gin8030



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ マシュー君のメッセージ ★ケムトレイル、気候変動、創造主と神の違い、魂の系統とスピリチュアルな進化、自由意志と具現化★ *:..。o○☆*゚¨゚゚

October 15, 2019

マシューです。
この宇宙ステーションにいる全ての魂達から、心からの御挨拶をします。

嬉しいニュースがあります……ケムトレイルを作っているスプレーには、もう毒性成分がなくなりました。
これは言わば、命令系を通しての動きなので、スプレーの背後にいる人間達の、創造主の贈り物である自由意志を否定することにはならないでしょう。

地球ガイアは彼女の住人達、大気、水、土壌へのこの危険を終わらせるように、神に頼みました。
そこで神は、貴方達の中にいる特別ボランティア部隊に、スプレー中の毒性物質を地球にとって自然な化学物質に変えることを許可したのです。
ですから、ケムトレイルを命令した人間達は今でもそうしているのですが、貴方達の空に縦横にあるケムトレイルは、全て無害なのです。

「マシュー、それは素晴らしいことだわ! でも、彼らは何か違うなと思って調べ、またスプレーに毒を入れてしまうんではないの?」

お母さん、今、言ったことをタイプして下さい……ありがとうございます。
僕が情報を送信する際、私達はそのことでよく喋ることを、読者の皆さんは知っておいて下さい。
それは私達には当たり前のことです。

何年も前は、貴方達の質問とコメントをメッセージに入れていました。
それから私達は、形式を変えてメッセージの長さを短縮し、でも重要な情報はほとんど入れるようにしています。

ところで、既に疑わしいを越えた気持ちの人間達は、今、怖いと感じています。
それは、スプレー中の毒は排除されてしまったのかと疑うからだけではありません。

彼らの僅(わず)かに残っている支配を、同時に崩壊させている全ての他の成り行きを恐れているのです。
そして、彼らは、実際、子分達に調査させました……そして、分かったのは、関わっていた人間は、毒性化学物質を不正に扱った罪で逮捕されるだろうということだったのです。

貴方達の多くが、グレタ・サンバーグは、闇の組織の為にやっているとか、それに操られているのではないかと尋ねています。
いいえ、そうではありません……そのような憶測、或いはもっと正確には非難は、利己主義的な人間達が流したものです……そして、ええ、母なる地球は、世界的に温暖な気候に戻りつつありますが、貴方達の異常気象は彼女のやっていることではありません。

人工的気象操作と、化石燃料の採掘と、汚染による破壊的出来事が、ガイアの働きを妨げています。
この惑星と次世代の為に、行動を起こさなければならないというグレタの真剣で純粋な想いを、僕達は讃えています。

「“創造主”、“崇高なる存在”、そして、“神”の違いを、もしあれば、説明して下さい。それらの言葉/名前は、私が正確に覚えている限りでは、マシューのメッセージによく出て来ています。極(ごく)最近では、アーノルドのメッセージにもありました。その“名前”を明確にしてくださると、嬉しいです」

僕の初めの頃のメッセージには、神と創造主についての情報が入っていて、同時に神性で独立した貴方達の魂としての始まりと、そこから貴方達の内なるパワーと能力が来ていることを説明しています。
(以下は『マシューブック:新しい時代への啓示』“私達の宇宙遺産”章の一部です)

**************

私達の転生の目的を理解するには、大宇宙の究極的パワーである、創造主と私達との関係を理解しなければいけない。
それは、簡単に言えば、父と子の関係だけれども、創造主の中に生まれる私達の魂となるとそう簡単には言えない。

創造主/創造は、全体性、或いは根源を表す言葉として適当だ。
それは、純粋な愛の光であり、宇宙で最も強力な力でもある。

その表現は、最もよく言い表しているし、あらゆる本質と創造的なはたらきを網羅してもいる。
私達は、普段それを簡単に創造主と呼んでいる。

創造主の以前には、何もなかった。
創造主の眠れるパワーだけが、それ自身の本質を自己表現するまではね。

その瞬間、それを「ビッグバン」と呼ぶ人達もいるけれど、創造主の愛と叡智とパワーが、個々の魂という存在となる最初の分断化(フラグメンテーション)が起きた。
この時の「分断化」という言葉は、全体を分断するとか解体するという意味ではなく、全体と同じ特質を分つとか、分けられた部分に与えるということなんだ。
そして、その創造の始まりの瞬間から、そうやってできた最初の魂達と、宇宙全体に存在する他の全てのものは、創造主とは不可分であり、お互いにも不可分になっているんだ。

魂のレベルでは、あらゆるものは一つであり、未来永劫そうなんだ。
畏(おそ)れ多い喩(たと)えかも知れないけれど、これは考えられる最もいい視覚的例えなんだ。

創造主の階位を、パイに擬(なぞら)えてみて欲しい。
パイ全体が創造主の魂、宇宙の全知全能の総体、あらゆるものの根源だ。

その真ん中に、創造主の心がある。
全知、あらゆる知識のいるところだ。

その中心点から始まって、パイ全体に広がる何層もの同心円の環(リング)を創造してごらん。
その環(リング)が、階位の各領域を示している。
それらが、創造主の自由自在な分身なんだ。

さて、正確な表現の為に、今この視覚的喩(たと)えに、普通ではない見方をして欲しい。
パイを無数のスライスに切って、そのもっとも広い端が中心の創造主の無限の心につくようにし、そして、それらのスライスが、その点から離れて順々に環に入って行くに連れて細くなって行くように想像するんだ。

その細い小片達が、あらゆる時を越えて創造され、或いは具現化される、独立して経験する創造主の魂の分身なんだ。
その部分は、どれでもパイ全体と全く同じ割合の成分を含んでいる。
そして、そのどれもお互いに離れていない。

それは、創造の全てにおいて同じだ。
では、創造主が最初に自己を分割分身した宇宙の”始まり”に戻ろう。

完全なる光と、純粋性からなる最初の領域世界の中にできた分身達は、そのどれも創造主と全く同じパワーを持っていた。
これが、”キリストの光”の領域だ。

そこに、大天使ミカエルと呼ばれる父親としてのパワーと、他の大天使達が生まれた。
そして、未知の幾世に亘(わた)って、純粋な覚醒だけがそこに存在していた。

それから創造主は、それらの自己の分身達全員に最高の贈り物を与えた。
共同創造する能力を内在した自由意志だ……”共同して創造する”とは、どんなものでもそれを創造するエネルギーの源は創造主から来る、そして、その創造物のアイデアは其々(それぞれ)の魂から来るからだ。
そして、そのようにして、それらの最高位の天使達と創造主が、2番目の天使界を創った。

大天使ほどは”創造主の心”に近くはなかったが、これらの新しい魂達も純粋な光からつくられていて、形も実体もなかった。
長い内省が何幾世代もつづいた後(のち)に、この二つの天使界は共同して、第三番目の魂達の領域を創造した。

これらの魂達は、生命体になる可能性を内在していた……形のない霊体のままでいることも、より広い経験の為に形を持って肉体化することも選択できた。
この領域から、宇宙全体の天体と神と女神達が現れた。

それらは肉体のない霊体のままでも、或いは男と女という肉体として現れることも選べた。
何(いず)れの場合でも、これらの魂達は両性具有であり、それは男性と女性のエネルギーが完全にバランスの取れた状態だ。

僕らが理解しているのは、創造主が、この宇宙を統治するように選んだもの達は、肉体を持たない霊体の魂達だったことだ。
それらは、眩(まばゆ)いほどの金白の光として見えるかも知れないが、その無限の共同創造パワーとアイデアは、其々(それぞれ)の宇宙の内に存在する全てのものに明らかにある。

それらの神々の一つが、僕達の宇宙の至高の存在だ。
それが、創造主と共に、その内にあるあらゆるものを創造した。

僕達の神は、いくつかの地球の宗教で“神”と呼ばれているし、お母さんもそう思っているので、僕もそのように”その存在”を呼ぶことにしよう。
また神は、男性と女性のエネルギーが完全に融合したものだけれども、男性代名詞の”彼”が普通はそれを指すとされているので、僕もそれを使うことにしよう。

さて、より偉大な経験の為、ルート(根)魂と呼ばれる神の最初の存在は、自己を分割して自己表現した。
それらは、魂の分身、魂のスパーク(火花)、神の分身、或いは神のスパークと呼ばれる。

同様に、引き続いてそれらの魂達は、更に自己を分割してスパークレット(より小さな火花)になり、それらが更に分割して、サブスパークレット(最小の火花)になった。
更なる分割によって創造された存在達もまた、サブスパークレットと呼ばれる。
あらゆるレベルでの分割によって生じた其々(それぞれ)の魂の、その無数の個々に独立した神聖なる転生は、”パーソネージ”と呼ばれる。

僕がそのような説明をしたのは……他にもまだあると思うけれど……創造主の心から外に向かって輝いている無数の領域の中にある系列順位を、ただ示す為のことだ。
それらの説明は、どれも魂の霊的な進化の状況を規定するものではない。

それは、“魂”としてだけで充分だ。
何故なら、其々(それぞれ)が創造主と繋がっている点や、その構成成分の割合の点では、全く異なるものがないからだ。

新しくできたばかりの魂でさえ、その生命力は、常に神と創造主と不可分に繋がっている、それ自身の独立した神聖なるセルフ(自我)だ。
ちょうど貴方達のからだの一つ一つの細胞が、生き生きと独立して機能する細胞であると同時に、それはまた貴方の構成部分の一つであるようにね。

◎ スーザン : マシュー、私達の今の人類は、その分割された領域世界のどれに属するの?

★ マシュー : 主にサブスパークレットのレベルだ。
でもお母さん、覚えていて欲しいのは、それは魂の進化ではないことだ……それはパーソネージである魂が、独立した経験の為に現れる順位のことに過ぎない。

貴方達が言う”古い魂”という表現は、進化の部分についてのことで、その系列順位のことではないと思うよ。
それらはお互いに、何も関係ないだろう。
何故なら、霊的な成長は其々(それぞれ)の魂の自由意志による選択によって決まるものであり、魂をより高いレベルの霊的進化に高める選択に、どのくらい多くの転生が必要だったかということではないからだ。

そして、今回は地球だけでなく、宇宙でも未曾有(みぞう)のことという訳で、貴方達の惑星には幾人かの非常に”古い魂達”がいて、貴方達をより大きな気づきに導いているんだ。

◎ スーザン : そうなの。
ありがとう。

創造主というのはコスモス(大宇宙)の最高存在で、神はアシスタントなの?

★ マシュー : そうではない。
コスモスとユニバースは、同義語としてよく両方とも使われるが、小宇宙(ユニバース)は、其々(それぞれ)大宇宙(コスモス)のほんの一部分のことだ。

大宇宙には小宇宙がいくつもある、そして、その一つ一つにその至高存在として、それ自身の神や女神がある。
地球にいる人々は、他の小宇宙やその統治者、創造の階位のことを知らないので、いくつかの宗教が創造主につけた”神”がその呼び名になっている。

これは、公式の呼び名に総称を使っていることになる。
つまり、女の子の赤ちゃんに”少女”と名づけるようなものだ。

神を”私達の創造主”として呼ぶことは珍しいことでもなく、間違ってもいない。
何故なら、神はそうであるからだ。

しかし、それによって、この創造主と神という二つの存在とその名前について、新たな混乱が生じている。
この名前の間違いが、どのように始まったのか知らない。
遥か大昔に、呼び方がズレてしまったのかも知れない。

その当時は、創造主/創造は根源(ソース)、あるもの全て、私という存在、全能の神、ワンネス、全体、或いは全大宇宙の至高の存在として、創造主を表す他の名前であることは知られていた。

名前は問題ではない。
創造主の名前と神の意味に、或いはその逆も同様に、愛と尊敬が与えられていれば、(それによる神との)交わりは充分に応えられる。

キリスト教会の三位一体は、このように理解できるだろう。

父 : (創造主:神或いは宗派によっては、他の名前で呼ばれる大宇宙(コスモス)に於ける最高のパワー)。

子 : (創造主による創造であり、その“子”である神。私達の宇宙だけの至高存在であるが、地球では一般に創造主とは区別されていない)。

聖霊 : (創造主に最も近い領域、或いは世界。キリスト領域とも呼ばれる。そこの最高位の存在は、光として表現される完全なる愛である。そして、そこから来た魂が肉体を持って、地球のイエス・キリストと仏陀などの、この宇宙全体に大きな影響を与える存在となった。)

呼び名と解釈が異なっていても、この三位一体がお互いに結び合っていることは同じだ。
そして、全知全能の神と、全知の創造主とその次の全能パワーという聖なる階位にも違いはない。

進化するに連れて、名前が変わるだけだ。

◎ スーザン : 神と創造主は、その”管轄範囲”の大きさの他に違いはあるの?

★ マシュー : うん、二つの本質的な違いがある。
でも、最初に、創造主の如何なる分身も、創造主の要素の全てを含んでいることを繰り返しておくね。

だから、神とは、創造主が完全に純粋なままに表されたものであり、実質的にこの宇宙の創造主だ……知識と叡智においての創造主の思考、愛としての創造主の心、権威と責任においての創造主のパワーだ。

さて、最初の違いはこれだ : 創造主の中心にある本質は、大宇宙コスモスの秩序と生命だ。
その本質の主要な機能は、活動的ではない。

車輪の軸が、動いている部分の”アンカー(錨)”の役目をしているように、創造主の中のその安定した力によって、他の部分が一定に運動できるようになる。
その安定性が止むと、生命自体が止まる。

如何なる形の生命の創造も、整然としたペースのエネルギー波動(振動)を必要とする。
それは、創造主の機能の内の安定性と、活動性の両面を必要とする。

神は、あらゆる面で活動的だ。
創造主の愛と光エネルギーのエッセンスと同じ資質と範囲を持ち、この宇宙における創造主の拡大された活動的力として、神はここであらゆる生命体とあらゆる秩序を創る。

大宇宙コスモスで、最高の最もパワーあるエネルギーが光……創造主のエッセンス……であるように、この宇宙でもそれは真理だ……神のエッセンス。

光は、より多くの愛の力と感覚を包容しつつ、パワーを増して変動する伸縮運動である。
光は方向を変えられるが、捉えることも破壊することもできない。
そして、愛は永遠である。

同じエネルギーでも現れ方が違うこの愛と光の力は、神と相互に作用する個々の魂の基盤だ。
私達の宇宙にある全ての形の生命は神から来ているので、人間の創造は神のお陰だから、人間は神の姿(イメージ)を基に創られたとも言える。
人間の姿のアイデアとその肉体を作っている素材は、神の心から来たものだ。

私達の宇宙の生命創造と共に、神は銀河の軌道回転から種がいつその被膜から芽を出し成長を始めるのを知ることまで、全てを司る止めようのない運動の法則を開始させた。
これが始まってから計り知れない時が過ぎるその間、テクノロジーによってエネルギーの方向の微調整のみが、エネルギーの神聖なる目的と動きの本来のコースを変えた。

エネルギーそのものには、何の変化は有り得ない。
何故なら、エネルギーこそ創造だからだ。

どのようにエネルギーが引き出され使われるのか、それが創造の鍵だ。
”始まり”の時、この宇宙にあるあらゆる創造物は、完璧で純粋、神性であり愛に満ちていた。
全ては完全なる調和と融合にあり、生命はそのように生きるようになっていた。

創造主は、自由意志を全ての魂達への贈り物にしようとした……それだから、宇宙の法則により、全ての宇宙の支配者は、其々(それぞれ)の領域の全ての魂達の自由意志による選択を尊重する義務があるのだ。
しかし、魂に完全なる選択の自由を与えるという、このあらゆる贈り物中の贈り物があまりにも濫用され誤って使われて来た為に、もう、嘗(かつ)てあったような貴重な黄金の贈り物とは見なされていないという可能性もある。
宇宙によっては自由意志など知らないところがあると、僕らは聴かされている。

その一方で、この宇宙の一部では、魂達がその贈り物を輝けるものまでに大事にしているので、それはもはや個人の選択ではなく、何百万の集合した魂達の統一した選択になっているところさえある。
しかし、地球では、創造主の法に従って、自由意志は生きる上での自然な理法とされ、そこでは神の手が常に見守っているが、決して魂の選択を妨げたり否定してはいけないことになっている。

創造主と神との本質的な二つ目の違いはこうだ : 創造主は大宇宙コスモスの中で個々の転生を知っているけれど、創造主が魂達の転生に関わるという規範はない。
神は、この宇宙にある全ての魂達が住んでいるステーション(場)を知っているだけでなく、どの人の頭痛も秘密の夢も、苦悩、喜び、怖れも知っている。
神には、全てが分かっているんだ。

創造主がその崇高な沈黙を破った時、その目的は、創造による経験をする為だった。
創造主の完璧な表れとして、神は同じ目的を持っている。

神の知覚能力という特性は、神が創造するあらゆる肉体を持つ、或いは持たない霊的な転生での創造物全てに入っている。
神は、霊的な、或いは肉体世界にいる全ての魂達が感じるのと全く同じ感情を感じるんだ。

それらの霊的な進化段階と自由意志の選択がどのようなものであれ、神が全ての魂達の感覚全体から離れることは一瞬たりとてない。
そして、これは、動物界と植物界のあらゆる生命体に言えることだ。

非常に高いレベルで、神は、現在の混乱と耐え難いネガティビティ(破壊的エネルギー)の中にいる地球の苦悩を経験している。
また、他の全ての天体が感じる感覚も経験している。

神の宇宙に存在するあらゆる生命体は、神と不可分であることをいくら言っても言い過ぎることはない。
その相互に繋がっている関係は、あらゆる形の生命体の魂同士にも言える真実だ。

これらの宇宙の感覚を全て同時に感じることは、この宇宙で想像できる最も高く進化した魂でさえ、想像することも不可能だ。

◎ スーザン : 創造主が私達の人生に関わらないのであれば、それは神のように肉体的な苦痛や感情的な苦しみを感じないということなの?

★ マシュー : お母さん。
創造主の代名詞に"それ(It)"を使うのは、べつに品位を落としている訳ではないんだ。

貴方達が存在というよりも、物や状況を指し示す時に使う”それ”と比較はできない。
創造主に対して使われる時は、白と同じ意味になる。

白色というのは、色がないことではない。
それは、合成色なのだ。

白から宇宙のあらゆる色が屈折されて、それ自身のエッセンスになる。
宇宙の他の場所では、貴方達の惑星では見たことがない素晴らしい色がたくさん存在するんだよ。

それから、創造主は本当に人類の感情を経験するんだ。
それも、貴方達の第三密度の肉体の能力を遥かに越える高度の感覚でね。

でも、それ(創造主)は、魂の状況に関わることもしないし、個人的な反応を与えることもしない。
それに反して神は、その魂達が生前に合意した選択の枠内で、可能な限りの援助ができるよう、常にあらゆる手段を講じている。

****************

この文章の挿入を、ありがとうございます、お母さん。

愛する兄弟姉妹達、貴方達は、創造主の愛と光のエネルギーの比類のない素晴らしさとパワーが具現化された存在です。
それが、貴方達を大宇宙コスモスのあらゆる存在と永遠に繋いでいます。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional