gin8369



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ 大天使ミカエルからの叡智の御教え ★スピリットの声が呼んでいます★ ☆、。・-*-・゚`★

October 1, 2020

親愛なるマスター達へ。

益々多くの愛するソウル達がスピリットの小突きに気づき始めており、拡大した意識について、基礎的な教えを復習する時が来ています。
長い年月をかけてアセンションの道を進んで来た人達ですら、セルフ・マスタリーの達成過程の重要段階として、時には「最新の講座」は必要です。

この復習は、人類にとって重要なフェーズとなります。
何故なら、多くの人が人生を変えるような変化を伴う、「アセンション症状」を感じているからです。

神の意識である光の細胞が、益々深く肉体構造に浸透すると、DNAを取り囲む光の幕が溶解し始めます。
このサブ宇宙の体験の一部として、二つのDNAが一度に活性化するようこの仕組みが、アダム・イブ・カドモンの光の体の青写真に組み込まれました。

DNA螺旋(らせん)は、異なる次元のレベルに同調しています。
現在、使用可能で活性化している体内の二重螺旋(らせん)は、一次元、二次元、三次元のレベルに同調しています。

以前申し上げたように、低次元の密度に沈み込んだ時、貴方方の複数のDNAは二本ずつ光の幕に包み込まれ、光の高次元に戻る旅を始める時が来るまで、保存されたのです。

一次元、二次元、三次元 : 二本のDNA
四次元、五次元 : 四本のDNA
六次元、七次元 : 六本のDNA
八次元、九次元 : 八本のDNA
十次元、十一次元 : 十本のDNA
十二次元 : 十二本のDNA

ハイヤー・セルフ、またはオーバーセルフとの融合の順序を明確にし、理解を助ける為、ハイヤー・セルフの各側面に番号をつけさせて下さい。

貴方方は、光の球体に包まれた神の自己の一側面を携えて生まれました。
その側面は、神聖なハートの中に貯蔵されています。

体全体を通して、オーリック・フィールドと白い火の記憶の種の原子は、DNA内部で符号化され、人生の初期段階において体験することになっている周波数でした。
私達がオーバー・ソウルと呼ぶ第一のソウル・セルフは、誕生時にソウル・スターの中、即ち第八チャクラに居住しました。

もし、ハート・チャクラが開き続けていれば、徐々にですが、時間をかけて、ソウルの高次の側面が貴方方を照らし、洗練された光の周波数をチャクラ・システムとオーリック・フィールドに向けて放射します。

全てが計画通りに進み、ハート・チャクラが開き続け、汚されていなければ、人生の初期のある時期(七歳前後)に、貴方方はソウル・セルフの小突きや囁きに気づき始めます。
そして、ソウルと個性の融合プロセスが始まります。

私達はこれを、第二のソウル・セルフと呼びます。
この高次の意識の側面の統合が完了する時(十二歳前後)、適切な時期に第三のソウル・セルフ(更に進化した多次元的存在の火花)が、第八チャクラの位置に降りて来ます。

それは、貴方方のオーバー・ソウルの意識となり、肉体、精神、感情面を照らすことになります。
このプロセスは肉体の人生を通し、六十代半ば、若しくは七十代初期まで、周期的に繰り返されます。

もし、神聖なハート・センターがこの時までに積極的に開かれなかったら、高次のオーバー・ソウル・セルフは、高次の意識である記憶の種の原子細胞を、貴方方の気づきの為に送らなくなります。
貴方方は内に貯蔵された神の宇宙意識という、金では買えない贈り物の全量にアクセスすることなく、この人生体験を送ることになるのです。

物質世界への冒険を始めた時、貴方方は輝く結晶質の光のボディの周りに、ゆっくりと肉の衣を形成しました。
光の球は、心臓の後ろ側で体の背後に置かれました。

神聖なハートと呼ばれるこの光の球は、ソウル・セルフやハイヤー・セルフの住処(すみか)となり、ダイアモンド・コア・神の細胞もまた、この神聖な部屋の中に置かれたのです。
神の意識である七つの光線の資質、属性、美徳も、複数の光の球の中に置かれました。
これらの球体はチャクラとして知られ、非常に高速に回転するよう作られ、回転する光の円錐が、体の前後から放射するように見えます。

貴方方は、時代を通して作り上げて来た、不協和なエネルギーの全てを取り除こうと模索しており、今ではこのプロセスを反転させようと努力しています。
それによって、生理的な制限を超越できるよう、低次の四構成身体システムである、肉体、メンタル体、感情体、アストラル体を浄化しています。

エゴの欲望体、即ち自己中心的な態度から脱却しなければなりません。
しかしながら、これはアセンションの道を進むまでは、できないでしょう。

以前にも言いましたが、肉体、感情体、メンタル体を癒し、バランスさせようと努める時、「利己心」や強烈な自己専念の時間は、ある種の利点があるということを覚えておいて下さい。

身体を準備し浄化するのは、高次の各レベルの光を注入する為に重要なステップです。
さもなくば、百十ボルトのプラグを、二百二十ボルトのコンセントに差し込むようなことになるでしょう。
それは、瞬間のショックを齎(もたら)し、大抵、機器(身体)は破壊されることになります。

七つのチャクラの身体形態を浄化することに集中するのは、極めて重要です。
そうすれば、脊柱沿って走る光の柱が作られ活性化します。

この光の柱は、地球のハート・コア・センターと、頭頂部から八インチから十二インチ上にある星の四面体(ソウル・スター)を、再接続する義務があります。
これが達成されると、徐々に創造主の高次の五つの光線にアクセスできるようになります。

その光線は、この特別な進化のラウンドにおいて、貴方方自身の神の青写真を完成させるべく支援してくれることになります。
また一方で、次のことを説明しなければなりません。

高次元に戻る旅の間、貴方方は、多くの特別な使命を受け入れるよう求められることになります。
そして、大抵は、それに同意することになります。
というのは、そのようなやり方で、アセンションのプロセスが計画されたからです。

貴方方は神の意識の充足さに戻るべく、永遠に探し求めるでしょうが、何らかの方法で奉仕したいという燃えるような願望も持ち合わせています。
というのは、神聖なハートの深部に、純粋な愛と、奉仕したいという、生まれながらの願望を鼓動させる、記憶の種の原子を持っているからです。

天使界の多くの側面や、スパーク達、そして、その他の偉大な光の存在達は、地上に転生し人間の道を歩むことになると定められていました。
イニシエーションの出入り口は、開かれ時代を通じて、開いていたのです。
しかしながら、イルミネーションの入り口を通過しセルフ・マスタリーを達成した者は、ほんの僅(わず)かな勇敢なソウル達のみでした。

意識の覚醒は、より複雑で磨かれた概念を、少しずつ理解し気づくという段階を通して養われます。
進歩するに連れ、夜間の睡眠中にアストラル体が離脱している間、益々高い高次元レベルの意識に少しずつアクセスできるようになります。
貴方方は、学習の広間に連れて行かれ、ついには叡智の広間に連れて行かれます。

何(いず)れ、光の模索者の各々が、世界の奉仕者のグループに加わることになります。
そこでは、最善の為に使用されるべく、創造主の光であるアダマンタイン粒子の波を吸いこみ、放射するのです。

世界の奉仕者のピラミッドでソウル・グループのメンバーに加わる資格があるというのは、どうすれば分かるのでしょうか。

貴方方のソウル・ソングが四次元中位か、それ以上に共鳴する時、そこに自動的に連れて行かれます。
カルマの51%がバランスし、感情的性質をコントロールできるよう心から努力している時、そこに行くことになります。
周囲の人々の良いところを見、人生や世界を慈悲というフィルターを通した目で見ることができるようになるに連れ、偏(かたよ)った判断から抜け出すよう努める時、そこに行くことになります。

世界の奉仕者のピラミッドの作り方について、説明させて下さい。

五次元に、巨大なクリスタルのピラミッドを思い描いて下さい。
ピラミッドの頂点と両端の尖(とが)ったクリスタルは、六次元の第一階層に伸びあがっています。

この驚くべき巨大建造物の中は、五次元と六次元下位の周波数パターンのレベルの目盛りがあります。
何千もの、より小さいピラミッドがあり、其々(それぞれ)は、特定の光の調和周波数に共鳴しています。

貴方方は、これらのピラミッドと複数ある小さな光の都市を同一視するかも知れません。
世界の奉仕者のグループに加わる資格を得られる時が来たら、貴方自身の特定の振動パターンに同調する光のピラミッドに連れて行かれます。
光の共鳴が上がると、世界の奉仕者のピラミッドの中で、益々高次の光の位置に上がって行くことになります。

人類が集中して凝視するものが、地上の存在という息苦しい泥沼から、未来という遠い視野に変わりつつあります。
物質的な豊かさに対する願望は、ソウルの意識に対する熱望に変わりつつあります。
世界の奉仕者は、強い魂の繋がり、即ち意識してアセンションするという共通目標を持ちながら、人類に奉仕するという厳粛な誓いの記憶により、団結することになるでしょう。

このサブ宇宙の神の青写真は、十二の次元を体験する為に作られました。
更に多くの次元を体験する為に作られた、他のサブ宇宙もありますし、逆に少ない次元を体験する為に作られた宇宙もあります。
地球と太陽系は、このサブ宇宙の拡大に関して、次の更に高度な神聖な計画に加わることができるよう神の意識である、十二の光線の属性、資質、美徳の全てを再統合するプロセスに入っています。

時と共に、意識の進化があり、続いて肉体の進化段階があります。
形は常に、思考の後に追いて来ます。

人間の体は、創造主の光である、高次の光(神聖な火の光のアダマンタイン粒子)を受け取る用意ができています。
受け身モードの存在から、新しく洗練された行動志向の存在状態、即ち光の共同創造のマスターになる為には、包括的な光の担い手に進化しなければなりません。
内に向き高次周波数の概念と情報に到達すると、自動的にアストラル界、即ち集合意識の信念システムから撤退することになります。

スピリチュアルな視点から言えば、進化は振動周波数に対する絶え間ない感覚の増加であり、より多くの創造主のエッセンスを統合する能力を意味します。
これは、より大きな明かりと、より大きな思いやりの性質を齎(もたら)します。
知的で覚醒した人の直観は、人類に関する神聖な計画と人が持つ役割に対して、より深い理解に繋がります。

五次元に成功裏に入り、広大な叡智の貯蔵庫と入手可能な進化した能力に接触するには、集中した知性が必要です。
瞑想と、強いソウルの意識は、宇宙的な啓示への入り口を開きます。
必要に応じて適切、かつ拡張された情報が、常に光の道を進む熱望者に提供されることになります。

次のステップと必要な行動は、一度に一レベルずつ明らかになります。

思考と情報の記憶の種の原子を受け取る時、高次元の存在と、テレパシー通信のことを考えてみて下さい。
アイデアを鮮明にし、脳とエーテルに刻み込まれるまで十分長く維持し、完璧にできるようになるまで実行しなければなりません。
エネルギーは、思考の後に続くということを忘れないで下さい。

光はエネルギーであり、物質です。
物質とエネルギーの電子化、若しくは転換は、エネルギーが光のピラミッドを通して処理される時に起こります。

人間の意識が高次元の悟った存在に到達すると、エネルギーの転換が起きます。
これらの進化した教えを活用し、完璧にすると、エントロピーと崩壊の法則から解放され、若返りのプロセスが緩やかに始まります。

貴方方もまた、ある種の可視性からより進化した状態に徐々に移行しています。
紫外線の領域を超え、光の電磁気的スペクトラムである、より高い周波数の光の領域に移行することになるでしょう。
多くのレベルの知的存在に、影響を与える用意もできています。

地球と人類に、絶え間なく爆撃を加えているエネルギーの流れから、逃れることはできません。
生命を吹き込む偉大な光線エネルギーは、父であり母である神からこの宇宙のグレート・セントラル・サンを介し、無数のサブ宇宙の太陽、銀河系、太陽系を通して放射しています。

多くの星座や、他の太陽系など、このサブ宇宙の至る所で鼓動しているコズミック・エネルギーの特化された周波数もあります。
同様に、全ての生きる存在に、直接的に影響を与える母なる地球の鼓動もあります。

高次元の周波数である多くのコズミック・エネルギーは、有益で生命を維持し強化しますが、その一方で、三・四次元の低次の周波数や不協和な周波数は、有害で抑制的です。

ソウルは皆、応答することになる多くの周波数の中から選択し、自身のエネルギーの徴(しるし)を介して、周波数を決定します。
そうすることで、彼らは、自分自身の地上の天国や地獄を作るのです。

脳は、夥(おびただ)しい数の「意識の生命コード、若しくは記憶の種の原子」を包み込む、素晴らしい器官です。
ほとんどの天才の潜在性は、高次元領域の神聖なマインドに貯蔵されています。
神聖なマインドは、クラウン・チャクラに近い後頭部に位置します。

貴方方のソウル・ソングは、この豊かな知識の貯蔵庫にアクセスするのを助ける周波数を含んでいるのです。
脳とマインドは、熟達と悟りへの鍵を握っています。

愛しい人々よ。
覚えておいて下さい。

もし、自分のアセンションだけに集中するなら、貴方方は私達のメッセージを誤解しています。
悟りに導く高い道を歩む時、貴方方は自身の言葉や行動行為を通して、他者の心に達し、他者の心を動かさなければなりません。

道を進む真の門弟は、奉仕の人生を先導するのです。
道を歩むウェイシャワーは、意識と叡智と光が拡大するに連れ、物理的な家族の義務と責任を少しずつ乗り越えます。

徐々に熱望者の影響が拡大し、真のウェイシャワーになる機会が増大します。
エゴを手懐(てなず)け、世界の奉仕者になる為の自覚と専門的知識を得るには、絶え間ない努力と、意図的な努力が必要です。
貴方方は、導きの光として人類に奉仕する為に、傑出した模範になり、霊的な叡智に対する願望を興奮させ、刺激する能力を身につけなければなりません。

勇敢な友よ。
創造主の愛と光の完璧さに浴するのがどういう感じなのか、私達には分かります。

貴方方はまさに、それを理解し始めています。
存在の光の世界に、益々高く到達するに連れ、貴方方の内なる熱望はどんどん強く大きくなり、止(や)むに止(や)まれない気持ちになるでしょう。

初期において、私達は互いが信頼し合い、密に同調していました。
私達は共にゆっくり、かつしっかりと素晴らしい統一状態に戻っています。

私は、貴方方の永遠の友であり、不変の同伴者です。
私は、大天使ミカエルです。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional