gin7923



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ マイク・クインシーのハイアーセルフからのメッセージ ★人生プラン★ ☆、。・-*-・゚`★

May 3, 2019

光陰矢の如しと言いますが、それは実際にそうだからであり、時間はかつてないほど速くなっているようです。
それは当然ながら、時間が一定してはいないことを証明しており、それに異議を唱える人はいないと思います。

来たる時代に進めば、バイブレーションは非常に高くなり、全てが「今」にあるとされるようになるでしょう。
貴方は、全てが永遠なのか?と熟考するかも知れませんが、そうであると信じる根拠は十分にあります。

貴方は時間を遡(さかのぼ)って移動することもできるので、起きた歴史をその通りに見ることもできます。
実際その多くは、貴方の歴史書には記録されていないか、または誤って記録されていることがほとんどです。

アカシックレコードは貴方の主な情報源であり、まるで貴方が本当にそこにいるかのように、実際に歴史的な出来事の観客になることができます。
そこで気がつくと思いますが、歴史はしばしば繰り返します。
文明というものは、その先に進む為にも、人々が自らの教訓を十分に学び尽くすまで、同じ課題を何度も何度も繰り返すという傾向があります。

貴方が学びを止(や)めることはありませんし、単一の魂からグループソウルへと移行し、益々拡大していくものです。
貴方の人間としての経験は、やって来る試練を解決する為のテストの様なものであり、貴方方の多くはその困難を克服し、今ではアセンションに向かう道に両方の足をしっかりと乗せています。

貴方は手助けを受けたりもしましたが、これは挑戦を受けて成功する決意を示している方なら、誰にでも開かれている道です。
全ての魂に上昇する可能性がありますが、多くの方は、自分に与えられている機会を認識していません。
とはいえ、進化に関して言えば、何も急ぐ必要はありません。

むしろ、皆さんの人生というのは、其々(それぞれ)の能力に応じた適切な経験から学べるよう計画されています。
それ故に、貴方を急かす人はご自身以外に誰もいませんし、貴方が抱えられる以上のものは、決して与えられないことをも意味します。

「人間」としての経験が数百年前に開始した際、進化する十分な時間を魂達に与える為に、故意に進歩は抑えられました。
ホモサピエンスが、成長と完成に向けた次なるステップへと紹介されるまで、貴方は繰り返し何度も人生を経験し、進化を加速させるべき時が来るまで、それは続きました。

貴方の近年の歴史においてこのような進歩が明らかに示されており、それはより多くの方が、光の存在になる能力を持つようになった今の時期と合致しました。
貴方の進化の全ての段階においてそうですが、貴方を助ける為に多くの偉大な経験を持つ魂達が、常に貴方に手を差し伸べています。

貴方の歴史は再評価されつつありますが、皆さんは進化した存在からの手助けを得ていたというだけではなく、ブルー・エイビアン族のように地球を取り囲んで干渉から守ってくれている鳥族のような種がいることも、非常に明白になっています。
昔の洞窟の壁画からも、以前から蟻族、そして、カマキリ族達の訪問があったことが、はっきりと示されています。

こういった存在を怖いと思う人もいるかも知れませんが、彼等が進化の最高点に達した愛すべき存在であることを、ご理解下さい。
彼等は若い魂が進化するのを助ける為に、その能力を提供しているだけなのです。

彼等に会えば、そのエネルギーが愛情そのものであり、決して脅迫的、または不快なものではないことが感じられるでしょう。
もちろん、他の種類の存在でも、進化はしているが、自己への奉仕にしか興味を持たない存在達もいて、これは主に爬虫類族(レプティリアン)のことです。

とはいえ、急いで付け加えさせて頂きますが、全ての存在がネガティブな存在という訳ではありません。
全般的に言えば、彼等は貴方から遠ざけられています。

しかし、過去において、時折、単一の存在が、貴方と連絡を取ることができたという時期もありました。
とはいえ、貴方はより高度な光の存在によって保護されているので、その点はどうか心配しないで下さい。

私達は、地球以外にも生命体が存在することについて、知りたくない人々がたくさんいることを認識しています。
そういう方達は、明らかにそのような情報を受け取る準備ができていないというだけで、誰もがそれを強いることもしないでしょう。
しかし、意識のレベルを拡大させる準備ができている魂の利益の為にも、情報の開示は進められなければなりません。

進化とは、非常に個人的な問題であり、ご自分の好みに合わせて、ご自身の道を作ることが奨励されています。
プレッシャーもなく、自分に合ったペースで、やんわりと進化すること程良いことはありませんよね。

転生と転生の合間に、貴方はガイドの助けを借りて次の転生の為の計画を立てますが、彼等のアドバイスはその膨大な経験と知識に基づいているが故、大変尊重されます。
ほんの少しの例外を除いて、皆さん全員がご自分のニーズについて学び、それに基づいて、どの時代の地球に転生するかを選びます。

貴方は、必ずしも前回と同じ国や宗教に転生する訳ではありません。
それは、進化する為に必要な教訓次第となります。

其々(それぞれ)の人生は、貴方が望んだ経験を得られるよう、最大限の機会が与えられるよう配慮されます。
また、貴方の進歩は順を追ったものでなければならない為、もし、チャンスを逃してしまったとしても、チャンスは再び現れるでしょう。

当然のことながら、ある経験の中で他の人が絡んで来る場合もあり、状況の展開が非常に複雑になることもあります。
その多くは、貴方の前世において一定の役割を果たした他の魂が絡んでいて、貴方はその方から前世で得た手助けの見返りとして、その「借りを返す」為に何かをする、またはその逆かも知れません。

人生は、ランダムな出来事で一杯に見えるかも知れませんし、実際多くはそうです。
しかし、主たる重大な出来事については、関係する全ての魂の利益となるような、一定の経験を促す為に準備されているものです。

貴方が直面する可能性のある最も困難なシナリオは、それ以前の機会においてそれが失敗しているのにも関わらず、互いに仲良くしなければならないという状況の家族に生まれた場合です。

其々(それぞれ)の人生が完了した後は、貴方の人生プランを理解し、その人生の最中に遭遇した問題を克服する助けとなるような存在と、その人生の復習/見直しの様なことを必ずします。
その見直しでクリアされた問題に関しては、また同じ経験を繰り返す必要はないかも知れません。

また、貴方が偶然の出来事だと思う様なことも、信じ難いかも知れませんが、実は計画されていたという可能性が高いです。
偶然に起こることなど何もないので、意図的に経験させられていると思う様なあらゆる出来事に注意し、その背後にある意味を考えるようにして下さい。

時に、理解するのが最も難しい経験は、貴方からある種の寛大さを要求するような経験であり、いつもそれにうまく対応することができないということがあります。
直観的に手助けを求められていると明白に感じられたのなら、それは貴方のガイドによって、そうするよう「促されて」いるのかも知れません。

どうか、貴方の直感に従って下さい。
それが、大きく間違った方向に向かうことはありませんから。

地球上に転生する全ての魂には目的と計画があり、その経験が実り多いものであることを保証する為に、必要なものは全て備えられているということを改めてご自分に言い聞かせる価値はあります。
私は貴方に愛と祝福を残し、そして、光は貴方の日々を明るく照らし、完成へと導くでしょう。

このメッセージは、私のハイヤーセルフを通してもたらされました。
愛と光の中で。

マイク・クインシー

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional