gin7610



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ コズミック・ディスクロージャー ★人間とエイリアンのハイブリッドプログラムが存在する!? シーズン 10 エピソード 11★ ☆。・:*:・゚`★

May 2, 2018

◎ David Wilcock : オーライ。
また見てくれて、ありがとう。

「コズミック・ディスクロージャー」、番組ホストのデヴィッド・ウィルコックです。
スペシャルゲストのエレミー・スミスに、再度お越しいただきました。

今回のエピソードでは、エイリアンと人間のハイブリッドを作る研究というかなり奇妙な研究で、彼がその研究に関わっていたというお話を取り上げます。
エメリー、お帰りなさい。

★ Emery Smith : ありがとう、デイブ。
呼んでもらって、嬉しいよ。

◎ David : 貴方がエイリアンの培検の作業を行っていた時のお話で、その肉体はどこから来ているのかという、非常に興味深い疑問が浮かびます。

★ Emery : そうだね。

◎ David : しかし、貴方自身の剖検数は、どれくらいですか?
貴方は、全ての組織サンプルと全てを含めて、およそ3,000と言いました……

★ Emery : うん。
標本と組織のサンプルで……そうだね。

◎ David : それだけ多様な遺伝的サンプルがあるとして、もし、光速が移動の障壁となるならば、それほど多数の地球外生命が手に入るものでしょうか?
それとも、光速度は問題にならないものでしょうか?

★ Emery : オウ、光速度は地球外生命の障壁にはなってないよ。

画像の説明

そこにある手術室が24時間365日で稼働していて、何室あるかと、私が行った組織検体の剖検数とは関連があるね……

◎ David : はい。

★ Emery : ……私達の太陽系の、居住可能な世界の数は、

◎ David : はい。

★ Emery : 数でみれば多いと感じるが、決して多い数字じゃないよ。
証明された全ての居住可能な世界を考えれば、君の指摘に対して本当に考えてみれば、多くない。

小さな星1つが全て異なる標本を持っているのだから、多くないよ。
そして、これらの標本の全てが、宇宙から来たとは限らないだろ?

多分、彼らは別の場所、インナーアースから来たのかも知れない。
多分、彼らはいくつか洞窟を開いて、異なる生き物を見つけたのさ。

ポータルを通って来ている奴も、いるかも知れない。
彼らは収集れれていることに、気づいていないね。

しかし、起こっていることで、一つ判っているのは、彼らは標本を持っている。
そして、その標本から採取したDNAを、人間とミックスしている。

人間をもう少し強力にし、より強い骨格を持った超戦士を作り上げるというプログラムがあるんだ。
それは君が知っているよりも、速いスピードで進んでいる。

◎ David : 再度、二人のレプタリアンタイプが拘束されているのを見たと貴方がお話しした時に、私は非常に驚きました。
貴方は、それが10フィート(3m)だと言いました。

貴方がそう言った時、簡単に、非常にこともなげなく言いました。
我々が育てた、または作り出したと。

貴方は、必ずしもそれが地球外生命であると確信していませんでした。
その様なことが達成されていると、自身を持って考えるようになったのは、何故でしょう?

★ Emery : そうだね。

先ず第一に、私がそのようなものを見たからといって、それを全て信じるのは難しい。
そういうことは通常は意図的であるし、そうじゃない時もある。

しかし、細胞回収作業に取り組んだ後、私は後に、彼らのDNAをペトリ皿でDNAと混合するハイブリッド超兵士プログラムに入った。
それは、組織をチタンに混合し、内部で組織を成長させ、骨を強くするオッセオインテグレーション(顕微鏡レベルでの直接一体化)プログラムだ。

◎ David : それはどうやるんでしょう?

普通の話とは遠い気がします。
貴方自身も、生きた組織とチタンが一体化できるとは思わないですよね。

★ Emery : それは、私達全員が考えていたことなんだ。
しかし、表面がチタンのナノ粒子という新しい材料の出現で、彼らは、今、骨髄を模倣する方法を習得したんだ。

骨髄は解るかな、ステーキを切った時に、ドロドロしたスポンジ状のがあるだろ?

◎ David : ええ。

★ Emery : まあ、彼らはチタンで、それを模倣しているんだ。
その後、そこに幹細胞、成長因子、組織、骨細胞を入れて、チタニウムの中で育つんだ。

◎ David : 本当ですか?

★ Emery : 身体はチタンを拒否しない……当然の如く受け入れるんだ。
だから、鋼とチタンはいつも手術で使われていた。それによって、圧力にも耐えられる、素晴らしい骨格を作れることを、彼らは学んだんだ。

もちろん、筋肉や腱には問題があった。
だが、筋肉はいくらでも成長できる。腱細胞は成長するのが最も難しく、余分な金属、骨、及び強力な筋肉の重量を支えることができない為、問題があった。

そこで彼らは、他の生き物からの、より強い腱細胞とDNAのハイブリッドを策定し始めた。

◎ David : さて、最初から驚くべきものがたくさん出て来ましたので、一つずつ分解していきましょう。

先ず最初は、足にチタンボルトを入れている人がいることは知っています。
しかし、貴方は、普通の健康な大人にチタンを入れる話を紹介しています。

組織が成長するに連れて、生物学的な組織と一緒に成長できるものの製造……

★ Emery : その通り。

◎ David : ……そのような設計?

★ Emery : まさに。

人間を強化すことは以前からあるが、それは(組織の成長に合わせて)手術をしていく……残忍だ。
しかし、今は、3Dプリンタで作る組織があるんだ、DNAを使ってね。

9か月以上かかるけど、それで印刷して、全ての人体が作れる。
全てね。

DNAには多くが保存されているから、多くの記憶も取り出せる。

◎ David : フム。

★ Emery : 私が得ている情報では、チタンをバットに入れて、全ての関節軟骨とメタプログラム(訳注:直接コーディングするのではなく、パターン化した高級言語を入力すると、下位のプログラムがコードに翻訳するプログラム技法)を使って、チタンの上にプリントしたらどうなると思う?
君が言ったような、兵士が作れる。

◎ David : それは最初から、大人のサイズで作られるのですか?

★ Emery : その通り。

◎ David : 普通の人間は、成人の身長になるには、13,14年掛かります。

★ Emery : うん。

◎ David : では、どうやって、胎生の成長を加速するのでしょうか?

★ Emery : うん。

彼らは……9~24か月で、完全な体を作ることができるね。
そして、彼らは、神経伝達の化学物質、ホルモン、及び体がより速く再生することを可能にする地球起源の特別なアミノ酸とによって、細胞成長を行うんだ。

彼らが抱えている問題は、脳だね。
他の全てのものほど、速く成長する訳ではないからね。

◎ David : フム。

★ Emery : だから、私達が心臓の手術で、豚の心臓弁を使うのと同じ理由……

◎ David : はい。

★ Emery : ……それらは同じ時間で、成長する。
細胞がだ。

では、私が犬の心臓を使って君に移植したら、それは普通より死ぬほど早く成長するだろ。

◎ David : フム。

★ Emery : 彼らがやろうとしているのは、地球上の全ての種から、どれが最も早く複製できるかを、見つけることで、人間よりもその種でたくさん作ろうってこと。
そして、それが知られている全ての因子の中で、最も支配的な遺伝子になるだろう……だから、彼らは数百の異なる遺伝子を一緒に継ぎ合わせていた。

これは非常に困難で、全ての組み合わせによるアルゴリズム解析に為に、非常に巨大なスーパーコンピューターを使用しているんだ。
彼らは、最初からそれを行っていて、成長率が人間の物と同じDNAを地球外から見つけては、(地球人に)加えている。

それが私が豚に言及した理由、それを信じるかどうかは別として、私達にとって最も近い。
彼ら(豚)の成長率は、同じなんだ。

だから、一旦、ボード上で同じ成長率を確認することができたなら、そこへハイブリッドの成長を加速させる為の条件を追加することが可能になる。
そして、脳の成長が問題なので、それが一緒に成長するような、異なる化学物質の追加も可能になるんだ。

◎ David : つまり、骨格や骨髄は既にシャーシとして、或いはフレームワークとして作成。既にそれ以上に……?

★ Emery : うん。チタンの上に骨を成長させ、骨を強化することができる。
そして、チタンは既にそこにある。

組織に、金属や他の物質を印刷できる3Dプリンタがある。
それ以外の物質も使われているけど……私がベースとして使っているのは、チタンなんだ。

◎ David : OK。

★ Emery : ……何故なら、サイエンスの世界では、チタンと肉体の同化は誰もが理解しているからね。
しかし、他の物質も使用されていて、それは柔軟性があり、耐久性がある。

……戦闘やミッションで、人々、兵士、プログラム生命体、クローンなんかをより長く持続させる為にね。

◎ David : では、3Dプリントで完全な大人を印刷するのに9ヶ月と貴方は仰(おっしゃ)いましたが、通常の人間のゆっくりとした成長とはかなり違います。
それによって、全体的な寿命は短くなっていますか?

★ Emery : 私はそれについて、ちゃんと答えられるほど長くそのプロジェクトにはいなかったけど、聞いた話では、成長途中で起こる突然変異により、そうなるみたいだ。

幹細胞のような細胞を取って、成長させる時には、1グループの中のいくつかは壊れた細胞がある。
それが突然変異になる可能性があるんだ。

そして、彼らはこれが起こることが分かった時に、新しい種を作ろうとした。
それを受け入れたのさ。

ミュータントを作りたくなった。
変な話だけど。

そういう訳で、これらの異なる種を一つにして、新しいクレイジーなモンスターを作り出したんだ。
地球上のDNAを、人間のDNAと、海洋の様々な種類のバクテリアのDNAと、これと、それと他のものとでミックスして、あらゆる種類の奇妙なデザインが行われた。

それは、もう手に負えていない。
前に言ったように、人間と虎のハイブリッドなど、停滞状態にある彼らが盛大に失敗したものを見ることができるんだ。

画像の説明

◎ David : 人間の部分と、トラの部分……

★ Emery : 彼はまるで……

◎ David : ……ハイブリッド

★ Emery : ……ハイブリッド、うん。
残念ながら、それは突然変異していた。

◎ David : ちゃんと機能していなかった場合、静止状態に置かれ、そのプロパティーを他の人に再利用することは可能ですか?

★ Emery : うーん、イエス。

◎ David : OK。
私は、それはあるのかと考えました。

★ Emery : いい質問だね。

◎ David : ……ちょっとダークな話ですが、それについて触れましょう。

★ Emery : そうだね。
まあ、君は、その存在の実際の遺伝子や細胞について話してる……

◎ David : はい。

★ Emery : ……静止している場合イエスだ。彼らには二つの選択がある。

その存在を終わらせ、元のアミノ酸に分解する。
液化するんだ。

また、彼らはそのDNAを保存することもできる。
失われたものが後で必要になれば、それを呼び出すことができる。

基本的に、DNAを足したり引いたりするのは、何ができるのかを見つける為さ。
何故なら、彼らは全てと戦いたいからだ。

他の人の心を、他の人の肉体に入れたら、拒絶するだろ。

◎ David : はい。

★ Emery : 拒絶率があるんだよ。
だから、彼らがしたことは、全ての抗原と、「NO!」という抗体を全て取り去ることなんだ。

彼らの体が一年も続くことはないかも知れないが、奴らは、今、それを受け入れるように細胞をプログラムすることができる。
しかし、少なくとも、彼らは何らかの仕事をこなせる体は持っている。

◎ David : それで、寿命、それが限られているという事実です。
クローンを使って種を作るとは、どういう意味でしょうか?

私の理解では……永続的な生命を保てる可能性がないとしても、使いこなせばよいと。
ちょっと、邪(よこしま)な考えですね。

★ Emery : それは微妙だね。
そして、研究室のお金が手に入る。

だから私は、それをブレークスルーして、来年の研究予算を手に入れるよ。
しかし、彼らは既に持っている……彼らは既にクローンを作っている。それは秘密ではない。

彼らは既にクローンを作っており、それらを数千保存している。
いいかい?

そして、彼らは、それらを活性化するまで、クローンを生きたまま保存できるんだ。
そして、私達はこれらの「プログラムされた生命体のクローン」を、彼らが作る通常のクローンだけでなく、彼らの個人的な経験の為に使用できる……どんなことも……アシスタントだよ。

実際、何かに使われるクローンだとしても、彼らが道を踏み外せば、何が起こるか知っているようなクローンで一杯になる世界は、最悪だと推測できる。
彼らの寿命がどれほど延びるかも、判らないし。

だから彼らは、恐らく戦争の為に使われるだろう。
何故なら、それらは破壊され得る資産なのだから。

考えられることは、それだね。
何故、彼らは一か所に多くのクローンを保管しているのか、この情報がプライベートラボから漏れないようにだ。

この情報がデスインフォメーションかも知れないが、そうじゃない。
これは事実だ。
そして、一般に公開されている。

中国は既に、彼らが臓器の為に人々を育てると言っている。
全国的なニュースになっている。

彼らが18歳になったら、どうなる?
殺して、器官を取るだけ?
ここで、何が起こっているのだろうか?

つまり、人々を成長させているだけだ。

◎ David : 非常に奇妙です。

★ Emery : うん。

非常に奇妙だ……毎日、33人が臓器を取る為に死んでいる。
だからそれが手に入る。

しかし、私はそれはいらない。
何故なら、生きている生き物の臓器だからだ。

彼らは、それをやっている。
しかし、体は物だという……私達が臓器を取る為に、クローン人間を作ると言われている。

◎ David : それは倫理的に複雑で、言い表せないほどです。

★ Emery : オウ!
それは、背筋が寒くなるよ。

何故、私達は、ほとんどの場所でやっているように、器官を成長させるだけではないのか?
ええと?

◎ David : はい。

★ Emery : 何故、一つの器官を成長させられるのに、全身を成長させる?

◎ David : それが、彼らの考え方です。

★ Emery : うん。
ハ、ハ。

◎ David : ハ、ハ。
彼らがこのハイブリッド研究を十分に行えば、私達の存在が改善できると考えているでしょうか?

ある意味では、彼らは恐らく完璧な何かであるという、霊的な見方を持っていないでしょう。
彼らは、アップグレードできるマシンのように見ています。

★ Emery : 完全にそうだね。
彼らがしようとしていることは……ハイブリッド研究中に、躓(つまず)く、彼らの知らなかったことに躓(つまず)くんだ。

私が考えるものは、人々を癒す為に民間へ下すものだけど、彼らはそれでお金を稼ぐので、非常に遅いし、コストもかかる。
「ハイ私達はこれを発見した。しかし、それは私達がこっちの研究をしていたから、発見できたんだ。」

そして、彼らはそのアイディアを製造し、箱に入れてそれを販売するのさ。

◎ David : ピート・ピーターソンが語った地球外生命体は……彼は、彼らをシュミラックスと呼びました。
彼らは、人間よりも明らかにサルに近い存在でした。

何故か、尾があります……尾が曲がるようです。
そして、彼らは指を作りました……彼らはDNAを弄(いじ)って、長い尾のようなものに指をつけました。

私は、剖検作業で貴方がそれを見たことがあるのならば、興味があります。

★ Emery : いや。
しかし、私は非常に長い足、そして、手、手のような足を見たことがある。

人間だが、非常に顎(あご)が長い。
そして、非常に白くて、美しい青い目をしているんだ。

そして、彼らは長い。
痩せていて、骨ばって異形なんだ。

彼らは、大きな手を持っている。
手なんだけど、足なんだ。

私達の手みたいだけど、足なんだ。
そして、指は広がっていない(エメリーは指を閉じた手を差しだす)、それは本当に太い。

◎ David : ワオ!

★ Emery : 指も、非常に太い。
そして、踵(かかと)の様な小さい掌(てのひら)。

それは、体重の為だと思う。
そして、彼らの足は逆向きなんだ-脛骨-腓骨は、大腿骨の後方にある。

だから、関節を曲げると、それは逆の方向に曲がるんだ。

◎ David : 興味深い。

★ Emery : うん。

◎ David : そして、貴方は、長い顎(あご)と言いました。
それは私達の顔よりずっと長い、ということを意味していますか?

★ Emery : そう。
下あご……少なくとも私達よりは1インチ(2.5cm)以上、そして、薄い顔。

彼らは、非常に魅力的な存在なんだ。

画像の説明

◎ David : 目の大きさは私達のものと比べて、どうでしたか?

★ Emery : 大きなアーモンド型の目、私達の2倍の大きさだね。

画像の説明

かなり小さい鼻で、私達のような歯があり、唇がある。

彼らには、眉がない。
耳は楕円形で、非常に小さいんだ。

◎ David : 貴方は、毎日ですね。
来る日も来る日も、シフトによっては、標本を作る日もあったと言いましたね。

★ Emery : うん。

◎ David : そして、私達は以前のエピソードで、他の遺伝子チームも有ると話しました…………死体のサンプルを取る。
貴方は、それを壁(の引き出し)に通す。

他のチームも、それを行っています。
それで、ここのETと人のハイブリッドは、どれだけ広範囲だと思いますか?

★ Emery : 今日の私の意見では……私が去った時にそれを知っていたので、彼らは既にそれを達成しただろう。
だから私は、今日のことをについて言えば、彼らは恐らく地球外種をクローン化して、それらについて学び、20,30種類は複製していると思うね。

彼らは、DNAとDNAをミックスするんだよ。
だから私は、今日少なくとも20~30種のハイブリッドが確認できると確信しているのさ。

今までにどれだけの時間が過ぎているか、それを考えての推測だよ。

◎ David : そして、貴方は、タイガー・ヒューマンが、実際にはうまくいかないタイプの1つであると言いました。

★ Emery : その時はね。
それは、うまくいかなかった。

◎ David : オウ!
しかし、彼らはそれに取り組んで、後にはうまくいった?

★ Emery : そう。

◎ David : 実際に成功したハイブリッドの他の例は、何でしょう?
貴方が最初に一例をあげるなら、私達は何を見るでしょうか?

★ Emery : そうだな、鳥類の地球外生命が変わっている。
ミスター・グッドと呼ぶのがいるね。

画像の説明

そして、この鳥人は、奇形の様に見えるね。

◎ David : 本当ですか?

★ Emery : そして、彼らは直観的で、知的で、素敵な存在。
勿論(もちろん)、テレパシーが使える。

彼らは本当には飛ばないんだけど、背中に変わった羽がついている。
薄くて素敵な口、鱗(うろこ)状の体、変わった形の頭部、想像してごらん。

◎ David : そして、長い口に歯がありますか?

★ Emery : うん。
まるで長い顔……

◎ David : OK。

★ Emery : ……その下、顎(あご)の下に、小さな口。

◎ David : オウ!ワオ!

★ Emery : そう。
彼らは、そいつらのハイブリッドを作ることに成功したんだ。

画像の説明

彼らがそれで何をしたいのか解らないけど、悪魔や龍、或いは宗教的に使用したいと思っているものを、人々に見せられるだろ。

◎ David : フム。

★ Emery : 何故なら、この様な生き物がダウンタウンを歩いていたら、注目を集める……それは古代の恐竜のような生き物で、直立して歩くんだ。
そして、そいつには緑と赤の鱗(うろこ)がある。

そして、非常に大きな魚みたい……

◎ David : フム。

★ Emery : ……本当に大きいんだ。
背中には峰状のものがあって……首の両脇、背骨の下から始まる。

そして、それはワニの棘突起(きょくとっき)のを私に思い起こさせたね。
知ってるよね?

それらの背中に、どんな突起がついてるかは。

◎ David : はい。
知ってます。

★ Emery : OK。
そして、背中を下っていくと、尾骨部分に非常に小さな尾っぽ。

◎ David : フム。

★ Emery : そう見える。
とても美しいんだ。

◎ David : 服は着ていない?

★ Emery : NO。

◎ David : どんくらいの背ですか?

★ Emery : 8フィート(2.4m)

◎ David : ワオ!

★ Emery : うん。
思うに、奴らは、彼らをもっと大きくしようとしたんだ。

元々の種は6~7フィート(1.8~2.1m)、ハイブリッドは8~10フィート(2.4~3m)さ。

◎ David : その種自体は、元々ハイブリッドではなく、地球外生命。

★ Emery : 奴らは、地球外生命の翼竜と人間のクローンとで、他の種を作った。

◎ David : では、変わった頭部と、明らかに長い顎、これもあります……背中に指骨もあります。(デヴィッドは、頭の後ろにに骨が出ているしぐさをする)

★ Emery : そう。
確かに、間違いなく大きな骨が出ている。

◎ David : 元々あったのですか?

★ Emery : そう。

◎ David : 奇妙です。

よく聞く、エジプトの物に見えます。
彼らは、エジプトのような形態をしています。

かなり奇妙な頭に見えます。

画像の説明

私は以前からエジプトの物は、ポータルを抜けてやって来た、変わった形の生き物と思っていました。

画像の説明

貴方はこの奇妙な存在が、エジプトを訪れ、永遠にそこの一員になったと思いますか?

★ Emery : 頭だね。
それはまるで……与えられたんだよ。

知ってるだろ「まるでエジプト人だ……しかし、それは私の専門外だ、推測に過ぎないが……エジプト人だ。」

でも、非常に似ている。
そういう印象がある。

「いい案だ! そこにある物と非常に似ている。」って古代から、彼らはここにいたかも知れない。
私は歴史の中で、ここに翼竜がいたことをたくさん聞いた。

これらを視覚化した人々がいた。
だが、それとは違う説明もたくさんある。

だから、私には解らない。

◎ David : 貴方が見た、成功したハイブリッドの存在について、別の例をお話しできますか?

貴方は鳥の様だとお話しましたが、それは翼竜でした。
それで他に独特な例は、何があるでしょうか。

★ Emery : まあ、全ての存在が占い師の人形の様に、地球上の昆虫などから作られる訳ではなく……別の系列からとはいっても、やはり、最も魅力的なのは私達に似ている存在だ。
ちょっとは違うけど。

多分、彼らは少し背が高い。
でも、顔は同じ。

同じ消化器官を持ってる。
そして、彼らは私達よりも遥かに進歩しており、意識している。

そして、彼らの脳は何らかの理由で、普通より大きい。
どういう訳か、私達のDNAと最も互換性があるんだ。

私は、不思議に思ってる。

◎ David : はい。

★ Emery : 何故なんだろう。

◎ David : ハ、ハ。

★ Emery : まあこう言われてるけど、彼らはいつでも来て、私はSETIでの経験だけでなく、以前にも見ているし、MILABSでも、ハイブリッドを作るのは非常に簡単なのさ。

そして、それは奴らがやったこと。
そして、彼らには何百ものハイブリッドがあるんだ。

もし、一人でも手に入れたら、奴らはセットする。
そして、うまくいくんだ。

奴らは、非常に成功した。
彼らは非常に長生きで、非常に似通った遺伝子コードを持っている。

彼らは、もっと進歩していて、テレパシーを使っている。
知ってているように、私達ができないことを、彼らはできる。

もし、彼らをプログラムできるなら、奴らは良くも悪くも使うだろう。

◎ David : さて、私達の持つ秘密のテクノロジーは、ドラコやレプタリアンの物だと主張する、内部通報者がいます。
私達が隠している技術という点で、彼らは私達より、40年先を行っているかも知れません。

そして、いくつかの点で、私達は今や実際には戦争に関しては、彼らと同等になっています。
そして、私達の遺伝技術も、彼らと同等になったように見えます。

彼らは、DNAを人間とハイブリッドしました……

★ Emery : 彼らは。

◎ David : ……そして、彼らは私達の神のように振る舞っていた……

★ Emery : うん。

◎ David : ……彼らは、私達を種々コントロールできます。

★ Emery : そう。

◎ David : 私達が遺伝子組み換えで、最高のものに進化することの私達の理解を、彼らはどのように考えているでしょうか?
私達を神と同じにするとは思えない。

貴方は、どう思いますか?

★ Emery : いいや。
君の神の解釈がどうなのかは知らないが、DNAや系統が類似していれば、互換性があることは確かだと私は信じてる。

君は、平和に生きている。
君がもし、他の文明のレベルにいるなら問題だが。

彼ら(宇宙人達)は、アメリカが他の文明と同じレベルに到達するのを待っている。
周囲の宇宙には、私達と同じ様に始まった多くの文明がある。

彼らは自由エネルギーと反重力を放棄しておらず、操り人形ではないから、私達より遥かに進んでいる。

◎ David : はい。

★ Emery : 直ぐに、銀河連邦との巨大な会議が開かれるだろう。

そして、彼らはこの惑星から5人のリーダーを連れて行くだろう。
そして、彼らはリーダーを銀河の裁判所に連れて行き、「何故これをやったか?」と言うだろう。

そして、彼らは-世界の指導者は……「何を言っているのですか? 私達は何もしていない。」
そして、彼らの背後には巨大なスクリーンがあって、銀河連邦は知っている。

それは、真実を伝えているんだ。
そして、彼らは300の大企業が世界の指導者と企業が、地球の全ての人々にした全てのものに責任があることを見る。

彼らは戻って来て、奴らを逮捕する。

◎ David : 何らかの刑事裁判について、話していますね……

★ Emery : そう。
巨大な挑戦。

◎ David : ……嘘はつけない。

★ Emery : それは不可能だ。

君は、嘘をつくことができない。
誰も、嘘をつかない。

◎ David : はい。

だから、設計して種を作ろとすると、様々な弊害が出ますが、より深いレベルで最高の存在というものがあるなら、それは宇宙全体に広がっている遺伝学そのものです。
そして、単に遺伝学では、貴方は神にはならない。

★ Emery : いいや、できない……それは王族に生まれたか、王族と結婚するようなもので、依然として、それは王だ。
まだ、人を受け入れようとしている。

◎ David : はい。

★ Emery : 私はまだ中立であり、ニュートラルだ。
それは良くも悪くもなく、プログラムされたものなんだ。

その途中で信念体系というものが生まれる。誰も自由意志に反して、誰かをコントロールすることはできない。

◎ David : それでは、このエピソードの残り時間がなくなってしまいました。
エメリーありがとう。

★ Emery : どういたしまして。

◎ David : 番組を見て下さってありがとうございます。
「コズミック・ディスクロージャー」、番組ホストはデヴィッド・ウィルコック、そして、スペシャルゲストエメリー・スミスでお送りしました。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional