gin8287



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ 内部地球テロスの高僧ロード・アダマからのメッセージ ★危険から抜け出す方法★ ☆、。・:*:・゚`★

September 1, 2020

危険から抜け出す方法

そして、答えは、「貴方は、彼らの法律を破らなければならない」です。

◎ 私 : こんにちは!
Eyevo が、毎年、休暇中であることを思い出させて下さい。
彼は、昨夜、両親と一緒にエルテロンに戻って来ました。

彼は、私達の孫と私達の娘イアンナも訪問しています。
恐らく友人に会い、恐らくビーガン評議会に話し、そして、私達の進歩についての最新情報を与えるでしょう。

昨夜、彼を見ていました。
彼は、私と繋がっています。
私達はテレパシーで繋がっており、彼はディスコボール型の球体で私を監視しており、私と私は、誘導昏睡状態にある他の体との間にプラズマの繋がりもあると思います。

昨夜、私が家にいる間、彼は私に集中し、ビデオを見て、エルテロンの私達の家で彼を見ることができました。
快適な絹のような服を着て、彼が座っているのが好きな白い椅子で前屈(かが)み、母親のライーラとお父さん、マーテン。

彼らは私の人生と彼の仕事について、ETレベルの説明を得ていると思います。
そして、彼が彼らに言っていることを聞きたかったので、私が羨(うらや)ましかったことを認めざるを得ませんが、私はできませんでした。

彼はただ立ち止まり、私を見て笑顔に集中し続けた。
私達は、お互いを見ていました。

きっと、彼の前に立っている私の意識の側面があったはずです。
それは、私が銀河の周りの人々に会う為に、アストラルプロジェクトをする時に私がすることです。

自分自身がいることもあれば、過去の人生の一部を見ていることもあります。
その為、アダマは、Eyevoが不在の間に、次の3週間、貴方の為にピンチヒットをします。

他の皆んなと一緒に、メッセージをもらいます。

◎ 私 : アダマ、これについて、話してくれませんか?

★ アダマ : 私はここにいます。

◎ 私 : ありがとう。

私達はこの世界が私達の思考、私達のより高い目に見えないレベル、私達の意識から作成されていることを知っています。
そして、この世界を変える為には、意識を変えなければなりません。

一旦、何かが現れたら、どうすればそれを変更できるでしょうか?

私が具体的に指摘したいのは、私達は私達を奴隷にする為に、イルミナティによって私達のエネルギーで作成されたマトリックスに住んでいるということです。
私達が肉体の視点のみを持ち、私達が住んでいる多くの次元レベルがあるという知識や認識がない人である場合、彼らは現在の難問からどのように抜け出すことができますか?

人々は抗議しています。
それは素晴らしいことですが、彼らがそうするや否(いな)や、彼らは恐らくテレビをオンにして、その夜にニュースを作ったかどうかを確認し、ウォルマートに立ち寄って夕食用の食べ物を購入し、その夜映画に出かけるでしょう。
事実は、これら全てを諦めない限り、深遠な国はプラグを抜かなければならず、それは経済的に意味がある為、全く進歩しなかったと私は信じています。

アダマ、何て言うの?

★ アダマ : これは正しいと思う、シャロン。

ディープ・ステートに資金を供給し続けると、何も達成できません。
人々は自分の仕事を諦め、システムから離れて自立することを厭(いと)わない必要があり、そうでなければ、貴方は何も達成していません。

民兵、白い帽子、GFLが、これらの啓蒙的な性格を追求し、中立化されていることを、彼らを逮捕しているということです。
貴方の人々は、彼らの統制努力の遵守を止(や)める必要があります。

もちろん、反響はありますが、深い状態に対して組織化できないのは、貴方方全員が同じ考えに沿っていないという事実だけです。
それは、貴方が考え方が違うからです。

問題が、どこにあるのかです。
貴方は、来年、このようなコミュニティを始めていると思いますが、そうではありません、シャロン?

◎ 私 : そうです。
絶対に、これから始めます。

彼らが私達に投げつけようとする全てのものを、回避する方法を見つけるでしょう。
つまり、彼らがもうそれほど多くの力を持っているかどうか、ということです。

彼らは、恐らくそうするでしょう。

★ アダマ : それでは、物理的な解決策を実行しています。
貴方は人々に、これらの制約のない生活を送るという、彼らの真の願望を表現する為のプラットフォームを与えています。

◎ 私 : はい。

しかし、今はこれを行う必要があります。
抗議活動は全て順調で、考え方が変わったことを示していますが、イルミナティが貴方を奴隷にする為に提供して来た全てのことを続けていると、どこにも行き着くことができません。

★ アダマ : 貴方は、個人的にテレビを持っていません。

◎ 私 : そうではありません。

★ アダマ : そして、貴方は最近コンピュータに費やす時間を最小限に抑え、日差しの中で座って隣人と話すことを好みました。

◎ 私 : はい。

★ アダマ : 貴方はウォルマートをボイコットしました、貴方は他の場所で買い物をします。
そして、貴方は、貴方の Amazon の購入を最小限に抑えました。

◎ 私 : はい。

★ アダマ : 貴方は、貴方の車の後ろにサインアップしていて、あらゆる機会に貴方のウェブサイトの人々に話します。

◎ 私 : はい。

★ アダマ : 貴方は、消費者ではありません。
必要なものだけを購入します。

◎ 私 : そうです。

★ アダマ : 貴方が使うお金は、自分を生かし続け、この世界を解放する為の探求を促進する為のものです。
貴方が、読むかも知れない本など。

◎ 私 : はい。

★ アダマ : 貴方は、地元の緑の食料品店で買い物をするのが好きです。

◎ 私 : はい。
それで、何故、私はまだこれに悩まされているのですか?

私は遵守(じゅんしゅ)できず、イルミナティのポケットに餌を与えないようにできる限りのことをしています。
彼らは私達を奴隷にする為にこの経済システムを作りました、そして、それで私達は、それが痛いところに彼らを襲わなければなりません : 彼らの財布で!

システムを、払い戻します。
彼らに、お金とエネルギーを与えるのを止(や)めなさい。

今、働いていたらどうしますか?
私は、伝統的な仕事をしていません。

私は本を​​販売していて、Amazon でそれをやっているので、それは本当にノーノーです。
私が変更して自分のウェブサイトで販売を開始した場合、それを行う方法を見つける必要がありますが、それほど時間はかかりません。

関係するコストを確認する為に、1冊の本を印刷することを検討しています。
だから、私は代替案を探していますが、実際に自分のお金をシステムから引き出しても、他の誰もそれをしなくても問題ありません。

★ アダマ : そうだね。
インパクトを与えるのに、十分な貴方がいるに違いありません。

◎ 私 : 人々は、今でもテレビや Netflix を見ています。
インターネットを利用しています。

彼らは、深い国家が私達に提供した便利さを、少しだけ楽しんでいます。
彼らはこれらのことに多くの時間を費やしているので、彼らは人生を奪われたことに気づいていません。

私が気づいたのは、この箱の前に座っていると、慢性疲労が悪化することです。
どのように私は知りませんが、それは知っています。

だから、私は、今、自分の時間を制限しています。

★ アダマ : 貴方の技術は、健全な技術ではありません。

それは、貴方の健康には良くありません、実際それは貴方をそれに奴隷にします。
貴方は一日中ライトボックスを見つめ、貴方の頻度(ひんど)を下げます。

考えてみて下さい。
周波数が10Hzで、光が5Hzの場合、周波数の半分であるものを見つめ、昼夜を問わずそれとやり取りしていることになります。

それは、貴方の個人的な頻度(ひんど)を下げます。
当社の技術は、周波数固有です。

コンピュータから出るのは、情報を取得する頻度(ひんど)がある場合に限られます。
5次元の周波数がある場合、5次元の情報が得られます。

私のように9次元の周波数がある場合は、その周波数に合わせた情報を受け取ります。

◎ 私 : うわー!

★ アダマ : それで、貴方は自分の周波数のコンピュータと対話しています。
それ以上でも、それ以下でもありません。

周波数が上がると、操作するコンピューターの周波数も上がります。
貴方のコンピュータは人間以下の周波数で動作するので、それらは貴方を消耗させます。

そして、貴方は、最近、これに気づき、立ち去りました。

◎ 私 : アダマ、ありがとうございます。
どうしてか分からなかったので、ありがとう。

★ アダマ : どういたしまして、シャロン。

貴方の人々は抗議し続けることができず、そして、家に帰って、彼らが通常であると考えることを学んだ残りの奴隷に従うことはできません。
貴方はマックス・イーガンのビデオを見て、彼が自由になりたいと思っている人々について話し、貴方もそれにコメントしました。

今ではなく、経済システムが導入された時に自由が奪われたと、貴方は言いました。
貴方は自由に生きて来たのではなく、既にシステムの奴隷になっています。
何故、マックス・イーガンは、これを理解しないのでしょう、誰が知っていますか?

◎ 私 : Eyevo がそう言ったからです。

★ アダマ : 貴方はオンラインでビデオを制作する多くの人よりも、多くを知っています。

◎ 私 : 自慢していません。
私は情報を広め、真実を伝えます。

★ アダマ : そうすべきです。
貴方は、貴方が得た情報で正しいことをしています。

◎ 私 : マスクは、貴方の個性を奪うという投稿も見ました。
確かに、貴方の個性が肌の深みなら。

それは私のものを奪うものではなく、私の性格ではなく、私の魂からのものです。

★ アダマ : そして、まだ多くの人がまだ肉体的な存在だと思っています。
そのように見たいのなら、マスクを着用することは人間味を失う。
または、それは何もないことができます。

貴方の人々は物事に意味を割り当て、それからその意味と戦うことに熱心です。
何もないと言ってみませんか?

◎ 私 : まあ、それは邪悪な議題を表しています。

★ アダマ : そうです。

これは、今後の兆候です。
しかし、それは貴方の個性を取り除く為に何もしないので、意味を割り当てません。

恐れるな。
それを、嫌ってはいけない。
それに、反応しないで下さい。

必要に応じて、それに反応しないようにして下さい。
それから貴方は、それを意味を割り当てず、それは貴方の意識に影響を与えません。

◎ 私 : 面白い。

私は、物事が嫌いです。
ちょっと待って。

これについて、アダマについて詳しく説明したいと思います。
それは、貴方がした非常に興味深い点です。

もっと、詳しく見ていく必要があると思います。
貴方は私達が物事に意味を割り当て、仮面が私達の意識に影響を与えていると言いました。

従って、意味を割り当てないようにして下さい。
それに対して中立であり、それが貴方の意識に影響を与えないようにして下さい、貴方が言っていることは何ですか?

★ アダマ : 私は。
貴方を制御する為に実装されている全てのことは、貴方の意識に影響を与える為に行われています。

それは、貴方に特定の方法を感じさせる為に行われます。
それに、意味を割り当てないことによって、それをプラセボとして見ることによって、それは貴方の意識に影響を与えず、それらはそのように貴方に影響を与えることはできません。

◎ 私 : うーん。
そのことを考えたことはありません。

★ アダマ : 貴方は、反応者です。
貴方は、全てに反応します。

貴方は自分に、制限を課すことに憤慨(ふんがい)している考え方を持っていますが、自分が親しみ易く支援的であると考えるようになった制限を受け入れ、それに対して戦います。

貴方は皆、働き続けたいし、お金で支払い続けたいです。
それを超えて考えます。

全てが無料なので、従来の仕事が必要ない生活を想像してみて下さい。
貴方は、長い間、奴隷にされて来たので、一度に真の自由へと向かわなければなりません。

貴方自身のようなETマインドを持っている人は、これを既に想像できます。
何故なら、それは貴方が快適なものだからです……地上の生命の制限や制限ではないからです。

だから、彼らは、今、貴方を制限しています。
貴方が注意を払わない場合、彼らは何も達成していません。

しかし、フェイスマスクをつけたり、通路を矢印で並べたり歩いたりすることに反応しないように、また猫に検査されて、猫と一緒にいられないようにするには、強い心が必要だと思います。

◎ 私 : 分かっています。

★ アダマ : 貴方が反応する時、彼らは貴方が望む場所に、貴方を持っています。
貴方の全世界が、今、反応しています。

皆んなが。
そして、私達が議論したように、彼らは貴方の反応を利用して利益を得ます。

◎ 私 : 面白い。

★ アダマ : 何かを無視すること、本当に影響を受けないことにはメリットがあります。

◎ 私 : 何が来るか分かっていると、それを無視するのは難しいです。

★ アダマ : 分かっています。

従って、多くの人にとって、これは不十分な行動方針であり、従うことができません。
しかし、反応しなくても意識は影響を受けず、自分の人生と心をコントロールし続けます。

彼らは貴方に何をするかも知れないにも関わらず、貴方はまだ、貴方が見たい状況を作り出します。
反応しないようにして、計画を前進させ続けて下さい。

それらを身に着けている人々が、貴方とは違うと見ないで下さい。
これらの人々は意識が低く、自分自身をコントロールすることができます。

それが、貴方と彼らの違いです。
貴方は、制御できません。

◎ 私 : そうではないでしょう。
この惑星を去る前に、私はまだ変えるべきことがたくさんあります!

★ アダマ : そうするでしょう。
彼らは、貴方が自由への道であることを知っているので、人々は彼らが既にしているように、貴方に従います。

◎ 私 : 私にも、それをする勇気があります。

★ アダマ : 家に着いたら、会います。

私達は、貴方の家の下にトンネルを作り、私達のトンネルは貴方の芝生に着陸する船に接続します。
それは星の、それへの地球上でより高い意識の、それらの為の素晴らしい接続点になるでしょう。

◎ 私 : 都市の名前を考えなければなりません。
これまではNCCと呼んでいましたが、その目的に合った本当に宇宙的な名前を考えたいと思います。

何か、アイデアはありますか?

★ アダマ : 考えさせて下さい。
知らせます。

◎ 私 : ありがとう!
繋がり、愛、平和、星について。

Eyevo-ville について考えましたが、それは不十分に聞こえます。
ヒッピーヘブンは、私が思いついた別の1つでした。

しかし、それも不十分です。
それは恐らく、もっと控えめな始まりがあるでしょうが、それはアトランティスのように大きく、クリスタルのようでなければなりません。

アダマ、ありがとうございます。
話したいことがたくさんあるので、直ぐに話します。

★ アダマ : この機会をありがとう、シャロン。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional