gin81800



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ バシャールのメッセージ ★あたかも/自分の投影/感情のビープ音/常に貴方の中に/乗り換えの可能性/満たされた視点で/ビュッフェ体験/etc.★ .☆。☆*゚¨゚゚

June 25, 2020

新しい地球のスターシード達へ

【 あたかも 】

コンセントを差し込まないと、処刑掃除機を使うことはできません。
つまり、電気に繋がっていなければ、掃除機として機能を果たすことはできません。

それと同じ原理で、次のことを考えてみます。

電気を、宇宙(ソース)のエネルギーだと喩(たと)えます。
そして、自分自身にコンセントがついているのをイメージします。

自分についているコンセントがソース(宇宙)に差し込まれている状態が、所謂(いわゆる)宇宙(ソース)と繋がる自分です。
この状態になって初めて、貴方を発揮することができるようになります。
つまり、上と繋がる自分になることができるのです。

今までの古い世界では、コンセントが外れたままの世界になります。

ちょうど、コンセントが差し込まれていない重い掃除機でカーペットを走らせると、あたかも掃除されたかのような跡が残ります。
あたかもちゃんと機能しているように見えて、実際には本当にある機能を発揮している訳ではないのです。

【 自分の投影 】

たとえ、腹立たしい人が職場にいたとしても、たとえ、不愉快で目障りだと感じる人が側にいたとしても、実際には貴方のエネルギーの反映であって、その人達が問題だということはありません。
ですから、何故、腹が立つのか、どこに不愉快な気持ちになるのか、その部分を冷静な自分で見つめ直してゆく必要があります。

先ず、あの時のこんなシチュエーションでこんなことをされた、といった過去にリンクする意識を全て手放します。
そして、対象とする人物のポジティブな部分をできるだけ見つけ出して下さい。

例えば、自信満々で、自分に偽りがないように見える。
例えば、恥ずかしい素振(そぶ)りもなく、いつも堂々としている。

この時に、自分の心の状態をしっかりとモニターします。
すると、貴方の心がキュッと締めつけられる部分を見つけ出すことができます。

この部分に、貴方は腹が立っています。
つまり、自分にはないと勘違いしている部分を発見しています。

自分にはないと勘違いしている部分を認識できると、途端にその人に対するネガティブな想いが薄れてゆくことになります。
何故ならば、貴方の中にあった自分ではないエネルギーを手放すことができたからです。

【 感情のビープ音 】

心の痛みは、分離を通知するシグナルです。
つまり、不快な感情の全ては、分離した時に発生するビープ音のような感じです。

では、何から分離した時に、心地の悪いシグナルが発生するのでしょうか。
それは、ソース(宇宙)と繋がる自分、ハイヤーマインドの意識と繋がる自分、ありのままの自分から分離した時です。

つまり、ソース(宇宙)と繋がる自分は、100%ピュアでポジティブな意識を持っています。
この意識から少しでもブレてしまうと、心地の悪い感情のビープ音が鳴って貴方に知らせてくれるという訳なのです。

ですから、どんな些細(ささい)なビープ音でもキャッチできるよう、しっかり心の動きをモニターすることが大切です。
何故ならば、聞き逃したビープ音は、次のタイミングで必ずボリュームアップしてやって来ることになるからです。

それでも無視し続けていると、終(しま)いには無視できないほどの大きさで現れることになります。

【 常に貴方の中に 】

光は常に、自分の中にあります。
自分の中から、見つけることができます。
周囲の人に光を見つけることができるのは、貴方の中の光を認識しているからです。

また、どんな人にも光は存在しています。
どんな人でも、光を見つけ出すことができます。
何故ならば、私達は元々光からの存在だからです。

貴方の中の光は、貴方の生き方や在り方によって増幅します。

ワクワクで幸せで生きる貴方は、光が溢れ出ています。
その光はやがて、周囲の人の心に光を灯すようになり、光の輪は人から人へと飛び火してゆくことになります。

貴方の中の光から、貴方のハイヤーマインドと繋がることができます。
貴方のハイヤーマインドは、決して光の外へ出ることはありません。

たとえ、貴方が分離して光が一時的に分からなくなっていたとしても、貴方のハイヤーマインドは決して光の外へ出て導いてくれることはありません。
常に光の中から、貴方を導いてくれます。

ですから、貴方自身が自分の中の光と繋がる必要があります。
何故ならば、光は常に貴方の中にあるからです。

【 乗り換えの可能性 】

現在の私達は、針の目(穴)という駅からそれぞれの行き先に向けて旅立っています。
極めて細いトンネルを通って、針の目(穴)の向こう側の世界へ向かっています。

現時点での電車の乗り換えは、まだ可能です。
しかし、針の目(穴)の向こう側の世界で乗り換えを望んだとしても、それは極めて難しくなります。
何故ならば、貴方の意識は、その世界のバイブレーションにガッチリはまり込むことになりますから、電車の乗り換えが可能だと到底思えなくなってしまうことにあります。

ですから、乗り換えができる可能性は0ではありません。
が、それができるとは思えないほど、狭き門になってしまうことになります。
つまり、今まで可能性を見出すことができた事柄が、向こう側の世界では不可能という名の箱に片づけられて、固く閉められてしまうことになるのです。

分離する捉え方、古い旧式の考えを明確に見極め、貴方と無関係のエネルギーを手放して下さい。
何故ならば、分離する視点は、新しい世界に行くことができないからです。

【 満たされた視点で 】

今ここの瞬間に、いくつもの平行世界が折り重なって存在していることを知って下さい。
つまり、私達はまだ、自分が降り立つ平行世界以外を見ることができる場に存在しています。

他の平行世界が見えるということは、他の可能性で生きる世界を、まだ見ることができる場に存在しているということになります。
それはちょうど、たくさんの映画が一度に上映されている巨大映画館にやって来て、どの映画を体験したいのかを見定めることができる場に存在している感じです。

ですから、たとえ、貴方に見える世界であっても、その世界が実際貴方が降り立つ平行世界だとは限りません。
貴方の感情や、五感や、想いに訴えかけて心が反応する世界こそが、実際に貴方が降り立つ世界となります。

もしも、現在の貴方が体験している世界が、自分の望む世界とマッチしていないと感じるのであれば、実際に自分はどんな世界に生きたいのかを明確にしてゆく必要があります。
しかし、ここで注意して欲しいことは、望まない要素にフォーカスして、これがない世界を望むと言っても、宇宙は、これがない世界だったらいいのにと思わせる状況を繰り返し引き寄せて来ることになります。

ですから、自分の望みを、明白に豊かな満たされた視点で、望む世界を決断する必要があるのです。

【 ビュッフェ体験 】

現在の針の目(穴)のタイミングは、全ての選択と全ての体験可能な可能性、全ての視点や捉え方が浮き彫りにされた状態です。
ちょうど、トランプの持ち札を全部表に広げて見せている感じです。

選べる可能性が全て表に広げられていますので、自分の心に沿った選択を容易にすることができます。
また、自分の心に沿う世界と沿らない世界との違いを、容易に見極めることができます。

まるで、ネガティブな体験も、ポジティブな体験も、その両方でもない体験がずらっと並んだブッフェに来ているかのように、貴方は好き体験を一つづつ自由に選んで体験することができます。

針の目のトンネルを通ってポジティブな世界へ分岐してゆく人は、ポジティブ体験がずらっと並ぶビュッフェを体験することになります。
そして、更に拡張されたポジティブ体験を突き詰めてゆくことができる世界に、生きることになります。

一方、ネガティブな世界へ分岐してゆく人は、ビュッフェに並ぶ体験がネガティブ体験になり、選べる幅が極端に狭まってしまうことになります。
そして、選べる体験の幅はどんどん狭まって縮小されてゆくことになりますので、ネガティブ体験の凝縮を突き詰めてゆく世界に生きることになります。

【 エンパスの理由 】

エンパス能力が非常に優れているスターシード達は、周囲のエネルギーを吸収して、自分の体験に落とし込んでしまいがちです。
ですから、多くの場合、社会全体で起こる出来事(エネルギー)に反応するというよりも、その出来事に反応する人達の怒りや腹立ちのエネルギーから影響を受け取ってしまいます。

しかし、自分は周囲のエネルギーを感じ取っているだけであって、このエネルギーは自分のものではないとしっかり認識してさえいれば、貴方は傍観者の立場からブレることはありません。
意識のダイアルを再び自分の望む方向へとシフトさせ、周囲のエネルギーを手放してあげます。

スターシードがエンパスでいることには、ちゃんとした理由があります。
周囲の人達の想いに共感でき、しかも、その共感する想いを接点に愛と光へと導いてゆくことができるからです。

ですから、人の心が解るからこそ、周囲の人にありのままの自分に続く道を照らしてあげることができるという訳なのです。

【 ありのままの貴方が進む道 】

現在、様々な平行世界のリアリティが主張し始めています。
様々なバラエティーに飛んだエネルギーが交差して行き交い、今までないほどの選択の可能性が広がっています。

しかし、望まない世界の主張を認識したとしても、問題ありません。
何故ならば、貴方が望む平行世界からブレる選択をしなければ、その影響を一切受け取ることはないからです。
そういった意味で言っても、自分軸から選択することが重要になります。

尊敬する誰かが選択した選択を選べば、問題ないだろうでは、貴方のエネルギーがどこにも含まれない選択をすることになります。
そうではなく、自分のエネルギーが入った世界を選択することが、極めて重要になります。
つまり、自分の中心とマッチする、心が共鳴する選択が迫れれていることを意味しているのです。

貴方のエネルギーが入った選択は、貴方の心が共感できる選択です。
貴方の心が動かない選択、若しくはネガティブで気持ちがモヤモヤする選択は、ありのままの貴方が進む道ではありません。

【 ポジティブな世界の未来 】

ダリルのもう一つの未来生に、ウィラという平行世界の地球に住む、ハイブリッド種の女性が存在しています。
彼女は、私達の700年先の未来の地球に住む存在で、第6番目のハイブリッド種になる過程を体験中です。

彼女の住むリアリティには、シャダックと呼ばれるストーンヘンジのような姿のゲートがあらゆる場所に設置されていて、シャダックを使って、地球の何処へでも瞬時にテレポートすることができます。
このテレポーテーション・システムは、現在の科学者達が考えているような方法で機能している訳ではありませんが、新しい平行世界の地球では、こういった新しいタイプのテクノロジーがどんどん発明開発されてゆくことになります。

また、ウィラの住む平行世界の地球は、高次的存在との面会が起こった後の世界です。
よって、3次元密度の直線的視点で申し上げますと、針の目の向こう側のポジティブな世界の未来には、高次的存在との面会後にウィラが体験する世界へと続く世界となります。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional