gin7473



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ バシャールからのメッセージ ★浄化作業/貴方の本質/パートナー/分岐体験/軸がある時/即答できること★ ..。o○☆*゚¨゚゚

December 21, 2017

【 浄化作業 】

貴方達の世界では、未だ過去生からのカルマの所為(せい)で困難を体験させられてしまっている、またはカルマの所為(せい)で苦しめられてしまっていると考える人達が、まだまだたくさんいます。

カルマはエネルギーのバランスを取る為の方法であって、『アンバランスだと捉える貴方の意思によって実施』されているのです。
ですから、何かの所為(せい)で困難を体験している訳でも、何かが貴方に悪さを仕掛けている訳でもないことを、今一度、理解してゆきましょうとバシャールは話しているのです。

カルマは100%貴方の意思で行う、浄化作業です。
ですから、カルマを実施したい人はするし、必要ないと判断する魂は、体験を選択をしません。
それだけ、私達は自由に選択することができるのです。

貴方は今ここのパワーを使って、様々な必要な情報にアクセスしています。
貴方達が理解できる直線的な視点で言うと、過去に戻ったり他の平行世界の体験を得たりと様々です。

しかも、それらは皆、今ここの貴方の判断で行なわれています。
貴方が必要だと感じるソースにアクセスし、それを取り込んで自分を変化させているのです。

ですから、なりたい自分を視覚化することは、非常に大切な作業です。
あたかもあるが如く感じれるよう視覚化することで、宇宙へのカタログオーダーが完了されます。

そして、宇宙はそっくりそのままの波動を、貴方に送り返えしてくれるという訳なのです。

【 貴方の本質 】

それぞれの私達が持つ人生の目的は、様々です。
しかし、私達には、共通項の目的があるのです。

それは、本当の自分を見つける旅をすることです。
もっと違った言い方をすると、視点を変えてこの物質界に降り立つ貴方は、新しい視点で進化の過程を体験しつつ、新しい自分を発見しにやって来ているという訳なのです。

例えば、闇 → 光、制限 → 自由、負 → 正、今までの自分 → 望む自分という具合に、貴方達はありのままの波動を研磨して強める旅を進んでいます。
ですから、貴方達は精神面の大きな成長を体験しにやって来ているのであって、銅像が立つような業績を残すだとか、皆のヒーローになるということではありません。

これらは、副作用に過ぎません。
飽くまでも自分の光を見つけて研磨し、望む自分を誕生させる為にやって来ているのです。

ワクワクには、色んな種類が存在しています。
両手を叩いて喜ぶワクワクがあると思ったら、一人静かに没頭するワクワクもあります。
絶叫マシーンに乗っているかのようなワクワクがあると思ったら、微睡(まどろ)むような静かなワクワクもあるのです。

でも、これらは皆、貴方の心が訴えるありのままの貴方を表現するエネルギーです。
つまり、そのどれもに、貴方の本質が埋め込められているという訳なのです。

【 パートナー 】

私達の世界では、結婚という形式、または許可証を用いて家族が構成されています。
そして、カップルの間に子供ができ、新しい家族の中に絆/コネクションが形成されてゆきます。

しかし、バシャールの住む世界には結婚がありません。
ササニ文明には結婚がない代わりに、全ての子供達を自分の子供のように愛しサポートを与え、彼らがたとえどこにいようが、何をしていようが、いつも無条件の愛で受け入れる準備を整えてくれています。

ササニの子供達は、大抵3歳くらいになると独り立ちできるようになります。
バシャール自身も、ワクワクを見つけたのはちょうど3歳くらいのことだったと話しています。

ササニ文明にはカップルが存在していますが、男女間だけのカップルではありません。
ササニ文明には2つのジェンダー(性別)の他に、男性でも女性でもない両方のクオリティを持つ存在がいるのです。

また、今までのササニ社会では、子供の誕生方法が然程(さほど)私達人間社会と変わらないプロセスを踏んでいましたが、近年では異なる方法で誕生しています。
子供達は最初、エネルギー的に出現してから物質化を果たしています。
そして、用事が終われば(3次元密度の言語で死)体ごと、パッと蒸発する感じで非物質界の魂の世界へ移動してゆきます。

バシャールには地球の言語で表現すると『ガールフレンド』がいると話しています。
しかし、私達が考えているような存在ではないと話していますが、詳しく言及はされていません。

【 分岐体験 】

ワクワクの方程式とは、ワクワクを探し出し、それをできるところまで実行に移す。
そして、結果や成果を期待しない。

これだけなのです。
非常にシンプルですが、これが物質界を上手に歩く方程式となります。
これさえ持っておけば、後(あと)は貴方の心に搭載されているナビゲーションシステムを使って、道をどんどん進んでゆくことができます。

心に『軸』が立っているので、周囲のざわめきや雑念にぐらつくことはありません。
自分に『軸』があるので、どんな境遇が現れても自分を見失うことはありません。

ワクワクにアライメント良でいれさえすれば、ワクワクが倍増してゆきます。
しかし、ワクワクにアライメント外の時、疑念が湧いて来るようになり、未来を心配したり、あれやこれやと理由をつけてエネルギーを停滞させてしまいます。

ワクワクがワクワクに見えてこなくなったり、ワクワクが面倒に見えたりします。
でも、これは、貴方が波動アライメント外(ありのままの自分ではない、ネガティブ波動)だからです。

波動アライメント外の時、良いアイデアなのに、それが良いアイデアだと気がつくことができません。
何故ならば、波長が違い過ぎているからです。

例えば、話をしていても全く噛み合わない人に出会うことがあります。
これは、貴方と相手が異なる波長だから、情報交換がし難いことにあるのです。
つまり、お互いのエネルギー接点が薄いので、エネルギーの絡み合いが生じません。

私達は異なるバージョンの地球行きの人達と、まだ交流を持つことができます。
しかし、噛み合わない感じ、その場にいないような、ガラス越しのこちら側とあちら側のような、異なる世界をガラス越しで見ているような、そんなニュアンスを更に強く感じるようになります。
つまり、これこの感覚こそが、地球分岐体験を意味しているのです。

【 軸がある時 】

現在のカオスの世の中では、様々な視点とエネルギーがゴチャ混ぜ状態に存在しています。
所謂(いわゆる)、まとまりのない状態が齎されています。

突拍子もない今までの世界では絶対に考えられない出来事が起こったり、漫画のような嘘みたいな出来事があちこちで起こったりしています。
今までのような“道理に沿った行動をしていたとしても、肩透かしな目に逢うことが多いのも、この時期の特徴です。
何故ならば、それぞれの私達が、自分の中にしっかりとした『軸』を持ち始めていることにあるからです。

自分の世界を持ち始めている私達は、『自分の軸』を日々強化しています。
『自分の軸』が強くなるということは、それだけ貴方の世界が確立されてゆくことを意味しています。

周囲のざわめきにも動じることもなくなりますし、周囲の出来事にも振り回されなくなります。
何故ならば、貴方にはブレない『軸』が立っているからです。

だから、どんな濁流を通ったとしても、どんな障害物が流れて来ていたとしても、貴方はバランスを崩すことはありません。
物凄いスピードで流れるカオスの濁流に、貴方はバランス良く船を動かして、誰よりも素早く川を下ることができるのです。

貴方の軸は、貴方の決心です。
貴方の気持ちがユラユラに揺れ動いて波動アライメント外に押しやられれしまっても、軸がしっかりしていれば、素早く波動アライメント良に自分を寄せることができるのです。

貴方の中に軸があると、貴方は一人を感じることもありません。
貴方の中に全てが整っているので、貴方は足りていないものを感じることがないからです。
つまり、貴方に軸がある時、貴方は非常に満たされていてありのままの自分にいる時なのです。

【 即答できること 】

質問に対する躊躇(ためら)いの後のYES(はい)は、100%NO(ノー)という意味であることに気がついて下さいと、バシャールは話しています。

躊躇(ちゅうちょ)や、躊躇(ためら)いは、NO(ノー)を意味しているのです。
そうでなかったら、YES(はい)と即答できるはずです。

例えば、バシャールはこういった質問を投げかけます。
貴方は常にワクワクを追いかけ、できるところまでワクワクを追求していますか?。

大抵の人はちょっと間を置いてから、YES(はい)と答えます。
しかし、バシャールはいつもこう返します。

躊躇(ためら)いはNO(ノー)という意味ですよ、と。
ですから、YES(はい)と即答できることが、貴方にとっての本当のYES(はい)であって、間のあるYES(はい)はNO(ノー)を表しているのです。

本来、貴方は自分に対して嘘をつくことができません。
だから、嘘を隠そうとたくさんの層を纏(まと)っているのです。
自分を欺(あざむ)く為に、レイヤーを着て分からないよう、見つからないよう隠してしまっています。

『YES(はい)』と即答できる、ポジティブな要素をたくさん集めてゆきましょうと、バシャールは話しています。
『YES(はい)』と即答できることがたくさん集められると、貴方の軸も一緒に強化されてゆきます。
何故ならば、『YES(はい)』と即答できる貴方は、貴方の全てが細胞ごとYES(はい)!と言っていることになるからです。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional