gin7502



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ マイク・クインシーのハイアーセルフからのメッセージ ★新たなサイクル★ ☆、。・:*:・゚`★

January 12, 2018

皆さんが2012年という要(かなめ)となる年を通過で来たことに関して、これがどれだけ素晴らしいことであるのかを、強調してもしきれないほどです。
ここから先は、貴方の周りでポジティブな変化の印が見えて来ますし、バイブレーションが早く上昇すればするほど、より早く現実に現れます。
全般的に言えば、人々全員に影響を与えるような最も重要な変化というのは、全般的なバイブレーションの上昇と共に現れるでしょう。

より高いエネルギーは低いエネルギーを転換させるので、ネガティブな行動というのは力を失い始め、究極的には高いバイブレーションしか存在できなくなります。
そうなったら、ずっとずっと前に予記されていたように、貴方は肉体を持った完全意識の天使となります。
そして、この先の未来には、皆さんは地球の内部にある数々のクリスタルシティーの方に移住するでしょう。

こういったイベントはまだ先のことですが、この先に素晴らしいことが待っていると知るのは、とても嬉しいですよね?
それと同時に、低いエネルギーのあらゆる生命形態は、違ったサイクルの違う道へと移行して、それぞれの進化を続けることでしょう。

地球の内部に住むということに違和感を感じるという方、これは人間の形態を持つ生命にとっては、極(ごく)自然の流れであることを知って頂ければと思います。
むしろ、表面に住むよりは断然安全ですし、進歩したテクノロジーがあれば、表面の地球とは一味違った“新しい地球”が創造できるのではないでしょうか。

直接的な利点としては、あらゆる環境条件を完全に掌握できることで、表面で体験されるような異常気象などに困ることは無くなります。
そして、そこまで進化していれば、欲しいものは何でも思考を通して実現させることができます。

貴方のアセンションに向けた道は既に用意されていますので、どこをどうやって辿り着くかは貴方次第ですが、到達することは確実です、何故なら、もう既に宣言されているのですから。
足が地球に着いた状態でこんな未来の話を聞かされても、何だか物凄く遠い未来のように聞こえるかも知れませんが、実際はその可能性は既に存在している為に、貴方がその創造に関わる思考のエネルギーを供給し始めることで、形を成し始めています。

皆さんの中には、ご自分の運命は銀河的人間、及び星間国家になることだというのを自覚していらっしゃる方もいるでしょう。
地球はここ数年で、何故、ここまで注目されるようになったのかと思う方がいるかも知れませんが、それは貴方の今の肉体を所持したままアセンションしようという試みが非常に特殊だからです。
そして、今、その完成の最終章に差し掛かっているので、明らかにそのままアセンションまで突き進むでしょうし、それは史上初の大快挙となります。

皆さんの成功しようという執念に対して、多くの愛と尊敬が注がれており、ゴールテープを切る頃には、天では盛大な大声援が起きることでしょう。
皆さんの成功のニュースは宇宙中を駆け巡り、彼方此方(あちらこちら)で大祝賀が行われるでしょう。
貴方は、成功という栄光に浸ることができるし、そこに天の祝福も添えられます。

地球では、まだまだたくさんのことが起きており、歴史を通して非常に激しい情勢の時もあって、国々は常に動き続けており、地震などの災害も決して少ない訳ではありません。
今の最新鋭の装置や機器があれば、地球のどこで主要な変化が起きるかを正確に予測することができ、それに備えることができます。

カリフォルニア南部から西部にかけて走るサンアンドレアス断層は、今にも大きな地震が起きそうだというのに、周辺住民はその時は警告があるだろうとを期待をして、未だに住み続けている方が多いです。
やがて時を経て、そこから永久に避難しなければならない状況になるでしょうが、こうなるまでには長い年月がかかりそうなので、皆さんの人生の内に危険が及ぶことはないでしょう。

更に、長い時間をかけて海面もかなり上昇する予定なので、海抜の低い海岸線は住めなくなります。
でも、“早期警告”の技術があるので、人々が不意を突かれるようなことはありません。

思考をこれだけ上昇させることのできた皆さんが、退屈な日々の繰り返しに戻らなければならないというのは悲しいことです。
しかしながら、ライトワーカーとしての皆さんには、まだそれぞれ個人としての試練を残しつつも、もう既に新しい道にも足を踏み込んでいるので、光を広げる為の機会があれば、その全てを活かさなければなりません。

これまで皆さんは、相手の進化度合いに合わせて話をするように指示されていたかと思いますが、アセンションが視野に入って来たこの時点からは、相対的に言って……時間があまりありません。
ですので、今後は普通はしないことまで範囲を広げてみて下さい。

今、植えられた種は、時期が来れば必ず実を結ぶと信じて。
もちろん、ある魂がアセンションまで一気に進む潜在能力を持っていれば、彼らのガイドができる限りのことをして、その魂をアセンションの道に乗せようとするでしょう。

今、来ているのは、絶対に見逃せないチャンスなのです。
でなければ、アセンションできる保証のない、新たなサイクルに再び入ることになります。
とはいえ、以前からお聞きのように、一回の転生で得られたものが無駄にされたり、なくなることは絶対になく、学んだことの全ては次の転生に持ち越されます。

人によって、自分は自分の身体ではないと知るのはちょっと怖いことかも知れませんし、では身体がない状態の自分ってどんな感じかと疑問に思いますよね。
実際は、多くの方が睡眠中にしているように、一時的に身体を抜けたり、亡くなって身体を抜けた場合でも、まだ身体がある様な感覚です。

ぐっすり寝ている自分の身体を見下ろした、という体験をした人もいるかも知れません。
亡くなった場合は、直ぐにその場を離れて高次元で貴方を待っていた存在達の歓迎を受けますが、これが貴方の経験の鍵となります。

一度、肉体を離れると、瞬時に肉体の身体とそっくりなエーテル体という‘身体’に入ります。
その何が違うかというと、新しい身体は前の身体とそっくりでありながらより洗練されたバージョンとなり、より高く振動していて、これまであったような病気や不自由さに一切影響されなくなります。
それはまるで、完全に若返ったかのようで、考えるだけで自分の見た目を変えることができるようになります。

例えば、より若く見せたいとか、その前に障害を持っていた場合は、その障害をなくすなどのことができます。

“死後の世界”を完全に理解している魂達は、死というものが全然怖いものではないと気がつきます。
そして、“あちら側”に行く時は、向こうの親戚や友人は既に分かっているので、出迎えてくれます。

死に関しては多くの恐怖や謎が作り上げられていますが、それはほとんど大変な死に方をした方の体験でしょう。
本来の死というのは、トラウマが残るほど辛かったり、痛いものではありません。
それはまるで、これまでの服を脱いで、新しい服に着替えるのと同じで、ほとんどの方は“死んだ”ということに気がつきません。

多くの方が、死に対する間違った考えを吹き込まれている為に、その勘違いを正すのはとても難しいことです。
更に、思考の力によって、最初は自分が思っている通りの死を体験してしまいます。

貴方が無神論者で、変な刷り込みがなければ、その時は‘あれ、まだ生きている’と思うか、何も思わないまま“新しい可能性”がどんどん開けていくのを感じるだけでしょう。
まだまだ知るべきことはたくさんありますが、受け入れるのがちょっと難しい場合は、受け入れる気になるまでちょっと横においておけば良いのです。
一つだけ確実なことは、結局、最後には真実しか残らないということです。

では今日は、愛と祝福の中に皆さんを置いて去ります。
どうか、完了までの日々を光が照らしてくれますように。

このメッセージは、私のハイヤーセルフから来ました。

愛と光を持って マイク・クインシー

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional