gin8031



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ バシャールのメッセージ ★自分を愛すること/本当の目的/分岐の波/自分の世界/ほっとくこと/其々(それぞれ)の世界へ★ ..☆。☆*゚¨゚゚

October 25, 2019

新しい地球のスターシード達へ

【 自分を愛すること 】

例えば、自分は精神世界について何十年と勉強しているし、例えば、有名なスピリチュアル・リーダーの膝下でそのエネルギーに毎日触れ合っているから、私は大丈夫だという人がいます。
が、果たしてその高いエネルギーがちゃんと浸透しているかどうかは、別問題になることを知って下さい。
つまり、自動的に高いエネルギーの恩恵を受け止めるとは限らないことを意味しています。

自分を愛して自分に舞い戻って考えることができるからこそ、それらの高いエネルギーを受信することができます。
自分を愛していなければ、たとえ、それらの高いエネルギーの中にいても、それらのエネルギーが浸透することはありません。
つまり、ちゃんと理解することができません。

自分を愛して受け止めることができないということは、本当の意味で目隠し状態で生きることを意味しています。
つまり、本当の自分から分離=完全版のハイヤーマインドから分離=人類の総合意識体から分離=宇宙(ソース)から分離することを意味しているのです。

【 本当の目的 】

言い訳や文句や批判に時間を費やすのではなく、自分の心が心地良さを感じることを、自分の人生にどんどん取り入れて行動に移して下さい。
自分の理想とする理想の自分を体現して、表現し始めます。

言い訳や文句や批判などのネガティブなエネルギーは、古い3次元密度のエネルギーです。
この重たいエネルギーに囚われているうちは、まだ古い世界から抜け出ていません。
そして、分岐のエネルギーが大きくなるに連れ、こういった想いや観念が自分の波動に定着してゆくことになるので、もっと抜けることがなかなかできなくなってゆきます。

貴方がこの物質界にやって来た本当の目的を、思い出して下さい。
そして、その目的に沿って歩み始めて下さい。

貴方は働きに地球へやって来た訳でも、問題解決しにやって来た訳でもありません。
貴方の本当の目的を、実践する為にやって来ているのです。

【 分岐の波 】

これから先、分岐の波に乗っかって、様々な意見、様々な捉え方、様々な感じ方をする人が増えて来るようになります。

自分に軸がない人は、これらの強いエネルギー(意見や捉え方)にブレて混乱してしまうかも知れません。
自分に軸がない人は、これらの強いエネルギー(意見や捉え方)が、果たしてエゴイスティックな視点からやって来ているのか、それとも愛からやって来ているのかが分かりません。
つまり、ハートでネルギーを感じることができません。

たとえ、エネルギーを感じ取っていたとしても、自分を信頼することができません。
私達は、方向転換ができにくい波動域にやって来ました。

【 自分の世界 】

過去に起こった出来事にいつまでも囚われず、未来の理想の自分に切り替えて、フォーカスをし始めて下さい。
たとえ、どんなに腹立たしいことがあったとしても、そのエネルギーをポジティブに活用してシフトさせてゆける力が、貴方に備わっているのです。

しかし、古い地球の記憶を捨ててしまえ、と言っているのではありません。
波動が高まれば『それはそれ』という具合に、ネガティブな思いにフォーカスできなくなってゆくからです。

貴方は、元々ポジティブな愛と光の存在です。
その事実を忘れて深い深い眠りにいていた私達は、今ここのこのタイミングで本当の自分に目覚める為の道を歩み始めています。

2912-2015年の3年間を使って、自分自身に振り返って内観して来た人は、自分の軸に沿ったリアリティをこれから体験することになります。

貴方の軸は、ブレることのない強さを持っています。
貴方はクリアな視点を手に入れていますので、自分のワクワクする道を自分の力で見つけ出すことができます。

貴方は、精神的にも自立しています。
つまり、自分に軸が立っているという意味で言っています。

自分に軸があるということは、自分の可能性を信頼していることでもあるのです。

自分の可能性をもっともっと広げて、遊んで下さい。
貴方の世界を、ワクワクで行き始めて下さい。

【 ほっとくこと 】

現在の世の中は、著しく激しいエネルギーが渦巻いています。
其々(それぞれ)の主張や捉え方は、其々(それぞれ)の人達の本気モードの主張です。

ただ、それが心からの声なのか、またはエゴイスティックからの声なのかは、受け取り側の判断に任されているのです。
つまり、貴方の心が共鳴することが、貴方の答えとなります。

しかし、ここで理解して欲しいのは、貴方の隣りにいる人も、貴方と同じように共鳴しているとは限らないのです。
ですから、たとえ、貴方が『こっちの道が良い』と思っても、貴方の隣りにいる人も同じように考えているとは限りません。

人の行く道は、その人の選択です。
貴方は、そこに干渉する権利はありません。
貴方ができること、それは、ほっといてあげることかも知れません。

私達全員が、覚醒の道を選んでいる訳でないのです。
たとえ、高次のエネルギーに身を置きながらも、覚醒の道を選ばない人達もたくさん存在しているのです。

私達は必ず、覚醒の道を行くことになります。
人によっては、来世かも知れません。
人によっては、まだまだ眠りの体験を選びたい人もいるでしょう。

何(いず)れにせよ、今、フォーカスするポイントは貴方自信です。
貴方の軸に舵(かじ)を降ろし、そこから自分の思う道を歩んでゆきましょう。

【 其々(それぞれ)の世界へ 】

何もかもが、億劫(おっくう)に感じられることがあります。
ちょっと前まで楽しかったことが、そうでもないように感じられてしまいます。
そして、ふっと気がつくと自分をジャッジして、悪いことばかりを考えています。

しかし、別に気分が悪くなっても、鬱(うつ)になっても、然程(さほど)問題ありません。
気分が落ち込んでいることを自分でしっかり認識できてさえすれば、また元の軸に戻ることができるからです。

貴方の気分が落ち込んでいる時、貴方はネガティブな記憶にアクセスします。
ネガティブな貴方は、明るくポジティブな未来や、理想の自分を想像することができないので、自由な発想やワクワクする白昼夢を見ることができません。
つまり、この状態の貴方は、エネルギー的にも不自由なさまを体験しています。

でも、これが3次元密度のコントラストの特徴となります。
3次元のコントラストは、ポジティブ/ネガティブ、心地良い/気分が悪い、といった2極の体験ができる世界です。

そして、4次元密度の高い波動域に行くに連れ、其々(それぞれ)の極が、其々(それぞれ)の世界を持つようになります。
これが、現在の私達が体験している分岐です。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional