gin7921



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ 光の銀河連合(ブロッサム・グッドチャイルド)からのメッセージ ★上昇する方法★ ☆。・:*:・゚`★

May 4, 2019

◎ ブロッサム : 今日もまた、やって来ました!
前回の話し合いは待つのを止(や)めて、待っていることの全てを、今に持って来るという内容でしたが……多くの方から、非常に気分が上昇したという感想を頂きました。
本当に、ありがとうございます。

今回も、もう必要なくなった物事の全てを超えて、上昇する方法について教えて頂けますか?

★ 光の銀河連合 : 親愛なるブロッサムと、私達が知識をシェアさせて頂くことを通して、その存在を上昇させようとしている魂の皆さんお一人お一人に、ご挨拶を申し上げます。
とはいえ、私達が皆さんに提供しているやんわりとしたリマインドは、もう元から皆さんの中にあるものであり……この知識を目覚めさせることで、皆さんの精神が明るくなり、全体的な変化をもたらすという結果に繋がります。

皆さんの中のより多くの方が、今、目に見えている世界の虚偽に気づいています。
テレビ画面や、ソーシャルメディアから提供されている情報が、ご自分の真実とは違うということを受け入れつつあります。
真実は貴方の中にあるのだから、今、皆さんは再び理解し始めています。

皆さんの周辺や、皆さんの世界というのは、一定のパフォーマンスを映し出しているに過ぎず、よく分かっていない人の目から見たら、かつては光であった世界が、あたかも闇にのっとられてしまったかのように見えるかも知れません。
何故なら、この様な視点から見れば……心に喜びをもたらすことが非常に少ないように映るからです。

とはいえ、皆さんはもう分かっている……そうではないですか?
最も神聖な魂の皆さん?

皆さんは、もう分かっています!
皆さんに向けて投げつけられている、この世の姿は本当はそうでないことを。

栄光の世界は、貴方の中で生きています。
貴方に、世の中とはパッと見た通りであると思い込ませる為に、本当の世界は埋められ、化かされているだけです。

今の貴方はもう知っています……見た目通りではないことを。
今の貴方はもう知っています……貴方は、自分がそうと感じた通りのものを受け取ることができると。

この様に表現することを許して頂けるなら……貴方は、言わば、ガラスでできた見世物小屋を突き抜けたのです。
貴方は、見せかけの壁を通過したのです。

貴方は微睡(まどろ)みから目覚めて、今はもう新しい場所にいることに気がつきました……新たな理解の境地にいることに。
貴方はもう目覚めて、もうそれがしっくり来ているのです。

ブロッサムは、長らく言い続けて来ました。
物事がしっくり来るようになったらと……そうでしたよね?

◎ ブロッサム : 確かにそうです……そして、長らく全てがしっくり来るようになる時を待ち望んで来ました。

★ 光の銀河連合 : で、今はどうですか?

◎ ブロッサム : まあ、完全にではないですが、何か大きなブレイクスルーがあったのは確実です。

それは、自分がもう全て知っているということを、知ることを、知ったことによるものかしら?
以前は、様々なことを知ろうとしていましたが……今は、もう全部知っている……様な感じがします?

★ 光の銀河連合 : さて、何を感じているのですか?

◎ ブロッサム : もう全て知っているという感じ。

★ 光の銀河連合 : ブロッサム、全てを知っていることを、どうやったら感じることができるのですか?

◎ ブロッサム : 分かりません……ただ分かるのです。

★ 光の銀河連合 : その通りです。
満点ですね!

このただ分かるという感じの中の……もう全てのことが既に分かっているという感覚こそが……全てを分かることを可能にするのです!

親愛なる魂の皆さん、私達は何もふざけて言葉遊びみたいな言い方をしている訳ではないのですよ。
その反対です。

この……既に分かっている/既に知っているという一つの認識だけで、貴方は源と再び統合した状態に戻ることができるのですよ。

◎ ブロッサム : 皆さんが源の話をするのは珍しいことですよね。

★ 光の銀河連合 : そんなことないですよ!
いつも源のことばかり話しているではないですか。

それは、愛ですよ、愛。
神聖な愛と生命の流れは、源そのものから来るのですから。

◎ ブロッサム : 先日、とあるグループセッションで、ホワイトクラウドが話していたのですが、臨死体験という驚くべき経験をしたことのある人達は、素晴らしく神聖な場所に行ったような感じがして、そこで神に(源のエネルギー/愛)出会い……その場で、その先へ行くか/地球に戻るかの選択肢を与えられたというのですが……その経験は真に神聖であったそうです。

しかし、ホワイトクラウドが言うには、実際の頂点は(源との統合を表すもっと適切な言葉がないものかしら)、そんなものではないと言っていました。
これを聞いて、凄く興味深いなと思ったのですが、例えば、臨死体験で出会うような神様は……より低い神様のバージョンであることなど有り得るのですか?

★ 光の銀河連合 : 仰(おっしゃ)りたいことは分かります。
でも、ホワイトクラウドの言っていることは正解です。

臨死体験をされた方は、世にも素晴らしい体験をし……所謂(いわゆる)、神/光に会ったと知ります……とはいえ、WR(敬意を込めて言わせて頂ければ)、その体験はその魂が到達し得るバイブレーション内での経験であります。
それは、これまで経験したよりも遥かに高度な経験であるに違いはありませんが……何と表現したら良いか?

……言わば、究極の神の光というのは……銀色のコードでまだ繋がっている、魂にはなれないバイブレーションなのです。
繰り返しますが、これも最大限の敬意を込めて言わせて頂いております。

ご理解頂きたいのですが、人々が経験された臨死体験を、低く見積もっている訳では決してありません。
ただ、なんとか頑張って、存在し得る最高限度に純粋な力のことを説明しようとしているだけなのですが。

◎ ブロッサム : では、聞きますが、臨死体験をされた方々が実際に源と出会ったというのは、間違いのない事実なのですか?

★ 光の銀河連合 : はい、その通りです。
とはいえ、グループセッションの際もご説明いたしましたが……私達もそうですが、ホワイトクラウドも……言ってみれば……皆さんとやり取りをする為には、自分達のバイブレーションエネルギーを圧縮しなければならないのです。

そうでもしないと、皆さんにとって私達のエネルギーは強烈過ぎて、何というか……圧縮でもしないと皆さんが爆発してしまうからです!

◎ ブロッサム : そうですよね、分かります。
ご説明ありがとうございます。

★ 光の銀河連合 : では、既に全てを知っていることを、知ることについて話しを戻しますが……この件で、気象変動に関する質問を頂いたようですね?

◎ ブロッサム : はい、そうです!

★ 光の銀河連合 : その件に関して、今一度、リマインドさせて頂きますが……全てはゲームであることは以前にもお伝えしましたよね。
では、このゲームはどのように遊ぶゲームなのか?

その答えは、もう既にご存知かと思いますが。

皆さんは、思考によってこのゲームをプレイされています。
貴方自身が、このゲームのコントローラー役を担っています。

このゲームをコントロールする力は、貴方という存在の中にあります。
上に向かう梯子(はしご)を利用したければ、貴方という存在を……貴方の中、貴方の周り全てを……舞い上がり、上昇するような素晴らしい思い/考えで包み込んでんで下さい……常にです。

下に向かう蛇の梯子(はしご)を利用したければ……ネガティブなことを考えれば良いだけです。
何度も言うようですが……これはゲームなのです、ただのゲーム!

◎ ブロッサム : 何だか、笑ってしまいます。
以前のナイーブで繊細な私だったら、そんなこと言うは易しですよ。

貴方方は、この地獄の底に、実際いないんだからなどと、突っかかっていたでしょうに。
こんなナイーブな自分には、前から気づいていましたよ。

でも、先週皆さんに言われた通りに……私は成長して、大人になりました!。
こっちに来てみればよく分かるわよ、来れるものなら来てみなさいよ!などということはもう言いません!

もう分かったから。

★ 光の銀河連合 : でも、貴方は以前から、前向きな考え/ポジティブ思考を擁護して来ましたよね。
何が変わったのですか?

◎ ブロッサム : 何だか、もう分かったという感覚かしら。
自分の中の力を、もっと感じられるようになったというか。

もう、全部分かっているという、その思い一つで……あら不思議、落ち着くというか、中心に戻るという感覚ですか?
この自分の感覚を、変えられるもの/揺さぶるものは、何一つありません!

★ 光の銀河連合 : それですよ!
そして、より多くの人々がこの感覚に目覚めて来ると……実際に、多くの方が目覚めていますが……貴方の星のバイブレーションは途轍(とてつ)もないスピードで上昇し始める為、人々が待ち侘びていると思っていたザ・変化は……もう既にここにある状態になります……貴方の中に既に。

だからこそ、私達は……貴方こそが変化だ……とずっと言って来たのです。

◎ ブロッサム : 確かに。
でも、それが完全にしっくり来るまで……完全に分かったというレベルになるまで……WR(敬意を込めて言わせて頂ければ)……貴方こそが変化ですよと言われても、それがしっくり来るまでは、単なる言葉に過ぎません。

完全にしっくり来たという感覚を感じられたら……この全てが何だったのかというのを、深いレベルで理解できるようになると思うのです。
どうやって、このゲームに勝利することができるのかが分かると思うのです。

愛と光の、自分の中の力を少しでも感じたり思ったりすることで、全部が分かって来るのです!
とても、エキサイティングですね。

★ 光の銀河連合 : では、気象変動の話に戻りましょうか?

◎ ブロッサム : そうですね……そうしましょう!

★ 光の銀河連合 : 私達が特に関心を持っている話題という訳ではないのですが……一応、思いの力に関連しているのでお話ししますね!

皆さんはどのように考えていますか?

例えば、気象変動のこと?
経済のこと?
政治のこと?

ある映画のこと?
ある人のこと?
何かの状況のこと?

何でも良いのです。

全てについて、どのように考えることを選択していますか?
今この瞬間、これらのことをどのように考えることを選択されていますか?

例えば……2択にすると、ポジティブに?
または、ネガティブに?

良いバイブレーションの周波数で考えたものに関しては……それは単純にポジティブが倍増します……意識的にポジティブなエネルギーを倍増させているということです。
人を瞬時に落ち込ませるような、自動的反応を呼び起こす様な状況を……ポジティブに考える為には……そもそも、少し努力が必要ですね。

もし、貴方という存在が、何かに/誰かに対してネガティブな反応をした場合は……その時は深く息を吸って……その思考パターンを停止させて……もう一度息を深く吸って……何度か深呼吸をします……そこに笑顔を加えることを忘れないで下さい。
こうすることで、貴方は自動的に、その何か/誰かの周辺のバイブレーションを変えたことになります。
もし、何かの状況に対して、その思いに浸りたいという選択をする場合は……自分が何を感じたいと選択しているかを、意識してからそうして下さい。

親愛なる皆さん、時には、深く感情を移入することをしないで、単純に愛を送ることの方が賢明だったりするものです。
そこに、自ら落ち込むことをしないで、その状況を超えていくのです。

その状況を超えた自分を見てみて下さい……その状況が地球規模のことであろうが、個人的なことであろうが……そして、その上で……貴方の光をその状況に照らしてあげるのです。
この方法を取れば……貴方は、その状況を取り巻く、光が欠けているエネルギーを取り除くことができます……更に、その状況に強力な光のエネルギーを加えます。

喩(たと)えてみれば……

◎ ブロッサム : 気候変動の話題に戻るのですね?

★ 光の銀河連合 : あら、いつから私達の思考を読めるようになったのでしょうか?

◎ ブロッサム : それは、お互い様ですけどね。

★ 光の銀河連合 : 気象変動の件ですが。

どうか、思考の中で、貴方という存在を地球を超えた所に持っていって、地球を見下ろしながら、愛と光を地球という球体に送っている姿を思い描いて下さい。

その行為が、変化をもたらしていると感じながら。
自分が、変化をもたらしていると知りながら。

恐怖に怯(おび)えながら、椅子に座って、もっと恐ろしいニュースはないかとインターネットを検索するのと、地球を超えて地球に愛と光を送るのとでは、どちらがよりポジティブな行動でしょうか?

◎ ブロッサム : 昨日、ある方のメールの返信に Fearytale を信じちゃいけないよ(FairytaleのフェアリーをFear<恐れ>に変えている)と書きながら……我ながら、うまいことを書いたなと自分で思っていました。

★ 光の銀河連合 : でも、本当にその通りなのですよブロッサム。
私達が怖れを手放して下さいと言う時……少しだけ怖れを手放して下さいとは言いません。

そんなの、全く意味ありませんから。
全ての怖れを手放して下さい、何故なら、怖れというものは、貴方が抱かなければ、存在し得ないからです。

親愛なる魂の皆さん、貴方という存在の中から、怖れを完全に追い出して下さい。
ご自分が光であることを認識した時……ただ光であると……すると、全ての怖れは溶けてなくなるしかありません。
何故なら、自分が光で、光でしかないと知っている人の中に、怖れは存在できないからです。

そして、今……何という栄光でしょうか……皆さんは全員自分が光であり、光でしかないことに気がつかれています。
ここからが、始まりです!

◎ ブロッサム : わお!

自分が、物凄くポジティブに光り輝いている感じがします。

ありがとうございます。
愛の奉仕をもって……

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional