gin7521



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ マシュー君のメッセージ ★変化の証拠、偏見、祈りとメディテーション、諜報エージェント、自由意志、宇宙戦争、ルシファー★ *:..。o○☆*゚¨゚゚

February 13, 2018

マシューです。
この宇宙領域にいる全ての魂達から、心からのご挨拶をします。

たくさんの人々の気持ちを代弁している、ある読者からのコメントをシェアします。

「マシューや他のメッセンジャー達は、光が世界を変革していると言います。私にはそれが現実になっているという証拠が見えません」。
そして、対立する国家、政府内の政治的内部抗争、貧富の格差、残忍な政権、無差別テロ、サイバースペースと核戦争の恐れという状況を挙げています。

そのような状況が貴方達の世界にまだあるのは、それらがそれぞれのエネルギーの経過を辿り終えていないからです。
僕達に見えているように、貴方達にもその証拠が見えるとどんなにいいでしょう。
そのような状況のエネルギーストリーマー(流れ)や、他のネガティブな付加(アタッチメント)を持つ全ての力を、光が着実に消しているのです。

愛するファミリー、第3密度の苦難が終わりつつあるという紛れもない証拠を、どうしても見たいという貴方達の気持ちは分かります。
そして、それを貴方達は見ることになります。
光が闇に根ざすあらゆるものを弱め、貴方達の世界から徐々になくし続けているので、貴方達がライトワーカーとしてしっかりといることが、貴方達と地球にとって大きな助けになるのです。

「どうぞマシューに訊いて下さい。どうして、人種差別や宗教的偏見が増大しているのですか? 光が強くなっているのですから、減っているはずではないでしょうか?」

以前より増大しているのではありません。
それが人類に及ぼしたダメージ(被害)が癒されるように、長い間の破壊的なことが明るみに出されているのです。

偏見は、持って生まれるものではありません……何世紀に亘(わた)って世代を通して、徹底的に教え込まれるものです。
それがもたらしている対立こそ、闇の人間達が大衆を支配する上での強力な味方なのです。

偏見は、姿が異なる、異なる信仰、異なる社会的、文化的、或いは人種的遺産、異なる思想を持つ人々に対する優越的態度として見られますが、実際はそのような違いへの恐れから来る不安感なのです。
そのような態度も、変わりつつあります。

波動エネルギーが引き続き高まり、意識とスピリチュアルレベルの気づきが広まるに連れて、全ての人々は劣っていると見做す転生を、自分達が経験して来ていることを知るでしょう。
全ての存在が、本来は一つというワンネスを知るでしょう。
そして、人類はあらゆる人々が誰でも持っている憧れ、夢、そして、家族愛によって結ばれるでしょう。

「私はもう、平和デモに参加することはできませんし、それらの団体に寄付するお金もありません。平和の為に祈ることで、そのような大事な取り組みに貢献できるでしょうか?」

ええ、本当にできます。
祈りとは、宗教的な本の言葉を繰り返したり、神を何と呼ぼうと、それに何か特別なことを願ったり、受け取ったことに感謝することだと貴方達は教えられています。
祈りは、それより遥かに意味のあることなのです……それは、貴方達のあらゆる思考と感情です。

僕達が何度も言っているように思考と感情はエネルギーであり、宇宙の引き寄せの法則がそれを集合意識にある同じエネルギーと結びつけ、貴方達に引き戻すのです。
祈りが平和を願うものであれば、そのエネルギーは広まり、更に多くの同じものを引き戻し、地球に平和をもたらしているたくさんの集合エネルギーに加わります。

世界平和は心の平和から始まる、とも言いました……そのような高い波動エネルギーが流れ出して、同様なエネルギーと交わる時、その波及効果は計り知れません。
世界中で、メディテーションの会を開いているグループの数が増大していることも付け加えたいと思います。

人々が一緒になって平和に心を集中すると……動物達への優しさ、国際的協調、相互尊重、環境保全、あらゆるものの繁栄など、貴方達が世界に望むもの全てです……そのエネルギーは級数的に増大し、それらのアイデアの現実化を日毎に引き寄せます。
メディテーショングループの祈りと、それに積極的に、或いは遠くから参加することの価値は過小評価できません。

また、全く異なることでの集合エネルギーについても、質問が来ています。

「北朝鮮の核脅威、他の敵対的な核兵器保有国、アメリカ政府の軍備拡張計画、核戦争についての議論などへの世界中の不安が重なり合ったら、発射された核弾頭の爆発を防ぐETの能力よりも強力になるのではないでしょうか?」

いいえ。
地球の住民達がお互いに、そして、自然と平和に暮らして欲しいというガイアの願い、そして、安全で平和な世界を望む人々の願いにある光は、核兵器や戦争についての考えや言葉からの総合エネルギーよりも遥かに強力です。

そして、そのような戦争を起こそうという計画もありません。
そうは言っても、宇宙での核爆発はあってはならないという創造主の命令がある為に、貴方達の上空にいる宇宙船乗組員達は、惑星上の全ての場所に保管されているものを含め、発射される核弾頭を全て、同時に機能停止にするテクノロジーを持っています。

「イルミナティのスパイ(二重スパイ)は、全ての情報機関にいるのですか? そのような危険な仕事を、何故、人は引き受けるのでしょう?」

イルミナティはあらゆる国の情報機関にエージェントを持っていて、上位ランクの幹部達に正確な情報を送ったり、もし命令されれば、怪しまない情報源に偽情報を送ったりします。
それらのエージェントの一部はスパイですが、そのような役目で働く他の人間達はイルミナティではありません。
二重スパイについて言えば、買収や脅迫、或いは家族の安全が脅(おど)かされた為そうしている人達もいます……これは、イルミナティの人を集める戦術です。

政府の政策に不満を持っている為に、他の政府へ便宜を図る人達もいます。
ほとんどは、自分の国への愛国心からそうするのです。
スパイ行為……そして、プライベートな暮らしの監視……が、貴方達の歴史の本の単なる1章になる日も近いでしょう。

「どうか、マシューに尋ねて下さい。神が私達に自由意志を与えたのなら、どうして神は、アヌンナキとカバリスト達に私達の自由意志の選択を徹底的に奪うことを許し、その為に私達の自由が制限され、彼らの経済的奴隷になっているのでしょうか?」

一部の人間達は、自分達の自由意志を使って他の人達の行動を阻害します。
けれども、どのような状況に対してであれ、それへの貴方達の反応の選択について、貴方達がどう思い、感じるかを誰も妨害したり、限定することは決してできません。

ですから、創造主は大宇宙コスモスの全ての魂達に自由意志と、それに本来備わっている具現化能力の贈り物を与えました。
この宇宙の神と他の宇宙の統治者達は、それぞれの宇宙の全ての魂達の自由意志の選択を尊重するという、この大宇宙コスモスの法を遵守しなければなりません。

有史以前からこの宇宙の魂達は、この贈物を使って他の計り知れない数の魂達の自由と、経済的豊かさを抑圧して来ました。
僕の母が神にどうしてそれを許したのか聞くと、神はこう答えました。

何にも増して、創造主の自由意志の法がある。
しかし、たとえ、誰かがそれを使って他の人間を傷つけたとしても、私には何もできない。
だから、私はその最初の人間の傷つける行為を全て経験するだけでなく、2番目の人間の傷つく感覚を全て経験するのだ。

私は、人間や他の生命体がこの宇宙のどこにいようと、その全ての苦しみから逃れることはできないし、同じように全ての喜びを経験しないこともできない。
だから、この自由意志の行為を私が許すという問題ではないのだ。
わかるね?

貴方達の政府は、本当に自分達を恥ずかしいと思うべきだ。
何故なら、宇宙の真理を明らかにすることになっていた時限を当に過ぎているし、そこにいる他の生命体が、この肉体転生の間にスピリチュアルに完全に開花することを妨げているからだ。

つまり、貴方達の政府が多くの真理を隠している為に、貴方達は経験の選択を誤魔化されているのだ。
貴方達の教会指導者達も、同じだ。

地球は、人々のそれぞれの気づきの遅れを心から悲しんでいる。
特に、人間同士と動物への扱いに関して、そこに、今、転生している魂達によって選ばれたスピリチュアルな気づきの進展が、大幅に遅れていることがある。

「では、実際、何十億という魂達が、僅(わず)かなの強力な人々の自由意志の決定によって犠牲になっていると、貴方は言っているのですね。」

いや、いや、私はそうは言っていない。
それに私が言いたいことは、それでもない。

貴方が感想をタイプし始めたので、私は話が途中で終わってしまったんだよ。
魂、肉体ではない、がここでは問題なのだ、スージー。

確かに、起きているたくさんのことは、本来合意されたことではない。
しかし、今、その魂レベルでの修正が行われている。

貴方が言うように、本当に他人を犠牲にしている人間達は……私に言わせると本来の合意に従って生きていない人間達だ……実際は、自分自身の魂の進化だけを犠牲にしているのだ。
数少ない加害者達の自由意志の所為(せい)で、本来の選んだ学びを経験していない人達、貴方達が犠牲者と見ている人達は、そこでの肉体転生を離れてから、それが地球であろうとそこを超える場所にいようと、魂の飛躍的成長を遂げている。

しかし、もちろん彼らは、意識レベルではそれに気づくことはないがね。
(『マシューブック:新しい時代への輝き』からのこの抜粋は、1989年に受信されました)。

ありがとうございます、お母さん。

さて、神は許されていることをやっています……神は、地球の全ての魂達が自由に生き、地球の豊かさを平等に共有して欲しいという、ガイアの自由意志の選択を尊重しています。
それを達成する助けとして、神はスピリチュアルに進化した強力な宇宙文明社会が莫大な量の光を地球に送り、それらの文明社会からのボランティアが地球に転成して、人々の気づきを助けることを認めたのです。

リニアル時間の80年以上前にガイアが彼女の選択を表明して以来、地球上の光は着実に強さを増しています。
そして、気づきを得た人々が、自由意志を使って望むものを創造しています……全ての存在に自由と公平さと繁栄がある平和な世界です。
これが、遅々としてしか進まないことが度々あるように見えるかも知れませんが、地球の文明社会のスピリチュアルと意識レベルでの進化は、この宇宙でも未曾有のスピードで起きています。

「闇の人間達は、第四密度やそれ以上の高い次元では存在できないとよく言われています。もしそうであるのなら、言われている宇宙戦争をどう解釈したらいいのでしょう? そして、堕天使ルシファーの存在はどうなんでしょう?」

そのような戦争では、密度とは場所のことで、スピリチュアルな進化の地位ではありません……人々と文明社会は、知性とテクノロジーの発達では高く進化しているかも知れませんが、彼らには生命力である僅(わず)かな閃光しか光がないのです。
時間のないコンティニュウム(時空連続体)の中の一部のエネルギーレベルでは、そのような戦争が進行中ですが、別のレベルでは戦いは鎮まっています。

また別のレベルでは、以前の戦争好きだった人間達が平和に暮らしています。
それは貴方達の時間感覚で短い間だったり、永劫だったりします。

ルシファーについての理論が対立しているように見えるのは、時間のないことが原因です。

創造主の自らの最初の顕現であった大天使ルシファーには、始まりの純粋な愛と光のエネルギーが残っています。
同時に、彼と他の天使達は、創造主のエネルギーを使って生命体を創造する材料を開発することを考えています。

また別のアストラル領域では、彼らはその材料を使って実験をすることを始めています……これが密度の始まりです。
同時に別の領域では、彼らは知性と感情を持つ半動物半人間の生き物や獰猛だったり、大人しいドラゴンを陸地と海に作っています。
そうすることで彼らはより密度の重いエネルギーを作り、そこに堕ちて、光の中にあった始まりから更に離れて行っています。

貴方達の神話にあるような、そのような長命の哀れな生き物を作って喜んでいる為に、ルシファーと彼の仲間達は、時にはルシファーエネルギーと呼ばれる更に重い密度のエネルギーを作り、その中に堕ちて行っています。
そして、以上の全てが異なる波動エネルギーの無数の領域で起きているまさに同じ瞬間に、ルシファーと彼と一緒に堕ちた天使達の一部が彼らの道の誤りに気づいて、今は光に戻る様々な段階にいます。

愛する兄弟姉妹達。

この宇宙では、あれもあればこれもあるとか、何かのタイミングで起きることなど何もありません……あらゆることは、今、あるのです。
そして、あらゆる場所にある、あらゆることが、ほかのあらゆる場所の、ほかのあらゆることに影響します……それほど貴方達のあらゆる考え、感情、行為が遠くまで影響するのです。

でも、宇宙の仕組みはシンプルです。
人々が複雑に考え混乱を招いて、自由意志の贈り物を誤って使うのは、低い意識レベルにあるからに過ぎません。

進化と共に、創造主が全ての魂達を生まれさせた時に意図した……神性なる……生を、ただ本来のあるがままでいることで経験するようになるでしょう。
それは、大宇宙コスモスの独立した、しかし、他の全ての魂達と不可分の、愛と光のエネルギーから創造された唯一の神性なる永遠の魂という存在です。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional