gin7562



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ コブラからの情報 ★コンタクト★ ☆、。・-*-・゚`★

March 18, 2018

銀河連合の光の勢力は、銀河法典第4節第2項に従って、この惑星の地表面を連合の領土に変更することを決定した。
(訳注 : 第四節第二項 : 銀河連合は、銀河法典を施行し、必要な場合は武力を用いて、銀河法典が犯されている領域を制圧する、不可侵かつ無条件の権利を有する。)

明白な理由により、地上の人類に対しては、地上作戦に関する情報の開示を最小限に留めざるを得ない。
唯一言えることは、1996年から1999年にかけて起こったアルコンの侵略の期間中に、極めて多数のキメラ傘下のドラコ、及びレプティリアンのハイブリッドが人間のクローン身体に転生し、地下基地に潜んでいるということである。

2001年の9月11日に起こった偽旗事件以来、彼らは地上に出現し始め、人間社会の高位階層に浸透し始めた。
この状況は、ミョルニル作戦の一環として、光の勢力により今まさに処理されつつある。

ただ言わせていただきたいのは、この惑星の地表面における人質の状況は極めて困難で、救出作業は予期された時期より若干時間がかかりそうだということである。
この為に、光の勢力はイベントが起きるタイミングの推測に関しては、人々の落胆を招かないように行ってもらいたいと提案する次第である。
加えて、貴方方には自分自身のミッションに集中し、今を精一杯、自分自身の人生を生きていただきたいと提案する次第である。

毎日、一万人以上の人々が飢餓と栄養失調で亡くなっている。

https://www.quora.com/How-many-people-die-of-hunger-every-day-How-can-we-decrease-that-number

このことは、闇の勢力が未だに、この惑星の地表面において支配力を行使していることを示している。
もし、トップレット爆弾が処理される前にイベントの引き金が引かれたならば、死傷者の数はこれを遥かに上回ることになるだろう。

この惑星において圧縮突破を準備する為に、光の勢力は私に対し、この惑星の地表面をコンタクトディッシュ/異星人との接触の為の受け皿に変化させる為に、地上の人類達を教導するように求めて来た。

【 指示 】

もし、貴方方が、小型のプレアデス人の円盤形宇宙船が着陸するに十分な大きさの平坦な空き地を所有しているのであれば、貴方は声に出すことなく、以下の宣言を行うことができる。

「私のアイ・アム・プレゼンスの名において、最良かつ可能な方法により、プレアデス人の宇宙船が自分の所有する土地に着陸することを、そして、宇宙船から降り立ったプレアデス人が、自分と物理的にファーストコンタクトを行うことを、私は宣言し、命じます。」

決して声に出して宣言しないこと、そして、貴方が宣言したことを他人に教えないことが、極めて重要である。
さもなければ、貴方はこのコンタクトディッシュプロジェクトの一員になることはできない。

数千もの人々の自由意志との結び合わせにより、この世界中の宣言は、首尾一貫した脈動する光のコンタクトシグナルとして、この惑星のエネルギーグリッドへと、そして、プレアデス人達へと流入する。
それはこの惑星全体を、効果的にコンタクトディッシュへと変容させることであろう。

このことが起こる為に必要なクリティカルマスは、12,000人前後である。
この数字は、プレアデス人と銀河のセントラル種族にとって、人類の中の目覚めた人々のスピリチュアルな成熟度が、カルダシェフスケールで0.75と等価に達したと判断する指標となるであろう。

http://www.veronicasicoe.com/blog/2014/04/the-kardashev-scale-0-to-6/

これが、コンタクトの連鎖が開始し得る指標となろう。
人類は既に、コンタクトの準備ができている。

http://www.astronomy.com/news/2018/02/a-new-study-shows-mankinds-reaction-to-alien-life-would-be-quite-positive
https://www.youtube.com/watch?v=9qVguGkKnVw

コンタクトの順序は、以下の書籍の最後のページに正しく記載されている。

https://www.amazon.com/Starseed-Transmissions-Ken-Carey/dp/0062501895

コンタクトの連鎖を始めようではないか!
我らに、この惑星をコンタクトディッシュへと変えさせたまえ!

光の勝利!

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional