gin7491



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ ベンジャミン・フルフォードニュース ★フルフォード 英語版(1/15)★ *-..。o○☆*゚¨゚゚

January 15, 2018

【 米国株式会社政府に対する、微(かす)かに見えて来た最終対決として、血統家族とイルミナティの間に緊張が高まっている 】

石油ドル体制の米国株式会社政府は、まだ手当てがついていない1月31日の支払期限が迫っている一方で、1月18日の金担保の元建て石油取引に直面しているので、世界的緊張は目に見えるように増加している。
この極度の緊張の一つの兆候が、徒党の潜水艦はハワイの攻撃を止められ、潜水艦は沈められた先週やって来たと、国防総省情報筋は言う。

世界中のメディは、ハワイの住民は携帯電話に次のような警告を受け取ったと、報道している。
「ハワイを目がける弾道ミサイルの危険がある。直ちにシェルターを見つけよ、これは訓練ではない」

しかし、これは後(のち)に誤警報であったと報道された。
それは違う……それは、北朝鮮の所為(せい)にする徒党による企(たくら)みであった。

そして、彼らが長く待ち望んだ第三次世界大戦のきっかけであったと、CIA情報筋は言う。
その攻撃に地震と火山活動の増加が続き、それはチリ、ペルー、パプア・ニューギニア、或いは水中の潜水艦基地の攻撃になり得る可能性があると、国防総省情報筋は言う。

米国防情報局のポール・レインは、以前この著者に多くの水中基地が存在すると言っていた。
これらの基地は、全面攻撃を受けているようである。

北アメリアの王室総理大臣である閣下殿下アーネスト・ロスチャイルドと主張する人が、この著者に接触して来て、米国連邦/アメリカ合衆国はUSNAの下になると主張した。
彼は、銀河が彼の主張を実行する為に、今、到着したと述べた。

彼は、彼の主張を裏づける多くの文書を提供した。
それは、その提供された所在地は、ワシントンDC内の仮想オフィスに過ぎないというコメント以上のものはない、以下にリンクされる。

https://www.slideshare.net/ICJ-ICC/2017-usna-divinagracia-treaty
https://www.slideshare.net/ICJ-ICC/royal-pcijicjicc-notice
https://www.slideshare.net/ICJ-ICC/decision-of-the-royal-icjicc-court
https://www.slideshare.net/ICJ-ICC/royal-pcijicjicc-notice
http://avalon.law.yale.edu/18th_century/fr-1782.asp

何(いず)れにしても、銀河系と水中基地は別として、目に見えて、ここ、そして、今の地政学的領域に多くのことが起こっている。

先週、これは特にドナルド・トランプを代表とする米軍事政権と、世界の多くの国との間の緊張の中で明らかになった。
国防総省筋は、「徒党の兵士MS-13(サルバドール・ギャング)に対する戦争は、トランプが米国の北東部でMS-13のリーダーを逮捕し、20マン人のサルバドール人の一時保護を中止し、6万人のホンジュラスにも同じことをする可能デイがあるので、激化していると言っている。

更に、「トランプは司法省がオバマ政権を逮捕する為の援助として、オバマ大統領図書館から全ての機密犯罪文書を押収した」と、その情報筋は続ける。

サウジアラビアと米国の掃討の後、欧州の掃討がグローバリスト(元EU委員長、ゴールドマンサックスのピーター・サザーランド会長)の死によって始まると、彼らは続ける。
同筋はまた、「トランプはダボスに勝利する為にロンドンを狙っている」と言っている。

しかし、その勝利も時期尚早であることは明らかである。

アジアのCIAと情報筋と、米国のロスチャイルド家の情報筋は、3月について次のように述べている。
「偉大な金融緩和の始まりです」

CIAは、次のように説明した。
「ダウ・ジョーンズ社は、3月中旬までに3万人に達する。これは、国民の液状化した資産を全て排水するのに必要な数です。」

事件が起こり、栓が抜かれ、そして、崩壊が始まる。
これは、世界的な津波に繋がる波紋になるだろう。
これが、彼らの現在の計画である。

「3月のどこかで栓が抜かれた時にやって来ることは、ロシア、中国、インドとインドネシアが関与する金担保通貨が一緒になって稼働する」と、その情報源は付け加えた。
CIA情報筋は、トランプ政権のクリントン財団の調査は、非常に多くの政府がそこへ寄付をしているので、世界的に非常に厄介(やっかい)な問題となるだろうと指摘もした。

https://sputniknews.com/analysis/201801111060682477-clinton-foundation-foreign-governments/

ハイチの地震と津波の時に、我々は米国防衛諜報庁から、クリントン財団が特にハイチに関して大量の横領の罪を犯していることは間違いがない。
徒党の潜水艦によって、海底に埋められた核兵器によって引き起こされたと、伝えられた。

財団に関するFBIの目下の調査は、究極的にはこの事実に至り、そして、そこから2011年3月11日の福島の同様な攻撃に繋がってゆく。
しかし、これら全てが如何に複雑であるかを示す為に、徹底的な文書証拠は、福島からの軌跡は、P2フリーメーソンロッジとトランプのビクトリーランを取ることになる、ダボスのその人達に繋がってゆく。

また、我々の国防総省情報筋は以下のような声明を送って来たので、それをそのまま読者の伝える。

ニューヨーク、ロスアンジェルス、サンフランシスコ、シカゴ、英国、フランス、ドイツ、スウェーデンと、黒人と、イスラム人によって劣悪化され、犯罪とテロの為にイスラエルに引き渡された白人国のような聖域都市はに対して、「劣悪な場所」という言葉が使われるであろう。

更に、その情報源は、「トランプは、私生児のハリーと反黒人のメガン・マークルの結婚式で、白人種を大量虐殺する為に、黒人と白人を混合しようと助長したかどで、女王と根性の腐った王族を非難するかも知れない、そして、一方で、ジェフ・ロリッタ島へ行っていたアンドリューは、EU小児性愛者リストのトップになるかも知れない」と付け加えた。

この声明は、多くの欧州人と欧州系アメリカ人の間で、広まった見解であることは疑いの余地がない。
人種、民族性、犯罪、社会的成果などの結びつきについての真の議論を妨げて来た過度の政治的正義の結果、このような見方は背景に蠢(うごめ)いている。

例えば、アフリカ系アメリカ人が占める特定の地域では、ヨーロッパ系アメリカ人が住んでいる地域よりも犯罪率が遥かに高いという事実だ。
これが真実ではないふりをしたり、或いは歴史的な不公平にそれを責めることは、問題を解決するつもりがないと言うことである。

同時に、トランプをアフリカの「シットレ国」に言及する為の人種差別主義者であると、盲目的に(一部によれば)攻撃することは、アフリカ諸国が他の世界に比べ圧倒的に貧しく、発展していないという事実を無視している。

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_African_countries_by_GDP_(PPP)_per_capita

更に、私のアフリカ系アメリカ人とアフリカ系アメリカ人の友人達は、ヨーロッパ諸国でこれまで経験して来たように、アジアにはそれほど多くの人種差別主義があると報告しているので、この問題を「白人優位主義」と呼ぶのは、過度に単純化し過ぎである。
アジアと西洋諸国がより包括的な世界を交渉するに連れて、アフリカの問題は正直に調べる必要がある。

恐らく、アフリカ人が資源の適正価格を支払われれば、サウジアラビア人のように非常に急速な開発と近代化を経験するだろう。
何(いず)れにしても、この議論をより建設的に再開する為に、トマトの例を使用したいと思う。

ミニトマトと巨大なトマトとオレンジ色のトマトがあるので、明らかに遺伝的な違いがある。
同時に、遺伝的に同一の2つのトマトを取り、日光、肥料などの理想的な条件で作物を作った場合、数百のトマトが生った巨大な植物が得られる。

同じ種をとり、それを非常に貧しい状態に置くと、たった一つしか生らない発育を阻害された植物が得られる。
だから、私の見解では、人々が遺伝子や人種差別について議論する前に、地球上の各人間が可能な限り最大限に繁栄できる環境があることを確認する必要がある。

過去のイングランドでは、様々な父親から多くの子供を産んだ売春婦がいた。
これらの「私生児」は貧しい状況で成長し、犯罪者や娼婦の自己永続的な基盤の一部となる。

英国では、この最下層階級は、例えば、教護院、売春などの禁止等の多くの処置によって廃止された。
恐らく、ドナルド・トランプは、人種差別の告訴を避ける為に、勤勉な中流階級のアフリカ系アメリカ人に、同様の方法で、現在、米国で不相応な量の犯罪の原因となる類似したスラム街最下層階級(祖先で遺伝的に70%以上ヨーロッパ人である多く)に対処するよう、頼むことができた。

我々は事前の戯言(たわごと)で、厄介(やっかい)な問題の蓋(ふた)を開けたと認識しているが、時には議論の余地のあるものに蓋(ふた)をしても解決には至らず、この種の議論はあまりにも長く抑止されて来た。
何(いず)れにせよ、地政学的状況に戻って、米軍事政権が英国、フランス、ドイツ、スウェーデンを敵と呼んでいることが分かる。

それは、彼らがまだ持っている友人のことを疑わせることになる。
答えは、米国の最も近い友人であり隣人のカナダによって、提供されるかも知れない。

カナダ政府は、今週、バンクーバーの20カ国以上の国々との会議を「北朝鮮を議論する」と呼びかけた。
これには、英国、米国、フランス、ドイツ、インド、タイ、韓国、日本など北朝鮮と戦った国々、韓国、中国、ロシアが含まれる。

北朝鮮は、ただの表の話だ。
集まっている国々は、実際には中国と、彼らの差し迫った計画である、米ドル、ユーロ、日本円の代わりに、金に裏打ちされた通貨について話している。

カナダは、米国とは異なり、世界各地の人々、あらゆる種類の民族的、文化的、人種的背景をうまく生き生きと調和させて成功している。
今週のバンクーバーでの実際の議論は、破産しそうな企業の米国政府を誰がどのように代理するのか、そして、中国とその同盟国との交渉スタンスがどうなるのだろうかとなるであろう。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional