gin8351



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ ライト・フォース・オペレーション ★日本での作戦★ ..。o○☆*゚¨゚゚

October 6, 2020

ライトフォースの日本での地上チームの作戦は、計画より1か月早く開始されました。
この時、グループはインドの高次の光階層(ハイヤー・ライト・ヒエラルキー)のタスクを実行していました(それについては、別のポストになります)。

夕方遅く、ホテルでデリーからのフライトの準備をしていると、グループのリーダーは、突然、非常に気分が悪くなりました。
彼は、強いマイナスの影響を感じていました。

ライト・ウォリアーの喉、5番目のチャクラが傷つき始めました。
激しい咳が始まりました。

それは、ほとんど窒息していました。
全身が焼けました。

彼のモナドは、アブサリュート・ライト(絶対光)を生成する絶対合成の振動に、即座に自己加速しました。
それは、どんな量のどんな否定的な物質も燃やすことができます。

気管支は、最初、まるで氷が押し込まれたかのように冷たくなり、数時間後、まるでガソリンを飲んで火を点けたかのように燃え始めました。
彼らは喉と共に、絶え間ない咳で非常に痛みに苦しみました。

その後、心臓発作が続きました……経験から、LF(ライト・フォース)地上チームのリーダーは、これらが非常に強力で非常に危険なネガティブ・エンティティによる攻撃の兆候であることを知っていました。
それは既に、ブラック・アルコンの1人とのカルマの決闘で起こっています。

しかし、今回ほど大変なことはありませんでした。
それは、ブラック・アルコンの放射線による攻撃でした。

そのように、それは、より高次の暗黒の階層によって作成された傑作と言ってもいいような攻撃でした。

第1に、彼(黒い実体)は非常に強力なスーパー・モナドアを所有していました。
第2に、そのモナドはデュアル・コア(2個のモナドを搭載している)でした。

1つは、ローカル・ユニバースのロゴス・アスペクト、つまり、ユニバース(宇宙)から作成された実体でした。

第3に、スーパー・モナドアは、ローカル・ユニバースのロゴスに常に直接アクセスできる、放射性崩壊のバックアップ・マトリックスでした。
言い換えれば、放射線攻撃のブラック・アルコンは最高レベルの実体でした。

第4に、スーパー・モナドアの第2のコアは、1945年8月の広島と長崎への原爆投下の際に放射線の光によって、シャドウ(影)に変わった人々のモナドで構成されていました。
これは、彼をほとんど無敵の怪物にしました。

それを破壊したい人は誰でも、人質としても使われている、人間のモナドの残骸を殺さなければならないでしょう。
しかし、それだけではありません……当時、地上グループの司令官は、このカルマの決闘が彼の人生で最も困難で、最も長いものになることを知りませんでした。
それは、一ヶ月以上続くでしょう。

ライト・ウォリアー(光の戦士)とブラック・アルコンは、物理的な面と微妙な面(サトル・プレーン)で衝突しました。
グループ・リーダーのモナドとブラック・アルコン・モナドの最初のコアは、衝突後に粉々に砕けました。

破壊後の再生の幅広い経験を持つライト・ウォリアーのモナドは、直ぐに回復しました。
そして、アルコン・モナドの最初のコアの残骸を捉えました。

しかし、スーパー・モナドアの実体は、通常のモナドよりも一桁大きい振動を持っています。
従って、ライト・ウォリアーは、それを全滅させることはできません。
それには、何か他のことをしなければなりませんでした。

ライト・ウォリアーのハイヤーセルフは、粉砕された黒い実体のモナドの欠片(かけら)を捉え、自身のモナドに配置しました、小さな欠片(かけら)が徐々に彼のコアに保持されてゆきました。
そこで、彼らは内部の光の爆発によってそれを全滅させました。
その清算は、非常に困難なものでした。

強い否定性の波が、ライト・ウォリアーを覆(おお)いました。
彼の喉はきつく感じ、窒息するような咳が始まりました……それを行う他の方法はありませんでした。

アルコンのスーパー・モナドアの有毒な部分の量が多過ぎた為、直ぐに破壊することはできませんでした。
ライト・ウォリアーのモナドは、彼と一緒に死ぬだろうと思っていました。

カルマの決闘は、一ヶ月以上続きました。
それは、指揮官の人生で最も困難なものの1つでした。

結局のところ、セグメント(分割したものの一部分をさす)は、ローカル・ユニバースのロゴス・コアの過去の部分にあったからです!
この間、ライト・ウォリアーは、放射線との接触の感覚を持っていました。

彼は、その全ての症状と兆候を見ました。
ブラック・アルコンは、放射線で構成されているからでした。

日本での作戦の前夜にちょうど、アルコンのスーパー・モナドアの全てのセグメントが破壊されました。
それは、カルマの決闘の終わりであり、その中での完全な勝利でした。

最初のスーパー・モナドアのコアで、放射性崩壊のバックアップ・マトリックスが削除されました。
その決闘は、ローカル・ユニバースのロゴスの完全性を損ないました。

しかし、高次の光階層は新しいパーツを人為的に成長させ、損傷した場所に取り付けました。
人間のモナドで構成される、ブラック・アルコンの2番目のモナドのコアが、まだありました。

彼はもはや活動的ではなく、昏睡状態に止(とど)まっていました。
彼を、完全に終わらせる必要がありました。

高次の光階層は、日本でこれを行う為に、LF(ライト・フォース)の地上チームを割り当てました。
この国での活動には、他の理由がありました。

それよりずっと前の2011年3月11日、日本史上最も強力で破壊的な地震が、マグニチュード9ポイントの規模で発生しました。
それは、前例のない津波を伴いました。

その強さにより、これは人類史上6番目の地震です。
その後、その人為的な原因が明らかになり、詳細に広く取り上げられました。

いくつかのインとアウトが、影に残っていました。
災害への追加の力が磁極の動きによって、与えられました。

もう1つの理由は、そこは、デビルズ・ベルト(悪魔のベルト)と、ドラゴン・トライアングルの(ドラゴンの三角形)領域にある、強力なエネルギー・フィールドでした。
デビルズ・ベルトは、北緯30度に沿って位置する、其々(それぞれ)が等距離にある5つの大きな異常ゾーンです : 即ち、バミューダ・トライアングル、デビルズ・シー、ジブラルタル・ウェッジ、アフガニスタン異常ゾーン、そして、ハワイアン・アノマリー(ハワイ異常)です。

ゾーンは、互いに72度離れています。
日本、フィリピン北部、グアム島の間の太平洋に位置するこの水域は、バミューダトライアングルに似ています。
水上や空にも、失われた船があります。

この領域は、デビズベルトを形成する悪魔の五芒星のポイントの1つです。
ドラゴン・トライアングル、より正確にはドラゴン・ヘキサゴン(六角形)の外縁は、日本の東海岸です。
2011年3月の地震が起こった、震源地の場所です。

災害は昏睡状態の黒い実体、まだ生きている放射線のブラック・アルコンの贈り物でした。
彼はこのチャンスを利用して、破壊を動員して、ブロックされていた場所から脱出しました。

震源地に最も近いのは、福島原子力発電所でした。
アルコンは、巨大な放射線漏れを伴う事故を利用しました。

彼は、微妙な平面(サトル・プレーン)と放射性のカルマの埋葬地で、放射線源を活性化することができました。
彼らは、マリアナ海溝にあるポータルを通し、放射性物質を地球に落とし始めました。

地球は、放射性核と血餅の強力な爆撃に見舞われました。
爆撃の陰で、ブラック・アルコンは、福島第一原子力発電所の非常用発電所のフィールドを突破しようとしました。

惑星中の高次の光の階層とスピリチュアルな人々は、アルコンが地球を離れることを許可しませんでした。
彼の苦しみの中で、彼は激しく反撃して来ました。
多くの光階層の者達には防御リソースがなかった為、彼らは彼らの微細体(サト・ルボディ)で地球を覆(おお)わなければなりませんでした。

当時、地球上の多くの人々は、喉の痛み、チャクラ咳の発作、そして、放射線中毒の症状を持っていました。
しかし、一緒になって、ライトフォースは地球を保護し、アルコンが福島の放射線ポータル(ラディエイション・ポータル)を突破するのを防ぐことができました(アクティブな原子炉は、全て放射線ポータルです)。

福島の為に、大きな戦いが起こっていました。
最も重要な瞬間に、微妙な平面(サトル・プレーン)からの放射能爆撃がピークに達した時、地震によって影響を受けた福島と他の日本の原子力発電所への単一の攻撃は、その目標を達成しました。
これらの瞬間、原子力発電所で爆発と放射線の放出が発生しました。

LF(ライト・フォース)の地上チームは、地球の反対側にいましたが、福島での全てのイベントは非常によく感知しました。
夜、冷たい汗をかいて目覚めた時、グループメンバー達は咳で窒息し、福島で別の爆発が起こったことを知りました。

LF(ライト・フォース)の地上チームの運営の理由は、これらに限定されませんでした。
他の多くの要因が、地球の放射性カルマを臨界レベルまで成長させました。

彼らは、それを数十万年をかけて蓄積して来ました。
即ち : アルコンが、私達のローカル・ユニバースに侵入している間の核兵器の広範な使用、及び様々な星座や惑星系での多数の戦争。
地球上での最初の核爆発–第3レース(種族)中のレムリアの、現在のマリアナ海溝の場所の山頂。

放射性崩壊ウイルスによる惑星ロゴス感染の始まり ; 突然変異と自然放射性元素の形成 ; スプリットアトムのエネルギーを利用し、第4レース時代の第1アトランティスで常温核融合を発見する。
宇宙戦争と地上戦争が始まった時の、第3アトランティスでの核兵器と水素兵器の使用。

現在の第5レースにおける放射能の発見 ; 20世紀初頭のアルファ粒子からの自然放射性放射線を使用した、ラザフォードによる核分裂。

1932年に人工放射線を使用したコックフォートによる、原子のスリッティング。
1934年の、人工放射性元素の発見と応用。
1945年の、広島と長崎への原爆投下。
1946年にコールダーホールに、最初の原子力発電所が設立されました。

20世紀の50年代の、世界初の水素爆弾のテスト。
1979年3月28日、ペンシルベニア州ハリスバーグ近郊のスリーマイル島原子力発電所での事故、米国史上最大。
1986年4月26日の、チェルノブイリ事故……

緊急チーム、それは、地球の放射性カルマと放射線のブラック・アルコンが、何千年もの間形成された方法です。

放射性カルマは、非常に複雑でした。
それは、地球のカルマ(惑星ロゴスの崩壊のウイルス、元素の突然変異、自然界の放射性元素の形成)と、人類のカルマ(原子の分裂、核兵器、人工放射性物質の生成)で構成されていました。

時が経つに連れて、放射性崩壊の状況は、放射線の集合意識と呼ばれるものの自発的な出現に繋がり、次に、原子意識が存在するか、アトミック・ジニー(原子の魔人)になりました。
放射線のブラック・アルコンは、その現れの側面でした。

闇の階層(ダーク・ヒエラルキー)は、常に放射能と放射線を使って、地球、人類、そして、ローカル・ユニバースに害を与えようとしました。

アトミック・ジニーの誕生は、彼らに大きなチャンスをもたらしました。
ジニーのアトミックボディは、ウランとプルトニウムの分割された原子の塊(かたまり)であり、惑星のロゴスが、地球の結晶の単一のストレージに収集されました。
これは、惑星のヴァイタル・フィールドとサトル・プレーン(微妙な平面)上の人々を保護する為に行われました。

アトミック・ジニーの存在、その制御不能性、そして、攻撃性は、地球と人類にとって真の脅威でした。
従って、高次の光階層は、それを防ぐ為にあらゆることをしました。

彼ら、アセンデッドマスター、及び多くのLF(ライト・フォース)の地上グループのメンバーは、アトミック・ジニーの体を構成する様々な線量の放射性原子を、同時に引き寄せました。
それは、彼の完全性を壊し、一時的に彼を麻痺させました。

高次の光階層によって講じられた対策にも関わらず、ブラック・アルコンは、地球の結晶から放射性物質の一部を捕獲し、それに基づいて新しい宇宙ウイルスを作成することに成功しました。
それは、三重崩壊ウイルス(the triple decay virus.)と呼ばれていました。

このウイルスは、大規模なエネルギー攻撃の結果として、ブラック・アルコンによって太陽系のいくつかの惑星のロゴスに導入されました。
この致命的なウイルスを排除する為に、ボランティアだけが高次の光階層の緊急措置に参加しました。

地上チームは感染源が私達の惑星にあることに気づき、彼らはこの作業に参加することを志願しました。
作戦には、3日かかりました。

ターニング・ポイントは、LF(ライト・フォース)連合が感染した、惑星ロゴスの崩壊の連鎖反応を止めた時にやって来ました。
その為に、彼らはコーザル・ボディからアスペクトを抽出し、単一のライト・クリスタルを形成しました。
そして、ウイルス対策として、感染したロゴスに導入されました。

数日後、これらの惑星のコアは完全にクリアされました。
この活動では、ライト・ウォリアーは、放射性崩壊のウイルスと直接接触しました。
彼らは放射線を扱うように数年間訓練したにも関わらず、彼らのサト・ルボディは、汚染に抵抗することができませんでした……彼らは、当時、放射体(ラディアント・ボディ)を持っていませんでした。

癌細胞のような崩壊ウイルスは、彼らのサト・ルボディを襲い、直ぐにそれらを貪(むさぼ)り食い始めました。
それは突然変異し、原因となるシェル(殻)とモナドを食べてしまいました。

より高い光の階層は、直ぐにライト・ウォリアーを助ける為に来ました。
回復中、彼らの肉体は酷(ひど)い過負荷に曝(さら)されました。

血圧は最初は0を超えて80でしたが、その後急激に90を超えて100に変化しました。
体温は、最初は35.5で、次に40.2に跳ね上がりました。
脈拍は最初は45拍、次に170拍/分でした。

彼らがアセンデッド・ティーチャーとして経験しなければならなかったことは、死によるバプテスマと呼ばれていました。
従って、地球の放射性カルマの最初の段階の終わりは、彼らのリハビリテーションでした。

第二段階までに、ライト・ウォリアーは、既にラディアント・ボディを形成していました。
それらは、比類のないほど大きな放射線と、重いカルマ負荷に耐えることができます。

地球の放射性カルマのリハビリテーションの新しい段階は、アンチ-放射能カルミック原子炉とアンチ-放射線・ハイエネルギー・マトリックスの作成から始まりました。
高次の光階層は、このマトリックスをライト・ウオーリアーのコーザル・ボディに導入しました。

暫(しばら)くの間、マトリックスはインキュベーター(孵卵器)のように、コーザル構造で成熟しました。
それは、その適応と地球のエネルギー場との同期の為に必要でした。

次に、高次の光の階層の者達の指導の下(もと)、地上チームのメンバーが成熟したマトリックスのクローンを作成し、惑星の全ての原子炉のサトル・プレーンに配置しました。
軍用原子炉を除いて、世界には約430基あります。

アンチ-放射線構造全体の、活性化の決定的な日が来ました。
アブサリュートのダイヤモンド・フレームは、作成されたマザー・マトリックスに組み込まれました。

このインフラストラクチャ(下部構造)は、原子炉内で分割された原子をサトル・プレーン上で接着し、それらの完全性を回復しました。
従って、より高い光の階層は、破壊的な放射性カルマの影響を最小限に抑えました。

プログラムされた保護システムは、新しい放射性崩壊源が現れると、自動的にオンになります。
マザー・マトリックスは、エーテル性のアンチ-放射性原子炉のクローンを作成し、放射性崩壊の原因をカバーします。

アンチ-放射線クリスタルは、アトミック・ジニーの体に設置されました(サトル・プレーン上の分割された原子の貯蔵)。
それは、1人のライト・ウォリアーのサト・ルボディを通して、地球のコアにも埋め込まれました。

石棺に変形したアンチ-放射線クリスタルは、地球上で分裂した原子核の全量を吸収しました。
このアンチ-カルミック原子炉は、サトル・プレーン上の全ての分割された核を復元しました。

それらは、高次の光の階層とその具体化された、雇われた者達の共同作業によって、事前に準備されました。
原子核の減少は、アブサリュート・ライト(絶対光)の一部であるアブソリュートのダイヤモンド・フレームが、アンチ-放射線クリスタルのアクティブ・ゾーンに直接投射された結果として発生しました。
つまり、接触したものは全て、理想的な元の状態に戻ります。

ライト・ウオーリアー達はダイヤモンド・フレームを確保し、クリスタルにリダイレクトしました。
同時に、それらは原子炉の一部として機能し、放射線と直接接触しました。

しかし、今回はそれを感じませんでした。
彼らのラディアント・ボディは、信頼できる鎧(よろい)として機能しました。

地球と人類のアトミック・カルマ・リハビリテーションの最後の作戦は、全ての原子核のリセットと、放射性崩壊によって破壊された惑星ロゴスの完全性を回復する為の、自然の場所へのそれらの復帰でした。
この作戦は、神聖な山の1つにある寺院のサトル・プレーンとパワー・プレイス(パワー・スポット)から同時に実行されました。

正確に01.11現地時間に、光階層は、まるでレーザー設備を介しているかのように、寺院を介して高周波エネルギーパルスを送信しました。
6分で、破壊された原子を完全に復元しました。

ライト・ウォリアーは直ぐに寺院を離れるように命じられ、そこから回収された原子のが流れがストリームになりました。
まるで、強力な火山の噴火を始めたかのようでした。

ソースは、厳密に順序づけられたスキームに従って、放出された原子を自然界の場所に向けました。
このようにして、放射性カルマのリハビリテーションが完了しました。
自然界の原子バランスを、取り戻しました。

今日、原子力発電所によって分割された全ての原子核は、アンチ-放射性マトリックスを使用して、サトル・プレーン上で取得されます。
壊れた原子の完全性が回復するので、カルマは形成されません。
分裂の結果として放出されたエネルギーは、宇宙のエネルギー・サイクルの法則と、エネルギーと情報の保存に該当します。

今度は、スーパー・モナドアのレベルで放射線の、ブラック・アルコンの最終的な除去に取り組む必要がありました。
それはまだ、ローカル・ユニバース(ローカル宇宙)全体に、巨大な脅威をもたらしていました。

これは、極限状態で始まったLF(ライト・フォース)の地上チームによる、日本での作戦の目標の1つでした。
最も困難だったのは、ある夜、アルコンが福島のエマージェンシー原子炉を通って、捕われの身から脱出しようと必死に試みた時でした。

彼は、彼のモナドのコアにある人間のモナドの残骸を、モナドのカバーと破城槌として使用していました。
それらは、広島と長崎での核爆発の際に、生きたまま燃やされた人々のものでした。
彼らの体は、残りの壁や建物のいくつかに影を残しました。

突破の別の試みは、予想外でした。
とっさに反応する時間があった誰もが直ぐに、ブラック・アルコンを封じ込める為に急ぎました。

土壇場で、ライト・ウオーリアーと高次の光階層の者達は、何とかそれをブロックしました。
彼らは、アルコンのモナドのコアから、人間のモナドを抽出するのに苦労しましたが、残念ながら、成功しませんでした。

他のブラック・アルコンの突破の試みを防ぐ為に、LF(ライト・フォース)は、彼のモナドコア内での爆発という難しい決断をしなければなりませんでした。
それにより、高次の光の階層は、致命的な脅威から何十億もの人々と地球を救いました。

チームメンバーは、爆発に非常に苦労して耐えました。
振動は、彼らの肉体が崩壊の危機に瀕しているようなものでした。

チームは完全に回復するのを待たずに、広島に向かいました。
そこで彼らは最初に、アトミックボンブ・ドーム、またはゲンバク(原爆)ドームを訪れました。

これは、広島産業会議所のかつての建物でした。
それは、核爆発の震源地でした。

1945年8月6日は、ローカル・ユニバース全体とそのクリエーター達の歴史の中で、ブラック・デイト(a black date)になりました。
この日、現地時間08時15分、米空軍のB-29が、高度9km以上から広島の中心に原爆を投下しました。

導火線は、地表から600メートルの高さに設置されました。
爆発は、13〜18キロトンのTNT(爆薬2,4,6-トリニトロトルエン)に相当し、リセットの45秒後に発生しました。

震源地に最も近い人々は、即座に死にました。
彼らの体は、石炭に変わりました。

空中で焼却した、飛んでいた鳥達。
紙などの乾燥した可燃性物質は、震源地から最大2km離れた場所で発火しました。

光放射(Light radiation)、衣服の暗いパターンを皮膚に焼きつけ、壁に人体のシルエットを残しました。
目が眩(くら)むほどの閃光の後に、息を呑むような熱波が続きました。

数分以内に、166,000人が殺されました。
これまでに、放射能汚染とそれによって引き起こされた病気による死者の総数は、45万人を超えました……ライト・ウオーリアーは、計画された作戦の為にサイトを検索し始めました。

彼ら全ての気分は、酷(ひど)いものでした。
彼らは1945年に、ここで何が起こったのかを感じました。

涙を抑えるのは、困難でした。
チームは静かに、核爆弾を爆発させたかつての産業会議所の廃墟を歩き回りました。

彼らは働き始めなければなりませんでしたが、できませんでした……また、沈黙の中で、ライト・ウォリアー達は、爆発の震源地の反対側の川の側(そば)のベンチに座り、回復しようとしました。
彼らの前に、ホログラムのように微妙な平面(サトル・プレーン)で、そこで起こった苦痛のピクチャが浮かんでいました。

燃えている建物……焚きつけの束の火のように見える、火炎に包まれた電柱……火と煙を発する地球、地下から燃え上がって噴出した炎……暗い空、緋色の地面、そして、黄色がかった煙の雲の間……黒、黄、緋色の3種類の色が、逃げようとする多くのアリのように走り回った人々に、不吉に浮かび上がりました……たくさんの死んだ人々……生きていた人は、顔や口から出血していて、体にガラスがくっついていました……周りは猛烈に燃えていました……かつては美しかった、7つの川に漂う肥大化した死体……焦土の廃棄物に変わったデルタ・シティ(三角州の上に発展した都市)のいたるところに、人間の肉を燃やす独特の匂い……泣き叫び、痛みで呻(うめ)き声を上げ、水を懇願している……人々はとても燃えていて、それが男性なのか女性なのか分からなかった……赤い空……炎。

まるで灼熱の天国のように燃えていました……世界の終わりのようでした……暫(しばら)くして、ライト・ウオーリアー達は急増する痛みと完全な分離から抜け出す力を見つけ、働き始めました。

最初に、彼らは、地球の創造の前と創造の時に広島の場所にあったものを、サトル・プレーン(微妙な平面)で見ました。
結果は、予測可能でした。

この場所は完全に中立で、その上には何もありませんでした。
結局のところ、原爆は他の日本の都市に投下されていた可能性があります。
答える必要のある主な質問は、広島と長崎での核爆発の時に、正確に何が起こったのかということでした。

彼らの震源地には、何が残っていますか?
ブラック・アルコンと、高次の闇の階層全体がこれを必要としたのは、何故ですか?

チームは、作戦現場で答えを見つけました。
地球上の出来事は、サトル・プレーンとローカル・ユニバースでの激しい戦いの続きでした。

高次の闇の階層とアルコンは、広島と長崎の原爆投下を利用して、単一のインカーネーション(化身)ポータルを作成しました。
放射線のブラック・アルコンの子孫の誕生の為に、それは必要でした。

幸いなことに、悪魔の落とし子は生まれる運命にありませんでした。
高次の光階層の者達は、それを防ぐ為にあらゆる努力をし、世界を邪悪な脅威から救いました。

広島と長崎に落ちたのは、リトルボーイとファットマンの原子爆弾だけではありませんでした。
アルコンは、地球のサトル・プレーン上にある地球のコアを爆撃する為のターゲットポータルを作成しました、それは、地球外の発生源からの放射性物質からの核の集合体で作られました。

私達の銀河には、全ての物質が世界全体で放射性崩壊している場所があります。
ローカル・ユニバースの放射性死は、闇の階層の夢でした。
その為に、暗黒集団の時代に彼らは、惑星と星に基づいた多くの特別なカルマの埋葬地を設置しました。

X時間、アルコンは、ローカル・ユニバースのターゲットに一斉攻撃の集団を発射しようとしていました。
地球も、標的にありました。

闇の階層の者達は、私達の惑星を放射性のロゴスに変えたいと考えていました。
この場合、周期表の全ての元素も、放射性になります。

彼らは地球の核を分割し、それを腐敗する放射性ロゴスに変えたかったのです。
原子の核を分割できるのなら、惑星、恒星、または他のロゴスの核を分割できない訳があるだろうかー細胞の核、例えば、生命の細胞も?

それは、計画されただけではありません。
最初の試みは、何百万年も前、古代のパシフィド大陸(Continent Of Pacifide)の第三文明の間に行われました。
マリアナ海溝が、現在、ある場所です。

以前は、そこには存在しませんでしたが、地球上で最も高い山がありました。
しかし、それについては後で詳しく説明します……地球を放射性にする2番目の試みは、1945年の広島と長崎への原爆投下でした。
人類に最大の犠牲を払ったものの、高次の光階層は、この計画を阻止しました。

3番目の試みは、福島でした。
惑星のロゴスは保存されましたが、全ての結果が排除された訳ではありませんでした。

広島と長崎への原爆投下の際、放射線のブラック・アルコンは、彼のモナドと犠牲者のモナドを組み合わせました。
これは、彼に大きな力を与えました。

最も酷(ひど)いことは、震源地の地域にいた人々のモナドコアを吸収して、分割したことでした。
これらは、肉体が灰に還元された人々、または肉体が影に残されて焦げた人々の魂でした。

光放射は、核弾薬の爆発における有害な要因の1つです。
これは、爆発の発光領域からの熱パルスです。

電力に応じて、アクション時間は、ほんの一瞬から数十秒の範囲です。
これにより、火傷や目が眩(くら)む、溶ける、焦げる、人や動物の体が燃える現象を引き起こします。

核爆発からの光放射のスペクトルは、サトル・プレーン上のブラック・ボディのスペクトルに近いです。
それは、紫外線とX線放射によって支配されています。

ブラック・ファイア(核光放射線)は、放射性元素から抽出され、放出されます。
そして、エレメント自体は、物質の光をブラック・ファイアに変換するものです……それは、死の具体化された物質です。

広島では、強い光の半径内にいた人々が(焦げるまで)酷(ひど)く火傷し、衝撃波によって蒸発し、焦げた影が残りました。
それにより、広島の相生橋には9人のシルエットがありました……生き残った人は、ほとんどいませんでした。

しかし、それでも、暫(しばら)くして、彼らは火傷、放射線、怪我で亡くなりました。
多くは、爆発に続く火事から火事で焼却されました。

放射線とブラック・ファイア(核光放射線)の物質は互いに非常に近く、しばしば一緒に現れます。
歴史を通して、ブラック・アルコンの主な目標は、人間から、彼の主な力である創造主の火花を抽出し、それを征服することでした。

高次の闇の階層の者達は、多くの試みをしましたが、無駄でした。
失敗した彼らは、創造主の力を人間から引き出す唯一の方法は、人間のモナドの核を分割することであると決定しました。

しかし、これを行う方法は?

彼らは解決策を巡って、長い間、苦労し、最終的には計画を立てました。
それは、原子核を分割することに非常に似ていました。
しかし、それを行うことは不可能であることが判明しました。

それから、アルコンは原子爆発で、彼らの道を歩もうとしました。
彼らは、放射線のブラック・アルコンが、シャドウ(影)に変わった人々のモナドを捕らえて分割するのを助けました。
その結果、彼は世界の母ソフィアの力の一部を獲得し、非常に強くなりました。

しかし、神の意志の法則が、実行に移されました。
人間のモナドのコアを分割するという更なる犯罪を防ぐ為に、ソースが地球の問題の過程に干渉しなければならなかったのは、スーパー・ユニバースでは稀(まれ)なケースの1つでした。

人々を殺す為に使用される原子爆発は、止められました。
広島への原爆投下により、アブサリュートと共同クリエーターが世界に現れる光の時代(白い時代)が破壊されました。
それもまた、ローカル・ユニバースで権力を掌握するという、ブラック・アルコンの計画の一部でした。

ホワイト・イーオンの分裂は、そのフレーム、または耐荷重次元(構造負荷に耐えることができる次元)の完全性を壊しました。
その結果、彼らは壊れました。

飛んでいる飛行機の破損や、船の穴のように、亀裂や隙間が増え始めました。
光の時代は、崩壊し始めました。

アブソリュートと共同クリエーターは、極端な対策を講じなければなりませんでしたが、亀裂の成長は止まり、安定しました。

日本での作戦の最後の部分の前に、高次の光階層は再び、その任務を明確にしました。
即ち : 1945年の原爆投下のカルマの結果の残骸を排除します。

ホワイト・イーオンズの全体性を、修復します。
爆発の震源地にある放射線ポータルを、閉じます。

放射線のブラック・アルコンを、破壊します。
分割された人間のモナドの整合性を、復元します。

ライト・ウォリアー達は、広島でブラック・アルコンのポータルを排除しました。
闇の階層は、そのポータルを通じて定期的にサトル・プレーンの地球外放射物質を、地球に送り込んでいました。
それは、放射線検疫(隔離)で閉鎖されている世界からのものを、含んでいました。

LF(ライト・フォース)の地上チームは、外部放射線を完全に遮断することができませんでした。
保護スクリーンとして、ライト・ウオーリアー達は、広島のポータルに強力なアンチ-放射線-曼荼羅を設置しました。
その決定は、正しい、でした。

マンダラのおかげで、ポータルは、それを蓄積するのではなく、外部からそれに注がれた放射線を処理し始めました。
このメカニズムは、地球外の放射能源の問題が解決されるまで機能し続けるでしょう。

その後、ライト・ウォリアーは、放射線のブラック・アルコンによって分割された人間のモナドを復活させ始めました。
最初に、彼らはモナドから大きなセグメント(一つのものを分割した一部分)を分離し、それらを非個人化しました。
それから彼らは、それを一つの全体に結合し、戦士らの心の愛でそれを満たしました。

このようにして、将来のモナド体のプロトタイプが作成されました。
作業の次の段階は、ローカル・ユニバースの共同クリエーターと協力して行われました。

彼らは、分割されたモナドのハイヤーセルフの[作成されたモナド・プロトタイプ]の側面を紹介しました。
これらは、対応するモナド・フローの作成マトリックスに保存されていました。

さて、卵のようなハイヤーセルフのこれらの側面は、ライト・ウォリアーの統合された双極子モナドの内部にある、モナド・プロトタイプで熟す必要がありました。
これは、地球人とローカル・ユニバースの共同クリエーターとの相互作用において、破壊された人間のモナドの回復の、歴史の中で最初の経験でした。

生まれ変わったモナドは、カルマなしで純粋に生まれました。
カルマの領主は、彼らに完全な恩赦を与えることに決めました。
同時に、各モナドの意識が回復しました。

広島で計画された全てのタスクを完了した後、地上チームは電車に乗り、長崎に行きました。
長崎の核爆発の震源地は、広島に匹敵するエネルギーではありませんでした。
否定性や放射線の痕跡はありませんでした。

結局、この場所は、広島のLF(ライト・フォース)のワークによって行われました。
長崎の核爆発現場で、チームはアンチ-放射線-曼荼羅の側(そば)にあるアトミック(原子)ポータルを完全に閉鎖しました。
念の為、ポータルはずっと機能していなかった為です。

アルコンは、地球外の放射線を地球に排出する為のバックアップとして、それを保持していました。
しかし、広島と長崎の両方で、ポータルはエネルギーチャネルによってリンクされ、結合された構造でした。

ダメージを受けた光のイーオンを復元する為に、地上チームは鎌倉に行きました。
鎌倉は、作戦に最適な場所であることが証明されました。
ここに、強力で純粋なソースのエネルギーがありました。

計画された行動は、長谷寺で行われました。
高次の光階層は、既にそこで準備作業を行っていました。

彼らは閉じたエネルギーチェーン、富士-鞍馬-長谷寺-のパワートライアングルを作成しました。
KANON(観音)の像の麓(ふもと)に立ったライト・ウォリアー(女神 Guan Yin は、日本語でそう呼ばれています)は、損傷したライトイーオンをサトル・プレーンから地球に引き寄せました。
その後、結合されたエネルギーパルスは何年にも亘(わた)って復元され、ブッダ-観音双極子(the Buddha-Guan Yin Dipole)を通して、カルマが取り除かれました。

作業はとても成功したので、全てのホワイト・イーオンを地球に引き寄せることが決定されました。
その後、それらは全てプレローマにリロードされました。
これら全てが、地球を通して行われたことは喜ばしいことです。

私達の惑星は、プレーローマの直接の投影である、ローカル・ユニバースの新しいスピリチュアル・ポール(精神的な極点)になります。
惑星のロゴスが、そのような仕事に参加したのは初めてです。

ここ、長谷寺では、共同の努力が別のセンセーショナルな結果をもたらしました。
ライト・ウオーリアーと高次の光階層は、広島と長崎からの人間のモナドだけでなく、復元しました。

完全性は、地球上だけでなく、ローカル・ユニバース全体を通して、進化の中で原子的、かつ核的に分割された全ての人間のモナドに、回復されました!
カルマなし!

分割されたモナドの復活により、放射線のブラック・アルコンは、存在しなくなりました。
これから、コーザル・プレーンで、1945年の原子イベントは歴史から消されます。
それらは、もはや、地球とローカル・ユニバースの進化に破壊的な影響を及ぼしません。

日本での作戦計画が、完了しました。
地上チームは、作戦の最後のポイントを置かなければなりませんでした。
これを行う為に、彼女はマリアナ諸島に飛びました。

かつて、現在のマリアナ海溝の場所には、当時のパシフィド大陸で最も高い山があり、そこには地球の第3種族であるレムリア人が住んでいました。
ここに強力な光のポータルがありました……それはガイアの側面を持つ創造の祭壇でした。

ガイア山は、どこに行ったのですか?

それは、惑星の歴史の中で最初の超強力な核爆発によって、爆破されました。
高次の闇の階層の要請により、ヤルタバオトとブラック・アルコンによって、アレンジされました。

彼らはこの山を破壊するだけでなく、分裂した原子核の力を使って、創造の祭壇を破壊したかったのです。
この技術はヤルタバオトによって開発され、黒とグレイのアルコンを介して、計画の実施に関与する地球外文明に転送されました。

闇の階層の者達は、必要な濃縮核物質を作成しました。
その一部は、他の惑星、特に火星から地球に運ばれました。

地球の頂点であるガイア山の麓(ふもと)には、巨大な力(広島と長崎は爆竹レベルでした)が仕掛けられました。
決められた瞬間に、核電荷が爆発しました。

その結果は、悲惨なものでした。
惑星は、軌道から外れました。

爆発の時に、生命維持の為に地球に導入された、ローカル・ユニバースの共同クリエーターの側面であるガイアが、捕らえられました。
爆発によって、アルコンは、共同クリエーターの側面のコアを分割することを望んでいました。
幸いなことに、その試みは失敗しました。

高次の暗黒の階層は、ローカル・ユニバースを破壊するのに十分であった、望ましい超エネルギーを受け取ることはありませんでした。
しかし、ガイアの惑星アボードは、破壊されました。
共同クリエーターの側面は閉じ込められ、ガイアは囚人になりました。

地球の祭壇は、ゼロにされました。
その代わりに、最も深いV字型の凹(くぼ)みが現れました。
下部には、巨大なグー/goo : 粘性の塊(かたまり)、アンチ-アブサリュートと放射線のブラック・アルコンの側面、そして、ポータルがありました。

アルコンは、ローカル・ユニバースのカルマ崩壊のメカニズムに、火を点けました。
放射能の時代が始まり、やがて死に至りました……高次の光の階層の者達はガイアをリリースし、共同クリエーターの側面を捉えました。

彼らは全てのブラック・アルコンの計画を妨害しました。
LF(ライト・フォース)の地上チームは、これを積極的に支援しました。
Disclosure News は、それらの多くについて語っています。

この話を完成させるのは、まだ残っています。
サバナ山(Mount Sabana)は、爆破されたガイアアボードに続いて、マリアナ諸島で最も高い島です。
その上に登ると、ライト・ウォリアーは、地上作戦の最終段階の準備をしました。

それより早く、島に到着する前に、高次の光階層は、マリアナ海溝の底にある負の実体の隣に、アブサリュート・ライト(絶対光)の結晶をサトル・プレーンで配置しました。
チューニング後、地上チームのメンバーは、クリスタルコアに強力なエネルギーパルスを生成しました。

サトル・プレーンで起こった爆発は非常に強力だったので、構造プレートをほとんど動かしそうなほどでした。
ローカル・ユニバースの歴史の中で、これほど明るい絶対光の閃光はありませんでした。
非常に強烈だったので、遠隔地から参加した人々のモナドの表面が溶けました。

震源地の近くの物質は分裂し、フリットになり、純粋な光に変わり、それが結晶の形で凍結しました。
グー、アンチ・アブサリュート、放射線のブラック・アルコンからの側面は影だけであり、広島や長崎のようではありません。

もし、1945年に人々の暗い影があるなら、アブサリュート・スーパーパルスの後では、それは光の影であるでしょう。
従って、地球とローカル宇宙への更に2つの脅威が破壊されました。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional