gin8252



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ シャロン・スチュワート経由のメッセージ ★アトランティスのアナラ★ *:..。o○☆*゚¨゚゚

August 10, 2020

アナラ / Anara は、シャロン・スチュワートの過去の人生です。
彼女はアトランティスの沈没 / the fall of Atlantis の間、地球に住んでいました。

私が、今、経験している現在と比較して、彼女の地球上の時間について、彼女に尋ねたいです。

それはどのように異なっていて、どのように同じでしたか?
そして、その間に何が起こったのか。

◎ 私(シャロン) : アナラ?

★ アナラ : こんにちは!

◎ 私 : アトランティスでの貴方の生涯について、いくつか質問したいと思います。

★ アナラ : ベリイ グッド。
喜んで答えます。

◎ 私 : それで、私が理解しているように、貴方はその存続期間の終わりに向けてアトランティスにいて、その支配を終えた大きな大変動が起こる前にいました。
貴方は、島からヨーロッパ本土に移動しました。

さて、貴方に聞きたいのですが、ヨーロッパ本土の一部、西部はアトランティスの一部だと言っているのですか?

★ アナラ : そうです。
ヨーロッパ、特に西ヨーロッパ、そして、地中海周辺の南は、かつてアトランティスの一部でした。

◎ 私 : 何故、古い廃墟がないのですか?

★ アナラ : 吹き飛ばされました。
沈まなかったものは、何でも破壊されました。

◎ 私 : ああ。

★ アナラ : ギリシャのパンテオンと大きな柱のある寺院は、その崩壊後に再建されたアトランティスのデザインでした。

◎ 私 : 面白い。

★ アナラ : アトランティスの残骸は、少なくとも復興では貴方の表面にありますが、もちろん、そのほとんどは水面下にあります。

◎ 私 : 南極はアトランティスだと、彼らは言っていますが。

★ アナラ : アトランティスが地下に沈んだ時、多くの部分に分かれました。
大きな破片が壊れ、地球の隅まで吹き飛ばされました。
だから、これは事実かも知れません。

南極に関する限り、そこには他の文明の名残が残っており、彼らが使用方法を学ぼうとしているテクノロジーを発見しています。

地球外生物が使用するテクノロジーは、常に周波数で機能します。
正しい周波数がない場合は、全てを試すことができますが、うまくいきません。

ですから、彼らがそれにアクセスしたという事実については、本当に心配していません。
彼らがやろうとしていることは、古代の地球外技術に対する僅(わず)かな理解に基づいて、コピーを作成することだけです。

◎ 私 : 貴方自身を、ETと見做していますか?

★ アナラ : はい、私もベガです。
貴方のように。

私も当時は、スターシードでした。
貴方がしたのと同じ理由で、私は地球に来ました : アセンションの時にそこにいること。

しかし、明らかにアトランティスは上昇しませんでした。
この島の一部の人々はそうしましたが、当時、望まれていたような地上の昇天はありませんでした。

◎ 私 : ということは、それは紀元前約12,000年だったのですか?

★ アナラ : その頃、はい。

◎ 私 : 私達の生活について、もっと詳しく説明していただけますか?

★ アナラ : 私達の生活はとても静かなものでした。

初めは、気がかりな存在に気づき、その存在自体が知られるようになりました。
この存在は、アトランティスの人々とは異なり、利己的な火星の存在でした。

私達は多くの時代に、我儘(わがまま)、利己心、否定性を取り除く為に働き、他者と神の世界への愛情深い奉仕になりました。
私達が崇拝する素晴らしいクリスタルテクノロジーと、素晴らしい寺院のある美しい世界。

私達は、正義の驚異の為に生きました。
私達はお互いを愛し、思いやりを持って One の人々として暮らしました。

人々はテレパシーがあり、人々は水晶で働き、人々は単純に食べましたが、深く愛されました。
それは、絶対的な天国でした。

それから、この存在は地球に来ました。
それは、島の荒涼とした部分に上陸し、アトランティス人として転生し始めました。

私達は、人々が私達の頻度(ひんど)から落ちていることに、気づきました。
彼らは再び、否定的になり始めていた。彼らは悪になっていました。

これらの人々はグループに集まり、暗いアートを練習し始め、子供達を実験し、動物を実験しました。
彼らは、時々、地下に住んでいて、表面に出て来ました。

彼らは他の人達とは合いませんでしたが、どういう訳か彼らは力が強くなり、頻度(ひんど)が最高ではなかった多くの私達の人々の心を圧倒しました。
それらは彼らを圧倒し、それらの翼の下に彼らを連れて、彼らがしたように悪を実践しました。

結局、全人口を回そうとする多くの試みの後、彼らは成功しませんでした、しかし、彼らは大衆を支配する彼らの試みにおいて、島を爆破しました。

◎ 私 : どうやって?

★ アナラ : 核爆発よ​​りも遥かに悪い爆発を、引き起こしました。

彼らは、結晶の流れを逆転させたのです。
彼らは、反エネルギーを生み出しました。

◎ 私 : 彼らはどのようにして、反エネルギーを持つ人々を支配しようとしていましたか?

★ アナラ : 心を変える。

◎ 私 : ああ。

マインドコントロール。
ええ、それについても知っています。

★ アナラ : 彼らは反物質を作成しました、私は貴方がそれをどのように説明するかと思います。
それは、問題/反物質の爆発でした。

◎ 私 : スタートレックを見て、それが良くないことを理解しています。

★ アナラ : はい、貴方のSFプログラムは、常にフィクションであるとは限りません。
それらには、真実があります。

◎ 私 : ああ、そうだ。
彼らは船にも、ジリチウム結晶 / dilithium crystals を使ったわ。

従って、流れを逆にすることが分かっている場合、結晶は反物質を生成する可能性があります。

★ アナラ : はい、しかし、私は貴方にそれを勧めません。

これは地球全体に洪水を引き起こし、地図作成を変えました。
海に沈んだ島々などが、浮上しました。

イギリス海峡はかつて、イギリスと本土を繋ぐ陸地でした。
もちろん、現在は記入済みです。

海岸線が変わり、新しい土地が出現しました。
それは、惑星全体を変えました。

レムリアは同時に、アトランティスが爆発したと同時に沈没しました。
これによって大陸は、ポリネシアと太平洋全体に少ししか残っていません。

それら全ての島々は、かつてその熱帯の楽園でした。
カナダでは、北極海の全ての島が、かつては堅固な陸地でした。

◎ 私 : カナダに付属しているかどうか?

★ アナラ : いくつかの場所では、それがありました。

◎ 私 : 寒かった?

★ アナラ : いいえ。
全く違います。
温暖な気候でした。

これらの邪悪なものは、貴方の世界へやって来ました。
彼らは、貴方の邪悪なマトリックスと社会病理学者のリーダーによって、貴方が、今日、知っている世界を作りました。

これらは、数年前にアトランティスに上陸した類(たぐ)いのものでした。
同じ人。

貴方はそれを、私達と共通しています。
彼らは変えることができないので、彼らは変わっていません。

悪は悪です。
人生は、進化します。

悪は、どちらかと言えば委譲します。
それは、変わらない傾向があります。

当時の地球は、美しい宝石でした。
自然のまま。

輝かしい。
青い。

豊かな緑と、あらゆる色の鮮やかな花。
たくさんの果物や野菜が、いたるところに生えています。

食べ物の味はとても強くて、とても美味しかったです。
環境が汚染されて、これらの植物を維持できない為に、今では知られていない実を結ぶ植物の生命の種類が、更に多くありました。

彼らは繊細過ぎるので、貴方が私達よりも遥かに限られた食品の選択肢を持っています。
私達は一日中食事をすることができ、たくさんのものから選ぶことができました。

◎ 私 : それで、貴方は何をしましたか?
どのくらい住んでいましたか、何で死んだの?

★ アナラ : 私の人生の物語。
私は教える為に、地球に来ました。

当時は、記憶喪失のベールはありませんでした。
ダークワンズが、それを後でインストールしました。

私は宇宙、神秘、魔法、神の方法を教えるようになりました。
私には Ivo / イヴォ ではないパートナーがいました、彼はレノールという名前のアトランティック人でした。

レノールは、地球にライラン(ライラ人)の道を教える為に転生した、ライランでした。
私達は神秘家として一緒に働き、私達が知っている全てを聞いてくれる人に教えました。

今のように、収入を得る為の仕事はありませんでした。
私達は自由に食べ、自由に生活し、必要なものは全て提供されました。

天国でした!
しかし、これら全ては、これらダークワンズによって変わりました。

彼らは、貴方を奴隷にする人間の奴隷制度を作りました。
そして、貴方はまだです。

◎ 私 : 分かっています。

★ アナラ : だからこそ、貴方は、今、ここにいます、私の愛。
貴方は、自由な人々を助ける為にここにいます。

貴方は、私達の方法を学んでいます……真の人間の力と、貴方はまだそれを教えています。

◎ 私 : 始めたばかりです。
私は紫の炎を使って、ケムトレイルを空から取り除くのが大好きです。

★ アナラ : 例えば。

貴方は教師であり、私達は教師であり、私達は常に学ぶ必要がある人々を助けます。
それが、私達の仕事です。

◎ 私 : 惑星がピクルスになっている時も、惑星にいつも現れるようです。

★ アナラ : ピクルス?

私は、貴方の意図を理解しています。
惑星が困っている時、ですね。

◎ 私 : はい。
それでお終(しま)い。

★ アナラ : 今回は、成功します。

彼らは銀河連邦によって、彼らの不正な技術の全てから解放されています。
彼らはそれを使うことは許されておらず、腐っています。

◎ 私 : はい、ガントリーのネジを全て失う核ロケットのように。
笑、ETはこれについてユーモアのセンスがあると思います。

★ アナラ : それは恐らく役立つわ。(ため息)

アトランティスは宝石でした。
とても素晴らしかったので、私達は新しい惑星を始め、それをアトランティスと呼びたいと思います。

地球の豊かさと緑豊かな美しい土壌の以前の多様性により、最も深い紺碧の水(はい、それらは当時はより軽かった)と、最も天国の人々……それは純粋な楽園でした。
私はまだそれが恋しいです。

◎ 私 : 地球人も、そうだと思います。
これらのダークワンズの着陸は、地球上でそれらの最初の到来でしたか、それとも事前に他の場所でしたか?

★ アナラ : 彼らも私達の島の前に、他の場所に上陸しました。
彼らは地球上にいて、私達は彼らの影響力を私達のエネルギーで打ち消そうとしました。

◎ 私 : それで貴方も、彼らと戦っていたのですか?

★ アナラ : はい、精力的に。

私達は、彼らが南アメリカで何をしたかを見ました。
私達は、彼らがアジアとインドの周りで何をしたかを見ました。

彼らの影響は否定的でしたが、当時は、それほど問題ではないようでした。
彼らがアトランティスを爆破した時、彼らは地球を追い抜くのに十分強力であるポイントに達していたので、彼らはその時に本当の問題になりました。

彼らは至る所に自分自身を現わし、リーダーシップ、文化の方向性を引き継ぎ、何を考えるべきか、どうあるべきかを人々に伝えました。
最初の着陸からゆっくりと始まり、それから消えるように見えて戻って来ました。

彼らは、世界中に広がる病気のようでした。

◎ 私 : 彼らは、最初は地下にいると聞いて、当時、DUMB(秘密地下ネットワーク)を作成して人々を拉致し、彼らは最初に地下に住んでいた爬虫類を奴隷にし、次に表面に人間を奴隷にしました。
それで、その時に大陸に移動しましたか?

★ アナラ : ああそう。
私は、貴方がポーランドと呼ぶものに移りました。

当時、アトランティスとヨーロッパのこの部分との間に、イズレ川 / the Izre という名前の僅(わず)かなギャップがあった為、私達はイズレを渡り、東ヨーロッパとロシアと呼ばれるもの渡りました。
そして、私達はこの大災害で愛する土地が沈むのを見る為だけに、そこに住んでいました。

もちろん、私達はそれが来ることを知っていました……私達は予見者であり預言者だったので、貴方が言うように"沈むか泳ぐか"という選択で、私達は泳ぎました。
貴方方の聖書の洪水は、この大災害に関係しています。

多くの人が、影響を受けました。
多くが、変更されました。

◎ 私 : 貴方は何とかポーランドに住んでいました、そして、大災害の後?

★ アナラ : そうでしたけど、私達はもっと苦労しました。

◎ 私 : 何故、?

★ アナラ : ネガティブの支配があり、これも地球を変えました。

これらの振動は、貴方が自由に使えるものを変えます。
食物連鎖が変わり、人々は生き残る為に必死になって、肉を食べ始めました。

紀元前12,000年頃に、アトランティスの後に飢餓がありました。
大体。

盛んな文明がありましたが、他のものは衰退し始めました。
多くのアトランティス人がエジプトに移り、そこで彼らの最愛の家を再現しようとしました。

それは、水と肥沃な土壌の多い緑豊かな地域だったので、彼らは再び始めようとしました。
ピラミッドは古代文明の出身だったので、彼らはそのエネルギーを使って自分自身を助けようとしましたが、エジプトも闇に覆(おお)われました。

これらのダークワンズがアトランティスで支配し始めると、それらは既に地球集団の一部であり、現在どこにでも転生することができました。
彼らはそうしました、そして、星からの彼らの仲間は、執行として現れました。

地球が、変わりました。
それは、とても変わりました。(私は本当に、彼女の悲しみを感じます)。

それは、地獄に沈みました。

◎ 私 : それで、貴方はポーランドでの生活を生き延びました。
そして、貴方は私が、今、貴方の血統にいるので子供がいました。

そして、私はオランダ人/ドイツ人のミックスなので、彼らは最終的に西ヨーロッパへの道を見つけましたね。

★ アナラ : はい、私達はファミリーです。
全ての人間は、家族です。

彼らは、それを理解する必要があるだけです。
外観は、表面的なものです。

血は、全て同じです。
魂は、全て同じです。

◎ 私 : はい。

★ アナラ : 私達は、老いて亡くなりました。
私は約150歳で亡くなり、レノールは約160歳で亡くなりました。

古い神秘的な方法を生かそうと試みましたが、人々はそれらを実践することができなくなった。
彼らの振動数は、低過ぎたのです。

◎ 私 : それは、理に適(かな)っています。

★ アナラ : 私は、知識を生かそうと努めました。
私達はそれを石の上に書いて、これらは最終的に取り上げられて片づけられたので、誰も知識にアクセスできませんでした。

私達はそれを紙に書いて、それは更に脆弱(ぜいじゃく)でした。
燃えてしまう恐れがあります。

◎ 私 : 紀元前12,000年には、既に古代の知識が消えていました。

★ アナラ : 貴方は、今、地球上で多くの人々が神秘的な実践ができないという経験しています。
彼らは、それを行う為の正しいエネルギーを持っていないからです。

エネルギーはポジティブでなければならず、実践に燃料を供給できるように、それが十分でなければなりません。
効果を生み出すのは、貴方のエネルギーです。

それが悪意のある者によって吸い上げられている為に、エネルギーが少ない場合、貴方はその仕事をすることができません。

◎ 私 : 私達がだらしないのは、その所為(せい)かもという、もう一つの理由。

★ アナラ : はい。
それは彼らの為に機能しないので、彼らはそれについて懐疑的になります。

神秘的な秘密を保持し、それらを実践する少数を除いて、地球は、現在、退行的です。

◎ 私 : そうです。
地球を離れて、良かったですか?

★ アナラ : はい、いいえ。

私の生まれた美しい手付かずの土地がなくなって、それが人々にとって生きている地獄になることの始まりに取って代わられたことに、気づきました。
150年のスパンの中で、はい。
それは、直ぐに。

◎ 私 : 150年では、多くのことが変化します。

今、私達の工業化された西洋の世界を見て下さい。
それは、150年前にはありませんでした。

まだ、レナールが見えますか?

★ アナラ : 時々、そうです。
地球に戻ることについて、話しいます。

◎ 私 : まあ。
次のラウンドを行うことができます。

★ アナラ : 笑、貴方は否定性を楽しんでいませんか?

◎ 私 : 貴方は、明らかに戯(おど)けた性格なのですか?

★ アナラ : そうです。
多分、私は、土地が再び原始のままである時、それがそうであったように果物が木から落ちる時、結晶が選択の技術であり、人々が苦しむのを止(や)める時、私は地球に戻って来るでしょう。

私の土地が恐らく海から再び上昇し、少なくともその一部が上昇し、私は再びそれを見ることができます。
その細かい砂浜を歩き、その美味しい果物を食べるでしょう。
多分。

◎ 私 : 時間を取ってくれてありがとう、アナラ。

★ アナラ : 私は、永遠にしなければなりません。
どういたしまして。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional