gin7372



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ バシャールからのメッセージ ★異なる列車/明るい未来/尊重する/僅(わず)か1%の世界/テレビのように/新しい地球★ ..。o○☆*゚¨゚゚

September 16, 2017

新しい地球のスターシード達へ

【 異なる列車 】

たとえ、貴方の周囲が暗黒に見えたとしても、貴方は難なく光の在り処(ありか)を見つけることができます。
暗黒に飲まれてしまったり、自分を見失って、素の自分が分からなくなることはもうありません。

貴方達が知らなくてはいけないこと、成長して前進してゆく為の術を、既に学んで知っていることにあるからです。
また、どんな困難やチャレンジがあろうと、貴方はしっかり光を見出し自分に取り込む力を持っています。

今、ここの人生を選んで、やって来た貴方達スターシードは、まさに困難やチャレンジから羽ばたけることを知ってて、やって来ているのです。

暗黒は、光を引き立たせる引き立て役です。
貴方の周囲が暗く沈んでいる時、小さな点の光でさえ、貴方は見逃すことはありません。

それが周囲の目に映らなくても、貴方はしっかりとその光を掴むことができるのです。
これが、スターシード達の役目となります。
貴方達がそれぞれ光の粒となって周囲に羽ばたき、周囲の光を集めてゆくのです。

ポジティブな視点で行動する貴方の言葉には、愛が込められ、磁石のように周囲の光を引きつけてくれます。
スターシードとして、周囲に光を体現してゆきましょう。

列車は、既に貴方が望む並行世界に向けて発進しています。
去年まで早歩きのスピードだったのが、現在では、駆け足のスピードです。

今まで仲良しだった人とパッタリ連絡が取れなくなったり、噛み合わなくなったりするのは、それぞれが搭乗する列車が異なることにあるのです。

貴方の愛する人が同じ列車に乗っていなくても、無条件の愛で認めてあげましょう。
貴方は、誰かの人生を歩むことはできません。

貴方は、貴方の人生のみ、フルで体験することができるという訳なのです。

【 明るい未来 】

現在、今まで見たこともないような速さで、物事が引き寄せられています。
それはポジティブだろうと、ネガティブだろうと、同じことが言えるのです。

ここで覚えておいて欲しいことは、ポジティブもネガティブも両方同等に存在し、どちらも全く同じ力を持って存在しているということです。
そのどちらかにタービンをつけて引っ張って来ているのが、貴方本人という訳なのです。

タービンがどちら側についているかは、貴方の感情をモニターすることで、瞬時に把握することができます。
心地が良いのであれば、ポジティブ側に、不愉快な気分であれば、逆側にタービンがついています。

よく『何をしてもうまくいかない』『悪いことが重なる』という人がいますが、それは、ネガティブ側にたくさんのタービンをつけていることにあります。

何度も言うように、宇宙は、決して間違いを犯すことはありません。
貴方の意識が示す方向にタービンをつけて、貴方の元へと寄せてくれます。

シンプルに、それだけなのです。
ということは、今現在引き寄せられている周囲の出来事は、既に貴方が思考を巡らしていたことを表しているのであって、今、ここの貴方を表現しているものではありません。

直線的な3次元密度の視点で説明すると、既に物質化されて引き寄せられたことは『過去のこと』で、終わりと捉えます。
ですから、今、ここの貴方が視点をポジティブに調律し、新たな自分でポジティブな世界を引き寄せることができるのです。

今、ここの貴方が、明るい未来を作り出しています。

【 尊重する 】

惨めな気持ちや寂しさに苛まれた自分をずっと体験し続けてゆきたいのであれば、『どうぞ、ご自由に』と我々は言うでしょうと、バシャールは話しています。

我々は、貴方達を『無条件の愛』で愛しています。
ですから、困難なシチュエーションや、恐れにしがみつく人生を選択をする人達に、こっちの方がいいから、こちら側に来なさいといったアドバイスをすることはありません。

我々(バシャール達)は、貴方達の選択・意思を尊重しています。
どんなことを選択しようと、我々(バシャール達)は、貴方達を大きく包み込んで見守る体制を崩すことはないのです。

そして、いつの日か、貴方達と肩を並べて対等に向き合える日が来ることを確信しているからこそ、我々(バシャール達)は、こうして同じことを貴方達に言い続けるのです。

『意識を覚醒させて成長したい、生命として進化したい、だからガイドして欲しい』という貴方達地球人の要望に応答し、我々(バシャール達)が、こうして貴方達とコミュニケーションを取っています。
そして、その意思がホンモノであること、そして、本当に貴方達が『覚醒の世界』を体験する世界を築いてゆくのが見えるからこそ、こうして貴方達と交流を持っています。

そうでなかったら、我々(バシャール達)が、わざわざ時間を割いて無駄をすることは有り得ません。
あるバージョンの並行世界では、我々との交流が全くない地球も存在しています。

先ほども言ったように、我々は無駄をしません。
しかし、その代わり、彼らの選択を『無条件の愛』で尊重しているのです。

【 僅(わず)か1%の世界 】

一般的に私達人間は、変化を嫌います。
何故ならば、変化の先に何があるのか、見えないからです。

また、私達人間は、聞いたり、見たり、触ったりできないこと、五感に訴えない感覚を、中々本物として受け止めることができません。
何故ならば、実態として掴むことができないからです。

もちろん、私達の五感はとても性能良く作られているのは確かですが、しかし、五感で掴める測定範囲は非常に狭く、全体の1%にも満たないエネルギーのみ測定可能です。
そして、私達は、メモリを振り切る波動の全てをスルーして、ここまでやって来たのです。
つまり、私達は長い間、この1%の範囲の世界のみを体験して来たという訳なのです。

貴方の亡くなった愛する人は、どの時代の人であろうとちゃんと存在し、今でも生きています。
非物質界の世界は、我々が住む物質界のように、ちゃんと実態があるのです。

ただ、生きている次元が違うだけで、今でも同じワクワクを持ち、今でも物質界の愛する人達をケアしてくれているのだと、バシャールは話しています。

目に見えて、聞こえて、触れる物だけを信じるよう教え込まれて来た私達は、次元上昇に伴い、五感の範囲を少しずつ広げています。
今まで見えなかったオーラが見えたり、辺りの景色が、何だか輝いて見えるようになります。

また、動物達が反応するエネルギーが分かるようになったりと、貴方の体験は1%の世界からやっと飛び出し始めているのです。

【 テレビのように 】

テレビのチャンネルのそれぞれには、異なる周波数が関連づけられています。
今、見てる番組を他の番組に変えたいのであれば、チャンネルを変えれば、直ぐその番組を観ることができます。

でも、たとえ、貴方の家にテレビがなかったとしても、テレビの電波が消えてなくなってしまった訳ではありません。
テレビの電波をキャッチできる受信機させあれば、いつでも、誰でも、それらの存在を確かめることができます。

私達が住むこの世界も、テレビやラジオと同じメカニズムで構成されていることを知って下さいと、バシャールは話しています。

それぞれの並行世界には、それぞれの周波数が関連ずけられています。
貴方の望む世界にも、欲しい車を持っている自分にも、恋い焦がれる相手が側(そば)にいる自分にも、憧れる国に住む自分にも、周波数がそれぞれ関連ずけられているのです。

では、どうやって貴方の望む自分が居る世界に、周波数を合わせることができるのでしょうか?

それには、貴方の想像力が、大きな鍵を握ることになるのです。
貴方の望む世界と周波数をマッチさせるには、貴方の想像力を使ってマッチさせます。

つまり、貴方自信が受信機となって、望む世界をプロジェクトしてゆきます。
これが所謂(いわゆる)、望む自分をミミックすることです。

例えば、恋人が欲しい人は、恋人がいる時の幸せ感、安心感、愛する気持ちを自分の中にアクティベートさせ、それをブロードキャストしてゆきます。
そうすることで、宇宙は、貴方とマッチングした周波数の世界を運んで来てくれるという訳なのです。

【 新しい地球 】

バシャールは、私達に教えを配信する以外にも、今後、地球で生活をすることになっている『ハイブリッドの子供達』のアドバイザーもしています。
現在、子供達は巨大シュミレーションの世界に身を置き、地球生活に馴染めるよう勉強中であると、バシャールは話しています。

たとえ、地球の遺伝子が高%に組み込まれていたとしても、やはり彼らにとって、地球の生活はあまりにも『エイリアン』でエキゾチックであると、バシャールは話しています。

『ハイブリッドの子供達』は、『地球=コントラストの世界』という特色を十分認識して、準備を整えています。
コントラストによって生まれる困難や挑戦を上手に利用し、物事が実る過程を体験するさまも、十分理解しているのです。

そして、彼らは、地球の子供達とのコネクションを軸に、どんどん新しい世界を作り出してゆくことになります。
現在の子供達、またはこれから生まれて来る子供達は、『ハイブリッドの子供達』と一緒に新しい地球を作り出す為、活動を共にしてゆくことになります。

大人達が考えつかないような『新しいアイデア』、素晴らしい見解、眼を見張るような『何で、今まで思いつかなかったんだろう』という驚きを、どんどん作り出してゆきなす。
そして、地球に住む全ての生命にベネフィットがあるような、自然と地球が調和した美しい世界が形成されてゆくようになります。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional