gin8094



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ ベンジャミン・フルフォードレポート ★フルフォード 英語版(2/24)★ *-..。o○☆*゚¨゚゚

February 24, 2020

【 ビル・ゲイツ、秘密戦争が激化する中、中国に降伏 】

惑星地球の為の秘密の戦いは、悪魔のハザリアンマフィアに対する告発をリードする、イングランド、ロシア、中国と国防総省と、猛威を振るっている。
先週の最大の開発では、マイクロソフトのビル・ゲイツは、彼の人生を恐れて中国に降伏し、薬理マフィアに関するインサイダー情報を提供している。

アジア秘密協会と国防総省筋は、言う。
国営中国新華社通信は、ゲイツが「新しいコロナウイルス」と戦う為に、1億ドルを提供したと報じている。

中国の習近平国家主席は、ゲイツに次のように言った。
「私は、関係する中国の機関との協力を支持し、全ての人々の健康と幸福の為に、国際社会における調整と協調的な努力の強化を楽しみにしている。」

http://www.xinhuanet.com/english/2020-02/22/c_138807761.htm

ゲイツは、最も確かに中国の秘密サービスが含まれている。

アジア秘密協会の情報筋は、先週、国防総省に、中国に対する生物兵器攻撃は、ジョン・F・ケネディ大統領を暗殺し、9.11を調整したのと同じ人々によって行われたことを認識していると語った。
従って、アジア人と国防総省は、全ての有罪当事者が「正義に導かれている」ことを確実にする為に、ピンポイント情報を協力し、共有している。

今、我々は、ドナルド・トランプ米大統領と、このビジネス全体における彼の政権の役割を見る必要がある。
重要なヒントは、一般的な風邪ウイルスとして知られている「コロナウイルス」を取り巻くパニックのエスカレーションだ。

2月16日に米国政府が正式に債務不履行に入った後、本格的に拡大しているこのパンデミックは、米国が、今、経験している信用の遮断(ひいては赤字資金による輸入)のカバーを提供する為に、上演されている。

我々はまた、トランプが、彼の軍事支援の多くを失ったことを指摘する。
その為、彼は国家情報長官代行として、公然と同性愛者の炎のシオニスト米国大使リチャード・グレネルを雇うことを余儀なくされた。

また、トランプ・Q・アノンが彼のだらしないカ、シャップ・パテルを「覚えておくべきことの名前」として推し進めている理由でもある。

https://8kun.top/qresearch/res/8200021.html#8200492https://edition.cnn.com/2020/02/19/politics/trump-grennell-acting-dni/index.html

CIAと海兵隊のベテラン、ロバート・デビッド・スティールは、次の指摘を述べている。
「秘密のマンダリンは、代理DNIとカシャップ・パテルのような彼の新入社員に嘘をつく。」

誰もが大統領が必要としているものを知っているにも関わらず、知性の実体を知っているのと同じように無知だ …… 転覆と嘘とは別に、[マイク国務長官]ポンペオと同様に、秘密の世界は魅力と破壊を求め、グレネルのジェノサイドシオニズムとの魅惑は彼のアキレス腱だ。
もちろん、ここは、遥かに大きなゲームがある。

先週、サウジアラビアでG20財務大臣が集まり、英国、ロシア、中国を差し引いたものが、何が危機に瀕しているのかについてのヒントを提供している。
インドネシアのスリ・ムルヤニ・インドラヤティ財務大臣は、リヤドでのブルームバーグテレビインタビューで、G20のサイドラインで「同期することは非常に重要だ」と述べた。

インドローアティは、次のように付け加えた。
「ここに来る全ての経済大臣と中央銀行は、必要に応じて財政拡大を含め、実施し、実行できる手段と政策ツールを持っている」
彼女は、基本的に、中央銀行は無制限の刺激や数兆ドルのコンピュータクレジットマネーを作成すると言っている。

今回は、終盤戦のようにはうまくいかない。
インドネシアは、シオニストのカバールによって、製造業で中国から引き継ぐ為に選ばれたように見える。
偶然の一致はない。

https://news.yahoo.com/indonesia-backs-calls-coordinated-global-095844961.html

ロシアのFSBの情報源が指摘したように、たとえ、新しいコロナウイルスが存在しなかったとしても、それは発明されなければならなかったからだ。

これまで世界を支配してきた欧米の旧支配階級らが生き残りをかけて、今も必死でハイブリット戦を展開しているが、新型ウイルスによる中国での大量殺戮計画は予定通りに進まず、今度は、日本や韓国に向けてパンデミックの恐怖を煽(あお)っている。
しかしながら、彼らが開発してばら撒いた新型コロナウイルスは、結局のところ一般的な風邪菌くらいの危険性しかない為、ヒステリックな今の騒ぎも、間もなく終息に向かうことになるだろう。
それを見越してか、現在、欧米の旧支配階級らは、自分達の権力維持を図る為に新たな手法を準備し、次の攻撃のタイミングを狙っているとペンタゴン筋は伝えている。

5G(第5世代移動通信システム)基地局の全国展開の直前に、日本で新型ウイルスのプロパガンダキャンペーンが行われているのも偶然ではないという。
5Gに関しては、世界中の医師や科学者などの専門家達(少なくとも26,000人の科学者)が、人体への健康被害を指摘し、「人類にとって非常に危険である」と警鐘を鳴らしている。

https://www.change.org/p/humanity-stop-5g-global?recruited_by_id=15f869b0-3a35-11e9-9569-f1d854fef02f&recruiter=938966256

その為、欧米諸国では5Gの実験・導入を禁止、若しくは規制を強化する動きが加速している。
元々欧米では、電磁波の危険性についての議論が活発に行わている。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional