gin8447



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ ライト・フォース・オペレーション ★バイオエネルギー兵器 –Covid-19– ★ *:..。o○☆*゚¨゚゚

August 14, 2020

高次の光階層、銀河評議会、及びLF(ライト・フォース)の地上チームが、量子、アストラル、プラズマ、エーテル、地表、地下のレベルで戦っているDF(ダーク・フォース)との戦争は、24時間365日成功しています。

主な困難の1つは、キメラ、アルコン、カバルの最後の防衛線である、トップレット爆弾です。
これらの爆弾は、現在の地球の人類にのみ、人間のインプラントに挿入することができました。

これは、特に低い負の3D振動の為に、作成されました。
5Dに存在する人にとって、そんなことは不可能でした。

DF(ダーク・フォース)とその新世界秩序は、今日、地球に蔓延(まんえん)している3Dエネルギーにのみ存在することができます。
それらは、地上、プラズマ、エーテル、アストラル、量子レベルの全てのネガティブエンティティの基礎と、生命の源です。

これらの振動は何であり、ヘルツにおけるそれらのパラメータは、何ですか?

以下は、 NWO ビルダーが生成し、国や大陸を運営しようとする、エネルギー・フローの最も最小限のリストです。

悲惨……0.1〜2Hz;
恐怖……0.2〜2.2Hz;
恨み……0.6〜3.3Hz;
刺激……0.9〜3.8Hz;
摂動……0.6〜1.9Hz;
不安定性……0.9Hz;
憤怒(Rage)……0.5Hz;
怒り(Anger)……1.4Hz;
プライド……0.8Hz;
メガロマニア(誇大妄想)……3.1Hz;
軽蔑、軽蔑(Disdain,contemp)……1.5Hz;
優位性……1.9Hz;

何千年もの間、私達の惑星のDF(ダーク・フォース)の振動パターンによって確立されたのは、7.6Hzでした。
物理学者は、それをシューマン周波数と呼んでいます。

彼のエネルギーフィールドの振動の周波数は、DF(ダーク・フォース)によって課されるパラメーター……7.6〜7.8Hzと同じである為、人はこれらの有毒な条件で快適に感じました。
DF(ダーク・フォース)は、これらの、及びその他の負の周波数が3D地球の人間に与える影響を完全に理解し、十分に理解しています。

病気が存在する場合、それらは化学的不均衡として現れることがあります。
しかし、これの根底にあるのは、体内の分子、細胞、組織、器官の固有の振動を変化させた電磁不均衡です。

身体の平均周波数は、健康な時に62〜72メガヘルツ(MHz)の間で共振します。
人間の細胞は、その周波数が62MHzを下回ると変異し始めます。

頭痛は、58MHzで始まります。
同じ58MHzは、風邪やインフルエンザにかかった時の体の周波数です。
肺炎は、55MHzで始まります。
カンジダは、55MHzを振動させます。
52MHzは、存在するエプスタイン・バー・ウイルス(Epstein Barr Virus)の周波数です。
42MHzは、ガンが出現する可能性がある周波数です。
死は、20-25MHzで始まります。

DF(ダーク・フォース)が積極的に使用している病原体は、頻度(ひんど)が低いものです。
汚染物質……粒子状物質と放射線(EMF)の両方……が、健康的な振動を低下させます。

食品の独占者に愛されている加工食品や缶詰食品は、頻度(ひんど)がゼロである為、人の周波数を大幅に低下させる可能性があります。
有機の生鮮食品は、缶詰や加工食品よりも健康的です。

理由は次の通りです : 生鮮食品とハーブは20〜27Hzを放射します。
乾燥食品とハーブ : 15〜22Hz。
加工食品、または缶詰食品 : 0Hz。

多くの人が「周波数は、良くも悪くもない。一般的に、低い周波数が悪いとは言えず、高い周波数が良いとは言えない」と確信しています……では、次の例をどのように説明しますか?

1929年、英国政府は、物理学者のロバートウッドの指導の下(もと)、聞こえない「音」を発するオルガン・パイプを装って、劇場に低周波大砲を建設しました。
武器はリハーサル中にテストされました : 近所の家から、人々がパニックで通りに飛び出しました……2003年、英国の生理学研究者であるC.オキーフとS.アングリスは、人間の脳に対する超低周波音の影響をテストする為の実験を実施しました。
この方法は、700人の参加者に4つの楽曲を演奏することによって実施され、そのうち2つは、曲の間に参加者に無意識のうちに17ヘルツの周波数が演奏されました。

結果 : 22%が、不安と恐怖を経験しました……ロンドンのゴールド・スミス・カレッジの異常心理学研究ユニットによって実施された「ホーンテッド・プロジェクト」は、79人のボランティアを様々な超低周波音周波数に曝(さら)しました。
結果 : 参加者の63人(79.7%)が、目眩(めま)い、または奇妙さを感じ、9人(11.4%)が悲しみを経験し、7人(8.9%)が恐怖を経験しました……同じ2003年に、BBCは、戦争中の尋問の手段としてヘビー・メタルと子供向け音楽を使用した、米国のサイ・オプス(Psy Ops)オフィサー達を引用しました。

そのうちの1人であるサイ・オプス(超能力等を使用して、外国政府や対抗組織メンバーの認識と態度に影響を及ぼすことを意図した軍事行動)のマーク・ハッセル軍曹は、次のように述べています。
「24時間プレイすると、脳と体の機能が低下し始め、思考の流れが遅くなり、意志が失われます。それが、私達が入って彼らと話す時です……。」

多くのナチス強制収容所で、440ヘルツの音楽が一日中ラジオで演奏されたのは、偶然ではありません。
ナチス・ドイツで宣伝大臣のヨーゼフ・ゲッベルスが、ドイツのラジオ局で440Hzのチューニングを主張した理由を考えたことはありますか?

その頻度(ひんど)が人々に特定の方法で考えさせ、感じさせ、従順な意識の囚人にしたので、総統(Der Fuhrer)の為に、人口を動員するのを助けました。
これらの破壊的な周波数は、混乱、不調和、及び不一致への考えを巻き込みました。
更に、それらはまた、脳を刺激して不調和な共鳴を引き起こし、それが最終的に病気と戦争を引き起こします。

これらの事実は、19世紀後半にDF(ダーク・フォース)が440Hzで楽器の製造を強制し、ヨーロッパと米国で標準のコンサートピッチとして、周波数を採用するよう働きかけ始めた理由を理解するのに役立ちます。

1917年、アメリカ音楽連盟は、440Hzを採用しました。
1922年までに、それは、米国全体の標準的な売り込みでした。
1940年代に、それは世界中に広がり始め、1953年に国際標準化機構は、それを国際、またはISO16標準として確立しました。

それは今日まで、世界中の音楽のスタンダードであり続けています。
楽器のメーカーが新しい440Hzの標準ピッチを確立しなければならないのは、何故ですか?

理由は、単純です。
この周波数は、DF(ダーク・フォース)のマインド・コントロール・パワーを強化します。

人間にとって最も危険な周波数は、7〜8Hzです。
これは肉の共鳴振動であり、十分に長く適用すると、内臓を破裂させる可能性があります。

7Hzは、脳のアルファリズムの平均周波数でもあり、てんかん発作、恐怖、絶望、自殺未遂、意識喪失、死を引き起こす可能性があります。
1〜10Hzでは、脳は最初にブロックされ、次に破壊されます。

振幅が増加するに連れて、いくつかの不快な反応が観察され、その後、完全な神経学的介入が始まります。
脳物質の作用は生理学的に遮断され、その栄養機能は停止します。

43〜73Hzの周波数では、視力が低下し、IQスコアが正常の77%に低下し、空間的方向性が乱れ、筋肉の協調、バランス、発話が鈍くなり、意識が失われます。
50〜100Hzでは、耳が保護されていても、胸の部分に耐えられない感覚があります。

発生する可能性のある他の生理学的変化には、振動や呼吸リズムの変化が含まれます。
吐き気と目眩(めま)いは150〜155Hzのレベルで現れ、その後に不快感、咳、圧力の大幅な低下、窒息、下咽頭の不快感が続きます。

100Hzで、人は吐き気、目眩(めま)い、皮膚の発赤、及び体の疼(うず)きを経験します。
次に、不安、極度の倦怠感、喉の圧力、呼吸機能障害があります。

1945年に米軍によって捕らえられたナチスドイツの研究によると、20Hzから0.1Hzまでの低振動は、目眩(めま)い、頭痛、嘔吐、腸の痙攣(けいれん)、不随意の排便、臓器損傷、心臓発作を引き起こす可能性があります。
その後、内臓に損傷を与え、人間の行動に影響を与えるように設計された超低周波音兵器の作成が、許可されました。

周波数兵器(Frequency weapons)は、抗議者に対して積極的に使用されました。
例えば、2009年のG20ピッツバーグ・サミット、2014年のファーガソン騒乱、2016年のノースダコタ州でのダコタ・アクセス・パイプ・ライン抗議などです。

様々な内臓、及び中枢神経系に対する生体影響には、聴覚シフト、振動触覚感度の変化、筋収縮、心血管機能の変化、中枢神経系の影響、前庭(内耳)の影響、胸壁/肺組織の影響が含まれます。
低周波ソナー曝露は、重大なキャビテーション、低体温症、及び組織の剪断(せんだん)を引き起こす可能性があります。

「ビルベルヴィント対空戦車(ドイツ : Wirbelwind Kanonew)」は、低周波の渦を発生させることで敵の航空機と歩兵を破壊する為に作成された、完全に開発された超低周波音兵器です。
米軍はまた、声を人/動物の頭に向ける(放射する)為の声から頭蓋骨/v2k技術を開発し、特許を取得しました(特許6587729)。
米国特許6587729は米国空軍が所有しており、RF(無線周波数)聴覚効果特許(US6470214)に基づいています。

これも、米国空軍が所有しています。
これは、非致死性兵器です。

これには、パルス変調されたマイクロ波放射による人や動物の頭蓋骨へのマイクロ波音の伝達を使用する、神経電磁装置が含まれています。
それは、人や動物の頭蓋骨に音を伝えることができる、発音できないサウンド・デバイスです。

サウンド変調は、音声、またはサブリミナル・オーディオメッセージにすることができます。
音声から、頭蓋骨/v2kやニューロフォンなどの技術のポイントは、人は24時間体制で音声や音を聞くことを余儀なくされ、ソースがリモートである為、それについて何もできないということです。
犠牲者だった人々は、これらの声や音を何年も聞いていました。

同じDF(ダーク・フォース)の大量破壊兵器は、COVID-19です、それは他のエネルギー原理にのみ基づいています。

2020年2月4日、ケニアで、カナダの科学者、学者、HIV/AIDS研究者であるフランシス・アラン・プラマーが亡くなりました。
彼は、COVID-19ウイルスの作成に直接関与した、カナダのバイオラボの元ディレクターでした。

プランマーは、陰謀団のMKウルトラ制御の犠牲者であり、彼の意志に反してウイルスを開発していました。
彼は、米国、カナダ、及びその他のいくつかの国の研究所の国際協力について、あまりにも多くのことを話すことができた為、パンデミックが発生する前にDF(ダーク・フォース)によって排除されました。

当初から、COVID-19の暴動は、DF(ダーク・フォース)によって慎重に計画されていました。
CV-19は、企業の閉鎖、大量解雇、パンデミックを口実にした人々の孤立による、社会的不満のDF(ダーク・フォース)燃料に必要なものを蓄積するのに役立ちました。
そして、絶望と絶望の最強の触媒として、CV-19はその破壊的な仕事を続けています。

それは、この目的の為に設計されています。
COVID-19は、普通のウイルスではありません。
これは、流行の速度と規模、その高い選択性、及び致死性を説明する組み込みプログラムを備えた、DF(ダーク・フォース)によって作成されたナノ・バイオ・ロボットです。

CV-19はそれ自体で、人の血液の組成、人体から放射される周波数を自動的に分析し、それらに基づいて、それに埋め込まれたプログラムを起動します。
どんな、プログラム?

人、その年齢、人種、及びハプロ・グループにおける慢性疾患の存在を分析する為のプログラム。
道徳的(エネルギー)意識のレベルに影響を与える、人の低周波の生物学的特性をスキャンする為のプログラム。

ウイルスを細胞受容体に接続する為のプログラムと、それ自体を複製する方法。
選択された最も脆弱(ぜいじゃく)な臓器(血球、血管、肺、腎臓、肝臓など)を破壊する為のプログラム。

CV-19は、遺伝子、遺伝子の数……230の点で、現代科学に知られている最も完璧なコロナ・ウイルスです。
これは、その遺伝学におけるいくつかの異なるプログラムの存在と、人間の有機体への破壊的影響を説明しています。

血球、血管、肺、その他の体組織に受容体が存在することで、CV-19は内臓のあらゆる細胞に付着することができます。
CV-19をヒト細胞の受容体に接続するプログラムは、受容体によって認識される物質の周波数(タンパク質、ペプチド、特定のホルモン、及びその他の物質の分子)をデコードし、それによって細胞を騙して、そのRNA分子を挿入します。

CV-19自体には複製メカニズムはありませんが、人間の細胞はRNA分子を自分自身で取り、複製、つまり、コピーと複製を開始し、ウイルスの複製を可能にします。
CV-19プログラムは、オフシーズンの変化を追跡し、暖かい季節にウイルスの活動を自己ブロックし、冬眠を引き起こします。
しかし、ウイルスの活動は、氷点下、及び低い正の気象温度で攻撃を開始します。

これを念頭に置いて、DF(ダーク・フォース)は今年の夏と秋の終わりに、新しいCV-19ウェーブを再起動することを計画しました。
第一段階と同様に、DF(ダーク・フォース)のCV-19の標的は、主に慢性の重篤(じゅうとく)な疾患を持つ全ての年齢の人々、及び低頻度(ひんど)の生物学的特性と否定的な感情、行動、習慣を持つ全ての人々です。

リスクの外には、子供達、そして、全ての高頻度(ひんど)で、道徳的に精神的な人々がいます。
CV-19は、高周波の正の振動に対しては効果がありません。

恐怖、パニック、憧れ、絶望の状態では、免疫システムはゼロになっています。
一種の、心因性エイズです。

政治家は、意識的、及び無意識のうちに、心理生物学的テロリストになります。

パニックを引き起こすことにより、免疫の大量喪失を引き起こし、ロサンゼルス、ベーカーズフィールド、サクラメント、サンノゼ、オークランド、サンフランシスコ、デンバー、アトランタ、シカゴ、デモイン、インディアナポリスで感染症、憎悪、犯罪、集団暴動を増加させます、フォートウェイン、ルイビル、ニューオーリンズ、ニューヨーク、ボストン、デトロイト、ラスベガス、シャーロット、コロンバス、シンシナティ、ダラス、ヒューストン、ポートランド、リッチモンド、フェニックス、ワシントン。
火花を起こすものは、何でも有り得たでしょう。

COVID-19は、先ず第一に、ダークフォース NWO のアジェンダに基づく大量破壊兵器です。
それは、それに対する防御がなかった一般市民を対象としています。
特に、最初から、この遅延プライマーの3つの変更が使用された場合。

パンデミック・コースでは、計画通り、突然変異したとされる数十の新種が開発頒布されました。
彼らは既に、新しい時代、社会的、国家的、人種的なグループに適応しています。

特に、COVID-19の遺伝的、及び電磁気的設計に基づいた数百、または数千の新しいバージョンが存在する可能性がある場合は、特に、ワクチンの開発が更に困難になります。
この方法で、特別に作成されました。

COVID-19の共振影響の一般的な原理は、昨年の春に最初の被害者に対して、DF(ダーク・フォース)によってテストされました。
今日、他の人口カテゴリーは、選択的に破壊されています。

今までにないDF(ダーク・フォース)の犯罪となったパンデミックとの闘いにおいて、多大な努力が為(な)されています。
新しい感染症は多くの国で増加し続けていますが、必須のコロナ・ウイルスの予防、治療、ケア、サポートの対象範囲は非常に低く、流行の進行に大きな影響を与えることはできません。
封鎖の多数の負の影響により、COVID-19で汚染された人々の適切な食物、予防方法、及び治療へのアクセスが制限され、それによって彼らの生活に影響を及ぼし、感染が増加しています。

DF(ダーク・フォース)は、9月〜11月までに、世界のCOVID-19カバー率を80%に増やす予定です。
これは、現在の世界システムの建物全体を破壊する為に、社会的、経済的、政治的な負荷構造を全て破壊するという、彼らの NWO のアジェンダの一部です。
それはDF(ダーク・フォース)の計画でのみ、機能する全てのこと。

CV-19は、憎しみと敵意のみを燃料としています。
それは、愛と心の優しさに無力です。

人々は、攻撃性と恐怖に抵抗することで自分自身を助けることができ、そうすべきです。
免疫は、精神に直接依存します。

瞑想がもたらす、大きな助けがあります。
特に集団瞑想は、ソースからの放射線が人間の細胞にもたらす、太陽の核変換効果を高めます。

彼らは5Dエネルギー、振動に徐々に適応し始めます……ガンマ状態意識の下限である40ヘルツから最高レベルまで。
2020年の大規模な瞑想は、これを完全に証明しました。
既に確認している統計は、たくさんあります。

COVID-19の結果として死亡した人々の99%は、深刻な病気(肉体的、道徳的、精神的)、または非常に高齢者でした。
50歳未満で発生する死亡者は、1%未満。

今日だけでなく、古代においてさえ、人々は周波数とヘルツ(Hz)について何も知らなかった時、彼らはどんな感情が特定の病気を引き起こすかを知っていて、分かっていました。
リストは非常に長く、12ページ以上あります。

以下は、COVID-19の犠牲者に直接関連するいくつかの例です。

ウイルス感染……刺激、怒り、不快感。
膿瘍……恨み、怠慢、復讐の邪魔な考え。
アルコール依存症……無駄、罪悪感、矛盾、人格の拒絶感。
健忘症……恐怖、人生からの逃避、自分の為に立ち上がることができないこと。
貧血……喜びの欠如、生命への恐怖。
アテローム性動脈硬化症……抵抗と揺るぎない頑固さ、善を見るのを拒む。
老人性痴呆……現実をそのまま受け入れたくない、絶望と無力、怒り。
パーキンソン……全てと全ての人を制御することへの恐怖と、強い願望。
インフルエンザ……環境の否定的な気分、攻撃的な態度、恐怖への反応。
窒息発作、気管支炎……恐怖、変化への抵抗、変化のプロセスへの不信感、緊張、家族の悪い雰囲気、頻繁(ひんぱん)なスキャンダル、自分に立ち向かうことができない、怒りを飲み込んだ。
過食症……恐怖と絶望、自己嫌悪感。
静脈瘤……憎悪に満ちた状況への反応、不承認、仕事に圧倒され圧倒される感覚。
炎症プロセス……恐怖、怒り、国内攻撃。
胃炎、及びその他の胃の病気……恐怖、新たな恐怖、新たな運命感覚を吸収できないこと。
肝炎、及びその他の肝疾患……変化への抵抗、恐れ、怒り、憎しみ。
聴覚障害……拒絶反応、頑固さ、孤立感。
頭痛、片頭痛……自尊心、自己批判、恐れ。
糖尿病……満たされていない、他人をコントロールする強い必要性への切望、深い悲しみ。
昏睡……恐れ、誰かの回避、または何か。
冠状動脈血栓症、及び他の心臓病……孤独感と恐れ。「私は何も達成しません。」
高血圧……未解決の長年の感情的な問題。
低血圧……子供の頃の愛情の欠如、敗北者の気分 : 「違いは何ですか?とにかく機能しません。」
脳腫瘍……間違った信念、頑固さ、時代遅れの固定観念を修正することの拒否。
癌……魂の古い恨みの保持、嫌悪感、憎しみ、絶望感の高まり。

これら全て、及び他の多くの症状は、COVID-19のほぼ全ての犠牲者で観察されました。
多くの人は、自分の感情とコロナ・ウイルスの関係、個人的な振動とヘルツについて、何も知りませんでした。
しかし、これはビッグ・ファーマ、腐敗したメディア(恐怖、絶望、憎しみが非常によく売れている)と、3D新世界秩序HWOへの道としての大量殺戮(さつりく)という、共通のアジェンダを一緒に追求するDF(ダーク・フォース)マスターによく知られています。

35万年前、人体は、原子状炭素ベースのフレーム・ワークとして、細胞レベルで3D専用に意図的に変換されました。
5Dエネルギーに耐えることはできません。
人間の細胞が、液体のシリコン結晶の形に変形する場合にのみ可能です。

しかし、人間のDNAの12のストランドでは、地球人をソースの高い生命を与える振動から永遠に隔離し、奴隷に変える為の人間の遺伝学によるDF(ダーク・フォース)の全ての凶悪な操作にも関わらず、1つは奇跡的に、そのシリコーンの可能性を保持しました。
2019年の終わりから、人々が元の神聖なDNAを復元できるように、プレアデス人と銀河評議会の他のメンバーの宇宙船は、40ヘルツ以上(最大100ヘルツ)のガンマ線で、定期的に地球に放射しています。

目標は、ヒトDNAの細胞毎(ごと)に、液体シリコン結晶基底に変形し、段階的にアップ・グレードすることです。
従って、奴隷制の原子状炭素ベースの細胞から、地球人を永遠に解放する為に。

同じ放射線は、12個のDNA既存鎖のうち意図的にブロックされた10本を再活性化するのに役立ち、ソースの全ての放射線を直接吸収することで、真に宇宙的な多次元の能力を人々に返します。
これまでのところ、2本のDNA鎖だけが機能しています。

このような操作は、グレーター・ユニバースにおいて初めて実行されます。
3Dから5Dへの移行中に、人々が最も重い離脱症状、極度の身体的、及び感情的な不快感に耐え易くなるという理由だけでなく、それは重要です。

集団瞑想はまた、地球上により多くの5Dエネルギーを固定し、高次の光階層と銀河評議会が、現在、積極的に構築している全てのレベルで惑星の新しいエネルギー・インフラストラクチャ(下部構造)を再充電、及びサポートします。

太陽系自体と私達の惑星は、ついに、何千年もの間存在していた「宇宙の夜」から、銀河のセントラルサンの直接放射層への宇宙の日(コズミック・デイ)に出て来ます。
このゾーンでは、5Dエネルギーが最も低く、今日の地球人にとっては、更なる生存に必要な最も高い境界です。

しかし、シューマン周波数は、最近、劇的に増加し始めています。
特に、プレアディアンからの地球の表面の最後の集団瞑想と照射の間、40Hzから100Hz以上の近空間に船があります。

これらのエネルギーは、何ですか?

感謝の気持ち……45Hz;
友情、心から愛そうとする……50Hz ;
寛大さ-95Hz;
心からの感謝……140Hz以上から。
他の人との一体感……144Hz以上。
思いやり……150Hz以上から「残念……僅(わず)か3Hz」。
150Hz以上から、例外なく全ての人と全ての生き物の為に、心から生み出される愛。
無条件、犠牲、普遍的な愛……205Hz以上から。

主要な惑星の周波数が結合し、銀河のセントラルサンからの5D以上の放射を増幅する時の、各質量瞑想の集合的なエネルギーインパルスは、NOWビルダーの苦痛を増大させます。
しかし、それは彼らを助けません。
セントラル・サンを、オフにすることはできません。

このDF(ダーク・フォース)のナノ生物兵器を破壊することで、新しい5Dエネルギー・グリッドとLF(ライト・フォース)によって制御されて、地球に向け直される宇宙線の増大する力が可能になります。

既に強調されているように、何千年もの間、私達の太陽のある地球が「宇宙の夜」に止(とど)まった時、DF(ダーク・フォース)は、地球を7.6Hzの範囲でのみで生存する周波数刑務所に変えました。
現在、地球と太陽系は「宇宙の夜」から出て来ており、銀河系のセントラルサンの直接の影響下にあります。
それは、5D以上からエネルギーを放射し、その強度は惑星や星座によって増加します。

銀河評議会とLF(ライト・フォース)の全ての努力は、人々がより積極的に大衆瞑想に参加するように促すことによって、現在の醜いエネルギー状況を修正することに焦点を合わせています。

最後の瞑想の間に、集団周波数は劇的に増加しました……銀河のセントラルサンの放射の最低レベルである5Dに。
今、この道に留まらないことが重要です。

体を元の周波数に調整し、バランスを取り、自然な調和共鳴を回復し、COVID-19の減速に寄与し、先ず病気は現れないか、解決します。
同じような回復と癒しの影響があるのは、周波数が高い音楽です。

例えば、963Hz(Frequency of God)のメロディーは、クンダリーニを目覚めさせ、松果体を活性化し、オーラを浄化します。
852Hzの音楽は無意識の悪いエネルギーを解放し、精神的な体験と深い癒しを開きます。

741Hzの曲は、精神的なオーラと、体の細胞の毒素と、電磁放射による損傷を浄化します。
639Hzのハートチャクラ音楽は、愛とポジティブな雰囲気を引きつけ、人間関係を調和させ、オーラを浄化します。

528Hzのメロディーは、DNA修復周波数として知られています。
528Hzは、健康と長寿のバイオエネルギーです……その振動は、物質的レベルと精神的レベルの両方で、私達の内外の全てのものと繋がり、共鳴します。

432Hzのリズムは、論理的で分析的な左脳と、創造的で直感的な右脳の両方の脳の半球を同期させ、科学者が「全脳同期」と呼ぶものを作成し、思想家、芸術家、精神的存在としての可能性を最大化します。
また、432Hzの音楽が体内で共鳴し、感情的な閉塞を解放し、宇宙の鼓動と調和します。
この音楽は、知覚を高め、精神的な明晰さを高め、直感を解き放ちます。

自然な432Hzの振動は、モーツァルトとイタリアのオペラ作曲家、ジュゼッペ・ヴェルディによって使用されました。
古代エジプトとギリシャの楽器は、この調和周波数に調整されました。

417Hzは、変更と更新の周波数です。
417Hzは、私達の心と魂からの否定的な記憶と影響を洗い流し、私達の視点を変え、新たな精神で現在の瞬間に直面するのを助けます。

174Hzは、感情的、及び肉体的な癒しに影響を与えます。
自然な麻酔薬と見なされており、深いリラクゼーションによって肉体的な痛みを和らげ、内部の生態系に安心感と快適さを与えることで、精神的な安定をもたらします。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional