gin7675



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ 光の銀河連合(ブロッサム・グッドチャイルド)からのメッセージ ★ゴチャゴチャの事実★ ☆。・:*:・゚`★

June 30, 2018

◎ ブロッサム : そして……また、やって参りました。
こんにちは、友人の皆さん。

多くの方から、イベントに関する其々(それぞれ)の見解について、ご意見を頂きました。
どうやら同じ意見が増えていて、ほとんどの人がイベントは遅いよりも、早く起きると感じているようです。

様々なことが公にされていて、悪夢のような事実も白日の下に曝(さら)され始めていますが、そうなっていくだろうと、光の銀河連合さん達は言っていましたよね。

ある女性の方が、「自分達を守る」ことについて質問して来たのですが、この件についてお話し頂けますか?
人々の中には自分を守る必要性を感じている方もいますし、そうでない方もいますが。

★ 光の銀河連合 : 親愛なるブロッサムと、このコミュニケーションに興味を持って読んで下さっている皆さんに、ご挨拶申し上げます。
もちろん、喜んでお話しさせて頂きますが……念の為に言うと、これは私達の見方であり、全員が同じように考える必要はないという点をご了承下さい。

◎ ブロッサム : はい、確かにその通りであることは、長年受け取って来た様々な方からのメールの内容から、十分に承知しています!

★ 光の銀河連合 : 先ず第一に……こうやって話している私達は、ネガティブなエネルギーや影響から自分を守っていませんか?
というのも……皆さんの中には、自分個人のエネルギー領域の中にそういったネガティブなものが入って来ないように、バリアーを設置する必要性を感じている人もいますね。

私達の考えは、そうした方が良いという方向に強く傾いています。
そうすること自体に害はないし、実際に防ぐことができるからです!

◎ ブロッサム : 読者の中には、光の存在でいること自体で、自分は守られていると分かっていて、変なエネルギーが自分の領域に入って来ないように、保護の為のバリアーが常に張り巡らされているのだと言っている人もいます。

★ 光の銀河連合 : そう感じるのであれば、それはそれで結構です。
しかしながら、以前にも申した通り、私達の考えは「用心する」であり、週7日/24時間壁を作りなさいという訳ではなく……その必要はありませんし、でも、光が制限されていると感じるような、特定の空間に近づいた時、人は直感で魂を守ろうとするでしょう。

忘れてはならないのは、光に溢れた存在達のバッテリーを吸い取ってやろうという、気満々の光が少ない存在がまだたくさんいます。
それだけではなくて……彼らには羨(うらや)ましいと思うあまりに、陥れてやろう、邪魔してやろう、困らせてやろうなどとという気持ちが湧いてしまいます。

それが彼らの主な計画であり、彼らはそう考えることしかできません。
そういう方は、光の中では居心地が悪いので、光のエネルギーを見つけると、そこをできるだけ居心地の悪い空間に変えようとする訳です。

◎ ブロッサム : ここで話しているのは、スピリット(霊魂)のエネルギーのことですか?

★ 光の銀河連合 : 私達が話しているのは、同じ計画を持った様々な邪魔のことです。
それは様々で、生き霊のような存在や……道を見失った人……電子機器……更に言えば、浮遊しているエネルギーが邪魔することだってあります。

このように、自らの光の可能性に気がついていない、様々なエネルギー体というのがあり、そういう存在は今の段階ではこれまでずっと親しんで来た、馴染み深い「制限された状態」に安心感を感じてしまうのです。

◎ ブロッサム : 今、チャネリング中にしばしの空白がありました。
隣家でここ6か月間ずっと改築工事をしていて、常にギーコギーコ、ガーガーの機械音と共に、隣人の犬の吠える声に触発されて自分の犬も吠え出し、近所中の犬が一斉に吠えだすなどもあり、雨も降り続いているし、化学物質ももの凄く舞っているし……などなどあって……もう堪忍袋の緒が切れました!

大声で叫び、怒り狂っていました(自分の中で)……まあ、大変でした。
丁度、今そんな話題だったので、ちょっと笑ってしまったのですが!

まあ、あれから数時間経ちまして……チャネリング再開を試みます……すると、何と……冗談抜きで……ビービー音のする小型のブルドーザーがやって来たではないですか!
では、ブロッサム……この状況で落ち込まずに、高い意識の状態を保てますか?

「はい、できます!」

ではでは、何の話をしていたのでしたっけ?
あ~ネガティブなものから、自分を守る話でしたね。

まあ、神様……この皮肉に笑わずにいられましょうか!

★ 光の銀河連合 : チャネリングを再開することを決めて下さって嬉しく思います……とても、興味深い展開でしたね……突然、貴方が、所謂(いわゆる)キレてしまった瞬間から、エネルギーの色の七変化は興味深かったです。
もちろん、貴方の苛立ちを私達は感じましたよ。

◎ ブロッサム : まあ、実際のところ、私はチャネリング的なことをする前は、必ず保護して下さいというお祈りをしていますけどね。

★ 光の銀河連合 : では、光のレディー……話を戻しましょう。

◎ ブロッサム : LOL=Lady Of Light(光のレディー)、良いですね。
まあ、数時間前は、全然光のレディーじゃなかったですけどね!

★ 光の銀河連合 : でも、自分が偉大な光の存在であって、その光の中では何者にも邪魔されないと確信したいという方もいらっしゃると思うので、その考え方がその方にとっての真実であり……その方の役に立つのであれば……その方にはそれが合っているのでしょう。
しかし、もし、あまり魅力のないエネルギーとでも言いましょうか……そういうエネルギーに気づいた場合には……自分の周りに盾を作ることは、非常に効果的であると言えます。

少なくとも、それで損することはないでしょう?

◎ ブロッサム : 確かに、損することは何もないですね。
皆さんの言うことには、同意できます。

過去に頂いたメールの中で、自分は憑依/呪われていて、実際にそういったネガティブな霊の仕業で部屋の反対側まで突き飛ばされたという方がいらっしゃいましたが。
これは私の分野ではないのですが……こういったことが起きた場合に、自分の魂を守る方法を教えて頂けますか?

★ 光の銀河連合 : もちろんです。

盾については、さっき言いましたね。
「こういうことの全ては、映像化(頭の中で思い描くこと)に関連しています。」

映像化は、貴方の最大の武器であると、ホワイトクラウドがいつも言っていますね。
光でできた黄金の盾が、貴方の周りを取り囲んでいると思い描いて下さい。

ネガティブなエネルギーが黄金の盾を突き破ろうとしますが、石がぶつかったかのように簡単に跳ね返ってしまいます。
盾を通り抜けることができるものは、何もないと知って下さい。

他に、「思い描く」と良いものはありますか?

◎ ブロッサム : 私は、時々、クリスタルでできた筒に、身体が包まれていると思い描いたりします……光は通すけど、闇は通り抜けることができないといった感じの。

★ 光の銀河連合 : 後(あと)は、自分の身体に想像上のボタンがあるとイメージして、それを押すと虹色のエネルギー域が周りに形成されるのを思い浮かべるのです。
要するに、何を思い浮かべるにしても、その裏に意図されていることこそが実際に役に立つのです。

分かりますかブロッサム、人の中には、他の人よりもとても眩(まぶ)しく光る人がいるんです……そして、惨めな気持ちの魂の中には、その眩(まぶし)しい光を欲する人達というのもいます。

◎ ブロッサム : そんなに輝いている人なら、当然ながら、守られていると自覚しているでしょう?
その光で、闇を撃退しているんでしょうし。

★ 光の銀河連合 : いや、そうとも限りません。
何故なら、そういう人というのは、ハートの奥から光の意図を持って輝いているのですが……実は、それを破壊したいと願っている人もいる……という事実に気がついていない方もいらっしゃいます。

言ってみれば、気がついていない人もいるし……そういうことも全部分かった上で、輝いている人もいるということです……ご理解頂けましたか?

◎ ブロッサム : はい、分かりました!
ご説明、ありがとうございます。

★ 光の銀河連合 : バリアを張り巡らせたからといって……邪魔しようとしている、迷子で暗くなったエネルギーに向けて、光を当ててあげられないということではありません。
何故なら、そういう存在が邪魔しようとする、そもそもの理由が……光を持つ意味を理解できていないだけだからです。

だからこそ、直ぐに結果が見えないとしても、そういう暗くなった場所に光を当ててあげるのには、大きな意味があります。

◎ ブロッサム : ありがとうございます。

似たような話ですが……最近より多くの真実が明るみに出ています……どこからともなく、スライムのようなグチャグチャが……そういった新しい事実に影響を受けないのは難しいです。
でも、落ち込まないようにしなきゃ!

この地球という私達の星は、本当に暗い時代の中を生きて来ました。
今、出て来ている新しい事実など、まだまだ氷山の一角であると感じています。

★ 光の銀河連合 : それは正解です。
だからこそ、親愛なるブロッサム……私達は繰り返します……同じような情報を何度も何度も……皆さんにご理解頂ける様に……この暗くなった日々を、燦々(さんさん)と輝く晴れの日に変える為には……貴方の光が……皆さん全員が放つ光こそが……必要であるということを。

こういったことは一晩で修正できる訳ではありません……あまりにも大きなダメージが加えられてしまっているので……たくさんのヒーリングが必要とされています。
そして、どうか、また思い出して欲しいのです……何故、皆さんはここにいるのか。

何故ここに来ることを選択したのか……それは、ご自分には、この困難を乗り切る力があると知っていたからです……ここを切り抜けて……貴方が直面する……ゴチャゴチャになってしまっている……状況、場所、空間、魂達に対して…………今までになく、貴方の光を輝かせることができると。

◎ ブロッサム : 直面する問題の中に、教会の関係者が子供達に拷問を加えたり、生贄(いけにえ)にしているという事実が含まれていると、とてもだけどそんな気持ちになるのは難しいけどね。

★ 光の銀河連合 : そういったことの為にこそ、貴方やこのメッセージを読んで下さっている方々のような魂がいらっしゃるのですよ。

まさに、そういうことです!
このグチャグチャをちゃんと見極め……どんなことになっているかを認識し……「こんな酷いことを決して許容しない、世の中」をつくる為です。

私達は、こういうことを伝えたかったのです。
こういうことの為に、皆さんの準備を整えて来ました。

皆さんの光と力によって、こういったことを乗り越え、上昇する準備をして来たのです。
この際、言わせて頂きますがブロッサム……これから明らかにされる、更なるグチャグチャを乗り越え上昇する為には……それ相応の準備が必要です。

どうか、ご自分の力を招集して下さい。
時間を作って下さい……故郷に帰る為の時間を……そして、ご自分のシステムを一新し、エネルギーを充電して下さい。

そうした時、貴方の一日を明るくする、気分をよくする為に言葉などは必要なくなります。
貴方が、そこにいると……ご自分の全てが理解できるようになります。

何をすればいいかも……直ぐ理解できます。
そういったことを、無視しないで下さい。
今のデリケートな日々において、非常に重要なことですから。

今、あまりにも早く進展が起きています。

◎ ブロッサム : 進展と言いましたか?

★ 光の銀河連合 : はい、進展です。

今日は、その必要性を感じたので、今、起きていることのよりシリアスな面に焦点を当てさせて頂きました。
皆さんに対して何が求められているかをお伝えする為です。

とはいえ、どうか知って下さい……この進展というのは、より明るい方向での進展であることを。
そして、様々なゴチャゴチャの事実が明るみに出ていることを考えると……実際にたくさん出ていますが……それは、皆さんがより良い世界に確実に向かっていることを示唆しています。

より多くの事実が明るみに出れば出るほど……光が勝利しているということがよく分かるし、闇の居場所がなくなって来ているという意味なのです。
光の戦士である皆さん……地球の愛しい魂の皆さん……どうか目を閉じて、しばしゆっくりと呼吸をしてみて下さい……そして、自分の奥深くに……自分の真実、自分の力、私達の愛を感じて下さい。

神聖な計画など、いとも簡単に忘れてしまうこともあるというのは、理解しているつもりです。
貴方がいる場所からは……実際にいる場所とは違う景色に見えてしまうのですよね。

どうか知って下さい……ハートの中でご理解下さい……これから来る日々……変化が起きます……貴方のおかげで!
その為に、貴方はここにいるのです。
だからこそ、貴方はここに来たのです。

何度も、同じことを繰り返すようですが……貴方が真のご自分を認識すればするほど……同じ言葉も、違う風に感じられるようになります。
何故なら、言葉を……より深い真実として受け取るからです。

どうか、貴方がこの言葉を受け取る際に、魂が揺さぶられるような感覚を感じて欲しいと願っています。
そして、貴方がもっと前進する為の勇気と導きとなる様に。

◎ ブロッサム : 友人の皆さん、そうなっていると思います!
ありがとうございます。

皆さんの叡智のおかげで、また一段と強くなれた気がします。
私にとって皆さんの言葉は、様々なことに気持ちを落ち込ませることなくもっと頑張れるように、魂を揺さぶられる言葉です。

愛と感謝を送ります。

★ 光の銀河連合 : どういたしまして……貴方が再び奮起して下さったと聞いて、私達は喜びに浸っています。

◎ ブロッサム : 私も嬉しいです。
ついでに、隣の改装工事でギーコギーコしている連中にも、愛を送っときます……金づちの人にも、ドリルの人にも……吠えている犬にも!

★ 光の銀河連合 : 貴方にたくさんの愛をお送りします……貴方が感じている以上に。
貴方が光としての力を取り戻すと……私達の愛を、もっと感じられるようになります!

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional