gin8288



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ バシャールのメッセージ ★2番目の周波数/貴方の光/上下するバイブレーション/地球を代表する生命体/手放しに必要なこと/必要な視点/etc.★ .☆。☆*゚¨゚゚

September 1, 2020

新しい地球のスターシード達へ

【 2番目の周波数 】

貴方には、貴方を代表する独特の周波数が関連づけられています。
この周波数は、貴方を特定するアドレスのようなもので、宇宙でたった一つのユニークな周波数になります。

ある意味、貴方を代表する周波数が変わることはありません。
また、貴方を代表する独特の周波数は、非常に高い周波数を示しています。

変わることができる周波数は、貴方を代表する周波数の周りにもう一層存在する、2番目の周波数です。
こちらの周波数は、大いなる全ての視点を表現する周波数に当たり、この周波数をどのように表現するかによって変化するエネルギーになります。

つまり、貴方の視点を表現して体現することは、大いなる全てを貴方という媒体を使って表現することになります。
そして、貴方を代表する独特の周波数と2層目の周波数が一直線に並んだ時、貴方の周波数は高い周波数を打ち出すことになるのです。

【 貴方の光 】

ありのままの自分で生きる貴方の光は、周囲に輝きを放つことになります。
幸せで豊かさ溢れる人生を送る貴方の姿は、周囲からとてもよく見えています。

素敵な人生を貴方が望む方法で優雅に生きる貴方の姿は、周囲からでもよく見えているのです。
何故ならば、貴方の放つ光は魅惑的で、周囲の人達が放っとくことはできないからです。

貴方の光を見た人が貴方のようになりたいと願う人もいれば、強い嫉妬心を抱く人もいます。
しかし、これらは何(いず)れも欲しいという欲求のエネルギーを、どのように捉えているかの違いになります。
つまり、貴方の光をポジティブな視点で捉えているのか、またはネガティブな視点で捉えるかの違いになります。

貴方が光り輝けば輝くほど、貴方の光に反応して嫉妬する人も出て来ることになります。
しかし、貴方がありのままの自分で輝くことで、見る必要のあるエネルギーを周囲に見せることになります。
それが、たとえ、ネガティブな嫉妬心を誘発したとしても、貴方は周囲に必要な影響を与えているのです。

ですから、周囲がどんな反応をしようと、ありのままの自分で引き続き輝きを増していって下さい。
そうすることで、貴方の眩(まばゆ)い光は、もっとたくさんの人達を照らしてゆくことになります。

【 上下するバイブレーション 】

貴方のバイブレーションを、常に高い位置にキープしていなければならない訳ではないことを知って下さい。
月の満ち欠けのように、貴方のバイブレーションが上下することは極(ごく)自然なことなのです。

また、たとえ、バイブレーションが下がったとしても、以前よりも少しだけ上の位置にいることになります。
つまり、以前よりも下がることはありません。

貴方のバイブレーションは、貴方の在り方によって上下する必要があります。
何故ならば、貴方の在り方次第で、体験する必要のある体験が変わって来るからです。

ですから、高いバイブレーション域で学んだ学びを最適に活用するには、もしかしたら、もっと低いバイブレーション域で活用する必要があるかも知れません。
そういった場合は、貴方のバイブレーションを下げて、それらの気づきを適用してゆく必要があります。

自分のバイブレーションが下がっているからといって、悲観的になる必要はありません。
また浮上できることを貴方はしっかり認識していますから、どんな時でもポジティブな自分でいることにフォーカスして下さい。
そうすれば、直ぐに以前よりも高い位置へと浮上することができるようになります。

【 地球を代表する生命体 】

現在の私達は、今まで前例のない、無条件の愛を体験する世界へシフトする準備をしています。

この世界では、ガイアのエネルギーと繋がる世界になります。
つまり、自然界の一員である私達が、自然と共に生きる選択をする世界となります。

私達人類の足りない視点によって、自然界のエコシステムは本来の姿を保てないほど破壊されてしまっています。
この偏(かたよ)った視点を満足する視点に変えてゆき、私達其々(それぞれ)が自然との関わり合い、自然と共に生きる生き方を選んでゆく必要があります。

何故ならば、バシャールや他の高次的存在は、私達人類とのコミュニケーションを望んでいるのではありません。
地球と、そこに住む全ての生命体とのコミュニケーションを望んでいるのです。

即ち、私達人間が自然界の一員として、地球を代表する生命体の一つとして生きていく必要があるのです。
その世界こそが、高次的存在とのコンタクトが起こる平行世界になります。

【 手放しに必要なこと 】

自分自身を本当の意味で深く内感できる人は、自分の本質をしっかり認識しているからできるのです。
つまり、元々、自分は愛と光のピュアでポジティブな存在だということをしっかり認識できているからこそ、自分軸になることができます。

もっと違う言い方をすると、自分を愛することができないと自分軸になることはできません。
つまり、自分を愛することができるからこそ、どんな自分でも愛して受け止めることができます。

汝自身を知れは、本来あるべき自分を知って、自分を受け取り愛しましょうという意味です。
これは、手放しと統合に関して非常に重要な要素となります。
何故かというと、本当の自分をニュートラルな視点で捉えることができないと、そもそも手放しをすることができません。

手放しができないと、新しい自分が誕生することはできません。
新しい自分が誕生できないと、次のサイクル、次のステージへ移行することが大変難しくなってしまうことになります。

【 必要な視点 】

自分を内感するには、ニュートラルな視点で実施する必要があります。
冷静でニュートラルな視点で、自分自身を見つめ治します。

つまり、自分は何があっても壊れることのない愛ある存在だといった、自分に対するポジティブな信念が必要になります。
何故ならば、自分に対するこの信念(想い)がベースになっていますので、自分を内感することに怖さも抵抗感も湧いて来ることはありません。
よって、どこまでも深く掘り下げて自分を知ることができます。

自分軸は、私達が生まれ持った元となる視点になります。
他人軸は、大人になるに連れ学習して学び取った、地球の視点になります。
ですから、誰でも自分軸に戻ることができますし、誰でも自分軸を取り戻すことが可能です。

もちろん、自分軸が良くて、他人軸が悪いと言っているのではありません。
ただ、自分の中心に戻って、本来の自分と触れ合うことができるのは自分軸です。
まさに、現在の針の目のタイミングに必要な視点となります。

【 新しい自分の在り方 】

針の目を抜けるタイミングが大幅に延期されましたが、このチャンスを最大限に活かして、要らない波動の手放しをどんどん行ってゆきましょう。

対立する感情から本当の意味で解放され、身軽な自分で新しい世界を闊歩(かっぽ)します。
後悔する気持ちやイライラする気持ち、相手をジャッジする視点を完全に手放してしまいます。

そして、自分自身が何をして来たとしても、自分をジャッジしたり否定したりません。
その想いを、完全に手放してしまう必要があります。
私達は、新しい自分の在り方へとシフトする必要があるのです。

新しい自分の在り方とは、ハイヤーマインドの視点で物質界を闊歩する視点、ハイヤーマインド視点で行動して、自分のリアリティを創造してゆく視点です。
ですから、貴方が過去から学んだ学びをポジティブに受け止め、その出来事に振り回されない自分になります。

つまり、過去のエネルギーから、完全に解放された自分になる必要があるのです。
そして、新しい自分の在り方の未来の理想とする自分にリンクし、そのエネルギーに、今ここの自分を引っ張ってもらいます。
新しいポジティブな自分から、大いにポジティブな影響をもらって進んでゆきます。

【 なり切る 】

未来の理想とする自分にリンクすることとは、ハイヤーマインドの視点で行動する自分を意味しています。
未来の理想とする自分は一体どんな想いを持って、どんな行動をとるのか?、ハイヤーマインドの視点で判断する自分は、一体どんな行動や言動を取るのだろう?という具合に、自分に問いかけて答えを見つけ出してみて下さい。
何故ならば、未来の理想とする自分は、既に他の平行世界に生きています。

ハイヤーマインドの視点で生きる自分は、既に他の平行世界に存在しています。
よって、貴方のイマジネーションを使って彼らに意識を這わせということは、そこにコネクションが発生することになります。
つまり、これが未来の理想とする自分や、ハイヤーマインドの視点で動く自分とリンクを確立することになるのです。

でも、これらの高い視点を行動に移さない限りは、意味がありません。
つまり、物質界の言語は行動ですから、行動に移してこそ、高い視点を本当の意味で表現することになります。

ですから、未来の理想とする自分に成り切って行動すること、ハイヤーマインドの視点に成り切って、自分のリアリティを創造する必要があります。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional