gin7614



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ 光の銀河連合ロード・サナンダ・クマラからのメッセージ ★真実が貴方を自由にする★ *:..。o○☆*゚¨゚゚

April 18, 2018

兄弟姉妹の皆さん、ご挨拶を申し上げます!
本日は、宗教的な教えから来る、強力な3次元的な考え方の鎖を壊す手助けをさせて頂きたく、やって参りました。

このメッセージによって、より健康的な身体 ; より健康で、楽しい人生の歩み方をお伝えできればと思います。
でも、お話しを開始する前に、このメッセージを読んで下さっている皆さんにリマインドさせて下さい。

今日、この内容をお読み頂いた上で、何を信じる/信じないかは、皆さんの自由です。
そして、これは高次元にいる私達を代表してチャネリングをして下さっているアデルの、全てのメッセージに当て嵌(はま)ります。

高度にスピリチュアルなメッセージを、読む/聞く為の十分な準備ができていない方は、どうか読む/聞くのを止(や)めて頂いて、ご自分の気持ちの向く方向へどうかお進み下さい。

私達は皆さんの自由意志を常に100%尊重していますので、何を信じるかは、皆さんお一人お一人の選択次第です。
私達は、皆さんがここに書いてあることを信じようが信じまいが、皆さんを計り知れないほど、深く愛し続けます。

ですから、どうか同じように自由、思いやり、敬いを、互いに与え合って下さい。
人が自分の信じたいものを信じること ; 自分のハートが信じろというものを信じること。

これまでも言って来ましたが、今日もまた言わせて頂きます。
貴方のハートは、常に強力な真実のバロメーターであり続けます。

貴方のハートが、ここに書かれている高次元の情報に同調すると、貴方に訴えるのであれば、その時は、この情報を貴方の為のものとして取り入れる時であり、貴方の光の道を更に前進する為の助けにするべきです。
もし、ハートが読むのを止(や)めなさいと言うのであれば、それは貴方が、まだスピリチュアル的に目覚めるタイミングではないということかも知れませんので、その際は、ハートに従って読むのを止(や)めて下さい。

もし、貴方が読み続けることを選択するのであれば、どうか、心と思考を開いて読む/聞くという意図を持って下さい。
貴方はどの瞬間も、今世における貴方の神聖なプランに最適な道の方に導かれています。

アデルにとって、今日のメッセージを書き留めるのは容易ではありません。
彼女の書いた全てのメッセージは、彼女にとって非常に多くの時間と努力と献身を要しました。
そして、その中には書くのがより大変だったメッセージというのもあります。

今回のメッセージは、これまでの中で最も大変なメッセージとなります。
それは、彼女がカトリック教徒だからです。

彼女は、私(イエス・キリスト ; 私の地球での最も有名な転生)と父なる神に、非常に傾倒していました ; あまりにも傾倒し過ぎて、20代前半の時に真剣にカトリックの修道女として一生を捧げようと考えたくらいです。
非常に敬虔(けいけん)なカトリック教徒の家族に育てられ、毎週日曜日の集会に参加し、幼い頃はカトリックの学校にも通っていた彼女が、漸(ようや)くクローゼットから這い出し、自分はカトリックから卒業しますと世界に正式に宣言するのは、とても難しいことです。

彼女はスピリチュアル的により目覚めた為に、特定の宗教に縛られる必要性をとうの昔に手放しています。
毎週日曜日に教会に行くこと自体(家族と宗教上の伝統の手前仕方なく)、何だかとても小さくなってしまった服を無理に着ているかのように感じられます。

とても制限されているような気分になり、最近になって、彼女は自分の信念や真の自分に忠実になることを決めました。
たとえ、家族の中で浮いた存在になったとしても。

全部大丈夫 ; アデルは今までにないくらいハッピーです。
家族も、彼女のそのままを愛し続けてくれています。

アデルが、今、信じている、所謂(いわゆる)宗教は、全なる全てとの一体感と一体意識です。

彼女がこれらのメッセージを、神聖なる真実と純粋性のまま(完全に信じて、信頼して、委ねた状態で)書く為には、一つの特定の宗教から離れて、全てを享受しなければなりません。
彼女の今世での最も重要なミッションは、「愛への道」を示すことで、人類の集合体の全てのメンバーを繋げることに一役買うことです。

「全てのものと繋がり、一体となること」に繋がる道。
(宗教、肌の色、貧富の差/教育的背景、言語、地理的条件、文化/国家、性別に関係なく)

除外ではなく、「受け入れていく道」。
全員が、日々地球とそこに住む住民と関わり合う日常生活の中の全てにおいて、真の自分である愛を体現するという、より高次元の道。
神聖な愛と、全てとの一体感を基本とした、非服従の道。

では、今から父なる神のメッセージの題名を、今一度リマインドさせて頂きます。

生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ。
このメッセージの中で、地球ベースの宗教/信念の真の機能性を説明してくれました。

また読んでいない方は、こちらで : “全ての道はローマへと続く“(Alainde Lille)、“山の頂上へ向かう道は数々あれど、頂上の景色は常に同じだ“(中国のことわざ)、最初の言葉は、同じゴールや結果に辿り着くには様々な方法があることを意味します。
二つ目の言葉の山の頂上は、貴方と神との真の故郷、若しくは神と完全に一体となった状態を指します。

頂上の景色は常に同じだというのは、貴方がどの道を辿ろうと、結果は常に同じであるということです。
貴方は絶対にそこに神を見つけるし、神は貴方と完璧に繋がっています。

アデルが(山の頂上へ向かう為に)辿った道は、カトリックという道でしたが、それは彼女の家族環境がそうさせたからです。
皆さんも、育った環境や、地理的環境によって、その場所で信じられている教えがあるかと思います。

そして、自分や愛する人が、真の自分とは全く違う信念を持っていることがあるかも知れません。
でも、それはそれで良いのです。

貴方が、ご自分の内なるGPSであるハートに従いながら、自分独自の道を登って行くと、やがて神が完璧に貴方と一体であることに気がつきます。
たとえ、神の存在など信じないという道を選んだとしても、または無宗教の人も、何(いず)れは、その最終目的地の山の頂上で神を見つけます。

要するに、それは人が、愛の存在に気がつくということです。
人が愛を信じると、やがて人生という旅のある地点で、真の/本来の自分を見つけることになります ; それまでどんな道を辿って来たにも関わらず。

神という肩書/名前は、別の名前で呼ばれるかも知れません : シンプルに愛とか至高の/最上級の創造主、究極の力、明るい光、源のエネルギー、または全なる全てなどでしょうか。
人同士の意見の衝突は全く不必要です ; どちらの道が正しいなどいったことで、互いに衝突する必要など絶対にありません。

過去において、神の名の下(もと)に、あまりにも多くの戦争が起きました。
そういった戦争を起こした人々が、どの神のことを示唆していたかは分かりませんが、愛の精神ではない行動は、決して神の名の下での行動ではありません。

愛以外の目的で神の名を語ることは、神への冒涜でしかありません。
神の名の下(もと)に戦争が行われた際、指揮当局は自分の目的達成の為 ; 権力の独占と神の信者を支配下に置き、最高位に就くことだけの為に、神の名を語りました。

これまでどの宗教/無宗教の道に属していたかに関係なく、神聖で、無条件の愛を、今、完全に受け入れる準備ができている方は、やがて一つの目的地に辿り着きます。
その目的地に着いた時、貴方は全なる全てと一体になった自分であることに気がつきます ; この美しい地球に住む全ての人々とも一体であることも。

更にガイア ; 母なる地球と、その全ての住人と一体である事実にも目覚めます。
その気づきと共に、貴方は引き続きご自分の神聖な正体 ; 自分と神が完全に酷似している、神聖な本質と能力に目覚め続けます。

ここまで書いたことは、本日の話題のほんの序章でしかありません。
これはアデルのメッセージ全てを読んでいない方に、本日のメッセージをより深く理解して頂く為の背景をお話ししたまでです。

本日は、私の一番有名な転生である、ナザレのイエスとしての人生の真実のお話をシェアさせて頂ければと思います。
そして、私の真の教え ; 現在の聖書に記載されているような、当時のキリスト教当局によって編集されたものでない私の教えについても、シェアさせて頂きます。

私は、既にスピリチュアル的に目覚めている二人の両親の元に生まれました : メアリとジョゼフ。
両親がスピリチュアル的に目覚めていると、その子供は完全にスピリチュアル的に目覚めた存在として成長します。

それは私が、3次元的地球の在り方に困難を感じることが、一切なかったということになります。
私は自分が何者であるかが、ハッキリと分かっていました : 私は創造主である神の愛しい子供で、愛というとても大事なミッションを携えて地球にやって来ました。

私が15歳の時、私は父なる神から、ある日、自分の準備ができたら果たすであろう役目に関するビジョンを受け取りました。
このビジョンを受け取ってから以降の私の行動の全ては、光の大使としての準備でした。

より高次元な視点から見た私の最初の役目は ; 人類の初期の歴史の中でも、最も暗黒な時期において、自分が存在することによって、キリスト意識(無条件の愛や一体意識とも呼ばれます)を地球の核に根づかせることでした。

私は、強力な光の灯台になるのでした。
この光は、私がイエスとして生きた時代において準備のできた全ての存在を、それぞれ真の自分、元の場所、なりたい自分への回帰に招待する光です。

当時の私には、たくさんの人が追いて来ました ; 多くの男性や、女性の弟子達です(かの有名な12使徒だけではありません)。
私が教えを説く際には、常連の方だけでも何千人もやって来ました ; これらの教えを私は高次元の叡智で人々を目覚めさせ、輝かせる為のセッションと呼んでいました。

様々な年齢、様々な生まれの方々が私の教えるセッションに参加されました ; 病気の方、裕福な方、裕福でない方、ユダヤ教の司祭、ローマ帝国の当局者/兵士まで。
私の教えが多くの方を引きつけたのは、そこに含まれる大容量の愛と光のバイブレーションの為です ; 純粋な真実と叡智のバイブレーションが公にシェアされたのですから。

光の大使としての私の役目は、永遠には続きませんでした。
私の教え、私の存在が、その当時の宗教的枠組みを大いに揺るがしたからです。

当時のユダヤ教当局の高い地位に就いていた存在達 ; 欲望や富、権力によって、神聖な愛や真実に対して、完全に心を閉ざしてしまった人達が、私の真の信者となった大衆の方々への教えと、その広がりと、私の光の大使としての役目を、どうにか阻止しようと作戦を立て始めたのです。
この時、どのようなドラマが起きていたかを私は知っていましたが、全てなるべくしてなるように流れに任せました。

地球の歴史においては、どの瞬間にも、闇の勢力の役割を果たすという選択をする魂がいます、もちろん、今もです。
そして、その反面、バランスを取る為に、光の中で生きるという役割を果たす選択をする魂も必ずいて、この方達の存在によって、全てが失われた訳ではないことが実感されます。

(もし、アデルが私をチャネリングした「闇を受け入れる」という題名のメッセ―ジをまだ読んでいない方は、これを読んで頂くと、闇の役割を演じる方々についてのより深い理解が得られることかと思います。)

貴方が、地球の長い歴史の中のどの時代に転生することを選んだとしても、光と闇の果てしない戦いから繰り出される幻想/ドラマは常に展開されています。
でも、神という壮大な王国においては、全てが大丈夫なのです。

全てはなるべくしてなっており、永遠の魂である貴方には、体験したいと望む全てを体験できるという自由が与えられています。

貴方の過去生(私達の父なる/母なる神が私達が遊ぶ為に創って下さった、肉体のある宇宙・貴方の遊び場)の多くでは、貴方は両方の役割をこれまで選んで来ました : 闇に生きる人と光の中を生きる人の両方です。
貴方は進化することで、より高度な「貴方」が貴方になって欲しいと決めた、次なる偉大なビジョンになることを目指しつつ、終わることのない永遠の壮大な冒険に出ています。

では、ナザレのイエスの人生についての話に戻りましょう。
私は知っていました(光の大使としての役目を始める前から)、地球でのドラマがどのような終わりを遂げるかを ; そして、これに関わる助演男優/女優のことや、彼らが果たす役割についても知っていました。

当時の私の肉体的な現実で起きたことの多くは、事前に送られて来たビジョンによって、私に知らされていました。
全てを知りながら、私は逃げませんでした。

私はやがて来るであろう終わりから、逃げようとしたこともありません。
大いなる勇気と、力と、勇敢さを持ちつつ、私は来る日も来る日も繰り返し手放し、神に委ねる技を実践しました。

私は全てを、父/母なる神と自分のハイヤーセルフに委ねることで、高次元の光を根づかせ、世界の為の(未来の全てのキリスト教徒がついて来れるよう)パワフルな灯台となる、という私の重大で神聖なミッションが現実となるようにと、自分自身の大いなる崖からの飛び降りを実行しました。
当時、私は知っていました(私は未来のガイアのビジョンを受け取っていたので)、いつか貴方の母なる地球であるガイアとその住人全てが、漸(ようや)く究極的な元の場所へと上昇できる「時が来る」ことを。

皆さんは本来、全てが愛/全てが平和と調和/全てが豊かである神の王国という、究極の現実からやって来ています。
そして、その「時」が今やって来たのです!

今こそ、ガイアと皆さん全員が神の光に還る時です ; 肉体を持ったままで、貴方のハイヤーセルフである愛に還るのです。
今こそ、人類の集合体の全メンバーが、それぞれ身体を持って、今、地球に転生して来たそもそもの理由である、高度な目的/ミッションを持って、一致団結する時です ; 今、この壮大な変化(低次元から高次元への壮大な移動)の時に、この前代未聞のドラマ/ショーが展開している中、一致団結するのです。

皆さんの銀河の兄弟姉妹である、高次元の存在達の多くも見守っています。
彼らは宇宙中から ; 様々な次元を通過し ; 時空を超えて、ここにやって来ています。
彼らは光をサポートする為、そして、今回こそ最終的に、父/母なる神の布告通りになることを確実にする為に来ています。

長らく待ち望まれていた地球上の天の王国が、今、ここに在ります。
貴方の銀河の家族は、ガイアの正義の為に闇と光の間で起きた大バトルの話を聞いて、飛んで来たのです。
人類の魂達の、正義の為に。

彼らは、皆さんが何百年も生きて来た3次元の枠組みに捉われない形で、最終決断を下すことができるよう(アセンションするか/しないか)手助けをしに、ここにやって来ています。

今こそ、皆さん全員が決断をする時です : “貴方は闇の役を演じていますか?
若しくは、光の中に生きる役を演じていますか?

貴方が選択した、その役を引き続き演じ続けますか?
若しくは、その反対の役に変えますか?

今より、偉大な存在になりたいですか?
スピリチュアルな真実において、貴方は既にそうである姿に、愛と光に還りたいですか?
若しくは、深いスピリチュアルな眠りに留まり、今世中は絶対に起きないことを選択しますか?

人類の未来である、愛に溢れ、楽しく、平和で完全に一体意識となった5次元の社会に住みたいですか?
”若しくは、憎しみ、怒り、二元性、分離、欲望、権力、恐怖、お金がメイン「テーマ」である、3次元の今の社会に住み続けたいですか?
それとも立ち上がり、そういった低いバイブレーションの社会を拒否しますか?

貴方は新星ノヴァの実現化に貢献することで、それが貴方の物質的現実の未来になることに積極的に参加し ; 貴方という存在の全てを、貴方の人生の全てをこの件に統合させる準備はできていますか?
それとも、新星ガイアの実現を望まない人の役割を演じ続け;それを阻止することに積極的に参加しますか?

これらは非常に奥深い質問であり、貴方自身にしか正解は分かりません。
その選択は、究極的に貴方次第なのです。

天にいる私達全員が、貴方の自由意志を尊重しています。
これは以前にもお伝えしたことですが、今一度、繰り返させて頂くことで、皆さんにこれから述べる真実と統合して頂ければと思っています : ある選択が、他の選択よりも良いということはありません。

今世でアセンションをすると決めた貴方の方が、今世中にアセンションしないと決めた方よりも偉い訳でも、そっちの方が良い訳でもありません。
全ては、それぞれの魂の高次元へと移行する為の意識上の準備段階によります ; より高次元的な方法で、全なる全てと一つになること。

もし、貴方の愛する人が、今世にアセンションする準備ができていないという場合は(それは、明らかに分かります。何故なら、その人自身のハイヤーセルフの愛らしい自然の在り方とは、完全に対極な役割を演じているはずですから)その方の選択をどうか尊重して下さい。
その人が生きたいように、生きることを許して下さい。

人を操りたくなる衝動を手放し、神を信頼して委ねて下さい。
ご自分のハイヤーセルフを、信じて下さい。
そして、貴方の愛する人のハイヤーセルフが、引き続きその人の肉体の分身を導き続けてくれて、何(いず)れは光の道へと戻る手助けをしてくれると信じて下さい。

どうか、そういう方の道に愛と光を送って下さい(光と愛が貴方のハートから彼らのハートに直接送られる図を思い描いて下さい)そして、何(いず)れパーフェクトなタイミングで、(それは彼ら自身が決めることです)その方は、自らのハイヤーセルフの光の中へと帰っていけるように。
貴方は、それに参加しない ; 関わることを拒否する ; 影響下に入ることを拒むことで、闇を選んだ方の暗いドラマ/計画に、引き込まれないことを選択することができます。

もし、ある巨大国家のリーダー達が、近隣の国と戦争をしようと企(たくら)んだと想像してみて下さい。
でも、誰も戦場に行かなかったら?

その国家の軍隊に属する兵隊達がスピリチュアル的に目覚めて、愛以外の行動に参加することを拒否したら?
国家の国民が戦争に参加することを拒否したら、どうでしょう?

戦争は、起きませんよね。

皆さんの一人一人が、全ての恐れを手放すことを覚えなければなりません。
貴方が、真の貴方である愛らしい、でも、非常にパワフルな創造者としての神聖な地位に立つことを妨げるような全てを、手放して下さい。
集団から浮きたくないからといって、周りの人が貴方に求めている像に従順であることを止めて下さい。

もし、誰かが、貴方に何かをすることを求めて来たら、どうか一度立ち止まって、貴方の高度なハートに聞いて下さい、“この人達が私に求めていることは、私のハイヤーセルフの求めていることと一致していますか?”
“私がここにいる神聖な目的/ミッションと合致していますか?と。

ハートに従い、真の自分に忠実に生きることが幸せ、成功、豊かな生活、ハイヤーセルフと一つとなる為の早道です。
皆さん全員が、肉体を纏(まと)った地球という星でのアドベンチャー/転生の最後に必ず、神と一つになった状態、全なる全てと一つになった状態に還ります。

ですから、全ては常に順調なのです。
恐れるものも、何もありません。

全員が、其々(それぞれ)の壮大で神聖なプランにに沿って、肉体の状態で生きるべき道を生きています ; それぞれが永遠の魂としての偉大な光の道を歩んでいるのです。

これは、本日のメッセージのパート1の部分の終わりです。
パート2は、近々アデルによって発表されます。

私はナザレのイエスとして転生した時の真実のお話、真の私の教えについて、引き続きシェアさせて頂きたいと思います。

たくさんの愛と光を、お送りします。
貴方の兄、サナンダ。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional