gin7960



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ コブラからの情報 ★フラワーオブライフ★ ☆、。・-*-・゚

July 1, 2019

4月中旬以降の数か月間に、惑星地球はガンマタイムライン(光の勢力の介入)とデルタタイムライン(地球の滅亡)の間で揺れ動いていました。

本件についての情報は、全て極秘です。
というのも、ネガティブなタイムラインにあまりにも目を向けていると、それが具現化してしまう可能性が高まるからです。

この間に光の勢力は、トップレット爆弾が存在している極めて危険なプラズマ異常層の一つを除去していました。
その層の除去は、6月21日の正午(GMT)のあたりに成功し、これによって危険性が大きく減少しました。

トップレット爆弾はまだいくつか存在しており、多少のプラズマ・量子揺らぎ初期異常の除去は必要ですが、ポジティブなガンマタイムラインは、今、遥かに確実なものとなりました。

6月21日の光の勢力の成功によって、我々の太陽系に新鮮でポジティブな輝くプラズマが入って来ました。
このポジティブなプラズマは、惑星地球周囲の中間圏が刺激されたことで、その当日の夜に素晴らしい夜光雲ができました。

https://spaceweatherarchive.com/2019/06/23/extreme-noctilucent-clouds-over-europe/

光の勢力は、1996年のアルコン侵略後初めて、アセンション大天使がこの太陽系に再来したと伝えて来ました。
その数日後に、中国では虹色のクラウドシップの出現が始まりました。

6月24日、廈門市にて

画像の説明

6月28日、広州市と南寧市にて

画像の説明

画像の説明

光の勢力から、イベントへの道のりが加速化されたので、圧縮突破の前に物理的な光の島をつくる時間的余裕はないと伝えて来ました。
その気があるのであれば、光の島のプロジェクトを継続していただいても構いませんが、現時点で主な焦点は変化の過程を安定させる為に、現状にできるだけ光を定着させることです。

光の勢力は、今、1996年に惑星地球を巻き込んだ根幹の異常の除去を開始しています。
この異常は、全てのポテンシャルがありますが、量子泡における初期異常の量子波動関数の配合と摂動が、まだ具現化していない状態のものです。

https://demonbane.fandom.com/wiki/Yog-Sothoth

オカルトの専門家のケネス・グラントは、1996年の侵略のかなり前に、プラズマのセットのトンネルから、通常の現実界に向けて初期異常が爆発する危険性を認識していました。
1977年に、彼の著書のエデンの夜側(Night side of Eden)が出版されました。

画像の説明

地表近くの闇の異常プラズマは、台形の非調和の幾何学的で非ユークリッド的な幾何学模様で形成されているもので、闇の勢力が手配したものです。

https://www.reddit.com/r/Lovecraft/comments/55bgyx/strange_spheres_yogsothoth_are_the_keys_to_higher/https://en.wikipedia.org/wiki/Non-Euclidean_geometry

闇の勢力にいる主なオカルト魔術師の一人のマイケル・アキーノは、「9角の儀式」と呼ばれる儀式を開発して、ネガティブなオカルト儀式に台形の非神聖幾何学模様を導入し、1970年代から闇の勢力がこれを使用されています。
非神聖幾何学模様の格子は、地球を取り巻くマトリックスの基礎となるものです。

非神聖幾何学模様の解毒剤が、フラワーオブライフです。

https://www.world-mysteries.com/science-mysteries/sacred-geometry/sacred-geometry-and-the-flower-of-life/

光の勢力から、皆さんが、今、できるだけフラワーオブライフの神聖幾何学模様を使用するようにとの要請がありました。
皆さんのエネルギーフィールドの周囲に、黄金のフラワーオブライフの球体を可視化すると、皆さんのプロテクションとなります。

画像の説明

ヒーリングを要する地球上の場所に、フラワーオブライフのステッカーを貼っていただくと良いです。

https://armyofillumination.blogspot.com/2019/06/unity-through-grid-operation-take-back.html

こちらのクロップサークルで見て分かる通り、光の勢力はこのプロジェクトを強く支援しています。

http://www.cropcircleconnector.com/2019/StJean/StJean2019a.html

もう一つのクロップサークルは、キメラの蜘蛛(くも)がセントラルサンに連行されることを示唆しています。

http://www.cropcircleconnector.com/2019/SparticlesWood/SparticlesWood2019a.html
https://supernaturalspirit.com/tunnels-of-set-total-amalek-spider-tulpas/

興味深いことに、このクロップサークルは6月21日当日に出現しました。
プラズマのキメラの蜘蛛は、今、セットのトンネル(闇のプラズマフィラメント)から銀河のセントラルサンに連行されています。

第3のクロップサークルは、世界中のチンターマニのグリッドが、次の段階に活性化されつつあることを示しています。

http://www.cropcircleconnector.com/2019/longwood/longwood2019a.html

Victory of the Light!

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional