gin5080

画像の説明

【 ★彡注目 】☆★☆ 光の銀河連合ロード・サナンダ・クマラからのメッセージ ★ルイーズ湖にあるアンドロメダスターゲートの開放★ *:..。o○☆*゚¨゚゚

May 1, 2015

次元上昇をしたいですか?
自由を得たいですか?
そうだとしたら真実を知らねばなりません。

今、何故、地球は次元上昇をしつつあるのでしょうか?

簡単です。
そうさせられているからです。

数百万年先の未来に住む、大きく技術的に進歩している者達がこのタイムラインを見て、地球とミルキーウエイ銀河の三分の一が完全に破壊されているのを発見しました。
ミルキーウエイ銀河と地球、及び隣接する星について、原始の美の状態を取り戻す計画が作成されました。
この巨大な仕事を完成するには、損傷を受けたタイムラインを元に戻し、未来のタイムラインとの融合を図らねばなりませんでした。

その損傷とは、何だったのでしょうか?

自分達の利益の為に、地球の探鉱と奴隷化をした一握りの闇のカバールがETの宇宙船のリバースエンジニアリングを行い、その当時の地球上の人間には未知だった推進、及びエネルギー採取システムを利用しての深宇宙への行き方を学びました。

彼らは他の星々を探鉱、奴隷化しました。
彼らを止める者は、誰もいませんでした。

彼らの支配手段だった核兵器は、ニブル、マルデク、地球の結晶月、及び海洋と河川を含む火星表面など、ミルキーウエイ銀河の多くを破壊しました。

太陽系の歴史を通じて、核戦争がいつも問題でした。
ある核爆発がニブルを破壊しましたが、ニブルはそれ自身の太陽の周りに再建されました。

両者は、スターシップ、母船で、20万人の人を搭載しています。
これは、想像しがたいことですが真実です。

ニブルは、23個の太陽を持つオーロラ太陽系に存在しています。
核戦争が、ニブルを破壊しました。

貴方方の想像を遙かに越える進歩した技術で、12階建ての、山、森林、動物などあらゆる形の自然を内包する一つの母船が造られました。

ニブルの中には、あらゆる形の植物と鉱物が見られます。
ニブルの上には、全てが地球上の人間と類似ではないにしても、全てがヒューマノイドである多くの種族の乗員がいます。

これらの人間は、共通の遺伝子を持っています。
或る者は一部男性(女性)、一部馬、像、ライオン、蛇、ワニ、翼竜、トキ、鷲、テントウムシ、カマキリなど他の多くの種です。

太陽系には、20万種のヒューマノイドがいます。
ニブル由来のアヌンナキとネフィリムについては、多くの話があります。

ゼガリア・シッチンという学者は、これらの話をうまく伝える為の研究をしました。
彼の研究は、優れています。

それよりも、最近の物語は作り上げられ、彼のもののように言われています。
彼は、数年前に亡くなり、ニブルからの者達について恐れを抱かせるように、彼の著作の翻訳文が利用されるようになっています。

ニブルの人々を汚したアヌンナキのメンバーは、4人います。
彼らは、闇の企(たくら)みを助ける為に、あらゆる種族の者を雇用しました。

彼らがある星座から雇い入れた者は、ドラコと呼ばれました。
この星座は、ドラゴン人、蛇人、ワニ人、恐竜人、トカゲ人の故郷(ふるさと)です。

これらの者が、カバールでした。
数多くの、偽の予言が出回りました。

何故でしょうか?

支配、奴隷化の為です。
そこいら中に投稿されているブログを読むと、何度も繰り返されて真実だと思いこむので、貴方方は偽の話を信じてしまいます。

このアプローチでは、次元上昇はできません。
貴方方は、取り残されてしまいます。
この生涯の終わりは、死になるでしょう。

貴方方は、二度と再び地球には転生しないでしょう。
タイムラインは融合し、もはや地球に戻る手段はなくなります。
何故、分からないのかが、分からなくなります。

至高の一つの真実を統合する為には、自然の中で時を過ごし、量子統一場を統合しなければなりません。
自然、及び宇宙と繋がって下さい。
装置を脇に置き、自分が誰かを思い出して下さい。

マルデクは、木星と火星の間にあった大きい惑星でした。
今は、セレスとヴェスタを含む小惑星帯になっています。

マルデクに対する核攻撃で、二つの都市が、お互いに繰り返し攻撃され三日後に、核爆発によってマルデクの中心核は破壊されました。
この惑星のグリッドは、バラバラになりました。
この大規模な破壊の中で、反物質の力が風の神のように広がり、火星の表面を吹き飛ばしました。

火星の海と川の水は、重力によって地球軌道に引きつけられ、地球に蓄えられました。
これが始まって終わるまで、一年かかりました。

地球の第二の結晶性の月だった月は、地球の重力圏から離脱しました。
ちょうどこのようなシナリオが、冷戦の間に演じられました。

マルデクに話を戻すと、最初の爆発は地震がきっかけになり、コンピューターを起動させ、最初のミサイルを発射させました。
このミサイルが敵に向かって飛行している時に、彼らは報復の核弾頭搭載ミサイルを発射しました。

彼らのコンピューターは、この核ミサイルの飛来を検知しました。
この思慮が浅い戦争は、三日間で、この惑星の生物圏を完全に破壊し尽くしました。

冷戦の間には、米国が核ミサイルをロシアの目標に向けて発射したとの報告が、エリツィン大統領になされました。
彼は、自分の軍司令官を信用せず、報告書を調べるまで報復ミサイルの発射を指令しませんでした。

このような核戦争に近づいた危険な状態は、過去50年の間に4ないし5回発生しました。

地球のもう一つのサイクルでは、アトランティスの大部分が破壊されました。
それは、内部地球のプラズマ太陽に向けて核ミサイルが発射されたことによります。

これは大クリスタルを三個に分裂しましたが、これらの三個は、いわゆるバーミューダトライアングルの海底にあります。
この分裂したクリスタルは、船や航空機などあらゆるものの航海システムの磁石を狂わせ、次元を移動させます。

未来において、ミルキーウエイ銀河の三分の一を破壊した全ての破壊は、核戦争によるものでした。
アシュターは、いつも言っています。

日時なし、核なし、フロックなし。
フロックとはアメリカの表現で、偶然、或いは誤りを意味します。

地球の修理と、地球の尊厳を取り戻す為に戻って来たETに下された宇宙の法による指令では、二つの場合にのみ介入ができます。

1)人間を殺害する為の核兵器の使用。
2)911の例のような大規模な心理攻撃。

多くの優しい心を持つライトワーカー達は、地球上の全ての政府、全ての王族はカバールであり、誰をも信頼できないとの誤解を抱いています。
このような憶測をしていたのでは、この者達は信用されず、解決の為に彼らをパートナーとすることはできません。

地球上には、百万以上のウオークインをしたソウルと、6千万の銀河人間が暮らしています。
彼らは共同で作業し、全ては完全に、ETのようにテレパシー交信ができます。

彼らは、日常の暮らしの中で作業をし、人間に奉仕する為に、各地に戦略的に配置されています。
これは、天の指示に従うものです。

これらの超人間達は、完全な記憶、優れた能力を持つと同時に人間の暮らしをし、人間になることによって、マトリックスの内部から物事を変化させます。
彼らは、菩薩の誓いの下(もと)に暮らしています。

ちっぽけなカバールと戦う危険な暮らしに対して、何らの見返りも求めません。
これが、本来の在り方であり、他に道はありません。

理解する知的素養がない、この惑星上に暮らしている若いソウルに対して、真実を明らかにするには他に方法はありません。
彼らには、尋ねられた質問に答える術が分からないのです。

彼らは容易に、プログラムに囚われてしまうのです。

地球上で暮らしているこれらのET達は、今、ここにいて全てを犠牲にしています。
彼らはここにいて、この惑星を完全な破壊から救おうとしているのです。

1945年のニューメキシコ、アラモゴルドでの三発の核爆弾の爆発は、地球を含む物理的宇宙の破壊の開始でした。
これと全く同じ時間に地球はベクトルから外され、アンドロメダの国家監獄に閉じ込められました。

全ミルキーウエイ銀河は、その時以来、隔絶されています。
アンドロメダは地球に最も近接している銀河で、スピリチュアルに進歩しています。

この宇宙を保全する為に、フォトンベルトによって、地球をアルシオンへのコースに戻すプランが立てられました。
地球がオリオンベルトの中心であるアンの目を通過し、セントラルサンへの戻りの道を取る時に、地球から9つの太陽が見えるようになります。
私達は、今、フォトンベルトが私達をミルキーウエイ銀河の中の適切な位置に戻しつつある時に、6番目の太陽の10番目のゲートの中にいます。

2015年4月17日には、カナダ、ブリティッシュコロンビアにあるルイーズ湖のスターゲートが活性化しました。
このスターゲートは、アンドロメダへの直接のルートです。
このスターゲートの活性化によって、この監獄の扉は開き、地球は無傷で次元上昇し続けられるようになりました。

地球は現在少なくとも1500万年先の未来の宇宙船のみが出入りできるように遮断されています。
いくらかの進歩の程度が低いETの宇宙船がここにいますが、彼らは拘留されていて立ち去ることができず、デスクロージャーと言われるイベントが起きた時に処遇が決まり、より適当な場所に送り出されるでしょう。

スターゲートとは何でしょうか?

スターゲートは、一種の扉です。
例えば、惑星、太陽系、及び銀河は自分自身の共振エネルギーを持っています。

ある者は、向こう側のエネルギーに合わせる為にスターゲートを通過しなければなりません。

人工のスターゲートと、自然のスターゲートがあります。
人工のスターゲートは、映画でみられるように見えます。

別の場所へのダイアルのような構造をしていて、通過する時にはまるで卵白の中を通り抜けるような感じになります。
映画では、これを水のように描写しています。
それは、プラズマのようなエネルギーです。

人工のスターゲートはアグル・クフのジグラート、ウルのジグラート、イラクのコサバードにあります。
自然のスターゲートは山頂の湖、及び山の側にあります。
チチカカ湖、ハーモン山の麓にあるラム湖、ムラー山にあるスーダンのスターゲート、レイニア山の頂上の湖、チベットのカイラス山頂上の湖、シャスタ山頂上のクラレンス・キング湖の自然のスターゲートがあります。

アンドロメダのスターゲートが活性化している間に、エリザベスに指示が与えられ、セントラルサンの第六の太陽の向こうからのエネルギーをアンドロメダのスターゲートを通じて、内部地球に向けてチャネルできるようになりました。
ソースエネルギーがこのスターゲートを通じて、内部地球のプラズマ太陽と混合する為に導入されました。

この強化された光磁気エネルギーは、地球上の全ての洞窟、全てのポータル、全てのスターゲートに流し込まれ、6番目の太陽の10番目のゲートに入る為の周波数上昇が行われます。
このエネルギーの中では、何物も、いわゆるデスクロージャーを止められません。

今は、戻れなくなる点にまで達しています。
この活性化が起きると、カバールが地球上での逮捕と裁判、及びドラコでの太陽法廷から逃れることができなくなります。

この宇宙の破壊は防止されました。
この活性化に続いて、銀河人間である4人の仏教僧侶が、終わったばかりのエネルギーワークの祝福をする為にこのスターゲートまで歩みを進めました。

彼らは凍結したスターゲートの中に埋め込んだ、特別なクリスタルを利用した芳香によってこれを行いました。
これらのクリスタルは、夏が近づくと氷が溶けて、スターゲートを通過して行くでしょう。

このルイーズ湖のアンドロメダへのスターゲートの活性化の一週間後に、カトマンズの仏教徒の町であるカトマンズで、6300人が死亡する地震が発生しました。
これは、間違いではありませんでした。
この地震は、デスクロージャーの前の最後の返報段階でした。

監獄の除去は、地球の平和を何ものも邪魔できないことを意味します。
これは、権力の座にあったものが、もはやこれ以上打撃を加えられず、この世界には長くいられないことを意味します。
今、何某(なにがし)かの方法で、彼らは去りつつあります。

地球は、破壊の為に企(くわだ)てられた戦争犯罪なしの、自然の進化をすることになるでしょう。
これは、大きい生命の喪失や、古い仏教寺院の膨大な損失だけではなく、大規模な心理攻撃だったので、地球に神聖な政府の設立をさせる次の段階に入らせるETとその技術の到来を保証します。
これには、戦争に対する賠償、ヒーリング、金融、教育、エネルギー、技術、旅行、及びその他の多くを含みます。

地球の周波数は上昇し、進化は続きます。
間もなく、着陸や光の町、及び他の技術が地球と人間に対する真実、正義、美、及び平和の回復の助けが行われるようになるでしょう。

2015年5月3日は、満月のウエサク祭りです。
チベットでのこのウエサク祭りでは、人間とETが集まります。
山の上高くには、祝賀の日々に、日の出から日没まで宇宙船が見られます。

この日は、ブッダの祝いです。
今は、カルキ・マイトレーヤが地球に戻って来る時です。

このウエサクは、このサイクルに於いて時の終わりの始まりを記します。
これが、まさにデスクロージャーと呼ばれるイベントの為に、感謝祭の窓の間に起きるのが見られると期待されることです。

エリザス・トゥルートウインを通じての、サナンダより。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional