押し寄せており、フランス、エジプト、ロシアとの衝突に向かっている。

クウェートとサウジアラビアの国王の突然の入院は、中東との戦いとその石油資源が激化していることを示している。

https://www.zerohedge.com/geopolitical/message-turkey-france-egypt-conduct-joint-naval-exercises-mediterranean
https://www.straitstimes.com/world/middle-east/elderly-rulers-of-oil-rich-saudi-arabia-kuwait-in-hospital

トルコの諜報員の情報提供者は、トルコのレチェップ・エルドアン首相は、イスラム教徒のふりをする隠れた悪魔主義者であることを説明する為に、私達に接近した。
証拠として、トルコはターミネーターの種子を推進し、トルコを支持する民兵(テルアビブも支援している)が、臓器取引に関与していることを指摘している。

https://www.zerohedge.com/geopolitical/syrian-army-uncovers-organ-trading-hub-turkish-backed-militants-southern-idlib

エルドアンは、イスラム教徒/キリスト教戦争を推進する役割の一環として、ハギア・ソフィアをモスクに戻したばかりである。

https://www.rt.com/news/494407-turkey-hagia-sophia-mosque/

興味深いことに、エルドアンの、所謂(いわゆる)敵リビアの武将ハリファ・ハフタルもモサドのエージェントであると伝えられ、中東でロシア軍の動きを誘発する為に働いているようだ。
トリポリの非公認国家協定(GNA)政府を倒す為の彼のキャンペーンで、ハフタルに軍事援助を提供している。

https://www.blacklistednews.com/article/77612/new-reports-suggest-libyan-warlord-khalifa-haftar-is-working-with.html

エチオピアのダムを巡るエジプトとエチオピア間の継続的な衝突は、エジプトの水の80%源である青ナイル川に投入され、激しい地域戦争に変わる可能性がある。

https://www.zerohedge.com/markets/quarter-all-household-income-us-now-comes-government

興味深いのは、ロシア人が10月の予防接種制度の所為(せい)で、自国の中東ゴグとマゴグ型の戦争に巻き込まれていこうという、シオニストの試みに巻き込まれているということである。

https://www.zerohedge.com/health/russia-expects-its-1st-covid-19-vaccinations-begin-october-amid-global-skepticism
https://isaak-rozovsky.livejournal.com/262181.html

ロシアのFSBソースは、モサドは彼らに彼らの代理人、ウラジミール(ゼエフ)プーチンとクセニアSobchak(プーチンの指定相手)の2人に言ったと言う、「降格されている。」と。
これが本当なら、今秋のプーチン関連の事件が、何らかか期待される。
何(いず)れにしても、新しい金融システムが発表され、戦後の世界の建築が刷新されるまで、シオニスト達は犯罪者のプロットで真空を充填(じゅうてん)し続けるだろう。

今回の最新は、9月に新システムの作業が本格的に再開されるということである。
10月の良好なサプライズだろうか?

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional