gin8523



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ アライアンスメンバー「J」からのメッセージ ★歴史と現在の状況の最新情報★ *:..。o○☆*゚¨゚゚

January 8, 2021

このアライアンスメンバーは、自分自身を「J」とだけ識別し、2021年に、特に現在のアメリカの政治におけるストームと情勢について、シャロンに話しかけています。

彼がこのように自分自身を識別することは、死んだケネディ、または「Q」という名前の米国の量子コンピューターとは何の関係もありません。
この情報に従って、一般に公開できるバック・グラウンドを入手して下さい。

アライアンスは、安全の為に、隠されたままでなければならない秘密結社であることを理解して下さい。
彼らは誰でも、民主党員でさえも可能ですが、彼らは影響力のある立場にあり、私達の為にこの全てを変えることができます。

これを民主党と共和党の間の戦争と呼んでいますが、実際にはディープ・ステートとアライアンス(同盟)の間の戦争です。
それは、政治的なものに成りすましてそのフォーラムで演じられて来ましたが、真実はそれよりも遥かに深くなっています。

「J」は、世界中で約50万人のアライアンス・メンバーがいると推定しています。
これには軍隊は含まれず、これらの軍隊を指揮できる軍隊のメンバーのみが含まれます。

私の感じでは、アメリカの同盟メンバーの数、そして、恐らく1人か2人のカナダ人を知っているということです。
元国防相のポール・ヘリヤーは、同盟のメンバーだと確信しています。

この97歳の子供はまだ健在で、エイリアンのディープ・ステートとその存在、そして、彼らが政府とどのように協力しているかについて講義しています。

彼は、たくさんの本を提供しています。
私は彼が知っていることを確認する為に、1、2冊読んだことがあります。

◎ シャロン : こんにちは、「J」、お越しいただき、ありがとうございます。

アライアンスのメンバーと話をするように頼んだ時、私が得たのは文字「J」だけだったことを人々に指摘したいと思います。
この文字には、意味がありません。
それはサリー、シャーマン、またはバートランドである可能性があります。

彼らは自分達を表す為に、「J」という文字を使用しているだけです。
これは、ジョンF・ケネディや、ケネディ・ジュニアを意味するものではありません。

それは、私が彼と呼ぶことができるものです。
私も、彼を男性として見ています。

地球人のように見えますが、彼はテレパシーであり、短い黒髪をしているので、私はそれを疑っています。
私の知る限り、マイク・ペンスではありません。

さて、「J」。
私は貴方に、かなり率直に伺おうと思います。

今、起こっていることはアメリカ人にとって非常に困難であり、彼らは世界中の他の人を気にかけている状況ではありません。
これらの人々は、文字通りトランプの手にあり、彼らの人生と彼らの子供達の人生がかかっています、そして、貴方は非常に多くの人々が彼に忠実であり、彼らが彼を愛していると言うことができます。

貴方は、本当にそれを言うことができます。
とりわけ、これが危機に瀕していることを言いたいと思います。

貴方が、私が思うようにETであるなら、信頼し、忠実で、他の人を遥かに愛する人々の重要性を理解するでしょう。
地球上の誰でも、そう有り得ます。

★ 「J」 : 私は、それを尊重します。
分かります。

◎ シャロン : グッド。
次に、その理解を念頭に置いて、これらの質問に貴方が答えると仮定します。

★ 「J」 : そうします。(私は、彼が笑っているのを感じます)

◎ シャロン : 貴方は、ホワイトハウスの中や近くで働いていますか?

★ 「J」 : そうです。
私は、アメリカの政治システムに関係しています。

◎ シャロン : 分かりました。

私が貴方に尋ねる必要があるのは、同盟の歴史です。
それは、いつ形成され始めましたか?

★ 「J」 : アライアンスは、貴方方ほとんどの人の組織よりも古い組織です。

私達は、自分達を「アライアンス」とは呼んでいません。
私達は、本当に自分達に名前をつけませんでした。

当初、それは関係する政治家の小さなグループであり、その多くは、現在、エリア51、及び海外での活動に気づいており、ネガティブなETによるネガティブな外交的状況の高まりに気づいていました。

当時、これを知っていた全ての政治家が、この状況に乗り込んでいたと思いますか?
何が起こっているのか、眉を上げ始めた人もいると思いませんか?

さて、これが同盟の始まりでした。
一人が懸念を表明するだけで、これが起こりました。

益々ステップ・アップし、グループ内の他の人の助けを借りて、不正に妥協しない新しいメンバーを呼び込みました。
私達はアメリカ人の自由と自由の重要性を理解し、私達の憲法を理解した人々でした。

同盟は、1929年頃に小規模に始まりました。

◎ シャロン : それは早いですね?

★ 「J」 : ええ、確かに。

私達はディープ・ステートに立ち向かいましたが、当時、私達は静かなままでいなければならなかった小さなグループでした、さもなければ殺害されました。
私達は、ディープ・ステートと、悪意のある暗いETがこの世界を出し抜くのを見ました。

彼らはいつもここにいたと言われましたが、最近までそれほど干渉していませんでした。
彼らは、私達に対する彼らの支配をよりうまく広める為に、電話やテレビなどの技術を私達に与えてくれました。

同盟は、地球の一部のメンバーと宇宙国家(the space nations)のメンバーである、他のメンバーで構成されています。
金星人は、私達のグループ内で非常に強く理解しています。

そして、私達はヴァリアント・トール/Valiant Thor と連絡を取りました、貴方が彼の話を知っていると、私は理解しています。

◎ シャロン : 私は、理解しています。

★ 「J」 : 年月が経つに連れ、私達は自分達の目的を推進する為に努力しました。
私達は、この惑星の最も偉大な国々の買収の試みがあることを理解し、それを阻止する為に、全ての政府内で働きました。

◎ シャロン : ソ連に、何が起こったのですか?

★ 「J」 : 例えば。
解体されました。

そして、米国は、現在、途方に暮れているグループです。
貴方が知っているように。

◎ シャロン : 何故、ここまで進んだのですか?
何故、誰かが大統領職に就くことができなかったのですか?

★ 「J」 : それは、人々が信じていることと関係があります。
そして、それは彼らが信じるように操作されていることと、関係があります。

当時は手段がなかったので、これを止める方法はありませんでした。

◎ シャロン : 今、貴方は?
因(ちな)みに、何故、トランプは彼に忠実な人とそうでない人だけを見つけているのですか?
彼は、4年間ペンスを側(そば)にいて、彼を疑ったことがないということですか?

★ 「J」 : 彼は、そうしなかったと思いますか?

トランプ氏は、役割を果たすのがとても上手です。
彼はそれをとてもうまくやっています、ディープ・ステートでさえ、彼が知っているとは思っていませんでした。

◎ シャロン : 彼らは、かなり愚かであったと言われても仕方ないでしょう。

★ 「J」 : コメントはありません。
彼らは、別のグローバル/銀河組織であるアライアンスを、打倒しようとしています。

◎ シャロン : ええ、それはかなり馬鹿げていると思います。

★ 「J」 : アシュター・シェランという名前のバックアップは、ないと思いますか?

金星人?
火星人?
マーキュリアン?
プレアディアン?
アガルタン?

そして、このディープ・ステートの転覆全体を後押ししている、他の銀河国家が?

◎ シャロン : 分かりました、それは理に適(かな)っています。
私が言いたいもう一つのことは、これが実行されている方法に抗議することです。

これらの人々は、傷ついています。
これは、私達全員に起こる良いことではありません。

★ 「J」 : はい、でもそれなら、貴方の考えを変える必要があります。

◎ シャロン : 私の考えは、変わりつつあります。
私は、トランプがそれほど良くないと思い始めています。

★ 「J」 : ええと、私達が言うように、それは利益を得る痛みの一部です。
我慢して下さい。

◎ シャロン : これを、本当に信じたいです。

★ 「J」 : 問題の一部、シャロンは、全てが2つか3つの重要人物にかかっているように見えるということです、
私達の残りの部分が、沈黙している間。

しかし、私を信じて下さい、大統領だけではなく、遥かに多くの関与があり、私達は彼をバックアップしています。

◎ シャロン : 彼は、軍のバックアップを持っていますか?

★ 「J」 : はい、そうです。

◎ シャロン : 私は戦争が嫌いですが、もし、そうしなければならないのなら……。

★ 「J」 : 私達は、それを避けようとしています。
ただ一人の人、つまり、ポタスにそれほど集中しないで下さい。

私達の多くがいます、貴方は私達を認識しないでしょう、貴方は、私達がそれに取り組んでいるとさえ疑うことはないでしょう。

◎ シャロン : 政治家のXは、1人でした。
彼が、今、何をしているのか分かりませんが、彼はその一人でした。

★ 「J」 : 貴方のような人は、危険です!笑

◎ シャロン : 笑。
彼の名前を、削除する必要がありますか?

★ 「J」 : お願いします。
アライアンスのメンバーが自分自身を明らかにするまで、彼らを明らかにしないで下さい。

◎ シャロン : トランプがイエズス会であるという事実は、どうですか?
彼はまだイルミナティですが、米国を倒そうとしている派閥ではありません。

★ 「J」 : そうです。
彼は憲法を回復しようとしています、そして、彼は良い仕事をしました。

彼は、土地の人々にお金を稼ごうとしていますが、あらゆる段階で彼の道にはディープ・ステート・プレーヤーがいます。

彼は、今、多くの反対を持っています、シャロン。
それは、いつもそうだった。

しかし、流れは変わります。

◎ シャロン : いつ?

★ 「J」 : 直ぐに。

今年は、誰にとっても良いターン・アラウンドがあります。
彼らが逮捕され、裁判にかけられ、反逆罪で絞首刑にされているのが分かります。

変える必要があるのは、貴方の信念体系なので、私達は貴方方全員に見せなければなりません。
地球がより安全で呼吸が楽になると信じる時、私達はこれを次のレベルに引き上げることができます。

◎ シャロン : 分かりました。
J、ありがとう。

また、話します。
もっと、質問があると思います。

★ 「J」 : シャロン、喜んでお手伝いします。
ただ私を呼んで下さい。

続く……。
同盟には、スパイが含まれていますか?

★ 「J」 : はい。
諜報活動。

情報探索、コンピューター・ハッキング、必要な時に腕を曲げる……。

◎ シャロン : 黒人の男性と同じように?
彼らから情報を得る為に、人を連れてナックルで壊しますか?

★ 「J」 : はい、私達はそれに頼りました。

◎ シャロン : ディープ・ステートの後に、Xという名前の政治家がいました。
彼女は、貴方がたの一人でしたか?

★ 「J」 : 多分。

私達を、特定しないで下さい。
彼女は、まだ生きています。

◎ シャロン : はい、彼女のズボンの座席でも。
彼女は、彼らのメッセージを受け取った時に後退したに違いありません。

★ 「J」 : いつもとは限りません。
私達が後退した場合、アメリカ人と世界を助ける人は誰もいません。

◎ シャロン : 本当です。
インサイダーにアプローチして、話をさせますか?

★ 「J」 : インサイダーは、私達に話しかけますか?

ええ、彼らはやるでしょう。
周りを回るエージェントがいます。

私達は、彼らにも保護を提供することができます。
現在、私達からの安心感を持って前に出て来た、多くのインサイダーがいます。

◎ シャロン : レジスタンスと比べて、どうですか?

★ 「J」 : 同様の動きですが、私達はより政府ベースです。
レジスタンスはより地下のネットワークですが、プレアデス人とも協力しています。

◎ シャロン : このような組織は、他にありますか?

★ 「J」 : (笑)はい。

◎ シャロン : 善の為に働いていますか?

★ 「J」 : はい。

◎ シャロン : 気分が良くなりました。
貴方方の技術レベルは、どのようなものですか?

★ 「J」 : 地球外の技術。
量子レベル。

◎ シャロン : 時間内に、前後にジャンプしますか?

★ 「J」 : できます。
私達の多くも、そうすることができます。
地球人はそれが得意ではありませんが、一部に得意な人がいます。

◎ シャロン : アライアンスは、ディープ・ステートのように大衆を操作しますか?

★ 「J」 : そうしないようにしていますが、世論を変える為に必要な情報を明らかにしました。

◎ シャロン : 貴方は、メディアの一部を所有していますか?

★ 「J」 : 世界的に、いくつかの小さなアウトレット。

◎ シャロン : それは、大きくなるのでしょうか?

★ 「J」 : それは、地球の真実をカバーしなければならないでしょうね?
貴方も、ステーションを始めようとしています。
これは、重要なステーションです。

◎ シャロン : 分かっています。

因(ちな)みに、お世辞はありがたいです。
私は、それが重要であることを知っています。

★ 「J」 : お世辞ではありませんでした。
貴方は、それを超えています。

◎ シャロン : 私は、そうです。
スパイ活動は、どのようなものだったのでしょうか……。

★ 「J」 : 私達は、CIAのような組織が危害を加えたり、殺害したり、恐喝したりする試みのいくつかに対抗しなければなりません。

◎ シャロン : 貴方は、地球の最近の歴史の中で、どれほど活発に活動して来ましたか?

★ 「J」 : 50年代から、たくさん。
私達は、多くの核技術を無力化しました。

今、地球は、この邪悪な真実の全てを明らかにする立場にあります。
私達は、私達が行ったことに対して、貴方にお金を払わせる為にディープ・ステートが行ったあらゆる努力を無力化することに、忙しくしています。

もちろん、人々はこの沈黙の戦争で、常に責任を問われるでしょう。
意図したほど致命的ではないように、ウイルスを修正したのは私達です。

私達は、人々がドナルド・トランプに固執する必要がありました。
彼の時計に致命的なウイルスが放出されることは、地球を解放するという私達のキャンペーンにとって、壊滅的なものになるでしょう。

私達は常に、彼らの一歩先を行く必要があります。

◎ シャロン : ありがとうJ.。
もっと、質問があると思います。

★ 「J」 : ここに来られて、嬉しいです。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional