gin7897



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ コズミック・ディスクロージャー ★海軍内通者が太陽系内外に基地を持つ多国間秘密宇宙プログラムを確証する★ ☆。・:*:・゚`★

April 4, 2019

注目すべき Erthfiles の Youtube チャンネルの南極シリーズ・パート3において、エミー賞受賞の調査ジャーナリストであるリンダ・モールトン・ハウ氏は、2人の匿名の海軍内通者/内部告発者による、更なる衝撃のビデオ証言をリリースした。
そこで語られるのは、ある多国間連合が、南極・月・火星・更には太陽系外にまで基地を広げる、秘密宇宙プログラムを所有しているということについてである。

彼らの希望により、ハウ氏は彼らの氏名は公表せず、代わりにスパルタン1と2という仮名で呼び、照明とボイスチェンジャーで、彼らの素顔と声を隠してインタビューしている。
ハウ氏は、彼らから提供された公的書類を通して、スパルタン1が、1984年から2004年までアメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズとして勤務して中佐の階級で退役したこと、またスパルタン2は、1992年から2016年にかけてアメリカ海兵隊(海軍省の下部組織)に諜報専門家として勤務していたことを確認している。

スパルタン1は、2003年の8月に南極を訪れ、そこで大きな八角形の構造物がベアードモア氷河の下15メートルに埋まっていて、それが更に南極の内部深くに続いていると主張しており、それはハウ氏のシリーズ・パート1で論じられている通りである。

スパルタン2が最初に登場したのはパート2からで、(メリーランド州)フォートミードのNSA(国家安全保障局)本部8階のオフィスと、同基地内のアメリカサイバー軍の双方が関わって秘密裏に運営している多国間同盟による宇宙オペレーションと、それが管理する惑星間貿易について論じていた。
これらの多国間ミッションの一つが、惑星間物体オウムアムアへの探査ミッションであり、それが遺棄された古代の宇宙船であることが発見されたということは、私の以前の記事で論じた通りである。

スパルタン1は、その多国間同盟によって、月の裏側にある秘密基地が利用されていると説明する : 「私の理解では、地上部分と地下部分があります。それは、月の地下深くまで続く複合的な構造を持つ施設です。」[タイムスタンプ 6:16]

スパルタン2もまた、月の基地について知ることをこう説明している : 「私が聞かされている話では、月の裏側には地上の構造物があるだけではなく、そこでオペレーションも行われているということです。彼らは、月面上で母船を建造しているのです。採掘も行っています。」 [タイムスタンプ 9:02]

彼は続けて、月でのそのようなオペレーションに従事する人間は2,500名ほどいると主張しており、それにはスパルタン1も同意している。

このスパルタン1と2の両者による月面基地発言は、両者とも実際に自身では月面基地を訪れていないものの、その存在を公文書やブリーフィング、または機密のミッションを通じて会った直接の関係者から知らされているということを示している。
スパルタン2は繰り返し、彼の第一の情報源としてキム(若しくはケン)という名のアメリカサイバー軍の上官について言及しており、彼から多国間宇宙軍の機密のオペレーションについてブリーフィングを受けたと言っている。

この月面基地の建設がいつ始まり、どういった国々が利用しているのかという質問に対して、スパルタン1はこう答えている : 「その連合関係は、何年も前にまで遡(さかのぼ)ります。私達はよく何かが打ち上げられる時、それは国際宇宙ステーションに向けて打ち上げられていると言われますが、多くの場合、それは違うのです。月に向けて打ち上げられています……それは、多国間のグループであると言えます……イギリス・フランス・ドイツ・アメリカ・カナダ」[タイムスタンプ 7:04]

1998年1月29日に、国際宇宙基地協力協定(※詳しい内容)に署名した国は15カ国であった。
スパルタン1が挙げた国々に加えて、これには他にも以下の国々が署名していた : ロシア・ノルウェー・スペイン・スウェーデン・イタリア・オランダ・ブラジル・デンマーク・日本・ベルギー。

ハウ氏のビデオ・シリーズ・パート2で、スパルタン2は、その多国間連合が「過去25年間に亘(わた)って存在する宇宙軍」を所有して来たと言っていた[タイムスタンプ 9:01]。

これを逆算すると1994年であり、公式な国際宇宙基地協力協定の署名が行われた4年前、そして、ワルシャワ条約機構とソ連の公式な解体の3年後、ということになる。
注目すべきことに、これは秘密宇宙プログラム内通者のコーリー・グッドが、2015年から公に主張して来たことを裏づけている。

彼は、最初にこの惑星間ミッションを運営する多国間同盟の存在を明らかにした人物である。
グッド氏は、この多国間同盟のことを「グローバル・ギャラクティック国際連盟」と呼んでいた。

そして、彼は、自身の20アンド・バック在任中(1987年~2007年)にこのグループが所有する太陽系外衛星の基地の一つを訪れたことがあると主張している。
そして、私の2015年の著書『Insiders Reveal Secret Space Programs and Extraterrestrial Alliances』(邦訳版)では、グッド氏の主張する多国間同盟と、そのオペレーションと、それが冷戦を終結させた秘密の合意の結果として形成された様子を分析していた。

スパルタン1は続けて、その秘密の月面基地で行われている活動について説明している : 「彼らは、トレーニングをしているのだと思います。そして、彼らがどこまで遠征しているかと言えば……何光年も遠くまで行っているのを知っています。」[タイムスタンプ 8:02]

そのオペレーションが「何光年も遠く」まで行われているという彼の発言は、グッド氏が初期の頃「謎の恒星系にある衛星上にある基地が、多国間同盟によって運営されていた」と主張していたことを考えれば、大変重要な意味を持って来る。

スパルタン1とスパルタン2の証言は更に、グッド氏や他の秘密宇宙プログラム内通者が、月面オペレーション司令部(LOC)と呼ばれる秘密の月面基地について話して来たことをも裏づけている。
グッド氏は過去に何度もLOCへ連れて行かれ、2018年の1月には月の地下深くに存在する施設の広範な見学ツアーをさせてもらったと言っている。

画像の説明

グッド氏の証言に基づく月面オペレーション司令部のCGI(©Sphere Being Alliance)

また、スパルタン1と2は南極に見つかっているポータル、若しくはスターゲイト技術について語っている。
これらのポータルの一つは「ウィルクスランドの重力異常」付近に位置している、とスパルタン1は解説する : 「私は、それはポータルであると聞いています。その構造物から、大気圏外の別の宇宙船へと移動できるポータルです。目に見えないエレベーターのようなものです。この特定のポータルは、地下の構造物の内部にあります……ポータルには枠があって、ヒエログリフが刻まれています……このポータルの枠が、A地点からB地点へと繋がるワームホールのように機能するのです。」[タイムスタンプ 15:45]

彼は、ポータルがムーンプールの表面にとても良く似ていると説明しており、水の中へ入って行くように、垂直に立ったポータルを歩いて通るのだと言う。
彼は以下のように説明する : 「スターゲイトという映画を見たことがあるでしょう……実際は、枠が四角いという点を除けば、あれと全く同じです。」[タイムスタンプ 17:48]

画像の説明

ムーンプールの写真 : ソース : 国際深海科学掘削計画

同様に、元アメリカ空軍軍医助手のエメリー・スミスは、多国間の企業同盟の仕事としてポータル任務を経験したと語っており、四角い形のポータルについて証言していた。

スパルタン1とスパルタン2はまた、来るべき地球の変移とそれに伴って生じることが予想される世界規模の壊滅的状況についても話しており、その際に必要となる人的・物的緊急避難の為の備えとして、この多国間同盟によって地球の周囲に多くの停泊所が作られていると説明していて(※宇宙エレベーターは、その為のものだと言っている)、映画『2012』で描かれているのとは違った様相である。
スパルタン1と2が語る恐ろしいシナリオは、先にグッド氏ほかが暴露していた、秘密宇宙プログラムのリーダー達が持つ、来るべきソーラーフラッシュ・イベント、若しくはポールシフトがもたらす地磁気的・地球物理学的影響についての先見と類似している。

スパルタン1と2による暴露の多くの部分が、コーリー・グッド、ウィリアム・トンプキンス、ピート・ピーターソン、エメリー・スミスといった、勇敢にも名乗り出て、秘密宇宙プログラムやこれらのオペレーションにおける南極の役割についての知識を共有して来た、内通者達の証言を裏づけている。
スパルタン1と2の証言は、これら秘密宇宙プログラムの背後にある多国間連合の存在を明らかにするものであり、その痕跡は、南極条約や国際宇宙基地協力協定のような主要な国際協定の参加調印に辿ることができる。

2018年の拙書『Antarctica's Hidden History』の中で、南極条約の調印は、アイゼンハワー政権とドイツ国家主義者の離脱文明グループが南極で交わした、秘密協定の隠れ蓑として使われていたことを示す証拠を、私は提示した。
これによって、アメリカとヨーロッパの企業、特に南極の離脱文明グループに繋がりのあるドイツ企業との広範囲に渡る提携が始まったのである。
スパルタン1と2の証言のどちらもが、そのような連合が実際に確立されたことを裏づけており、南極がその後のオペレーションの中心拠点となって、数十年後には最高潮に達し、冷戦終結から多国間宇宙軍が生まれ、国際宇宙基地協力協定への署名と繋がったということを確証している。

リンダ・モールトン・ハウ氏のスパルタン1と2へのインタビュー・シリーズは、秘密宇宙プログラムや地球外の活動、そして、我々の地球自身の将来に何が待ち受けているかについて、主要国家と政府機関が関与していることを理解する上で、極めて重要なものである。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional