gin8359



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ 銀河プレアデス星団デルタセキュリティ・フォースからのメッセージ ★司令官ウケロンに会いましょう★ *:..。o○☆*゚¨゚゚

May 27, 2019

司令官ウケロン/Ukeronは、プレアデス星団の星系から来た表現/ドレッシング(フォーム)です。
アシュタール・コマンドの直接メンバーです。

男性的な表情の、とても美しい存在です。
胸にコマンドのロゴが入った紺色のオーバーオールを着た、中型の濃い茶色の髪。
大きな、水色の目。

彼のエネルギーとオーラは、白く美しい色合いの水色の光を放ちます!
彼のブーツは、彼の服装に似た美しい青の色合いを持っています。
それはまた、いくつかのデバイスで、彼の腰に素敵な紺色のベルトを持っています。

背の高さは、約2メートルです。
彼の肌の色は、白です。

それは、真面目な性格で、優しく、思いやりがあり、外交的で、非常に決意に溢れた存在です。
それは、外交と規律の生来の贈り物を持っています。

彼は、ローカルの太陽系のプレアデス星団のスポークスマンの一人です。
プレイアデス星団の、高等評議会の代表でもあります。

ウケロンは、数千年前に地球に転生した時に、アシュターに転生した人の一人でもありました。
彼はまた、何千年もの間、外交司令部に所属し、アシュタール・コマンドと同様に、スターネイションの統一の為に行動して来ました。

ウケロン司令官の個人的なシンボル・アシュター・コマンドは、愛情を込めてアシュター・シェラン(オシリス)として知られているコマンドの下にある、巨大な宇宙艦隊です。
これは、大天使ミカエルの表現であり、銀河系の軍隊でもあります。

アシュター・コマンドは、惑星の遷移(せんい)が、平和的で調和の取れた方法で発生することを保証することによって機能します。
それは、恒星の「取り締まり」のようなもので、銀河コーデックスを「彼らの腕の下(もと)」で全てのシステムを監視し、誰も貴方の自由意志に違反していないことを保証します。

これは、銀河連合内のグループです。
彼らの使命の1つは、地球を解放することです。

彼らは地球上の世界中の多くの船、文字通り何百万もの船で集まりました。
彼らの船は、1.5から30メートルまで変化し、直径数キロメートルに達することができます。

艦隊の分隊は、戦略的な位置で会合します。
彼らはここで、適切な時期に行動する準備ができています。

ダーク・フォースは、1990年代にアシュター・コマンドに対して、強力なネガティブキャンペーンを組織し、その名前を聞いた人々の間に恐怖を生み出す為に最大限の努力をしました。

アシュターの最後の化身は、25、000年前でした。
彼は、隔離が解除される前にテラン・プレーンを去りました。
その主なプロジェクトは、人類の昇天です。

彼のプロジェクトのもう1つは「ファースト・コンタクト」であり、3つ目はテレパシーコミュニケーションの形成です。

「The Event」では、アシュターがメディアを引き継ぎます。
全てのテレビチャンネルが、彼のメッセージを放送します。
彼はまた、PCとインターネットの開発の、インスピレーションでもありました。

彼の仕事には、地球の網(構造プレートの参照)の安定化、惑星の急激な変化(生命全体に害を及ぼす深刻な構造運動)の、90〜95%の防止も含まれます。
構造プレートは非常に敏感であり、このコマンドの船は、極地の変化を妨げています。

アシュター・コマンドの救助隊は、全体的な災害を防ぐいくつかの大災害(地震)に、積極的に取り組んでいます。
核戦争の防止、または無効化、或いは核兵器の使用もその行動の一部です。

ほとんどの核兵器は2012年2月に、光によって封鎖されました。
2012年6月、イエズス会の手にあった最後の兵器が集められました。

現在、核戦争の可能性は0%です。
これは、大きな前進です。

アシュター・コマンドは、巨大な光のコマンドであり、その様々な部門と共に、テラン人類の台頭を100%支援して来ました。
アシュター司令部のメンバーは、ウケロンのように強力な光の力を持っており、常に神の正義と秩序を維持することを決意しています。

現在、表面とテランのアストラル・ゾーンに転生しているアシュター・コマンドのメンバーが何人かいて、最初の接触の為に人類を準備しています。
このコマンドにいる化身が完全に目覚めていなくても、彼/彼女のハイヤーセルフは、最初の接触の為に人類を準備する必要性を完全に認識しています。

【 地球外生命の完全な開示 】

従って、テラン・プレーン(平面)に転生したアシュター・コマンドの全てのメンバーは激しい目覚めを持っており、彼らが高い情報を「ダウンロード」した時に決心し、暗闇の圧力を生み出すことに関してほとんど(完全ではないにしても)不可侵になります。
彼らは非常に正しく、公正で、倫理的で、信頼でき、彼らが信じるだけでなく、神の真実であると知っていることに「忍び寄る」ことを恐れません。

アシュター・コマンドはまた、闇の勢力が侵入した地域を「占領」することを専門としています。
彼らは、より高い計画をロジスティックに組織し、特定のセクターの現在の「居住者」が行動を起こさないか、単にそこに立つことができず、アシュター・コマンドに屈しなければならないように艦隊と指揮官を配置します。
そのような「戦い」は、光の力が非同盟の支配地域を乗っ取った時ですが、それは天国で見られました。

先に述べたように、これらのアシュター・コマンドとウケロンのような彼らのメンバーは、低レベルの文明が、この非常に強力な力である原子力エネルギーと「遊ぶ」ことを防ぐ為に行動します。
彼らのグループ化は、最初の核兵器が数十年前に爆発した時に、地球人に警告した最初の1つでした。

ある時点で、核弾頭が指摘された時に行動を起こします。
彼らは何十年もの間、太陽系全体の核運動を非活性化して来ました。

一部の非同盟グループは、暫(しばら)くの間、地球の周りの地球の月を爆破して、惑星に深刻な重力シフトを引き起こし、同盟の艦隊から必死に離れようとしました。
彼らは何度か脅迫しましたが、同盟の艦隊が去らなかったので、彼らは月を爆発させようとしました。
明らかに、彼らは弾頭を設置することさえできず、完全に溶けて、彼らだけが怒り、再び光の勢力を脅かしました。

何千年もの間、多くの星系で多くの核爆発が起こって来ました。
これらの爆発は、世界大戦でテラン・システムに起こったように、物理的な領域に影響を与えるだけでなく、星系全体にも影響を及ぼします。

核爆発は、物理的なものを破壊するのに危険であるだけでなく、アストラル界を酷(ひど)く悪化させます。
核爆発があり、肉体が死ぬと、魂も傷つきます。

爆発では、破壊された肉体に加えて、魂は爆発の中で断片化され、まるで何千もの断片、「煌(きら)めきの雨」であるかのようになります。
とても、悲しいです。
従って、特定の非精神的に進んだ文明が、この武器を開発し始める時、高い密度のスフィアは非常に堅いです。

これは、彼らが爆弾を発見した時に、テラノシステムに起こったことです。
人間は直ぐに、この武器を使用しないように警告されました。
明らかに、陸生の人類には、成熟が全くありませんでした。

更に、ウケロンは、非連合軍の手に渡ることができないデバイス、プロトコル、及び物資の輸送を専門とするアシュター・コマンド内の部門である、デルタ・コマンドでも活動しています。
それは、アシュター・コマンドの一種の「装甲車」であるばかりでなく、グレートセレ・スティアル・カウンシル(偉大な天の評議会)を通り過ぎる前に、非連合の存在も彼らの運命に導かれています。

多くの場合、世界が非連合グループによって攻撃された時、デルタ・コマンドは介入を許可された時に、混乱を引き起こしているこれらの存在に侵入し、捕獲します。
そして、多くの場合、彼らは既に取り囲まれており、そのシステムの擁護者によって「リンチ」されようとしていますが、それもまだあまり調和の取れていない頻度です。

次に、この時点で、デルタ・コマンドは、防御側の手に深刻な苦痛を与える前に、侵入して彼らをテレポートします。
彼らは特別な部屋に連れて行かれ、彼らのエネルギーが調和するまで「閉じ込められ」ます。
これは、デルタ・コマンドがネガティブ・グループの「肌を救い(外傷から守る)」、彼らが何をしているのかを理解しているようにさえ見えるかも知れませんが、実際には、(閉じ込め)は更に大きな暴力の発生を防いでいます。

創造されている其々(それぞれ)の存在が、彼らの行為に対する責任を取ることを免除されている訳では決してありません。
捕らえられてリンチされることから救われたこれら全ての存在は、彼らの行動を平等に引き受けなければなりません。
深い愛と正義は、デルタ・コマンドの格言です。

アシュター・コマンド内には、デルタ・コマンド1、デルタ2、デルタ3、デルタX4などの、他のデルタ・コマンドがあります。
其々(それぞれ)、特定のフロントで機能します。

例えば、デルタ・コマンドX4は既に機能しており、これらの非連合の存在を、彼らの態度を確認できるシナリオに戻す為の環境を準備しています。
彼らは「人権」部門のようなものであり、それらの存在が社会でリハビリされることを可能にするシンクロニシティを準備し、彼らが貢献できる場所で、彼らの「カルマ」を見直します。

アシュター司令部には無数の部門があり、其々(それぞれ)に、多くの分野の専門家がいます。

既に述べたように、ウケロンはまた、恒星国家の統一を専門とする外交官のグループの一部です。
このグループは、惑星を離れることに抵抗する全ての存在と平和的に交渉し、悪へのそれらの優しい良心の回復の為の母船に連れて行かれるということに関して、彼らに全ての保証と安全を与えました。

これらの存在は扱われ、DNAの調整を受け、「クリスタリンバス(結晶浴)」を受け、必要に応じて連合と行動することができます。
もちろん、彼らは生命全体に有害であるか、銀河コーデックスに違反したいくつかの行為の結果に耐えなければなりません。
彼らはアセンションの為に働くことによって、引き起こしたどんな悪も逆転させることができます。

ウケロンは非常に愛情深い存在であり、そのグループ化の隣には、優雅さ、甘さ、そして、神の法/Divine Lawによるこれらの動きがあります。
更に、この外交官集団は、核エネルギーを専門とする偉大な科学者に依存しており、ある時点で核弾頭が指摘された時に行動を起こします。

非連合のダーク・フォースのエージェントの多くは、惑星の主要な政府内で働いており、連合の外交官はテラン表面の光のエージェントを通じて、彼らと接触して来ました。
ウケロンは眠っている間に体を出ると、直ぐに制御と外交の船に行き、最新の情報を更新し、彼のグループの多くがテランの平面に転生しているので、どうにかして更新情報を表面に(テレパシーで彼らに)響かせていました。

これらの秘密機関内の彼らの多くは、光の侵入者として行動しており、次に何をすべきかについての高い指示と共に、テレパシーの思考の波を常に受け​​入れています。
これらの外交官は、既に引用されていることに基づいて行動するだけでなく、惑星に転生して、移行プロセスを支援したい様々な星の存在の到着を準備します。
彼らは、これらの様々な存在、もはや地球上の化身に戻らない人々、そして、初めての人々の入口と出口を調整します。

宣教師の役割を担おうとしている人々の多くは、彼らが深刻な「汚染」にならないように、実際に密集して行動できるかどうかを確認する為に、「インタビュー」を受けます。
いくつかの試験が行われ、ストレスを引き起こす思考形式によるシミュレーションが行われ、存在の習熟レベルと、特定の面で行動する可能性があるかどうかが確認されます。

通常、交渉の困難な前線で、行動する為に解放を達成する、及び/または、不可侵のビーコンとして働く存在は、FA-EN144奉献の担い手である人々です。

ウケロンは、シリウス、アンドロメダ、オリオン、ベガ、アークトゥルス、金星、火星、大熊座、小熊座、乙女座、鯨座タウ星、アルファセンタウリ、アルデバラン、サジタリウス、山羊座、土星、木星、天秤(てんびん)座など、他の無数の恒星系にパッセージ/表現があります。
ローカルサン、セントラルギャラクシーサン、カノープス、アント、チャペル、及びテラナーに知られている、または知られていない他の多くの星系にも。

アシュター・コマンドの強力な力で行動することで、核戦争が地上でも、この銀河の別のシステムでも起こらないことを主に保証し、そして、もちろん、外交の大きな力で行動します。

彼は、テランの物理的な層に数え切れないほどの回数、より正確には224回転生しました。
彼は、アメンホテプ3世、ラムセス3世、イムホテプの時代に、アトランティス、レムリア、インド、古代エジプトにいました。

彼はイエスの時代に、イスラエルのような中東の多くの場所にいて、ローマ帝国の多くの兵士の一人でした。
トルコ、サウジアラビア、イラン、シリアでも。

米国、メキシコ、キューバ、カナダ、アルゼンチン、チリ、ペルー、コロンビア、ガイアナ、ブラジルなど、南、中央、北アメリカの多くの地点で。
ドイツ、ロシア、イングランド、スペイン、フランス、ポルトガル、ポーランド、イタリア、ギリシャ、オランダ、スイス、ベルギー、ボスニア、スコットランド、その他のいくつかのポイントのような中世及び現代ヨーロッパのいくつかの国。

彼はまた、中国、オーストラリア、コンゴ、日本、韓国、南アフリカなど、アフリカ、オセアニア、アジアの一部にいました。
彼はまた、ユカタンのインカ、アステカ、マヤ人の間で転生しました。

彼の人生の多くで、彼は聖職者、尼僧、司教、音楽家、インド人、羊飼い(、または司祭)、審問官、ジプシー、ヒーラー、ビルダー、原子科学者、数学者、哲学者、天文学者、発明家、白い魔術師、カウンセラー、政治家でした。
医師/医師、ドルイド、庵、ケルト、遊牧民、看護師、画家、司祭、巫女、建築家、中世の戦士、剣闘士、スピーカー、射手、戦略家、化学科学者、上院議員、僧侶、廃止主義者、奴隷の領主、奴隷の愛人、奴隷、スパイ、テンプル騎士団、外交官、原子技師、ローマの兵士、ローマの上院議員、ペルシャの戦士、僧侶、この地球上の他の多くの人格の中で、常に意識の拡大に必要な経験を経験しています。

(これらの生活/経験のいくつかは、必ずしも地球上ではなく、他の恒星システムで発生した可能性があることを覚えておいて下さい。私のメンタル・スクリーンに表示される職業やメンターが、私の耳に直接吹き込んでここに配置するのが分かります。)

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional