gin7377



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ コブラからの情報 ★状況報告短信★ ☆、。・:*:・゚`★

Septembe 28, 2017

ブラックストーンに伴う異常は、解消されました。
残っているのは、プラズマトップレット爆弾を伴うヤルダバオト・プラズマ生命体の残部と、それに伴うプラズマ異常、そして、ヤルダバオトのボディ内に今まで隠れていた、いくつかのプラズマ寄生体が数体であり、ヤルダバオトが益々弱体化するに連れて、それらの生命体は活発になっています。

これら生命体全てには、プラズマトップレット爆弾とプラズマ異常が満載です。

ここで、プラズモイド(プラズマ塊)生命体についてプラズマ塊説明します。
それらのうち二つは、ヤルダバオトと全く同じ方法で解消されるでしょう。

一つ目は寄生虫型生命体で、1996年から1999年の間に、リゲル星系からコンゴ・ポータルを通じてテレポーテーションして来ました。
この生命体は、地上の住民から光を遮り切り、スピリチュアルな成長とアセンションの過程を抑圧する活動をしています。

この生命体は、その体内に現存している高度プラズマ・スカラー兵器の大半を有しており、高度なファジー論理コンピュータ・プログラムを使ってこの兵器に指示を出し、できる限りライトワーカーとライトウォーリアーを抑圧しています。
この生命体の排除が、光の勢力にとっても、現在の最優先課題です。

記憶喚起の為に、この生命体が地球にやって来た時の状況説明のリンクを、こちらに貼ります。

http://2012portal.blogspot.com/…/the-great-forgetting-of-19…

二番目の生命体は、パワーとしては落ちる寄生虫型生命体で、2004年から2007年の間に地球へテレポーテーションされました。
この生命体は、女神の存在と女神の神秘を抑圧する活動をしています。

それ以外にも、2001年から2017年にかけての、太陽系のプラズマ浄化から逃れて来た数多くの小型プラズマ塊の寄生型生命体も居ます。
その気のある方は、次の方法でプラズマ塊生命体と、それらに伴うトップレット爆弾の解消瞑想をして下さい。

https://spearoflight.blogspot.com/…/toplet-bombs-removal-me…

若しくは、以下のリンクに掲載されている各種瞑想に参加して、光の勢力を支援して下さい。

https://welovemassmeditation.blogspot.com/

なお、超重要な瞑想については、このブログで直接お知らせします。
一方で、火星に存在する生命についてのたくさんのソフト開示が、進行しています。

https://www.thesun.co.uk/…/life-did-exist-on-mars-and-alie…/

(記事概要:科学者達は、火星にかつて生命が存在したかも知れないという、重要な証拠を提示した。)

https://www.space.com/38121-mars-rover-curiosity-boron-habi…

(記事概要:NASAの火星探査機キュリオシティがゲール・クレーターで新たに発見したホウ素は、赤い惑星が遠い昔に、その地上で生命を支援できたかも知れないという、新たな証拠かも知れない。)

https://www.space.com/38262-ancient-mars-lake-hospitable-fo…

(記事概要:火星の古代湖は、生命を支援するのに充分快適だった。)
将来の、月や火星での居住地については、こちらです。

http://www.dailymail.co.uk/…/Humans-soon-live-moon-Mars-LAV…

(人類は直ぐに、月の内部や火星の巨大地下トンネル内で生活する可能性がある。)
最後に、こちらを見て、元気を出して下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=qr710vh6Feo

Victory of the Light!

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional