gin8104



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ マイク・クインシーのハイアーセルフからのメッセージ ★和解の時★ ☆、。・-*-・゚`★

March 6, 2020

今こそが、和解の時です。
何故なら、貴方を傷つけた魂達を貴方が許さなければ、貴方はアセンションすることができないからです。

相手が、どのような形で貴方を傷つけたとしても、全ての人と和解しなければなりませんし、それは早ければ早いほど良いです。
たとえ、彼等が生存する人の中で最も邪悪な魂の一人であったとしても、それは関係ありません。
貴方が彼等に対して対抗心を燃やし続けたとしても、自分の為にも、相手の為にもならないからです。

人生はパントマイムのようなものですが、貴方がそれを非常に真剣に受け止めるのも当然のことです。
とは言え、最も闇の深い魂でさえ、光に変わることができるというのは事実であります。

こういった闇の人達は、その人の中にある光の煌(きら)めきを見ることができる存在達に助けられています。
救いようのない人など、いません。
チャンスさえ与えられれば、彼等も完全な光になることができます。

他の魂に対する恨みを持ち続けていると、現在の次元を超えることが難しく感じられるはずです。
許しは、貴方の人生の中の大きな部分を占めますが、許しを実行するのに最適なタイミングというのは、貴方が不当な扱いを受けたと感じる時です。

貴方を不当に扱った人を、野放しにすることになるのではと心配する人もいます。
でも、忘れないで下さい。
彼等にだって、人生が完了すると、全ての魂と同じように別の領域に行く際に、人生の見直し会が行われます。

この時に初めて、この存在が抱えている問題の真実が浮き彫りにされます。
この様な状況下では、真実しか存在することができないからです。
つまり、個人的な責任は回避することができないし、罰というものもありません。

人生の見直し会はとても友好的な形で行われ、「悪い点」を指摘するのではなく、そうなるに至った本当の理由を理解できるようにし、できれば次の転生ではこれを繰り返すことがないようにする為のものです。
これには、カルマが関係している場合があります。
何故なら、起きた問題を精算する為に、未来の経験が用意されることもあるからです。

ご存知の通り、他人に対して悪いことをしたのであれば、どのような人であっても、その事実から‘逃げる’ことはできません。
だから、誰かを見返す手段としての復讐は決して正当化されませんし、必要でもありません。

愛情と思いやりのある人というのは、他人とその人の人生に対して、非常に慈悲深い見方ができるということです。
但し、それは他の人を優先するあまりに、自分のニーズを満たせないという状態ではありません。

自分は利己的でも、自己拡大を求めている訳でもないことを証明する為に、貧困の中で生活する必要はないということです。
これは程度の問題であり、貴方の能力と機会に応じて、物事を行うことが大事なのです。

貴方は全ての人にとって万能であることはできませんが、常に最善の意図を持って行動することで、ご自分の信念やスピリチュアルな考え方に沿って行動することができます。

真のスピリチュアルな手助けというものは、与えるという大きな喜びが伴うので、見返りを必要としません。
とは言え、どんな形であっても貴方が感謝を受け入れることで、恩恵を受けた人は、貴方が相手の親切を認識していると感じることができます。
このような行動はより高いバイブレーションを作るのに役立つし、貴方が良き見本を示すことで、他の人が貴方に追従することを奨励します。

現在、皆さんは、非常に多くの人が何らかの助けを求めている世界に住んでおり、人は慈悲深い形で、こういった求めに応じる機会を与えられています。

一部の人々は、苦しんでいる人を見ても、これは自業自得であると言って助けたがりません。
この様な人は、全ての魂が人生の中で浮き沈みを経験しているということをうまく理解していないようです。

私達は、全員が他の人を助けることのできる状況ではないことを理解しています。
とは言え、ちょっとした思いやりの言葉をかけるだけでも、人の魂を上昇させることができます。

心から他の人の問題を理解することはできないかも知れませんが、有益なアドバイスと真の同情によって、彼らの気持ちを上昇させることはできます。
シンプルに他の人々のことを思いやり、幸福を願うことは非常に大きな助けとなりますし、孤独な生活を送る人々は時に、社会的接触から得られる恩恵に欠けることもあります。
このように接触を必要とする人々のことを、皆んなが気にするようになれば、全体的な幸福感が上昇するでしょう。

他者を思いやる気持ちは、人間の本質的な部分であり、決して社会が困っている人を無視しないような仕組みになっているのです。
人類が助けを必要とする人々の為のヘルプセンターの設置を拡大することができれば、思いやりのある社会の基盤ができ、現在全ての国に多かれ、少なかれ存在している貧困を直ぐに終わらせることができます。

また、世界の富がより均等に分配されれば、人々の生活水準は急速に向上するし、少なくとも全ての人の基本的なニーズを満たすことができます。
何かを起こそうとする意図さえあれば、私達の側からは確実にあらゆる手助けをさせて頂きます。

今日も私は、愛と祝福を残して筆を置きます。
光が貴方を完成へと導き、明るく照らしてくれますように。

このメッセージは私のハイアーセルフ、私の内なる神から頂きました。
全ての御魂は、神の御魂と繋がっています。

愛と光の中で

マイク・クインシー

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional