gin7811



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ ベンジャミン・フルフォードニュース ★フルフォード 英語版(12/10)★ *-..。o○☆*゚¨゚゚

December 10, 2018

【 ジョージ・ブッシュ・シニアが処刑された後の秘密戦争のセンター 】
 
ナチ第四帝国相当ジョージ・ブッシュ・シニアの死以来、世界金融システムの支配、つまり、人類の将来を決定するプロセスの支配を巡る戦いは、今、SWIFT(国際銀行間伝送システム)の支配に集中している。

最終戦は、惑星を伝統的に支配して来た13血統と、米軍産複合体を支配する能力主義グノーシス・イルミナティの間で行われていると、複数の情報筋認める。
戦いは、ジョージ・ブッシュ・シニアが処刑された最高潮に向かっていると、国防総省とCIA情報筋は認める。

ここに、CIA情報筋が言わなければならないことがある。
私は2つの情報源から、G.H.W.ブッシュは、人類に対する罪、児童売買、煽動、反逆罪で、2018年9月10日に事実、起訴された。
伝えられるところによると、彼の事件を審理した軍事法廷と、処刑/自殺させられることで、彼の家族と従順な羊の為に、遺産をそのままにするという司法取引をした。

トランプは、死の命令にサインした。
我々は6月に彼は死んだ(クローン)という情報を持っていたので、処刑されたのは、同じくクローンであった。

私は、ブッシュは実際は1992年1月に寿司で窒息し、その後、毒物の布でバーバラ・ブッシュによって仕上げられて(先週、掲載したビデオに見られるように)、死んだと思っている。
軍事裁判は、2019年1月2日に開始予定である。

国防総省情報筋は、この刑事犯罪者は、レーガンのように馬車パレードを否定されたので、トランプは第41代大統領ブッシュの国葬は行わないよう注意を出したと述べた。
勝者に戦利品は属するので、トランプは彼の次の司法長官として、元ブッシュの司法長官であったビル・パールを指名し、彼はそれを行う為に、「悪名に生きる日」を12月7日(真珠湾記念日)に選択したと、国防総省情報筋は付け加えた。

CIA情報筋はバールは、軍事法廷を避ける為に、「マケイン」契約(この用語は、最近では、処刑/自殺として使われている)を結んだのではないかと思っている。
恐らく、彼も上院議員リンゼイ・グラハムのように寝返ったのではないだろうか?

その弟である元中国大使は、その国に米軍事秘密を手渡した(ビルとヒラリークリントンも同じことをした)。
ブッシュの死は、血統家族の中国の保護を求めて米国と中国が対決に向かうことを意味していると、秘密結社情報筋は言う。

国防総省情報筋は、中国財閥のHuaweiのCFOである孟晩舟の逮捕の目的は、1990年の、中国とつるんだクリントン家と裏切り者を打倒することである。
中国のフリーメーソンはこの著者に、中国はヒラリーの開発に多大に注ぎ込み、彼らがASEAN、朝鮮半島と日本を含む中国合衆国を約束したので、クントンを米国大統領に選出したと事前に認めていた。

米軍事情報局はまた、ジョージ・ブッシュ・シニアが、中国へ正確に描くミサイルを誘導する為に必要な技術を与えたと、以前に我々に確証していた。
クリントン/ブッシュの軍事技術の中国への移転は、G7と対等以上の軍事力を作り、予定された終末戦争「ゴグとマゴグ」が計画された人工の終末に到達するのに十分な破壊力となった。

その代わりに、計画の背後にいる宗教的狂信者達は、2019年1月に始まる軍事法廷に居る自分達を見ることになると、国防総省とCIA情報筋は確約する。
これらの軍事裁判の準備の為に、「陸軍参謀長マーク・ミレイは次に参謀本長に指名され、第二期のトランプの連続性と保護を提供する。

「前の統合参謀本部議長は陸軍であって、陸軍が再び空軍と海軍によって選出されたので、この声明は非常に早く深層国家にメッセージを送った」と、その情報筋は続けた。
空軍と海軍は、仕組まれた第三次世界大戦に深く関与していたので、全統合参謀本部を指揮する順番ではないのが理由であると、国防情報局は述べている。

米軍事政府が望んでいる世界の変化を理解する為には、米国務長官マイク・ポンペイオが、2018年12月4日のドイツ・マーシャル基金で発した演説で述べていることを見ると良い。
この演説で、ポンペイオは「我々は、今の国際秩序が人々にとって良い物であるかどうか自問してみる必要がある」と述べている。
そうでなければ、我々は、そう修正するかを尋ねる必要がある。

「彼の演説の後半で、彼は、世界銀行、IMF、国連、アフリカ同盟とアメリカの組織などの現在の国際状況は、全ては象徴的であり、失敗しており、そして、根本的な改革が必要であることを明らかにした。

ここに彼の演説からの若干の抜粋がある : 世界銀行と国際通貨基金は戦争で破壊された地域の復興と民間投資と成長の促進を支援する為に創立された。
今日、これらの機関はしばしば経済問題を見誤った国々に助言をし、成長を阻害し、民間部門の関係者を置き換える厳粛処置を押しつける。

国連においては、現在、数十年間、平和維持活動は何十年も長引いて、平和に近づいてはいない。
国連は、平和を愛する国々を歓迎する組織であった。

私は彼らに問う ; 彼らは今も、彼らの使命に誠実であるだろうか?
EUは国とその国民の利益が、ブラッセルの官僚のそれより確実に優先しているだろうか?

解決策は、ポンペイオによって提案された……民族国家と米国のリーダーシップを強化する為にトランプが米国で行っていることを模倣せよ。
しかし、全体として西側世界と惑星の問題の解決策を見つけ出すと、これらの解決策は境界よりかなり遅れてついて来る。

例えば、極少数の家族によって支配され、G7の中産階級を破壊している現在の金融システムは、中国のような国においてさえ、富裕者とその他との間に大きなギャップを作っていることを彼は述べていない。
状況は、人工の0.1%が90%の富を支配しているが、ポンペイオはこの状況を修正する為に、リセットや祈念祭について言及していない。

(白龍会が主張する?白龍会が以前トランプとは離反していることが分かる)
それどころか、ポンペイは、1970年代から動物の生命を60%も消していることに言及していないし、どんな解決策も提供するとは言っていない。

https://www.wwf.org.uk/updates/living-planet-report-2018

事実トランプは、「パリ協定は、パリにおいても機能していない」とツィートしている。
フランス国民中の抗議と暴動は、「我々は環境保護の為に第三国(疑わしく動く)に金を払いたくない。

「我々はトランプを欲する」
彼らは、私はフランスが好きだと歌う。

確かに、パリ協定は、炭素が地球温暖化を引き起こすという詐欺的調査結果に基づいている。
我々はここでは詳細に立ち入らないが、非常に多くの例のリンクをご覧下さい。

https://wattsupwiththat.com/2018/07/06/friday-funny-scottish-record-high-temperature-caused-by-ice-cream-truck/

少なくとも、彼らは挑戦した。
白龍会は代替案を提供する : 実力者をスタッフにした将来を見通した計画機関と、環境破壊と貧困を終わらせる数兆ドルのキャンパーンを実行する。

これもまた、トランプによって取って代わられたナチ派による大量殺人の標的にされた、「無駄飯食い」に仕事を与えることができるだろう。
我々は、米軍事政府が同様な提案をし、中国、インドと他の世界を同船させてくれることを望む。

何(いず)れにしろ、地球温暖化グループは、西側、特に地球温暖化ロスチャイルド派の本部フランスでも、戦いに負けているようである。
国防総省情報筋は言う : 「フランス大統領エマニュエル・マクロンによって解雇された、前フランス国防長官である陸軍将軍ピエール・ウィリャーズは、エリーゼ宮にとっての国民の選択である。
彼らは、マリー・ルペンは権力強く、彼女が大統領でないならば、彼女は良い総理大臣か外務大臣になるべきである。

しかし、米軍事政権の血統に対する戦いは、決して終わってはいない。
ポンペイオの演説と、この記事の初めに戻って、彼の述べたことを注記した。

「アメリカは、今も、いつも先導していたい。
例えば、ベルギーでは、15カ国1973銀行が国境を越える決済の為に、共通の標準を開発する為にSWIFT(国際銀行間データ通信システム)を設立した。
SWIFTは、最近、認可されたイランの銀行を受け入れがたい危険をもたらすという理由で、プラットフォーム、全体システムから排除した。」

彼がここで触れたのは、代替国際決済システムを構築することで、米国のSWIFT制裁を回避しようとする欧州人(血統家族)と中国人の企(たくら)みである。
これもまた、インド、ロシア、中国のような国々が米国の国際金融基盤の米国支配を終わらせる為に、SWIFTを廃棄した事例である。

米国は、SWIFTを離脱しようとする欧州の国々において、つまり、フランスの問題も、政権交代を強要することで抵抗した。

他の大きな問題は、日本である。
ここで、12月6日にソフトバンクがモバイルと有線電気通信網の4時間のシャットダウンである。
ソフトバンクは、電話を販売とその支払いシステムの利用で、Huawei(因(ちな)みに華為は中国の為を意味する)と協業している。

また、ソフトバンクが12月19日に創立した電気通信ユニットのIPO(新規公開株)を、中国、特にHauwei売却する逃げ道として利用する疑いもあると、CIA情報筋は言う。
ソフトバンクが Fortress Asset Management社、それを通じて日本の投票の80%を計数するムサシKKを購入した点に注意して欲しい。

日本独立党のリチャードコシミズ氏は、その会社は安倍晋三首相の祖父である下首相の岸信介によって、日本の選挙を盗む為に設立された詳細の証拠を提供している。
また先週、安倍政権は、日本の水資源の民営化許可する法律を可決し、恐らくそれを格安でロスチャイルド家のフランス分家によって支配される会社ヴェオリアに売却する。

また、ソフトバンクCEOの孫正義は、イスラエル(ロスチャイルド)手先モハメッド・サルマン皇太子によって、450億ドルを提供されたことも覚えて置いて欲しい。
誰か、孫にかける人はいるだろうか?

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional