gin6935



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ 評議会(The Councils)からのメッセージ ★今後、胸が高鳴るたくさんの物事が起こり……★ ☆、。・:*:・゚★

January 9, 2017

今日、私達は、真実について話すつもりです。

どちらかと言えば、私達は、今まで変わらなかった、そして、今後も変わることがない真実について話すつもりです。
私達は、皆さんが、皆さんの周りで確認する、皆さんの人生の中でそれが具体化されていると話すことを除いて、その内容について長い議論をするつもりはありありません。

皆さんの世界は、今、大いなる変化を経験しているところであり、しかも現時点で、そこで表面化しているいくつかの新しい現実性があることについて私達が話したことを、皆さんは憶えているでしょうか?

私達は、こうした世界のいくつかは剥(は)がれ落ち、そして、他の世界が融合しようとしていることも伝えました。
別の言い方で伝えると、今後、皆さんは、その内に、意見が一致することになるでしょう。

私達が、今日、皆さんに指摘したいと思うことは、それは一人一人の皆さんに個人的に重要だということです。
皆さんはその暫定的な現実性に、どのように対処しますか?

先ず皆さんは、信念の一つの相違の中で、皆さんが意見の相違を抱えているその個人は、恐らく非常に異なる一つの現実性の中で生きていることを、理解することが必要になります。
これは、皆さんが今までいつも経験して来たことと異なるでしょうか?

いいえ、異なりません。

もしも、皆さんが大幅に異なる経験と、そういった経験に対する反応を持つ一つの世界に住んでいるなら、それは今までいつも、一つの水準でそのそれぞれの個人の一つの事実になっていました。
従って、皆さんが賛成できないその個人は、恐らく非常に高い確率で、まさに皆さんと同じように正しいことになります。

皆さんの正当性に声高く固執するよりも、その個人、または個人達から学ぶ方が、遙かに良好です。
今後、少しばかり高い水準では、今、皆さんが確認している現実性とは、完全に異なる構成の現実性を存在するように、招き入れてしまっている完全な人々の集団が存在しているでしょう。
皆さんの世界が前進するに連れて、今後、これを覚えておくことが必要になるでしょう。

皆さんの世界は、どのようにすれば、その人々の世界と共存することができますか?

繰り返しますが、これは新しい問題ではありません。
私達はどのようにすれば、同じことをする皆さんの権利を妨げることなく、私達がそうなる必要があるものになることができるでしょうか?

それは、その質問に対する答えを見つけ出す為に、暴力を選択しません。
皆さんの世界の他の数々の種は、ひっきりなしにそれを行います。

さて、私達は依然として、真実の水準に到達していません。
それでも私達は、本当のことを話して来ました。

これを話すことにしましょう:個人達、または数々の集団が真実となっていることについて、言い争いをするどのような時でも、決してそのどちらも真実に根差していません。

それぞれは真実であるものを認識しているかも知れませんが、しかし、もしも、それが何らかの意見の衝突の余地を残すなら、それは真実では有りえません。
真実であるものが一つで自明の理になる一つの水準に達するまで、それは真実ではありません。

一方がその水準に近づいている最も有力な証拠は、今後、あらゆる人がそれを真実として受け入れるようになるものです。
それは、所謂(いわゆる)ピラミッドの冠石になるでしょう。

言うまでもなく、完全に間違っているものについて同意に達する可能性は極めて高くなりますが、しかし、皆さんの誰一人もそれが起こる時を認識することができません。
実際に、それは高い確率で、その当初は目標になっていたものです。

この惑星の過去において、新しい数々の現実性が打ち出された、数多くの時代が存在して来ました。
これを引き起こすことは、しばしば壊滅的な出来事を必要として来ました。
今回、それは恐らく、遥かに円滑に起こることができます。

残念ながら、一つの支配体制とそれが終わることを、頑(かたく)なに拒絶する一部の人々が残っています。
しかし、起こっていることは、実際に神の意志であり、そして、皆さんはそれを、今後、そういった体制は持続することはないという集団、または普遍的な決定として正確に解釈して差し支えありません。

これは、この種の変化を経験しているこの恒星系の中の唯一の場所だけではないことを、更に私達はまた皆さんに伝えるつもりです。
ここでは数々の固有な物事が起こっていて、そして、固有ではないたくさんの物事があります。

このメッセージの要点に戻ると、協力し、共存し、共に繁栄し、お互いを配慮する皆さんの能力は、更に大きなものになり、更に頻繁(ひんぱん)に利用される必要があることを、どうか実感して下さい。
皆さんの集団的な情緒の反応は、皆さんが次に乗り越えるものに対処する為の大量の物事を抱えていることを、どうか理解して下さい。
そして、この新しいエネルギーの環境の中で、原因と結果は、それほど非常に著しく区別されるようにはならないでしょう。

今後、皆さんは、お互いが必要になるでしょう。
お互いを、愛そうとして下さい。

更には、今後、胸が高鳴るたくさんの物事が起こることになるでしょう。
そして、それが共有される時、それは更にたくさんの楽しみであることを、皆さんは認識します。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional