gin7933



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ ベンジャミン・フルフォードレポート ★フルフォード 英語版(5/20)★ *-..。o○☆*゚¨゚゚

May 20, 2019

【 米中の代理戦争が激化して、戦艦と戦闘機がインドネシアの近くに集まる。 】

全く非宣言の米中代理戦争は、今、世界中で激化しており拡大の一途である。

関税と通信大手ハウウエイ社をブラックリストに掲載している米国は、過熱するかも知れない戦争の開幕戦であると、複数の情報筋は同意した。
中国は既に、アメリカ人にこう語っている。
「貴方が話したいなら扉は開いている、もし、戦いたいなら我々は最後まで戦う。」

http://www.xinhuanet.com/english/2019-05/19/c_138071807.htm
https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-05-17/huawei-built-at-least-a-three-month-stockpile-ahead-of-trump-ban

この地域の白龍会の情報筋によると、この戦争の最大の戦場は東南アジアとなるであろうと述べている。
5月22日に大統領選挙の紛争が発表された時、中国、アメリカ、オーストラリアの軍艦とフランスの戦闘機は、現在、重要な戦いに備えてインドネシア周辺に集結していると、その情報筋は述べている。

現在の大統領であるジョコ・ウィドドは中国に支持されており、11%の差をつけて勝利が予想されている。
彼は、不正投票への不満と、反中国の対向者プラボウ・スビアントを支持する学生と、イスラム教徒の活動家による大規模デモに直面することになる。

プラボウは、長期独裁者スハルトの娘と結婚しており、インドネシアの特殊部隊長でもあった。
プラボウは、かってシンガポール決国の父リー・クアンの「インドネシアの中国人は、如何なる問題においても少数派として怪我をする危険に曝(さら)されるので、危険である」と警告した。

既に、中国贔屓(びいき)の将軍が、シンガポールから持ち込まれた仕組まれた「猿水痘」ウィルスによって死んだと、アジア秘密結社の情報筋は言う。
計画されているデモは、毒ガスと生物化学兵器で攻撃されるだろうと、その情報筋は言う。

インドネシア・ルピアと株式市場の仕組まれた暴落は、ウィドド政権を更に不安定にするだろうと、彼らは言う。
東南アジアのCIA関係者は同意すると共に、インドネシアから資金を一時避難されるのに良い時期かも知れないと言っている。

白龍会の関係者によると、インドネシアで燻(くすぶ)っている問題は、ラオスとタイの反中華人民共和国圧力と一緒になるだろう。
この地域のCIA関係者によれば、この地域の圧力はまた、不正に選出されたシオニスト召使に認められることに反対するものになるだろう。

また、オーストラリアのスコットモリソン首相による、中国人贔屓(びいき)の対戦相手のビルショートンに対する総選挙での「奇跡的」勝利(出口投票に反する)は、反中国攻撃の一環として「設計」されたことも推測できる。
中国人はそもそも、中途半端な対応を計画することは有り得ない。

中国の軍事情報筋は、以前、この著者に、アメリカ人による挑発が激しくなれば、中国が2か月以内にインド、韓国、東南アジア(除くベトナム)を占領する計画を立てたと話した。
中国における反米朝鮮戦争映画の放送は、中国が何を計画しているかについてのヒントである。

確かに、朝鮮半島で大きな何かが起きようとしていると、北朝鮮とアジョア秘密結社の情報筋は確認している。
数か月を経て初めて、この著者と接触して来た北朝鮮の情報筋は、北朝鮮の有力者である金正恩氏は、韓国での彼の活動を強化していると述べている。

「金は、彼が朝鮮の皇帝となり、韓国大統領のムン・ジェインは大統領になる」という取引に達していると、その情報筋は言う。
それだけではなく、金は日本の天皇徳仁を追放するという野心を持っていると、北朝鮮の情報筋は言う。

北朝鮮の数百名の法輪功信者がタオで逮捕されたという米国務省宣伝ニュースは、これらの動きのヒントを提供している。
これは、法輪功がネオコン・シオニストのエリオット・エイブラスによって運営されている心理作戦であるからであると、フランスの諜報機関及び他の情報筋は述べている。

https://www.rfa.org/english/news/korea/nk-falun-gong-05172019164536.html

また、中国でスパイ活動の為に逮捕された2人のカナダ人市民、元外交官の Michael Kovrig とビジネスマンの Michael Spavor についても、興味深い報告が寄せられている。

「カナダの軍事情報機関は、これら2つの深層国家の資産を中国に売却しました」と、アメリカの軍事情報機関は述べている。
これは、カナダ軍によるジャスティン・トルドー首相に対するキャンペーンの一環であり、彼らはカナダの利益に反対する「シオニストの深層国家の資産」であると考えている、と情報筋は述べている。
それは「トルドーによる「安い汚い貿易取引」と関係があると、カナダの秘密情報機関は付け加えた。

AP通信の北朝鮮局長、57歳の EricDavid Talmadge 氏が、先週、「横浜を走りながら」死んだことも、このような状況では疑わしい。
これは「偶然の一致かも知れないし、或いは日本の安倍晋三の奴隷政府を支配しているカザリアン・シオニスト機関の継続的な追放の一部かも知れない」と、日本の地下情報筋は言う。

先週のマレーシアでの一風変わった話題についての、興味深いレポートもあった。

「先週、私のマレーシア諜報機関の連絡担当者の1人が、[元首相の名誉を毀損した]ナジブ・ラザックは、公に述べられているように監護権を持っていないと語った。
彼は一種の逮捕状態であり、彼の望みにより西マレーシアを旅行している。

彼は公式に国を離れることはできないが、「非公式に」彼はブルネイで見られた。
外国要人が、漢詩化を完全にブルネイに入獄する方法があり、彼は先月そこにいた。

スルタンと、個人的な会談がなされた。
私は、ブルネイの私の接触者によって確認した。

「ナジブは、彼のハンドラーであるハザール・シオニスト・マフィアと取引をした。
彼は、MH370/17の全てのデータを内部犯行により持っている。
彼は、それを安全な数か所に保管している。
彼が刑務所へ行き、海外資産が没収された場合、データは公表されることになっている。
私は、彼がブルネイ、シンガポールと香港に、50億ドル止(とど)めていると言われた。
マレーシア人首相マハティールの手は、縛られているようだ」

ロスチャイルドによる、このようなマレーシアの航空便370/17スキャンダルを隠そうとする努力にも関わらず、それはまたオランダで頂点に来ている。
ロシアは既に、その飛行の停止に関する証拠を隠蔽(いんぺい)したとして、オランダ政府を非難している。
外交用語で、それは戦争宣言に近い。

この厄介(やっかい)な農場が世界に公開されるのは、時間の問題である。
米国のハザリアンマフィア支配からの解放が、引き金となることを願っている。

ここで、国防総省情報筋は次のように述べている。
「密封された起訴状が10万件に迫り、ムラーの件も終了し、バーに勘定を支払う時が来た。しかし、我々はこれらの指示が実行されるのを待ち続けており、この面では話ではなく行動を見たいと思っている。」

情報筋によると、ドナルド・トランプ米大統領は、6月2日のにノルマンディ上陸記念75周年記念を祝う為に、英国と仏国へ出発する前に、司法省検察官の将軍マイケル・ホロウィツと、元FBI長官のジェームス・コミーの報告書を公開し、FISAの機密取り扱いを解除する。
D-DAYは、新らしい意味を持つようになるかも知れないと、その情報筋は言う。

中東でトラブルを巻き起こすことで、これらの調査を食い止めるシオニストによる努力も、劇的に失敗している。
元CIA作戦司令官と、米海兵隊の代理人であるロバート・デイビット・スティールによる韓国の効果があったと、国防総省関係者は言う。

「トランプは、北朝鮮との取引の助けになるかも知れない超指導者アリ・カメネイと、首脳会談を持つかも知れない」と、その情報筋は言う。
国防総省による、「腐敗した無駄な軍産複合体(MIC)を揺るがす」大きな圧力もあると、その情報筋は言う。

「トルコ、インド、イラン、中国、シリア、リビア、そして、EUでさえもよい、ロシアの武器を入手しているので、津波警報が発令された」とMICを追い払い、より良い製品を製造差せるよう強要する。
SU-57戦闘機と、S500対空防衛装置を購入して、トルコをロシアの近づけることは「NATOを侵略し、イスラエルを弱体化させる大胆な動き」であると、彼らは付け加えた。

国防総省情報筋はまた、米中の対立についてはかなり悲観的であり、中国の貿易戦争とハウウェイに対する極度の偏見は、中国主導の世界的ボイコット、注文のキャンセル、証明の取り消し、着陸と空域の拒否によって、ボーイングの行為を一掃させる為に、ボーイングを貶(おとし)める為に使われるかも知れないと言っている。
国防総省情報筋は、米軍はアメリカがシオニスト寄生虫を排除することを支援したいと言っているが、イスラエルは国会議員の地位に委任されている。

ポーランド政府はまた、「ホロコーストの補償」として、その国から3,000億ドルを強要しようとするシオニストによる以下のような企(たくら)みに対する、反シオニスト運動の主要なプレーヤーとなっている。
ポーランド人は、600万人ではなく、271,301人が殺されたと主張するナチ強制収容所に関する赤十字の報告を発表した。
彼らはまた、ポーランド自体が、ナチの残虐行為の最悪の犠牲者であると主張した。

http://www.klubinteligencjipolskiej.pl/2019/02/oficjalne-zrodla-z-miedzynarodowego-czerwonego-krzyza-dowodza-ze-holokaust-byl-zydowskim-oszustwem/?fbclid=IwAR3xtHz7dl-ZWskDFDIfukpsOKncfI_gxXNR26t2i0oSMHBNMq9KxlXZbog

ポーランド系ユダヤ人の血を持つものとして、私は確かにそれは本当の、歴史的な、公平な、事実に基づいた、そして、公的な調査がこの問題を一回限りのリセットをする時期であると思える。
公式の「ホロコースト(バールの神に焼かれた捧げられた)の物語に疑問を投げかける人々を刑務所へ入れることは、疑いを生じさせるだけである。
真実は罰の背後に、隠れるべきものではない。

何(いず)れにせよ、ポーランド人が大地に立ち上がったという事実は、ハザールマフィアとシオニスト悪夢に対する、世界的な反発が成長している兆候である。
ハザールマフィアの企業支配に対する反発も増えていると、国防総省情報筋は言う。
彼らは、アップルに対する歴史的最高裁判所の裁判は、フェイスブック、グーグル、アマゾンやアップルのようなハイテク巨人を、司法省に解散を余儀なくさせる消費者独占禁止法訴訟の道を切り開いたと述べた。

https://www.engadget.com/2019/05/13/supreme-court-apple-app-store-price-fixing-lawsuit/

また、モンサントは、今や3つの主要な訴訟に負け、ジャーナリストやオピニオンメイカーに対して、特別手段を使ったことが暴露されている。
その会社とその親バイエルは、カルマの法則について学んでいる。

https://www.france24.com/en/20190519-france-monsanto-bayer-world-wide-march-environment-planet-roundup-glyphosate

最後に、今週のレポートをもう少し良いニュースで締めくくりたいと思いる。
アマゾンの部族が、訴訟で大手石油会社を破り、700万エーカーの熱帯雨林を保護した。

https://www.disclose.tv/amazon-tribe-wins-lawsuit-against-big-oil-saving-millions-of-acres-of-rainforest-367412

誰が、善人は勝利していないと言っているか?
悪者達は、あらゆる面で敗北しており、2019年には惑星の解放が可能になった。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional