gin7243



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ バシャールからのメッセージ ★タービンを増やす/ハイブリッド種/浸透/スランプ/ササニ社会/意識次第★ ..。o○☆*゚¨゚゚

June 29, 2017

新しい地球のスターシード達へ

【 タービンを増やす 】

一番この世で難しいこと、それは自分以外になることであると、バシャールは話しています。
そして、一番この世で簡単なこと、それはありのままの自分でいることなのです。

私達は元々ピュアでポジティブな存在で、本来の姿を忘れた状態で、一時的に物質界へ降り立っています。
ですから、私達は、本来の姿を思い出す旅をしています。

本来の自分目指してワクワクを伝い、心が共鳴することだけを選んで突き進んでいるのです。
しかし、最初は、心が共鳴することを見つけるのが難しいかも知れません。

長い間かけて、自分以外の自分を作って来ているので、本来ある自分のエッセンスを引き出しに閉まったままで、どんな匂いだったのか、どんな感触だったのかを思い出すことができないかも知れません。
本当の自分がどこにしまわているのかが、全く分からなくなっている、そんな感覚です。

微妙な波動を見つけるには、貴方の心に注目します。
貴方の心がちょっとでもいいなと感じる波動があったら、それが貴方の掴んで行く波動です。

これを続けてゆくと、ちょっとづつ微妙な波動が大きくなって、見易くなって、見つけ易くなります。
そうなると、貴方はこれもあれもという感じで、次から次へとワクワクを掴んで、どんどんタービンを回してゆけるようになるという訳なのです。

【 ハイブリッド種 】

私達の遺伝子を受け継ぐハイブリッド・チルドレン達は、何(いず)れ私達と一緒に地上で生活することになっています。
彼らの年齢は、大体ティーンかもっと年齢が下の子供達で、最初の交流開始は、子供達同士であるとバシャールは話しています。

私達の遺伝子を受け継ぐハイブリッド・チルドレン達は、悲しみや寂しさなどの感情も、私達のように理解することができます。
物質的に泣くことも、可能でしょう。

しかし、それでも私達ヒトとは『別種』で、体の機能も多少異なるところがあると話しています。
食事をするハイブリッドの子供達もいますし、睡眠をあまり必要としない子供もいます。

ササニ文明の子供達は、泣くことはありません。
悲しみや寂しいといった感情を知らないこともありますが、そもそも赤ちゃんが泣いて知らせる、といった表現方法も必要ないので、存在していないとバシャールは話しているのです。

【 浸透 】

宇宙には、数え切れないほどの文明が存在しています。
『文明』の定義をどこに持つかによっても、数が変わって来てしまうので、正確な数字を出すことはできません。

しかし、私達がある程度認識できる文明と限定するならば、その数は約6千5百万ほどになるでしょうと、バシャールは話しています。
だからといって、6千5百万の文明全部とササニ文明が交流を持っている訳ではなく、あくまでも認識している数を表しているのだと話しています。

そして、並行世界も追加するとなると、その数は無限大へと膨らんでゆきます。
また、宇宙は一つだけではなく、多元宇宙であることを知って下さいと、バシャールは話しています。

最初に地球文明とコンタクトを取ることになっている『ハイブリッド種は、ヤイエル文明で、ササニ文明は3番目です。
しかし、最初にコンタクトを取ることになる『文明』となると、それはまた違った文明が関わることになります。

ヤイエル文明の中には、私達とちょっと違う姿の人達も存在しているとバシャールは話しています。
もちろん、ハイブリッド種の子供達は、私達の遺伝子を使っていることもあって、非常に近い姿をしています。

そして、地球にやって来ることになっているハイブリッドの子供達は、先ず偏見の少ない子供達から交流を初めてゆくことになります。
そして、子供から大人へと、新しい波動を少しずつ浸透させてゆくという訳なのです。

【 スランプ 】

『スランプ』とは、一体、何の状態を意味しているのでしょうか?

執筆中突然書けなくなったりすることもあったりと、一体、何が原因して『スランプ』に陥るのでしょう。
特にクリエイターの仕事をしている人、パフォーマンスやスポーツ選手が、『スランプ』に陥る話はよく聞きます。

結果を出せない、何度かトライしたけど状況が思わしくない等、調子を掴めず本領を発揮できません。
かと言って、原因がよく分からないので、どう対処して良いかも分かりません。
でも、一晩寝てスッキリしたら元の自分に戻れることもありますし、何ヶ月も何年もかかることもあります。

バシャールは、次のように答えています。

『スランプ』は柔軟性が欠落した状態で、自分のエネルギーが、望みに向かって進んでいないことを意味しています。
つまり、こうあるべきという箱をいくつも作って、新しいアイデアや新しい波動を、受信することができない状態にしてしまっています。

また『スランプ』は、貴方の望みのベクトル方向が、全く逆方向に進んでいる意味でもあります。
つまり、波動内にブロックがあって、情報を受け止めることができないというよりも、望みに対する疑念によって『スランプ』が誕生しているのだと、バシャールは話しています。

【 ササニ社会 】

今、ここに生きれば生きるほど、時間の介入が減少されてゆきます。
今、ここに生きれば生きるほど、物事が実るプロセスを大幅に削ることができます。

全プロセスの一つ一つを追わなくても良くなるので、目的地へ最短で到達することができるのです。
ですから、楽しい時間を過ごしている時は、決まって時間がアッという間に過ぎてしまいますが、これは時間を無視しているからではなく、フィルムのコマを大幅にスキップしていることにあるのです。

ササニ文明の世界は、ワクワクの波動で包まれている世界です。
それぞれがワクワクそのものを体現する世界なので、それぞれがユニークで異なるワクワクを持っていながらも、文明全体が統合されたワンネスで繋がる社会となります。
そして、私達地球人と違って、ササニ文明の人達は、オーバーソウルの視点で動いているのです。

オーバーソウルは、ハイヤーマインドの元締めのような存在で、ハイヤーマインドの視点の更に上の視点となります。
そして、オーバーソウルの上には、またオーバーソウルの元締め的存在のオーバーソウルが存在しています。

【 意識次第 】

私達はそれぞれ、個人のペースでハイヤーマインドの視点を取り戻す旅に出ています。
ハイヤーマインドの視点になるという意味は、『完全版の自分』になることであり、ありのままの自分に戻ることを意味しています。

そして、この視点こそが、私達が長年求めて来た『最高潮』の視点であり、神なる領域の視点を表しているのです。

貴方が意識しようとしまいとも、貴方の身体の細胞一つ一つにも意識が存在しています。
この細胞一つ一つの意識が、『最高潮』の視点にシフトできるようになると、病気が一切存在できなくなります。
つまり、抵抗波動のない神なる領域にアクセスするので、貴方の身体は健康的な活力を取り戻すことができるという訳なのです。

ガンの中でも心臓ガンだけ存在しない理由は、心臓はハイヤーマインドとのコミュニケーション・センターだからであると、バシャールは話しています。
ハイヤーマインドからのメッセージをピュアなカタチで受け取る場所ということもあって、心臓がガンに脅(おびや)かされることはありません。

何(いず)れにせよ、身体の細胞に抵抗波動を招き入れるのも手放すのも、貴方の意識次第ということが言えるのです。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional