gin8459



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ バシャールのメッセージ ★信念の増強する世界/受信排出の流れ/最もピュアな叡智/ハイブリッド・チルドレンの為に/意図的に選んだこと/etc.★ .☆。☆*゚

December 1, 2020

新しい地球のスター・シード達へ

【 信念の増強する世界 】

『針の目』の向こう側の世界に移行すると、貴方が持つ古くて重たい周波数が綺麗さっぱり洗い流されてしまう訳ではないことを知って下さい。
それよりも、『針の目』の向こう側の世界では、貴方の信念が増大増強されます。

とは言え、どんな具合に自分の信念が増大増強してゆくのか、今一(いまいち)イメージし辛(づら)いかも知れません。
信念の増大増強とは、貴方の想いや考えの物質化スピードが早まることを意味しています。

例えば、今までの世界で、物事が実る過程が10ステップ踏む必要があったとしたら、新しい世界では3ステップのみになるという具合です。
しかし、それだけではありません。

今までの世界で物質化するのに19ステップの思考が必要だったのが、新しい世界では3ステップのみで物質化されてしまうという具合です。
ですから、新しい世界での物質化はちょっとの想いや考えでも増大増強されて、直ぐに物質化されることになります。

よって、ポジティブな信念を持つ喜びの貴方は、喜びが増大増強する世界を強烈に体験する世界へと移行することになるのです。
そして、ネガティブな信念を持つ恐れと不安の貴方は、恐れと不安が増大増強する世界を強烈に体験する世界へと移行することになります。

【 受信排出の流れ 】

気持ちの浮き沈みは、誰しも日常的に体験しています。
これは別に不健康なことでもおかしなことでも何でもなく、極(ごく)自然な人間のメカニズムになります。

気分が上がってワクワクな自分でいる時に、周波数が上昇しています。
この時に高い波動域の情報にアクセスすることが可能になりますので、新しい情報やアイデアをダウンロードしています。

そして、気分が冷静で落ち着いている時に、先ほどダウンロードした情報を体験へと落とし込んでいます。
つまり、私達はこの浮き沈みのメカニズムを使って、情報受信して体験へと排出するといった流れを作り出しています。

でも、だからといって、躁鬱(そううつ)を体験しなさいと言っているのではありません。
『高い躁 → 低い躁』、『高い躁 → ニュートラル』といった、高低のコントラストでも良い訳です。

つまり、常に喜びの自分で高低の気持ちのコントラストの流れを作り出し、そこから受信排出といった流れを作り出すことができるのです。

【 最もピュアな叡智 】

スター・シードは人生のテーマを自分のハートにしっかり刻み込んで、今世にやって来ています。

だからこそ、覚醒の波に乗ることができます。
だからこそ、拡張する進化エネルギーを、敏感に掴んでゆくことができます。
だからこそ、目覚めて生きる道がどこにあるかを、いつも知ることができるのです。

また、スター・シードは『目覚めのエネルギー』がどんな雰囲気のエネルギーで、どんな感覚がするのかを感覚的に知っています。
何故ならば、スター・シードのハートは、覚醒のエネルギーと共鳴するよう既に調律されているからです。

スター・シードの中には、レムリアのエネルギーを大きく反映する存在がいます。
それがオールド・ソウルです。

オールド・ソウルはスター・シードでありながらも、更に特殊なエネルギーを持って生まれ来ています。
その特殊なエネルギーとは、レムリア時代に学んだ『宇宙心理/スピリチュアル』の叡智です。

この叡智は、当時、地上に存在していた高次的存在から直接譲り受けた、最もピュアな形の叡智となります。

【 ハイブリッド・チルドレンの為に 】

これから地球にやって来ることになるハイブリッド・チルドレン達は、人間社会に溶け込んで生活できるよう、数多くの訓練を受けています。
しかし、たとえ、人間の遺伝子をもらい受けた彼らでさえ、人間社会のカルチャーは謎だらけで摩訶不思議です。

例えば、態度が悪いさま、品のないさま、粗野な感じや乱暴な感じなど、一体どこから態度が悪くなって、一体どこまでが良しなのか、境目が分かりません。
そして、何よりも、其々(それぞれ)の振る舞いが与える印象の意味がよく理解できません。
何故ならば、彼らの世界にないカルチャーだからです。

ですから、ハイブリッド・チルドレン達は多くのトレーニングを重ねて、地球のカルチャーに慣れ親しむ必要があります。
そして、多くのスター・シード達はハイブリッド計画に参加していますので、ハイブリッド・チルドレンの成長と学びのサポートをし、夢の世界から彼らが滞在する宇宙船を訪れて、地球のカルチャーを面白おかしく教えたりしています。

例えば、先週あった面白い出来事をお話ししに宇宙船を訪れたりと、自分が体験した興味深い出来事をシェアをする為に、本当に頻繁(ひんぱん)に彼らに会いに出かけているのです。

【 意図的に選んだこと 】

3次元密度の住人から、3次元以上の次元を見ると、非現実的な世界に思われます。
しかし、『あの世』の住人が住む世界でも、そこに住む彼らにとってのリアル感が存在しています。
つまり、私達が物質界で体験しているようなリアル感を、『あの世』でも体験しているのです。

『あの世』の世界にも、建物があります。
町があったり、外と言われる場所も存在しています。

動物も精霊も植物も山も海も存在していて、地球上にある全てのものが存在しています。
ですから、時間を敢えて体験したい人は、時間を体験することができます。
睡眠を体験したければ、睡眠をすることができますし、食事を体験したければ、それを体験をすることができます。

では、何故、私達は何でも思いが叶う世界から、わざわざ物質界へやって来るのでしょうか?

誰か大きな存在が、貴方を物質界に寄越した訳ではありませんし、何かの罰則で物質界へ落とされた訳でもありません。
または、偶然に湧いて出た訳でもありません。

そうではなく、貴方が意図的に選択してやって来ています。
人間の人生を、敢えて選んでやって来ています。

【 本当の意味での習得 】

私達は、心が共鳴することから成長を遂げることができます。
逆を言うと、心が共鳴しない興味のないことから成長することはありません。

もっと違う言い方をすると、学びの習得は体験のみから得ることができます。
つまり、どんなに頭に詰め込んだとしても、どんなに知識を頭に詰め込んだとしても、本当の意味で学び取ったことにはなりません。
実際に貴方の反応に出るようになってから初めて、『学び取った』と言うことができるのです。

ですから、私達が今まで学んで来たスピリチュアルな高次の教えを本当の意味で『学びとった』と言える状態になるには、貴方の行動と反応に実際に反映されるようになってからになります。
何故ならば、物質界の言語は行動だからです。

例えば、『ワクワクの方程式』を頭で理解していても、実際にワクワクを追いかけていなければ、本当に『学び取った』と言うことはできません。
つまり、本当の意味で理解していることにはならないのです。

【 ディスクロージャーは自分の中から 】

ディスクロージャーは起こる必要がありますし、現在、ディスクロージャーが徐々に起こり始めています。
しかし、『起こらないといけない』という意味で言っているのではありません。

ニュートラルな視点で生きる為に空気が必要だという具合に、覚醒(進化、成長)する為には、ディスクロージャーが起こる必要があるのです。
もっと違う言い方をすると、『宇宙は、私達以外の存在はない』と結論づけると、アセンションが起こることはできなくなります。

徐々に私達は地球外生命体の存在を認め始め、確実に覚醒(進化、成長)に向けて動き出しています。
そして、『針の目』を抜けた向こう側の世界では、目覚めて生きる準備が整った人達が、徐々に目を覚まして生きていくことになります。
そして、今、ここの私達が想像することすらできない大きな喜び、生涯感じたことがないほどの歓喜を体験する世界へと移行することになるのです。

また、ディスクロージャーは、貴方の中からも起こる必要があることを知って下さい。
つまり、貴方自身が『ありのままの自分』をディスクロージャー(表に出す)する必要があるのです。

【 足場 】

今の時期、地球とのグラウンディングは特に大切です。
それはちょうど、地面にしっかり根を張る木は上へ上へとどこまで大きく成長することができるように、貴方のアンテナがどこまでも高く伸びて、高次のエネルギーをダウンロードすることができるようになるからです。

また、足元がふわついていると、強風に直ぐ持っていかれてしまいますが、グラウンディングされていれば、吹き飛ばされることはありません。
それよりも、軸が根っこにしっかりと張り巡らされていますので、自分のペースで柔軟に対応することができます。

ですから、グラウンディングは、貴方が物質界で生きる上で必要な土台となるプラットフォームです。
これがないと、アンテナを高く上へ伸ばすことも、枝を横に広げて周囲とコネクトすることも、総合意識体と統合することも難しくなります。

物質界を生きる上で必要な足場を、しっかりと固めて下さい。
地球にがっちりグラウンディングし、自然そのものである貴方のエネルギーを自然界に馴染ませて、足場をしっかりと固めてゆきましょう。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional