gin8399



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ マイケル・ラヴからのメッセージ ★最後の戦い★ ☆。・-* -・゚`★

November 1, 2020

前置き : 以下の情報は、地球の太陽系に停泊している博愛の光の勢力からのエーテル送信を直接暗号解読したもので、一部のデータは、ホワイトハットとして知られている地球同盟内部の特定のメンバーと、惑星地球の地上の後見人で、戦略的に重要な位置についている銀河の偉大な白色同胞団から直接来ています。

素晴らしい皆さん、惑星地球が2020年の地球の終わりに向けて、ガンマ・タイム・ラインに沿って更に移動するに連れて、地球の太陽系にドッキングされた大規模な慈悲深い光の勢力が、最終的な作戦を開始する為の緑色の光のGO指令を与えられました。
惑星地球の所有権の為の光と闇の間の最後の戦いで、光のデルタ・フォースは、今、残りのほとんどのドラコ勢力に対して、圧倒的な勝利を確認しました。
それらは月下の空間に隠れていたので、惑星が5次元に移動し始める為のエネルギー通路は、今、クリアになっています。

プレアデスは、特定の地球同盟メンバーに、永年地球の存在をコントロールしていた古代の3Dマトリックス制御システム全体が、ドミノ倒しのように完全に崩壊することを伝えて来ました。
貴方方は、これが、今、ほんの数日で起こり始めるのを見るでしょう。

地球同盟が受け取った新しいデータによると、過去30日間、そして、次の2か月に亘(わた)って、地球存在の中で実質的なDNAの拡大が起こっており、このDNAの拡大は非常に目立つものになるということです。

最近の地球同盟データは、今から僅(わず)か数日、11月5日頃に壮大な地球規模のイベントが発生し、それが来るべきグランド・イベントの集大成の触媒であり、先駆けとなることを示しています。
私達はこのイベントがポジティブであると言えますが、それは世界的な人間の意識にかなり衝撃的な影響を及ぼし、人類が更に速く目覚め始める原因になります!
プレアデス人達は、この突然のグローバルな意識跳躍は、地球のアセンションのタイム・ラインにおける重要なターニングポイントであると言っています。

2020年12月21日、水瓶座の新時代の幕開けと、セントラル・サンの光のサティヤの初日を記念する、壮大な天体のスター・ゲイトが天国にオープンします!
冬至の午前11:11UTC(日本時間20:11)に、長い間、待ち望まれていた新しい光の時代がついに夜が明け、新しい5D地球が地球上に生まれます。

その年の最も重要な太陽の日である12月の至点が、20年に一度の木星/土星の「素晴らしい合流点」に当たります!
地球のガンマ・タイム・ラインのその瞬間に、超高周波(セントラル・サン)エネルギーの強力な流れが、地球の大気圏に流れ始めます。
この光は、アトランティス時代以来、地球上に存在していませんでした。

高度な科学は、40ヘルツの周波数の5Dガンマ光は、DNAをより複雑な順序に、即座に再コード化することを示しています。
宇宙のゲートは、2020/12/21に完全に開かれ、歴史上最も強力で止められない、目が眩(くら)むような40ヘルツのガンマ光が天を爆破し、惑星に流れ込み、地球太陽系の全ての感覚を持つ生命を、より神聖なオーダーにアップグレードします。

惑星地球上の全ての壮大な古代の石の寺院と観測所は、神の光が天を移動する時にこの光を追跡するように設計されました。
貴方は、貴方自身の目で、それを目撃する最初の存在になります!
これが、貴方が今ここにいる理由です!

貴方が偉大なものを見る為に内なる目を持っているならば、貴方は人類の壮大なアセンションが、今や全ての正面で差し迫っていることを見ることができます、そして、何か本当に大きな何かが、惑星地球で起ころうとしています。
人類は意識の中で、進化的な量子跳躍を体験しようとしています。

私達は、宇宙の隅々から来ている全ての存在が、人類の壮大なアセンションを最前列で目撃する為にここにいることを、貴方に伝えることができます。
この壮大な「今」の現実は、人類が宇宙の闇の長い期間から目が眩(くら)ような新しい黄金時代へと移行し始める時に、多くの預言者や先見の明のある人々によって、古くから語られた素晴らしい時間です。

私達が言ったように、2020年10月の時点で、光の勢力の最新の情報キャッシュにある1つの主要なデータマーカーが、地球の太陽の後ろを移動している巨大な球体が検出されたことを示しました。
この巨大な球体は、地球同盟によって検出されただけでなく、地球ベースの太陽観測所と、世界中の多くのプロの天文学者によって検出されました。

データは、地球の太陽系を3600年に一度通るニビルの軌道上のポイントが、現在の地球のタイム・ライン上にあることを示しています。
この巨大な惑星が、再び地球に接近します。

全てのことが地球上で、まさに完璧な銀河のタイミングで起こっています。
何故なら、全てがアヌンナキとニビルと一緒に始まったからで、これで物語が終わりになります。

プレアディアンは、しばしば貴方のDNAを活性化する為に、私達の通信で物語を語ります、そして、私達はこれが全ての中で最も素晴らしい物語であると伝えます。

次のセクションへの前置き : アヌンナキに関する教えの中には、古い3Dの信念体系に挑戦しているように見えるものもありますが、少し近づいてみると、この人類から隠された情報が、実際に欠落しているデータを100%満たすことが分かります。
覚えておいて下さい、光は情報であり、闇は単に情報の欠如です。

私達は貴方にオープンマインドを保ち、このトピックについて、貴方自身で詳細な調査をするようにお願いします。
この物語は作り上げられた神話ではありませんが、地球の過去に何が起こったのかについての、実際の先史時代の記述です。

注 : このストーリーには非常に多くのデータが含まれている為、文字通り1万ページかかる為、このメッセージに合わせる為に、ここに要約しました。

プレアディアンは、この惑星を光の銀河ビーコンとして作成することに手を貸しており、彼らの地球への到着は、何十億年も前にアヌンナキが地球にやって来るよりも前なのです。
ここでは取り上げない、数十億年の間に発生した多くの星の国家を含む、信じられないほどの量の背景データがあります。
その長い期間中、人間は地球上を歩いたことがありませんでした。

私達が始める前に、貴方に思い出して欲しいのですが、現在、地球上には共存している2つの主要な異なる種がいます。
人間と、他の世界から人間を支援する為にやって来た、スタービーイング(星の存在)です。

スタービーイングは人間の体の中にいて、人間と共に地球に住んでいます。
貴方は、違いに注意しなければなりません。
現在、惑星地球の表面には、約45億人のスターシードがいます!

【 人類の歴史の真実の物語 】

シュメールのタブレットに記録されているように、アヌンナキ/エンキ自身の言葉で語られた人類の歴史の真実の物語は、次の通りです。

紀元前432,000年頃、アヌンナキが、彼らの惑星の大気圏の破れを修復する為の金を探す為に、故郷の惑星から小惑星帯を通り、地球にやって来ました。
ニビルの科学者と高等評議会による計画は、砕いた白い粉末の単原子の金をニビルの大気に吹きつけて、彼らの惑星の周りに金属の覆(おお)いを作り、彼らの太陽の星の過酷な光線と熱を逸(そ)らすことでした。
アヌンナキは、当時、現代の人間よりも遥かに技術的に進歩しており、今日でも地球上では不可能と思われる技術的功績を、簡単に達成できることに注意する必要があります。

アヌンナキは巨大な存在でした、いく人かは30フィート(約9m)の高さでした。
これらはネフィリムの巨人であり、昔から話されているウォッチャーです。
これらは、全て同じ存在です。

アヌンナキは、彼ら自身を神と呼んだ、高度で、強力で、命令し、支配する種族でした。
彼らの民は、彼らを神と呼び、彼らは、彼らが神であるように思われることをすることができました。
しかし、このタイトルは、単に彼ら自身が自分に与えたものでした。

これらの存在は爬虫類と人間の両方ですが、見た目は美しいものでした。
興味深いことに、アヌンナキとアルコンの間には、別の執筆で議論することになりますが、直接的な繋がりがあります。

ヘブライ語の古い遺言の全ての物語はこれらの存在の記述ですが、ヘブライ語の書物には重大な誤訳があり、物語の大部分は聖書から欠落しています。
最も明白な誤訳の1つは、ヘブライ語聖書の「神」という言葉です。

実際の言葉は「エロヒム」であり、1つの神ではなく、複数の神を意味します。
そこで直ぐに、問題が発生します。

貴方は、これを聞いたことがありますか?
「私達のイメージで、人間を創造して下さい」?
私達とは、誰ですか?

ここで言及する、3つの主要なアヌンナキのフィギュアがあります。
アヌと、彼の2人の息子、エンキとエンリルです。

これらは、ヘブライ語聖書で語られる複数形の神々です。
聖書の様々な箇所で、神という言葉はこれらの1つまたは複数を指しており、場合によっては、エンキの息子であるマルドゥクなどの直近の息子もいます。

兄弟のエンリルは非常に支配的なコントローラーだったようですが、エンキはもっと共感性があり、思いやりのある性質を持っていました。
ヘブライ語聖書で、神が狼狽、怒りや嫉妬にかられていると聞いた時は、いつでもそれはエンリル、または彼の父のアヌです。
その神が愛情深く思いやりがあるなら、それは常にエンキです。

これが、ヘブライの聖書の神がある瞬間は「宇宙の何よりも、貴方を愛している」と言い、次の瞬間には、もし、貴方が逆らったら、私は貴方を永遠に燃やし、拷問します、と言う理由です。
それが、ヘブライの聖書が論理的な感覚を持たない理由です。

繰り返しになりますが、それは複数形の神、エロヒム-アヌンナキなのに、間違った「単一の神」というラベルの下に、聖書の中で様々な人格が働いているのです。
神が「私は人間を作ったことを後悔している、そして、私はただそれらを地球から拭き取るだろうと思う!」などと言う時、その神は創造された人間が好きではなかったエンリルでした。

ニビルからの最初のアヌンナキの訪問者は、大きな宇宙船で地球(KI)に着陸し、地球の海の1つに飛沫(しぶき)を上げて着水し、海と過酷な大気から保護する為に、呼吸する為、鷲(鳥)のヘルメットと魚の(ような)スーツを着て陸上を歩きました。
地球に着陸するこの最初のアヌンナキの全ての詳細は、エンキのタブレットに書かれています。

彼が地球を見回した時、人間のような存在はいませんでした。
呼吸できるほど大気が安全と分かり、どこにでも金が見つかりました。

ニビルからエンキを乗せたアヌンナキ・スカウト・チームが直ぐに続き、彼らはERIDUを設立しました。
「神々は6日間で遠くの家で、それがうまくいったことを見て、そして、(エロヒム)は7日目に休息しました」

これら最初のアヌンナキはメソポタミアの土地に上陸し、彼らはその土地を「エデン」と呼びました。
やがて、最初の入植で本格的なミッションを地球に拡大しました……ミッション・コントロールセンター、宇宙港、採掘作業、そして、火星のウェイ・ステーションにさえ及びました。

アヌンナキには、「私達と運命のタブレット」と呼ばれる信じられないほどの技術的装置があり、それらは現代のコンピューター、ソフトウェア、データベースに匹敵するもので、革製のポーチで持ち運んでいました。

彼らは地球に来た時、非常に大きくて強力な建物と切削工具を持ちこみ、それが簡単に機能して、数千トンの石を動かすことができました。
今日、誰の建設かを説明することができない惑星地球上の全ての巨石と複雑なモニュメントは、全てアヌンナキによって建てられたものです。
これらのほとんど全てがピラミッドとして設計されており、ニビルとの間で地球に出入りするクラフトの宇宙港として使用されていました。

地球上で金を掘っている間に、マンパワーが不足し、肉体労働にうんざりしたので、エンキは遺伝子工学を使用して、この時代に地球を歩き回っていた類人猿のような生き物を、原始的な労働者にすることに決めました。
彼は多くの試みの後に成功し、最初のホモサピエンスを作成しました。

イヴ(TIAMAT)は、アダムの肋骨の1つの骨髄のDNAから直ぐに作成されました。
だから、両方の物語は真実です!

人間は類人猿から来ました、そして、アヌンナキが遺伝子工学を使いました、そして、彼らもまた聖書で語られるように、神(エロヒム)によって作成されました。

エンキ、素晴らしいアヌンナキのDNA科学者は、これらの古代の時代でさえ良い心を持っていました、そして、彼は人間を作成した際に人間に余分な神のスパークを確実に与えました。
それで、人間が最終的に、彼らがまさに、彼ら自身の神であったことを実感することができるようにと!

彼はエデンにいて、人類にもっと高い知識を与えた存在でした。
彼の怒れる兄弟のエンリルは、もちろん、これが好きでなかったので、パラダイスの庭から人間を追放しました。

聖書の大洪水は自然の大洪水でしたが、アヌンナキは、その時点で、全ての地球の人間の創造物をクリアすることを許しました。
何故なら、彼らはアヌ達にとって、問題があると見做されていたからです。

エンキは、巨大なボートを作り、いくつかの動物を救うよう秘密裏にノアに告げました。
そうすることで、この世界的な大洪水から一人の男と彼の家族を救ったのです。

貴方は、ノアの物語を知っていますね。
アヌがシナイ山を核武装したのは、彼ら自身の家族の紛争によるもので、これらの地域の土地と人々を破壊しました。
それが、ソドムとゴモラの物語です。

アヌンナキは、今日、彼らが所有している全ての壮大なものを人類に与えましたが、彼らはまた、今日でも100%使用されているこの世界を運営しているフレーム・ワークとシステムもセットアップしました。

王権神授説と、ある存在が他の存在を所有することができるという考えは、地球の人々に与えられた悲劇的なものの1つです。
商用マトリックス・システム全体と、その全ての制御、及び抑制は、アヌンナキによって人類に与えられました。

アヌンナキはここに来て、この領域を奴隷にし、まだこの世界を支配していましたが、極(ごく)最近までです!
プレアデス人達は、アヌンナキが人間をプログラムした場所を超えて進化するように、過去35万年間、人類を支援する為に働いて来ました。

アヌンナキによって地球上に残された最後の支配グループが、光の勢力によってちょうど打ち負かされた、ドラコの勢力でした。
彼らの支配派閥は全て無効にされており、私達を信じて欲しいのですが、彼らは、彼らがここでしたことを誇りに思っておらず、アヌンナキの進化した部分があり、それが今や、彼らが地球に行った有害なダメージを元に戻すことを望み、また試みなければならない理由です。

エンキは後に、彼自身の言葉で書きました、アヌンナキがこれらの古代の日に地球で何をしたかを、彼はどれほど後悔したか!
彼は戻って来て、地球の未来のある日、人類と共にそれを正すことを誓いました!

ニビルは再び地球に近づいており、全てを正しくする時が来たと、私達は貴方方に伝えることができます。
神々(アヌンナキ達)は、まだ地球の近くに戻って来た惑星ニビルに乗っています、そして、この間ずっと、彼らは心の変化を遂げ、かなりアセンションしたとだけ言っておきましょう。

太古の昔から、人類は、彼らの存在の全てについて暗闇の中に隠され、これらの所謂(いわゆる)古代の神々へのエネルギー奴隷として使用されて来ました。
これらの存在達が物事を正しくする方法の一部は、最初に隠されたもの全てを明らかにすることです!

これが、「MJOLNIR」の由来です。
それは、隠されているものを明らかにすることを意味します!

プレアデス人達は、壮大なエネルギー技術を使用して、月下の空間に隠された全てのドラコ船を、最近、初めて明らかにすることができました。
この技術は、ちょうど再び地球太陽系に到着したアヌンナキによって、助ける為に彼らに与えられたものです。

アヌンナキとニビルは古代の時代にやって来て、人間からの神の光を保ちました。
彼らはこの最後の時にここにいて、光をもたらします、そして、これが物語が素晴らしいものに終わる方法です。

これが、私達が、今、居るところです。
全てが完全に一巡し、本の最終章を書く時が来ました。

地球同盟には、現在、太陽の背後にある大きな球体(ニビル)が、地球の来るべき壮大なソーラー・フラッシュで重要な役割を果たしていることを示すデータがあります。
これについては、今後、数日で詳細をお知らせします!

2020年12月21日に、私達の銀河全体が5次元に移動します。
これは、水瓶座の新時代、また、6番目の黄金時代としても知られています。

人類は、これらの古代の制限と統制が、長続きしない振動の高地に到達します。
調和の取れた生活、共有、思いやり、協力、そして、自然、創造性、愛を持って仕事をしたい人は、精神的なコミュニティや全く新しい異なる文明を形成します。

新しい水瓶座の時代は、私達の真の神聖な自己の実現をもたらし、これにより、全てのことが可能になり、完璧な状態に到達します。
私達はそれ全てを通して、希望を維持し、まさに地球に立ってやって来るものの壮大さを目の当たりにすることができるように、全世界を克服しました。

素晴らしい時が、やっと到着しました!
地球に来てくれて、そして、全ての人類への貴方の素晴らしいサービスに感謝します。

神のご加護を、マイケルとプレアディアン

地球同盟、偉大なホワイト・ブラザーフッド、ホワイト・ドラゴン・ソサイエティー、プレアデス・コードネーム : コブラ、地球の守護者、及びスフィア・ビーイング・アライアンスに特別な名誉と謝辞を。

GOD-SPEED, MICHAEL AND THE PLEIADIANS

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional