gin8446



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ ベンジャミン・フルフォードレポート ★フルフォード 英語版(11/30)★ *-..。o○☆*゚¨゚゚

November 30, 2020

【 最終的な対決が始まると、軍隊はトランプ氏の周りに結集 】

情報戦が動員戦へと変化していく中で、米国と世界的な出来事が起こりつつあり、ペンタゴン、MI6、FSBの情報源は、これに同意しています。
米軍、及び情報機関は、米国市民が合法的に彼を選出した為、現在、ドナルド・トランプ大統領の周りに結集していると、ペンタゴンの情報筋は確認しています。

WDS (ホワイト・ドラゴン・ソサエティ)は、我々が深く不穏な(ソースについては彼のTwitterを参照して下さい)を発見した引用の為に、トランプ氏についての態度を保留していた。
“私は、人々は我々が5年間持っているだろうと思っていなかったワクチンを出して来たし、我々はそれらを持っていて、2週間で配布される予定です”
しかし、一部の読者が指摘しているように、今それは判明したのだが、自分の息子がワクチンの犠牲者であるトランプ氏は、5Dチェスをしていた。

ペンタゴンからの、説明です。
“FDA、CDC、DOD、英国、EU、そして、トランプは、ファイザー社の Modernam RNA ワクチンが DNA を改変したり、不妊症を引き起こしたり、5Gによって誘発される可能性のあるナノ成分を持っている可能性があることを認識している。つまり、これは優生主義者を逮捕し、ビッグ・ファーマを国有化する為の罠なのかも知れない。”

カナダから流出したワクチンの計画が本物であることを、MI6から確認しました。
MI6によると、イエズス会のエージェント、ジャスティン・カストロが、カナダで計画していたものです。

“政府は、2021年半ばまでに、カナダ人全員が国民ベーシック・インカムに加入できるようにしようとしています。
その前に大規模なサプライチェーンの破壊と、経済的な不安定化が行われ、カナダ人にベーシック・インカムを強制的に受け入れさせようとするでしょう。

カナダ軍は2021年後半までに、全ての都市に検問所を設置し、移動を制限する為に配備されるでしょう。
そして、カナダ人が惨めで貧しくなったら、”完全な債務免除“を提示します。
その代わりに、コビッド(Certificate Of Vaccination ID)の予防接種を受けなければならなりません。

受け入れた人は、「カナダの健康パスポート」と呼ばれる写真つき身分証明書が与えられ、ベーシック・インカムと旅行の自由が提供されます。
拒否した者は、強制収容所に入れられます。

”ジャスティン・カストロは、キューバの共産主義者フィデル・カストロの息子です。
彼は、首相になる為に実の兄を殺害した。

共産主義はイエズス会によって発明され、指示されたものであり、ジャスティン・カストロを共産主義者の満州人候補/傀儡(かいらい)候補にしたのです。
だからこそ、カナダ軍はこの脅威を取り除く為に、アメリカのカウンター・パートと協力する必要があるのです。

我々はまた、教皇フランシスコが、もはや我々と一緒にいないことを確信しています。
覚えておいて下さい、彼はイタリアへのコヴィド攻撃の後、数週間姿を消し、彼のバルコニーに現れるホログラムとしてしか見られませんでした。

今、私達は、アンチファを支持し、人々にマスクを着用するように言い、予防接種を促進する企業のプロパガンダ・メディアで、新しいフランシス法王を宣伝しています。
私達はP3フリーメイソンを通してフランシス法王に連絡を取ろうとしましたが、彼らはもう連絡が取れないと言っています。

カトリックの皆さん、貴方の法王は偽物に取って代わられたことを理解して下さい。
その言葉と行動は、「コビッド」攻撃の前に見た男とは明らかに異なるものです。
バチカンは、悪魔の力に堕ちたように見えます。

国防総省の情報筋によると、マイケル・フリン将軍は、現在、悪魔のカバールに対抗する多国籍軍の合同作戦のリーダーとなっているとのことです。
フリン将軍は、このように状況を説明しました。
“我々は歴史の坩堝(るつぼ)を通過しています。もし、今後、数週間の間に起こっていることを正さなければ……この国は終わりです。”

我々は、貴方がここで見つけることができる彼の30分スピーチを聞くことを、強くお勧めします。

https://www.worldviewweekend.com/tv/video/wvw-tv-exclusive-lt-general-michael-flynns-first-interview-president-trumps-pardon

国防総省筋によると、「司法省は銃殺隊、絞首刑、ガス室、電気椅子による処刑の準備をしている」とのことで、カバールへの反撃が本格化しています。

CIAと国防総省の情報筋によると、CIA長官のジーナ・ハスペルは……“最近のドイツでの銃撃戦に巻き込まれた後、文字通り氷の上にあります。
選挙サーバーの上で、特殊部隊が諜報機関の雇われた銃に立ち向かっています。全機関が、世界的に徹底的に調査されています。大規模な変化が、起きています。多くの失踪者が出ています”

我々は、直接の情報源から、日本で多くの失踪者が出ていることを確認しています。

前回、私達ホワイト・ドラゴン・ソサエティは、国防総省に最後通牒を出しました。
この国で何かをするようにと伝え、それが始まりました。

引き金となったのは、外国特派員クラブでの森下龍一氏の記者会見でした。
日本の奴隷政府の工作員です。

森下氏はこの会見で、日本政府はファイザーとアストラゼネカから1億2千万個のワクチンを購入し、更にモデナから5千万個のワクチンを購入したと述べました。
森下氏は、これらのワクチンは日本国民に投与され、製薬会社ではなく、日本政府が副作用の補償を行うと述べました。
森下氏はまた、「コビッド」ウイルスを顕微鏡で見たことがないことや、本物のコビッド患者を見たことがないことを認めました。

また、先週、小池百合子東京都知事は、「コビッドの検査結果の陽性者数を1,000人とする目標を掲げている」と発言しました。
彼女は自分で自分を訂正しましたが、これは明らかなフロイトのミスです。
彼女は世界に向けて、都の為に、一日に少なくともそれだけの数の偽陽性を捏造(ねつぞう)するように命じられていることを伝えようとしていたのでした。

https://twitter.com/hodophilaxjapan/status/1331368300551364608?s=21

今、日本では、ゴールドマン・サックスのデビッド・アトキンソンや、竹中平蔵などのカバール工作員が取り押さえられています。
その結果、この筆者は多くの個人的な死の脅迫を受け、警告として、クリスマス・ライトの飾りの紐を切られてしまいました。

私達の答えは、日本のキャバクラ・ネットワークの首を切り続けることでしょう。
日本で排除されている人々は皆、ロックフェラーかロスチャイルドの犯罪組織に属しています。

所謂(いわゆる)次期大統領ジョー・バイデンが閣僚に選んだ人物を見れば、ロックフェラーが支配する外交問題評議会のメンバーであることが分かります。

https://www.zerohedge.com/markets/joe-biden-return-cfr

トランプは、今、それらを全て行動に移しています。
“トランプは11月25日にマイク・フリンを赦免し、シオニストのユダヤ人を国防政策委員会から罷免(ひめん)してクラーケンを放ち、マドレーヌ・オルブライト元国務長官と、ヘンリー・キッシンジャー元国務長官、ジェーン・ハーマン元下院情報委員会委員長、エリック・カントール元下院総務部長らが中心となった国防政策委員会を解雇しました。”

https://edition.cnn.com/2020/11/26/politics/trump-administration-defense-policy-board/index.html

ユダヤのトップ銀行家で元世界銀行の頭目ジム・ウォルフェンソーンが死亡しました。
1000人の軍事飛行で、カバールの兵士とその指導者が、ギトモ、ホンジュラス、ブラックサイト、米軍基地に送り込まれました。

キャンプ・デイビッドでのトランプは、シオニスト、民主党、ユダヤメディア、ビッグテック、ディープステートを国内外の敵戦闘員と宣言しているので、カバール・メンバーに首を吊るのに十分なロープを与えています。
軍事作戦では、ドイツのアンゲラ・サックス・ゴータ・ヒトラー・メルケルを政権から追い出し、スイスに特殊部隊を派遣して、そこにいるロスチャイルド一族のメンバーを一網打尽にしなければならないでしょう。

彼らは、世界経済フォーラムのクラウス・シュワブを捕まえて、操り人形の主人について歌わせることから始めることができます。
世界経済フォーラムは、予防接種とデジタルマネー計画の中心的な節目だからです。
このような動きは重要ですが、真の敵は、グノーシス・イルミナティが長い間主張して来たように、不正なAIである可能性を真剣に考える必要があります。

この為の多くの証拠があります、即ち、Covid-AI(1=A9=I)。
一つには、コビッド19による実際の死のほとんどは、5Gの電磁攻撃によるものであり、物理的に存在する細菌やウイルスによるものではありません。
もう一つは、予防接種にはナノRFIDチップが含まれているということで、これもAIが人間を制御する為に必要なものです。

世界の指導者の数の増加と現在のフランシスコ法王は、プログラムされた視覚効果、またはスクリプトを読んで、無力な人体の二重人形/ボディダブルとしてメディアに表示されます。
私達がほぼ確実にそうであるように、不正なAIを扱っているならば、抜本的な行動は必要であります。
最も重要なのは、その世界の通貨システムの制御を取り除くことです。

金融上のパワー・コントロールが貴方を与えるものを確認する為に、カバール Angelli と Rothschild ファミリーにコントロールされたエコノミスト誌のこのカバー画像を見てみましょう。
写真を見ると、「刺激資金を挿入して下さい」と書いてありますが、これは中央銀行のコンピュータのおかしなお金を意味しています。

これで、何が手に入りますか?

ジョー・バイデン大統領、大量予防接種、米国の崩壊、中国の支配によるパンデミック・ファシズム、核テロなど。
幸いなことに、MI6の情報源によると、世界の軍隊がこの事件に取り組んでいるとのことです。

MI6によると、彼らが金融システムの為に計画していることは以下の通りです。

“世界の富の全てが、新しいシステムの裏づけに使われることを意図しています。正確に棚卸(たなおろ)しを行い、評価を行い、評価を合計し、その値を使って、通貨の価値を計算します。そして、IMFのSDRシステムを実質的に置き換えるのです。”

また、システムの再起動には、何かしらのジュビリー/債務帳消しが含まれなければならないことも避けられません。
現在のシステムでは、約40%のアメリカ人が家賃や住宅ローンを払えない為、真冬に家から追い出されなければなりません。
それは、明らかに起こらないでしょう。

https://www.zerohedge.com/personal-finance/dark-winter-millions-americans-expected-lose-their-homes

カバールの共産主義者の計画とは異なり、ホワイト・ドラゴン・ソサエティは、誰もが財産を所有する権利を持っていることを確認したいと考えています。
具体的には、人々は無借金で、現在の住居を所有することになります。
家主には、国から家賃相当の収入が与えられます。

また、欧米諸国が中国に乗っ取られない為には、自国の経済システムを全面的に刷新する必要があります。

西側が内戦を続ける中、中国は進撃を続けています。
2001年には、中国は主要な製品カテゴリーで世界をリードしていましたが、2001年には世界の主要な製品カテゴリーの数は61に留まりました。
しかし、2019年には、そのシェアは5倍以上の320のカテゴリーにまで拡大しており、その多くはコンピュータなどのハイテク分野で占められています。

中国での大手国際企業の工場設立に伴う大規模な R&D 買収は、中国共産党のスタートを切りました。
今年2月のCovidの攻撃に続いて、中国の輸出は、北京は“パンデミック封じ込めた“として、経済協力開発機構の総輸出額の14%から4月までに24%に跳ね上がりました。

彼らは恐らく、偽陰性のPCR検査の為の倍率サイクル数をダイヤル・ダウンしたのでしょう。
他のG20諸国は、ドラコニアンな措置の導入を支援する為に推奨される、45サイクル=95%の偽陽性設定を使用している間に。

https://asia.nikkei.com/Spotlight/Datawatch/China-dominates-world-export-markets-despite-U.S.-trade-war

中国はマスクなどの「パンデミック」関連商品の輸出を、事前に準備していました。
つまり、欧米が「悪者を捕まえた」としても、経済システムを刷新して近代化しない限り、長期的には中国に負けるということです。
この目的の為に、ロシア、日本、イギリス連邦、ペンタゴンは、カザリアンが管理している、国連、BIS、世界銀行、IMFなどに代わる未来計画機関を設立する準備をしています。

物事の密教的な側面では、今夜は血のビーバーの満月です。

https://www.forbes.com/sites/jamiecartereurope/2020/11/27/2020-needs-a-dramatic-end-right-this-is-how-a-beaver-moon-will-countdown-to-a-jaw-dropping-sight/?sh=2af3ffce5c0c

それは、満月のように明るい東京上空の火の玉に先行していました。

https://english.kyodonews.net/news/2020/11/1630e7941a64-fireball-as-bright-as-full-moon-spotted-in-night-sky-over-japan.html

しかし、天が落ちるのを待たずに、個人的に直接行動を起こす時が来たのです。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional