gin7742



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ 光の銀河連合(ブロッサム・グッドチャイルド)からのメッセージ ★ピラミッド★ ☆。・:*:・゚`★

September 14, 2018

◎ ブロッサム : 友人の皆さん、こんにちは。
先週、光の銀河連合の皆さんと繋がろうとしましたが……何か、私の思考がハッキングされているような気がしたので……止(や)めました。

今日はどうでしょう、皆さんご機嫌はいかがですか?

★ 光の銀河連合 : ブロッサム、とても良いですよ、むしろ、良くない時などありません。
先週、貴方が繋がろうとした際に、何があったかをお伝えすることから始めさせて頂ければと思います。

◎ ブロッサム : よろしくお願いします!

★ 光の銀河連合 : チャネラーの中には、明らかに本質とは異なる情報を提供して、敢えて人々を混乱させたり、落ち込ませる意図を持っている方もいます。
ブロッサム、貴方がそういった邪魔をしようとして来るエネルギーと私達のエネルギーの違いが区別できることに、私達はとても嬉しく思います。

◎ ブロッサム : やっぱり、そうだったのですね。
何か、ホワイトクラウドからはOKが出ているようにも思えたのですが、続けなくて良かったです。

★ 光の銀河連合 : そう思ったのかも知れませんが、後で考えると、もしかしたら、それは思い違いだったかも知れないと気づいたのですね*。
そして、その場でも直ぐに止めたのは正解でした。

ブロッサムが、先週、チャネリングを試みた際の話し : 私は、大天使ミカエルが光の剣を持っているイメージを受け取ったのです。

チャネリングを中止後に確認したのですが……それは続けるのではなく、自己を保護しなさいという意図があったのだと察しました。
人とは生きて学ぶのですね、いつでも!

◎ ブロッサム : 何があったかは、詳しくは最後の方に書きますね……そうでないと、読者の方には訳が分からないと思いますので!

実際は、何が原因でこのようなことが起きたのですかね、話していた内容の所為(せい)?
若しくは、私が疲れていたから?
それとも、両方?

★ 光の銀河連合 : 両方ですね。
疲れている時は、たとえ恵愛や保護が与えられていたとしても、所謂(いわゆる)ハッカーの方が介入するのはより容易になりますから。

これは、読者の皆さんにも役立つ、良い例かも知れません。
というのも……一瞬でも、たとえ一言でも……何か違うと感じたとしたら……それは確認した方が良いのです。

皆さんの損害となるような邪魔をするような人というのは、あたかも光の情報であるかのように思わせるのがうまいので、真実と嘘の両方の情報を織り交ぜるものなのです。
つまり、私達の言うように……彼らの目的は、皆さんの間に混乱をもたらすで達成されるのですから!

◎ ブロッサム : なるほど、では、この話題このまま続けますか?
正直言うと、続けるのは危険の様な気が一瞬したのですが?

★ 光の銀河連合 : ブロッサム……安全ではないとか、そういうのではないのです……私達は、このメッセージ皆さんを困らせるようなものには絶対しないからです。

◎ ブロッサム : まあ、2008年の10月14日のことを除けば、そうかも知れません。
(訳者注:イベントが起きると光の銀河連合が言って、ブロッサムがそう発表したのに、実際には何も起きなかった時のこと。)

★ 光の銀河連合 : 皆さんの身体と思考の安全という意味では、ハッカー達は攻撃をしているのではなく……混乱させることの方が目的です。

◎ ブロッサム : なるほど。
では、どうなんでしょう……この話題、続けますかね……ちょっと心臓の辺りが緊張する感じがしますが。

★ 光の銀河連合 : それは、私達が送っている、より高まったエネルギーの所為(せい)です。
それと同時に、普段は感じない思考が軽くなったような感覚もありませんか?

◎ ブロッサム : はい、あります。
私が感じているのは、皆さんの言っていることですか?

★ 光の銀河連合 : はい、更にそれ以上のこともあります。
何故なら、貴方のバイブレーション的な軌道が上昇している為に……私達は、貴方の思考により近づくことができていて、私達の繋がりはより強くなり、それが物質的に実現しているのです。

時が経てば、それも落ち着きます。

◎ ブロッサム : 時が経てばって、何週間も経ってから?
それとも、今日のチャネリングが終わったら?

★ 光の銀河連合 : このチャネリングの最中ですよ。

◎ ブロッサム : じゃ、続けましょう!

★ 光の銀河連合 : 皆さんが住む地球の中の宝物について、お話ししましたね、それが宇宙中の目が皆さんに向いている理由であるとも。

(この先を読む前に、一番最後にある‘中止したチャネリング’を読まれる事をお勧めします。)

皆さんは、常に格別に素晴らしい光の存在であり続けています。
そして、人としてピンからキリまでありとあらゆる経験をすることのできるゲームの中に存在していて……実に、ピンからキリまで皆さんあらゆる経験をされています。

◎ ブロッサム : 人間の行動を見ていると、私達がそんなに特別な光の存在であるとは、俄(にわか)には信じ難いです。
特に、他の星の偉大な光の存在達の叡智や、進化した悟りの境地に比べてしまうとね。

★ 光の銀河連合 : とはいえ……私達から言わせて頂ければ、皆さんは仮の姿なのです。
いつも言っているように、物事は見た目通りであるとは限りません。

皆さんは、地球という星で人生を体験していますが……同時に光の存在でもあります……それも非常に偉大な光の……その貴方が、合意された壮大な変化をもたらすべく、契約を全うしています。

◎ ブロッサム : では、全ての存在が心待ちにしている、宝物を明らかする件については、どうなんですか?

★ 光の銀河連合 : 素晴らしき栄光の神聖性が、明らかにされます。
それは、私達が前から言っているように……皆さん全員が、ご自分の本来の状態を受け入れる準備ができるまで、大事に保管されて来たものです。

◎ ブロッサム : じゃ、この流れのまま、どういう展開になるか見てみましょうか。
先週、チャネリングを途中で中止した後、エジプトのピラミッドの下から光の船体が飛び出すようなイメージを感じた後に、スフィンクスのイメージも浮かんで来ました。

その後、そのような情報をどこかで見たという気がして、インターネットで調べてみると、やはり何か地下で起きているみたいですね!
下記に記されている、先週のチャネリングで皆さんが言っていた主要船体にも関係があるのかしら?

★ 光の銀河連合 : ブロッサム、実にその通りです。
とはいえ、その船体は実際、物質としてそこにある訳ではありません……今のところ!

◎ ブロッサム : 何(いず)れは来るの?

★ 光の銀河連合 : はい。

皆さんが理解し易いように言うと、彼らの痕跡は大分前から残されているので、正確に言うと……以前からここにいたということになります。
その痕跡は、地球の奥深くに刻まれ……その後、非物質化されました……そして、睡眠状態のエネルギーだけが残り……明らかにするべき時が来るまで眠っています。

やがて、丁度良い時が来た時に……地下で……再び物質化/再構築し、人を乗せて……飛び立ちます。
全ての状況が青信号になった時に。

◎ ブロッサム : ちょっと質問が一杯あるのですけど。
これは、ピラミッドやスフィンクスができる前、それとも後の話ですか?

★ 光の銀河連合 : 同時期のことです。
これも計画の一部で、この計画を纏(まと)まる為に、星間システム間からの協力がありました。

ピラミッドに関して言えば、巨大な石を彼方此方(あちらこちら)から引き摺(ず)って来てピラミッドを作ったという歴史上の物語は、真実ではありません。
巨大な石は船体であり……非物質化して、必要な場所でエネルギ―的に物質化して建設されました。

これが成し遂げられる為には、たくさんの魔法の様なことが起きる必要があったのです。

◎ ブロッサム : では、ピラミッドを作った目的というのは、そういった宝物をその下に隠す為?

★ 光の銀河連合 : こういった集合的な星の上のポイントを作るのには、たくさんの理由があります。
当然ながら、ランダムにどこにでも作られるのではなく……完璧な配置……つまり、惑星の動きと同調するように……エネルギー的な力と共に同調することで……ピラミッドなどの建築物は、無限のバイブレーション的周波数を吸収し……その存在が、正しく機能するよう管理をするのです。

◎ ブロッサム : その存在って?

★ 光の銀河連合 : その建築物である存在のエネルギー。
皆さんの住む地球も、母なるガイアという存在ですよね……こういった物体的な(実際は違いますが)ポータル達は、皆んな同じく生きているのです。

◎ ブロッサム : ちょっと待って下さい、御復習い(おさらい)していきましょう。
1) ピラミッドは、ポータルであるということですね?

★ 光の銀河連合 : はい。

◎ ブロッサム : 全部がそうなのですか?

★ 光の銀河連合 : いいえ、敢えてそうなっています!
その理由は秘密です!

◎ ブロッサム : 2) そして、ピラミッドは生きている?

★ 光の銀河連合 : はい、ちょっと説明するのは難しいのですけど。
生きることもできるし……わざと睡眠状態になることもできます。

私達の光の船体の多くも、同じです。
それは、思いのエネルギーに反応し、例えば、船体の運転手は思いであり……それに反応した思いがエネルギー的に物質化して、その場に届けられます。

今は、あまりその構造的な部分については触れないでおきましょう。

ある船体のエネルギー的な作りというのは、その辺のどんなエネルギーにも反応する訳ではありません!
船体が作られる為の物質は、その思いの波長、思考パターンの作りの送信者に呼応していないと……反応することはできません。

◎ ブロッサム : では、ピラミッドの話に戻すと……私達は同じような作りの構造なのですか?
何のことだか、自分ではよくは分かりませんが!

★ 光の銀河連合 : はい、同じ様な作りの構造です。
更に言えば、船体とピラミッドは、両方コード化/プログラム化されているのです。

こういった、mogalyths……の中には、無駄なスペースはありません。

◎ ブロッサム : そのプログラムは、何の為のプログラムですか?

★ 光の銀河連合 : フェニックス(不死鳥)の蘇りです。

◎ ブロッサム : ちょっと待って!
私はアセンションについてはあまり深く追求しない方なので、一個一個クリアにしていきましょう。

先ずは、イベントのことから!
でも、気になる……「フェニックスの蘇り」というのは……アセンションのこと?

★ 光の銀河連合 : はい。

◎ ブロッサム : ええ?
本当ですか、吃驚(びっくり)!

皆さんは、私に船体が地球から飛び出して彼方此方(あちらこちら)を飛び回り……空にいる存在と出会っている映像を送ってくれています……そして、地球が上昇している姿も見えます……船体達と融合するような感じにも見えます!
発射ですね!

★ 光の銀河連合 : 皆さんに理解して頂きたいのですが、この映像が精一杯です。

◎ ブロッサム : とはいっても……これはまだまだ先の話でしょう?

★ 光の銀河連合 : 確かにそうです。
これは、皆さんの未来のことです。

貴方方の未来で、貴方はその一部となります。
今のところは……とてもですが、起き得ません……単純にその時ではないということです。

エネルギー的に、何の準備も整っていません。
とはいえ、貴方の星で「今」起きていることは……それに向けての機運が高まっている状態です。

◎ ブロッサム : 今日のお話しは、ここまでですね。
皆さんが頷(うなず)いているのが見えます。

ありがとうございます。
皆さんのエネルギーが大好きです。

愛と奉仕を。


中止になったチャネリング(9月7日分)

◎ ブロッサム : こんにちは、光の同僚の皆さん。
今日はちょっと疲れているので、光の銀河連合の皆さんと繋がれるか分からないけど。

でも、生活がずっと忙しくて他に時間がないので、一応試してみましょう……もしもし、いますか!

★ 光の銀河連合 : 忙しいところ、この為に予定を開けて下さってありがとうございます、ブロッサム。

◎ ブロッサム : 皆さんと繋がれるのは、いつも嬉しいことです。
多くの読者の方が気にしていることは、イベントが起きた後は、既に他界した愛する人に会えるかどうかについてです。

他のチャネラーの中には、会えると言っている方もいるようですが、皆さんはどう思われますか?

★ 光の銀河連合 : 私達は、穏やかにでも説得力を持って言わせて頂きますが、それは皆さんが期待しているような形ではないかも知れません。
というのも……イベントが起きて、過ぎ去ったら……人々は、他界した方々とは同じ次元にはいません……皆さんはホワイトクラウドが言う……所謂(いわゆる)サマーランドに行くのです。

皆さんの星にやって来る愛の波は、もちろん、皆さんの霊魂を上昇させはしますが、所謂(いわゆる)皆さんの霊達がいらっしゃる場所には行きません。
とはいえ、この上昇と高エネルギーと皆さんの想像以上に高まった愛の感情によって……所謂(いわゆる)あの世の方々のバイブレーションは……地球上の方々のものと、より近いものとなります。
ですから、肉体的に触れることはできませんが、それはあたかも触れているような感覚で……まるで隣の部屋にいるかのような近さに感じるでしょう。

多くの方は、他界した方々とも一緒に働きますし……アシストしたいとやる気満々のヴェールの反対側の存在達もたくさんいます。
シェアするという立場の方々に、力と勇気を与える為に、そして、今、何が起きているかを知らせる為に。

ブロッサム、私達は知っています。
多くの年齢を重ねた読者の方が、自分達はイベントの時まで生きていられるのかどうかを心配しているということを。

もし、彼らの肉体が用済みであるかどうかを聞いてるのだとしたら……だからといって、彼らの魂が用済みだということは決してありませんから。
これっぽちも、そんなことはありません。

というより、イベントというのは、皆さんが考えているよりも遥かにとんでもなく、凄いものなのです。
多くの方は、それを地球という星がより高バイブレーションに上昇することだと思っているようですが、確かにそうなります。

でも、一旦整理しましょう……イベントはアセンションではありません。
むしろ、その準備と言えるでしょう……でも、アセンションではありません。
アセンションはその後にやって来るもので、全く違うことなのです。

皆さんにご理解頂きたいのは、アセンションというのは、地球という星のバイブレーションを上昇させる以上のことが、もっと、もっとあるのです。
イベントが起きることで……全てがより高度な場所にシフトします……そうならないということは有り得ません!

だからこそ、宇宙中の目が皆さんに、地球上にいる皆さんの魂に向いているのです。
何故なら、エネルギーのシフトによって……皆さんお一人お一人もシフトします……文字通り、全ての星も宇宙も銀河も。

◎ ブロッサム : 本当に?
でも、言わせて頂ければ、宇宙と比較したら私達はパン屑(くず)ほどのサイズですけど、関心を寄せられるということがあるのですか?

★ 光の銀河連合 : 何故なら、皆さんの星には、未だ語られざるミステリーという名の宝石が埋まっているからです。
地球の威厳の中には、他の星にない、慈悲心があるのです。

◎ ブロッサム : わお、ちょっと待った!
これは凄いことです。

何を言っているのですか……何のことを言っているのか分かりません?

★ 光の銀河連合 : ブロッサム、だからこそ……宇宙中が皆さんに注目しているのです!

◎ ブロッサム : ちょっとハッキリさせたいのですが……私に注目ではなくて、地球が注目されているんですよね?

★ 光の銀河連合 : はい、正解です。

◎ ブロッサム : 良かった!

★ 光の銀河連合 : 古代の秘密は、これから発見されるべく、主要船体の中にまだ埋もれています。
それは、悪意を持った存在達に取られないよう……安全に守る為に埋められました。

実際のところ、このプライスレスな宝物の一部は、不届き者達によって発見されてしまい……悪い人達の手に渡って、地球上で起きた歪(ゆが)んだ出来事の元凶となりました。
しかし、その際……輝きを纏(まと)った騎士達が……秘密厳守を誓った上で……勇敢にもその命を懸けて、秘密の宝物を安全に守ろうとしました。

◎ ブロッサム : ちょっと待って!
地球上に、このこと、及び誰がそうしたかを知っている人は知っているの?

★ 光の銀河連合 : ブロッサム、これは説明するのが難しいですが、これらの秘密の宝物は、貴方の地球が安全になった時にしか……明らかにはされません!
地球という星が、完全に闇のエネルギーを排除していないと、例え一欠片(ひとかけら)でも明らかにする訳にはいかないのです。

中には、神聖な存在数人が、このことを知っていますが、彼ら自身は、自分がそれを管理しているということに今の時点では気がついてはいません。
自分が、神聖なミステリーの管理人であることを知るのは危険であり……それを鎖から解き放つ時が来るまでは、知らない方が彼らにとっても有益だからです。

◎ ブロッサム : 正直言って、鎖から解き放つという言葉について、あまり感心しません……まるで猛獣を解き放って、人を襲わせるような印象を受けます……(一旦、ホワイトクラウドに続けても安全かを確認します)……私にはそう聞こえるのですが、どういった意図であったかをハッキリしてくれますか?

★ 光の銀河連合 : 私達の意図としては……鎖から解き放つといった思いです。

◎ ブロッサム : ちょっと、ここからどうしていいか分からない……なんか……突然、誰か凄い人が空から降って来たようです……どういう意味なのですか?

★ 光の銀河連合 : それは、王国への鍵が出現したということです。
任期の在り方は、全体の利益の為に変わります……豊かさの理解、魂の為だけでなく……未来への宇宙的な導きは……

◎ ブロッサム : 一体、何を言っているのでしょうか?

ちょっと、もう続けて良いのか分かりません。
今日は、話題が話題なので、何かに邪魔をされている気がします。

もう一回ホワイトクラウドに確認をしてみると、もう、このチャネリングは止(や)めた方が良いと言われている気がして……特に、最後の部分は滅茶苦茶ですよ!
とても不快ですね、

せっかく時間を作ったのに。
とはいえ、全てはなる様になりますので、また調子がいい時に再開します。

一体、何だったのでしょうかね?

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional