gin6957



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ ベンジャミン・フルフォードニュース ★英語版 2017/1/30★ *:..。o○☆*゚¨゚゚

January 30, 2017

酉年が始まり、戦争が地平線にぼんやり見えて、少年は男の子になるだろう。
テストロン満杯の酉年が始まり、男の子は、誰が最大かつ最悪かを示す準備ができて、戦争のドラムが鳴り響いている。

最大の警告は中国から来て、それは米ドナルド・トランプ大統領の、男性的な逞(たくま)しさで一杯の政権によって、少なくとも言葉の上では、赤線の多くが横切られた。

中国の新年の休日が終わる2月5日以降に、花火が始めるかも知れないと、中国諜報期間と秘密結社の情報源は言う。
中国が警告したように、彼らが動き出すならば、貴方が想像する以上の予期せぬ悪いことになるだろう。

一方、トランプ政権は、もし、中国が軍事行動を起こした場合に起こることを十分に評価するには、中東の地図を書き直し、あまりにも西側における、目下の権力闘争に対処することに奪われている。
中国ができることに戻る前に、ロシアと合同で行っているトランプ政権によって作られている新しい中東を見てみましょう。

我々が見るものは、3つの影響力の領域に分割されているものである。

一つは、シリアとイラクを貫通する影響力を持つ、拡張された領域を持つトルコである。
もう一つは、イラク、シリア中央部とレバノンに拡張している、イラン帝国である。
3つ目は、エジプト、湾岸諸国、イラクのスンニ派、ヨルダンとイスラエルを含むアラブ圏である。

軍事的には、ロシアとアメリカは、ユーフラテスの東側をロシアに、西側をアメリカに分けた。
下の地図は、シリアにおける影響力の新地図を示している。

画像の説明

多くの経験豊かなオブザーバーが指摘しているように、トランプはISISの主要スポンサーであるイスラエルに完全な支持を約束する一方で、一月以内にISISを破壊すると約束した。
実際に起こっていることは、イスラエルが原理主義シオニスト熱狂者とことを起こすであろう一方で、サウジ君主制は原理主義者のワハビ聖職者(彼らは、秘密裏に嫌っている)を雇いそうであり、これは同じISISのコインの裏表である。

湾岸諸国にとって、これを行うことの報酬は生き残りであり、彼らのガスが、イスラエルとトルコ経由で欧州への輸出の新しいパイプラインルートである。
トランプ政権にとって、中東を固定することは簡単な仕事である。

トランプは、ホワイトハウスにロスチャイルド(連銀)の天敵、アンドリュー・ジャクソンの肖像画を掲げることで、連邦準備制度理事会と対処することで、賢明な役割を果たすことを表明したと、国防叢書情報源は述べた。
これは、米軍事政権が連邦準備制度理事会本部に進軍して、中央銀行家を逮捕したり、ロスチャイル家のメンバーを殺したとしても解決できることではない。
それは、むしろ、中国との取引を含むことになる。

ロスチャイルドに近い情報源が述べたことが、ここにある。
「ロスチャイルドは中国に埋め込まれて、長年に亘(わた)り経過しています。彼らの金と流動資産の全ては、中国にあります……起こる全ては、よくよく考えられて、前もって長く計画されます。」

中国諜報機関と秘密社会の情報源は先週、白龍会の代表に、もし、中国が軍事的動員を決定すれば、南シナ海での海戦を求めることで、米国の強さを発揮させないと話した。
むしろ、彼らは北朝鮮、タイ、マレーシア、インドネシと、インドを一気に陥落させるて乗っ取ることになる。
ベトナムは厳しい難問なので、そこは避けるだろうと、彼らは言う。

インドネシアのCIA情報源は、ジョコ・ウィドド政府がビザの制限を取り除いてから、数百万人の中国人が、最近、インドネシアに入国したことを確認している。
インドネシア人はまた、CIAによるスカルノ大統領の殺人事件と、新金融システムを始めるというスカルノ/ケネディ計画の排除について、依然として怒っている。

その理由で、インドネシアは新アジア中心の世界金融システムを、強力に支持している。
彼らは、ホルムズ海峡とマラッカ海峡を閉鎖し、彼らの石油のほとんどを遮断する動きに対して報復をすることは十分気づいていると、中国は言う。

しかし、中国は石油ガスのパイプラインを体系的に建設すし、中東からのタンカーによる石油の輸入の依存度を減らすことで、そのような不測の事態に備えている。
何(いず)れにしても、中国のエネルギー需要の80%は石炭を使っており、その現状では、そのような動きで、彼らの石油輸入の1/4が削減されるだけである。

更に、彼らは、ロシアはシベリアで、1,000万人しか人口がいないので、核兵器廃絶によって、中国からこの広大な領土を守ることはできないことを知っている。
長年、西側権力で虐待されて来たロシアはまた、キリスト教同盟に対する、西側の突然のロマンティックな訴えに警戒している。

あるロシア連邦保安庁の情報源は、アメリカの親しみ易さに応えて、白龍会のメンバーに「BRICSに何が起こったのか?」と尋ねた。
彼らは世界は、もはや競合のブロックに分かれるのではなく、むしろ、誰もが友人になることだと言われた。
結論は、中国が上述の軍事作戦をするならば、ロシアは、中立に留まると中国人は確信している。

ロシアとセルビア同盟者達は、コソボ侵入によるユーゴスラビア破壊の復讐を行うつもりであると、グノーシス・イルミナティ情報源は言う。
これは、ユーゴスラビアで最初に破壊された理由である、コソボの豊富な鉱物資源の支配権を、スラブ民族が手にすることになると、彼らは言う。

ロシアはまた、東ウクライナでも、やりたい正義を持っている。
言い換えれば、ロシアは、東欧のお礼参りをする中国の動きによる気晴らしを利用するかも知れない。

それにも拘(かか)わらず、中国は現実的であり、前述したシナリオよりも、ウィン-ウィンの解決の方が絶対的に望ましいことを知っている。
その理由で、彼らは貧困を終わらせ、環境破壊を止める大規模東西キャンペーンを調和させる、新実力主義スタッフによる将来計画機関の白龍会計画を支持する。

そのようなキャンペーンが、アラスカとユーラシア、日本とユーラシア、そして、アフリカとユーラシアを繋ぐトンネル見ることになる。
大きな計画には、砂漠を緑地への転換や、海を魚で満たすことを含む。

アジア人はまた、彼らは、後継者がアジア人であれば、西洋人をその機関のトップに迎え入れるつもりである。
その後、仕事は民族や文化に関わらず、最高の人へ行くであろう。

たとえ、米国が中国との戦争を避けたとしても、トランプ政権は米ドルが米国によって支配されていないので、FRBを引き継ぐことはできない。
カナダとほとんどの欧州を含む100カ国以上が、既に中国主導のAIIBを支持して、新炭素割り当て国際金融投票体制に署名している。

米国がこれを覆(くつがえ)そうとすれば、彼らは孤立し、直ぐに世界中に800基地を展開する米軍の賃金を支払うことはできなくなる。
代替案は、このニュースレターが長く推奨していることで、トランプが、米政府が支配している財務相ドルを発行することである。

これらのドルは、米国のインフラ、教育、国内軍事行動、研究開発等に支払いたい金額を発行することができる。
国際的には、それは国際ドルの約半分の価値にする必要がある。

これは、米国産業が一夜の内に競争力を持ち、巨大な投資、観光、輸出ブームになるだろう。
これに反して、中国の輸入は一晩で二倍の価格になるだろう。

そのような場合、アジア人は、新将来計画機関は、世界中の惑星に友好的な米軍の活動に、資金提供を続けることで合意している。
トランプにとって唯一の代替案は、関税を上げることだが、第二次世界大戦後のアルゼンチンの例のように、これは孤立した米国が、第三世界の立場にゆっくりと縮退することに繋がる。

何(いず)れにしても、これらはトランプ政権が、西側の権力闘争の後に関与することになる、全ての問題である。
その前線では、国防総省情報源は多くの報告すべき展開を持っている。

トランプの、1月27日の国防総省への訪問の後、軍隊は、ブッシュ麻薬カルテル、ISISを止め、作戦を転換させる為に、アマゾンのブラジルのミサイル基地に接近する可能性がある。
更に、情報源は、「サンディエゴの徒党基地は、1月24日に爆破された」と報告している。

更に別の展開としては、トランプのラングレー(CIA本部)訪問後のジョセフダンフォードのブラッセル、CIAと欧州の訪問は、ソロスとそのNGOを標的にしていると、国防総省情報源は言う。
ソロス個人は恐らく死んでいるが、ソロス・ロスチャイルド前線組織は、今同様に解体されようとしているように思われる。

国防総省情報源が報告しなければならない他のこととしては、(麻薬売人ジャオギン)エル・チャポ(ガズマン)はペラペラ喋っているので、トランプは、モサドボスのシカゴ市長ラーム・エマニュエルを取り除く一方で、CIAに繋がる麻薬配布に、メキシコカルテルの中心のシカゴを引き継ぐ為に、当局者を派遣するかも知れない。
これらの全ての男の動きにとって、穏やかな女性の声が、何を言おうとしているのか想像するには良い時である。

12人の米大統領と会って来たエリザベス女王が、今の出来事について何を言おうとしているのかは推測できないが、戦争ではなく、愛を作る線に沿ったことになると確信している。

http://twistedsifter.com/2013/01/pictures-of-queen-elizabeth-with-us-presidents/

最後に、南極への訪問は、今のところ延期されました。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional