gin7839



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ バシャールのメッセージ ★やりきること/基本/目的と理由/宇宙貢献/結局自分/これからの貴方の世界★ ..☆。☆*゚¨゚゚

January 7, 2019

新しい地球のスターシード達へ

【 やりきること 】

心と体のシンクロを一心同体と呼びますが、まさに貴方の心と行動がぴったりマッチした状態こそ、大きな意味があります。
心と行動が伴わないチグハグな様は、分離のエネルギーを生んでしまい、思わぬ現実を引き寄せます。

宇宙は、貴方の心の声を聞いています。
宇宙は、貴方の本当の思いのみを抜き取っています。
そして、心の声と行動が一緒になることで、現実化に向けて一気に歯車が動き出すことになるのです。

疑念や恐れのエネルギーは、折角物質化に向けて動き出した歯車の動きを、小石で止めてしまうようなものなのです。
そして、一旦、小石が詰まってしまうと、その小石にどんどん埃(ほこり)やゴミが積み重なるようになってしまうので、最終的には大掃除が必要になります。

一心同体の貴方は、100%のパワーで行動に移すことができている状態です。
その時の貴方は、たとえ、結果的に望む結果が得られなかったとしても、大した後悔が残ることはありません。
何故ならば、今ここの貴方が持てる力、今ここの貴方が持つ可能性の全てを行動に移している訳ですから、達成感も非常に大きななものになるからです。

つまり、やりきった感を体験として得た貴方の人生は、充実して豊かでポジティブな体験へと繋げてくれることを約束してくれます。

【 基本 】

私達の社会は他人軸システムで動いていたこともあって、其々(それぞれ)の心に自己否定が根深く根づいています。
自分の存在を真っ向から否定し、自分は無価値だと考えてしまう人も多く存在しています。

しかし、たとえ、自己肯定し始めたとしても、自惚(うぬぼ)れや自分勝手等と他人軸の視点から、出る杭が打たれてしまうこともあるかも知れません。
つまり、自己肯定すると、社会から相手にされずに孤立してしまうかも知れない、そんな恐れを抱いてしまって、中々自己肯定に踏み込んでいけません。

でも、この恐れもまた、他人軸からやって来ています。

自己肯定、即ち自分を愛して受け止めてあげることは、非常に大切なことです。
先ず、学びを得ることや気づきを得ることができるのは、自分を愛して受け止めてあげることで初めて可能となります。

ということは、たとえ、何十年と高い教えに身を置いていたとしても、それらの教えは心に響いていきません。
たとえ、何十年と貴方を愛する人に囲まれていたとしても、孤独感から抜けることはありません。

ですから、自分を愛して受け止めてあげることは、貴方自身に興味を持つことでもあります。
つまり、自分を高めて成長できる!この思いがあってこそ、変化を自分に齎(もたら)すことができるようになるのです。

【 目的と理由 】

貴方が生まれて来た家庭環境やその社会背景には、ちゃんとした目的と理由があります。
つまり、ある特的の制限あるリアリティに誕生し、そこから学びと気づきを得て新しい自分、望むリアリティを創造する土台として活用しています。

例えば、愛の薄い家庭に生まれれば、愛情たっぷりな結婚生活を送ろうと思います。
例えば、男性優位の世界に生まれれば、女性としてのアイデンティティ確立に力を注ぎたいという思いが芽生えます。
例えば、裕福な家庭に生まれて何不自由なく育った時、本当の幸せとは何だろうという思いが芽生えます。

つまり、私達はコントラストの世界から自分バージョンの天国を目指して、日々、変化して成長いているという訳なのです。

私達は非物質界の存在で、一時的に物質界を体験しにやって来ています。
良い時も悪い時もあることを十分承知しながらも、ワクワクでこの世界を体験したいと言って、やって来ているのです。

【 宇宙貢献 】

社会貢献しなければ、生きる価値がないという人がいます。
生産性のないことをするのは、無意味だという人がいます。

でも、それらは無限の中のたった一つの意見に過ぎません。
つまり、其々(それぞれ)の私達は、生きていること、ここに存在していることが、既に社会貢献どころか宇宙貢献していることになるのです。

私達は、存在意義があるからこそ存在しています。
そうでなかったら、最初から存在することは有り得ません。

宇宙は決して無駄をしませんし、間違いを犯すこともないのです。
ですから、貴方が存在することに意味があるから、存在しているのです。

貴方が、貴方らしく生きることは、宇宙の呼吸に乗って生きることを意味しています。
つまり、これが貴方ができる最大の宇宙貢献を意味しているのです。

【 結局自分 】

人をジャッジする時、貴方はそのジャッジしている相手に派長を合わせて、ジャッジしています。
例えば、あの人のこんなところとあんなところが嫌と言ってるその瞬間に、嫌いだと思っている相手の波動にシンクロしていることになるのです。

またジャッジする人は、多かれ少なかれ、自分をいつもジャッジしています。
自分を他人と比べてジャッジしたり、自分の行動や言動を細かくチェックして、ジャッジしたりしています。

他人をジャッジする人は、自分に対してダメ出しする代わりに、相手の中に自分のエネルギーを見つけ出し、その部分をジャッジしています。
ですから、貴方がジャッジしている対象は、実際は自分なのです。

ダメ出しが多いのは、自分の中に不調和が多いからです。
人をジャッジして優越感を得る人は、それだけ自分に自信がないからです。
つまり、自分の中に欠けている部分と認識する箇所を、周囲に投影しています。

『自分の中に存在しない波動を体験することはない』と言われるように、他人の嫌な部分を認識できるのは、貴方の中にもそのエネルギー(エッセンス)が含まれているから認識できるのです。
ですから、ジャッジする人もされる人も一緒とは、まさにその部分を意味しています。

【 これからの貴方の世界 】

貴方が今ここでワクワクするのであれば、それを今ここでやることに意味があります。
貴方は常に進化し変化していますから、新しい貴方には、新しいワクワクが当然やって来ることになります。
ですから、今ここの貴方にやって来たワクワクのインスピレーションは、今ここの貴方のものなのです。

ワクワクを後回しにすることは、今ここに生きないこと、ありのままの自分にならないこと、本来の貴方を追いかけない選択をしていることになります。
つまり、貴方の波動バージョンであるワクワクを掴まない選択をするということは、真に生きることを放棄することでもあるのです。
つまり、真に生きることを放棄することとは、自分の人生を自分で構築する選択を諦めてしまっていることになるのです。

まだ私達の視点が4次元密度を認識できないだけで、4次元密度の世界は既に存在しています。

4次元密度の世界は、貴方の本質で生きる世界です。
つまり、ありのままの貴方を選択して進む世界を意味しているのです。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional