gin7467



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ コズミック・ディスクロージャー ★コーリー・グッドが初の番組ホスト何を語ってくれるのか? シーズン 9 エピソード 1★ ☆。・:*:・゚`★

December 7, 2017

★ Corey Goode : 「コズミック・ディスクロージャ」をまた見てくれて、ありがとう!!

コーリー・グッドです。
今回は、私がホストとして進行します。

今日は、私が幼少時代に遭遇した様々なETの存在についてと、MILABの訓練と秘密の宇宙プログラムに従軍するまでについて、これまで以上に深くお話ししましょう。

画像の説明

【 FIRST ENCOUNTER 】

地上以外の私の最初の経験は、私が僅(わず)か5歳の時から始まりました。

画像の説明

私は、外に出る必要性を感じました。
どうしてかは、分かりません。

とにかく外に出ると、空に浮かんでいた3つの黄金の球がありました。

画像の説明

そして、私はそれを熱心に見始めて、恐れは感じていませんでした。

突然、私は浮き出し始め、私が覚えているのは、次に私が部屋にいたことです。
私は、私が地面から持ち上がったのを覚えています。

次に、私は部屋にいました。
そして、この部屋には北欧の女性がいて、小さなグレイも歩いていました。

画像の説明

ノルディックの女性は、遊んでいる子供達のいる部屋に私を導きました。
そして、子供達……彼らのうち何人かは禿げていて、彼らの目は少し違って見えましたが、恐らくハイブリッドの人間のように見えました。
そして、そこに私のような、何人かの普通の人間がいました。

画像の説明

私は兄弟、姉妹、赤い頭の子、私の年齢に近い子供達が、そこに居たことを覚えています。
そして、彼らは他の子供達、ハイブリッドの子供達とやりとりして遊んでいました。

ある時点で、ノルディックの女性が私達の所に来て、私達に小さな装置を渡します。

画像の説明

そして、それはパズル?
3Dパズル。

それには四角形があり、そこから円が出て来ます。
これらの形を、一緒に合わせることができます。

画像の説明

私は、パズルを成功しました。
成功した時、ノルディックの女性が来て私を部屋の外に連れて行き、私を更に別のコントロールルームに連れて行きました。

画像の説明

そこは、暗かった。

私は、他のノルディックがコントロールパネルの周りに座っているのを見ました。
彼らの顔に、琥珀(こはく)の光が反射しています。

そして、この……湾曲したミストテレビ(霧のスクリーンに画像を投影するもの)のようなものが、私の目の前に現れました。

画像の説明

そして、突然、全ての星図が現れ始めました。

彼女は、「これは貴方の家ですか?」と言いました。
私は答えます、「違う、私の家はママのいるところ。」

そして、彼女はまた、別のものを指します。
「これは貴方の家ですか?」

画像の説明

そして、彼女は惑星も見せた。
土星に似た、周囲に月がある非常に大きな惑星があり、それには明らかに人が住んでいました。

そして、その惑星を指して彼女は言います、「これは貴方の家ですか?」
そして、私は奇妙な反応をしました。

そして、その必要性を感じました……私は、家に帰れるように頼んだ。
私は、家に帰りたいと言いいました。

そして、彼らは私を帰宅させました。
それは、私が地上ではなかったと思い出した、初めての実際の体験でした。

【 EXPERIENCES WITH PIRATE SHIPS 】

そして、その後直ぐ、私は海賊船とコンタクトしていました。
私は、5歳でした。

私達は祖父母と一緒に暮らしていましたが、私はいつも同じことをしていました。
私は海賊船を待っているので、外に出る必要があります。

ご存知の様に、私は5歳でした。
近所は、悪い環境でした。

そして、私は歩くだろうか?
私は、恐れることはないでしょうか?

遠く離れて、海賊船が見えて、風に乗った葉のように、近づいたり遠ざかったりする。

&ref(): File not found: "11_Corey_and_pirate_shipt.jpg" at page "gin7467";;

画像の説明

それが地面に着陸する時、それは固体のように見えます……それはゆっくりと降りて来るので、幽霊船のように見えました。

それは、固体の海賊船に見えます。

画像の説明

私は海賊船に近づくと、突然、周りを360°囲った窓がある、丸い部屋にいました。

画像の説明

私が窓から見ると、アパートを見ました。
私は、街全体を見ました。

そして、それは葉のように着陸したのと同じ方法で離陸しました。
そして、私は洞窟の中に飛び込んで、洞窟に入りました。

画像の説明

そして、それらは、機械的に平らにされたような平滑な洞窟にいました。

壁や地面、天井には、船の側面や着陸パッドのように数字がありました。

画像の説明

私達が通過し一つのエリアに着陸し、私は降ります。

今度は、空飛ぶ円盤になっていました。
そして、私は洞窟のエリアを歩きました。

私は、指図されていませんでした。
彼らは私にどんな方向とも言いませんが、私は自律的に歩いていました。

そして、私は周りを見回しています。
そして、私は全ての年齢の全ての色の全ての人々がラインに立って、服を脱いで、それらをカードテーブル、軍のカードテーブルに置くのを見ます。

画像の説明

これらの人々は、それから並んで立っていました……そこには外科医のライトがあり、それがテーブルの上に指してありました。
そして、彼らは全て衣服のない状態でテーブルの上に横たわっていて、片側にはこの非常に背の高い灰色の存在と、2人の小さい灰色の人物がいます。

そして、反対側には、医師、人間の医師、実験室エリアのようです。
そして、彼らは、共同試験や手続きをしていました。

私は、これらの手続きの記憶を私にしている訳ではありません。
私が覚えている次のことは、その同じ円形の部屋で再びクラフトの意識に戻ります。

そして、私は、自分自身が私の家に浮いているのを見ていました。
そして、私は海賊船が出るのを見ます。

それらは私のリアルな、エイリアンとの最初の遭遇でした。

【 STARTING MILAB TRAINING 】

画像の説明

1977年に私が7歳になった時、私はMILABプログラムに参加しました。

私は最近、空軍役員の仮名、シグムントからの書類を見ました。
1977年に、私のことは資産であると述べられていました。
だから、実際のMILABトレーニングは、私が7歳の時に始まったようです。

私は直感的なエンパスとして識別されたので、私はその為の完璧なツールでした。
彼らは、私をトレーニングし始めました。

私はMILABトレーニングで奇妙な経験をし始め、ホログラフィックトレーニングを受ける為に部屋に入ることになりました。

私は、歩いていきます。
私は、いくつかの空軍の人々がカードテーブルに座っているのを見ました。

私は、椅子に座ります。
私はそうするつもりだったのですが、突然、グレイのエイリアンがテーブルに座っていました。
そして、彼らはゆっくりと私をエンパスとして順応させ始めました。

彼らがやろうとしていたのは、私の直感的なエンパススキルを身につけさせ、エイリアンと触れるように私を訓練することでした。
そして、その訓練は、私がSSPに入る直前の16歳になるまで、7歳から始まった? 続きました。

画像の説明

【 FIRST EXPERIENCE AS AN INTUITIVE EMPATHH 】

実社会で直感的な感情を体験した私の最初の経験は、私が13歳の時でした。

画像の説明

私がこの星から離れたのは、木星の軌道の直ぐ外にある小さな宇宙ステーションに行った時です。

画像の説明

それが肉眼で見えなくなったのは、一時的な異常でした。

そこへは同じ座標から入り、そして、出ていきます。
彼らは、それを「パンチイン・アンド・パンチアウト」と呼んでいました。

それは、一時的な異常です。
私達がその中に飛び込んだ時、それはピッチブラック(漆黒の闇)でした。

星はありません。
見ることができるのは、この宇宙ステーションに飛来する他のクラフトだけでした。

画像の説明

その一端は貝殻のような形で、もう一端は大きなディスクでした。
そのディスクのは、巨大なUN型会議ホールの中にあります。

私は、3人の直感的なエンパスサポートのうちの1人になる為に、会議ホールに参加しました。
彼らは通常、私と一緒に他の2人の子供や若い青年が務め、私達は欺瞞(ぎまん)や恐怖を持っているのがどの主席者か、三角測量する為に3人で臨みます。

そして、この評議会に席を与えられた地球の代表者がいました。
その部屋の中には既に約60人のエイリアンがいて、何人かは座っていました。

私は、その部屋に入った時を覚えています。
私は、13歳です。

普通の大人は、既に非常に大きく見えました。
そして、これらの存在は全て、通常の人間よりも背が高かったのです。
そして、ほとんどの場合、私は彼らの様々な存在をスキャンして見て、何らかのエネルギーを得ようとしました。

彼らは、私を無視していた。
彼らは私のことを気にかけたり、全く私と話したりすることはしませんでした。

彼らの多くは、お互いにインタフェイスしたいようには見えませんでした。
私は、それが本当に親切な集まりだとは思いません。

競合しているが、この委員会によって全体的に管理されている22種の異なる遺伝子プログラムの為に、これらの人々が相互不信を抱いていた時代が長かったのです。
一か所で、これだけ多種類のエイリアンを見たのはこれが初めてでした。

後(のち)に、私は別の時に、これらの会合に参加しました。
私は、会合の3つに行って来ました。
そして、私が大人になってからの、最終の2回の会議に出席した時を除いて大部分は、ほとんど同じグループでした。

【 THE LAST EXPERIENCE AT A SUPER FEDERATION MEETINGG 】

最新の状態では、地球の周りにエネルギーバリアがあり、多くの異なるETが出入りするのを防いでいました。
そして、私が以前に見たことのない地球外生命体はたくさんあります。

様々な水生生物、より多くの昆虫型の存在、彼らは私達の星で研究を行っていましたが、人間とは関係がありませんでした。
彼らは、海洋や森林に最も興味を持っていました。

彼らは、人間についてはあまり興味がありません。
しかし、その中に、異なった考えを持つ人々がいて、惑星地球を彼らから救おうと、権力者にロビー活動をしました。

これらの会合で面白かったのは、このプラットフォームで話を始める前に発表することが多いのですが、何らかの理由で、その情報が私の記憶から抹消されました。

部屋にETがいる別の機会があり、彼らは顔がないように見えました。
見ることができません……彼らがやっていたのは、精神的な何かです。
彼らには、顔がない訳ではありません。

その会議では、様々な対策が行われていました。
私が忘れてしまう、または私と一緒に他の人が特定の情報を忘れてしまわないことを確認する為に。

我々は、バックグラウンドの感情とエネルギーをたくさん集めます。
そして、フィルタリングします。

彼らの多くはそこにいて、私達は……貴方が見慣れたものとは全く異なっていて、それだけではなく、彼らは完全に異なる感情をもっています。
貴方が人間と触れ合っている時、貴方が別の国で、全く異なる生き方に慣れても気にしません。

人々は悲しんだ時も、同じタイプのエネルギーを持っています。
貴方は、それを読むことができるでしょう。

しかし、これらの存在とはベースラインを確立しなければなりません、そして、貴方がそれらと相互作用していない時は非常に難しいです。
ですから、私達は、恐怖や恐怖のように感じる欺瞞(ぎまん)の気持ちを持ち、手持ちのデバイスを通して、私達がサポートしている会議の人にそれを伝えることを試みています。

【 CHEMICAL DEBRIEFING 】

これらの遭遇の終わりには、我々は常に化学物質の報告を受けました。

彼らは基本的に、私達をUSBドライブとして使用します。
そして、彼らは私達をその状況に置いて、私達に全ての匂いや、聞いたこと、味、見たこと全てを収集します。

そして、私達が帰って来ると、彼らはその情報を(会議と)同じホログラフィックの椅子にダウンロードして、貴方を訓練するのに使うことができます。
そして、彼らは情報をダウンロードすると、デブリーフィングの後に第二のプロセスを経て、貴方を白紙状態にします。
そして、このショーを見ている人の多くは、私が過去に空白になった人々の3%から5%が記憶を取り戻すと言っていることを覚えていることでしょう。

私の場合は、非常に素早く思い出を取り戻すようになりました。
そして、貴方が記憶の断片を得ると、貴方には記憶を引っ張って来る力が働きます。
そして、貴方はより大きな情報を得るようになります。

次に、接続を開始する情報が取得されると、完全な画像が直ぐに適切な位置に表示されます。

【 BEINGS AT THE SUPER FEDERATION MEETINGS 】

スーパー連盟会議に参加していた人々は、地球上で進行中の遺伝プログラムと、精神的なプログラムについて議論していました。
彼らは22のプログラムで、何をしていたのか?

これらのプログラムは遺伝的、及び精神的な実験です。
これらのプログラムには、60種類のETが参加していました。

会議に参加していた人々は、どうなのか?

私達はETを「人」と呼ぶように指示されました……これらの人々がこの会合に出席した時、グループ間の敵意を感じました。
また他のグループでは、良いエネルギーがないというような存在もいくつかあります。
或いは別のグループでは、そこから一定の距離を離れると、不安レベルが急上昇する存在もいます……急上昇します。

私は自分で選ぶことができたので、後でブリーフィングを読む前に、これらの存在が必ずしも全てのことでうまくいっているとは限らないと感じました。
つまり、私が会話した、或いは少なくともこれらの会合で目撃された存在は、良いか悪いかの判断は非常に難しいでしょう。

彼らがそこにいた時、彼らの意識にあったものは、彼らのプログラムと実験の検証です。
そして、彼らはそれらの実験についての情報を提示する為にそこにいて、彼らの遺伝子実験に干渉した他のグループからの苦情もありました。

彼らは、実験にもっとも集中していました。
だから私は、彼らのほとんどが、私達の視点から見て道徳的ではないと思います。

異なった見た目の存在が、たくさんいました。
私達は、5フィート(152.4cm)位のヒューマノイドに会いました。

画像の説明

私が船で見たことを、クリエイターに描いてもらいました。
彼らは、ずっとぼんやりと見ているだけでした。

立ち上がって話したりはしません。
彼らは主に、観察しています。
そして、参加する存在のいくつかの事例であるように思われました。

彼らは、必ずしも遺伝的プログラムに完全に関わっている訳ではありません。
彼らはオブザーバーとして、そこに出席しているようでした。
そして、これは(オブザーバーが出席するのは)会合の一部と考えられていました。

私は、これらのETのいくつかが、私達と変わらないように見えることは、非常に興味深いことでした。
彼ら中には、肌の色合いが少し違っていたものもいましたが、その一部は私達と全く同じように見えました。

彼らは街を歩くことができ、ちょっと変わった人間のように見えるかも知れません。

【 NORDICS 】

グループの内に、ノルディックスがいました。
私は、人生の初期に慣れ親しんでいました。

私の最初の遭遇は、ノルディックとの出会いでした。

画像の説明

ノルディックは、非常に関わっていました。

彼らはこの協議会で、何らかの種類の立場を取っているようでした。
そして、彼らは会議で多くの代表者を抱えていました。

彼らは歩き回って、これらのET達の小さなグループと議論しているようでした。
だから、彼らは間違いなく、今、起こっているこれらの様々なプログラムにかなり関与しています。

ノルディックと呼べる数多くの種がある場合、多くの人が「ノルディック」という一般的な用語を使用します。
それらのいくつかは非常に背が高く、8~9フィート(2.4~2.7m)の身長です。

彼らは、金髪です。
彼らは常に唐辛子のボウル型のカット、ボブカットの髪を持っているようです。

そして、彼らは6本の指を持っています。
彼らは、非常に筋肉質です。

そして、彼らは青い目をしています。

画像の説明

そして、ノルディックカテゴリは、必ずしも他の惑星から来るだけではないかも知れません。

他のグループは?
非常にノルディックに近く、容易にノルディック的と表現できるインナーアース・グループと呼ばれるグループがいます。

【 HUMAN-LOOKING ETs 】

これらのETの多くは、非常に人間に見えました。
そして、この人は非常に人間に見えました。

画像の説明

男女とも、髪の毛がありませんでした。
彼らは青い肌、青い目をしていて、身長が非常に高く、恐らく9フィート、またはそれ以上です。

私が彼らは見た時は、ほとんどが座っていました。
彼らは、非常に大きいです。

彼らはチュニック、白いチュニックタイプの服を身に着け、金ベルト、非常に薄いベルトを身に着けていました。
そして、私は彼らがこの会議で構えて発言するのを見たことはありませんでしたが、彼らは参加していました。

私の目はちょうど、彼らのやり方を目にすることが多かったようです。
そのような存在が、いくつかいました。

私はそこに座っていて、私達はスマートガラスパッドを見ていて、他の情報に気を取られないように言われました。
しかし、暫(しばら)くして見上げるだろうし、これらの存在の一人と目が合えば、一目で彼らがこちらを見つめているのが目の当たりに判ります。

画像の説明

そして、彼らは非常に威厳のある、或いは非常に王様のような雰囲気を持っているようです。
そして、彼らは非常に平穏であるように見えましたが、彼らには非常に自信があり、非常に、非常に自信を持って、かなりこちらを観察しているようでした。

【 EBENS 】

これは、よく知られたイメージです。

画像の説明

これは人々が、エベンとして描写したイメージです。

そして、多くの人々がこのグループに拉致されていると証言し、エーベンスと遭遇しています。

【 A WATCHER GROUP 】

今、ノルディックスと同じくらい歩き回り、他のグループとのやりとりをするような特別なグループがありました。
そして、彼らはまた、他のグループが彼らのところに来て、他のグループと一緒に抱いていた不満を助けてくれるよう彼らに願っていたので、彼らは少し力を持っているようでした。

私は、彼らが観察しているだけのウォッチャーグループだと思うし、この実験計画を何(いず)れの方向にもディレクションしていないと確認しています。

【 GREEN-SKINED ETs 】

そして、このイメージでは、私が前に議論した緑色の肌をした人々です。

画像の説明

彼らの肌は文字通り、オリーブグリーンです。

緑色のオリーブを見て、瓶から出したのですか?
変わりはないです。

毎回、男性と2人の女性がいました。
恐らくですが……その男は恐らく約6から7フィート(1.82~2.13m)で、女性は約……女性は約6フィートです。
非常に、筋肉質です。

男性はフラットトップのような、非常に軍事的な感じの非常に短い髪をしていました。
女性は非常に長く、光沢のある黒い髪、非常に光沢のある黒い髪を持ち、背中の真ん中に下げていました。

女性達は男性と一緒に座り、実際の会合ではとても静かでしたが、その後はソーシャルバタフライ(社交家)に見えました。

彼らはそれぞれ分かれ、各グループに行きました。
そして、明らかに交流していました。

【 ENCOUNTER WITH A GREEN-SKINED ET 】

そして、面白いことに、私の最後の旅行は、女性の一人と出会いました。
そして、私はこれらの会議でETと逢った唯一の経験でした。

私はゴンザレスとそこにいて、シークレットスペースプログラムの、直感的なエンパスを持った軍隊員でした。

そして、彼らはそこに座って、キャプテンカーク(スタートレック)のガールフレンドの様な彼女について、ちょっと冗談を言っていました。
そして、その時、これらの女性の一人が私のところまで歩いて近づき、私達が話していることを感情的に、またはテレパシー的に理解しました。

彼女は意識の中で、私達が意識の一部になったと思います。
そして、彼女がやって来て、カーク艦長の下で勤務していた人達かと、私に尋ねました。

それは、かなりショックでした。
彼女は来て、英語で私達に話しかけ、カーク艦長の下(もと)で勤務しているかどうか尋ねて来ました。

私と他の人達には、少し恥ずかしかったです。

【 ASIAN-LOOKING ET 】

画像の説明

このイメージは、非常に人間に見える存在、つまり、アジア人の存在を描いています。
彼らの肌は少しオレンジ色の色合いで、青い猫の目が見えました。

虹彩は、目に見える眼球のほとんどを占めていました。

画像の説明

私はそれらが他の人間に見えるグループと、かなりやり取りしているのを見ました。

彼らは、昆虫タイプのグループとは、かなりよそよそしいようでした。
従って、これらの2つのグループの間に、種の裂け目があるように思われます。

これらの遺伝子プログラムの紛争の可能性が、最も高いです。

【 FELINE RACEE 】

彼女はネコのような目をしていますが、私が一度だけ観察した実際のネコの種族と混同してはいけません。

それは研究容器の中で、体を動かしていました。
これらの存在を捕らえたり、殺したりする命令がありました。

これらの存在がテレポートされ、それらの一つを捕まえることができましたが、死んだのです。
彼らは、それを生かし続けることができませんでした。

そして、それは薄紫色の、猫のようでした。
頭と耳と顔は、とても猫のように見えます。
体は、人間型の胴体でした。

【 MANTIDRACE 】

このイメージは、カマキリ、またはカマキリの種族の一つを描いています。

画像の説明

彼らは、これらの22の異なるプログラムの遺伝的側面に非常に関与しており、いくつかの異なるプログラムに参加しています。

人々は、しばしばグレイやノルディック、更にはレプタリアンとカマキリを目撃します。
従って、これらのグループは、複数の異なる遺伝子プログラムに跨(またが)って働き、彼らは私達のローカルスター・クラスターの遺伝子マスターとして知られています。

貴方は、拉致被害者から伝えられたこれらの物語の多くを覚えているかも知れません。
そして、貴方はこれらの存在との、非常に恐ろしい遭遇があることに気づくでしょう。

奇妙なことは、彼らは……他のヒューマノイド型から、貴方が普通にやっていたように感情を拾うことはありません。
お互いのコミュニケーションは、テレパシーや意識の共有のような、ある種のニューラルネットワークを介して行われます。
そして、彼らが私達と繋がり、私達とコミュニケーションするのは……彼らには努力が必要です。

彼らは感情で言えば、私達とは完全に違います。
だから、私達は彼らを非道徳的なものと呼ぶことができますが、私達と交流している時には、「ああ、この悪い奴」とは考えていません。

彼らはプロジェクトに取り組んでおり、私達はそのプロジェクトの主題です。

【 TALL GREYS 】

画像の説明

このイメージにはトールグレイが描かれていますが、明らかにトールグレイと呼ばれています。
彼らは約8フィート(2.4m)の高さです。

【 34 Close Up Of Tall Grey 】

人々によって描かれている古典的なグレイとよく似ていますが、通常、これらのグレイの隣に3〜4フィート(0.9~1.2m)のグレイが見られます。
これらの小さなグレイは、通常、ある種の生物学的ロボットであり、プログラムされた生命体です。

ノルディックスでも、これらの小さなグレイを見ることができます。
貴方はレプタリアンでも、それらを見るでしょう。

任意の数のグループで、それらが見られます。
それは、標準的なハードウェアのようなものです。

誰もが、MacやPCを使うようなものです。
誰もが、この種の技術を使用しています。

トールグレイは、22の異なるプログラムの遺伝的部分に非常に関わっています。
彼らは昆虫群と競合しており、ヒューマノイド群とも競合していますが、これらの異なるプログラムの様々な側面で、彼らと緊密に協力しています。
そこで、彼らはここに来て、これらの遺伝子プログラムを人間の中で実践する自由を与えられます。

これらの存在の多くは、降りて物理的に人間に触れ、標本を取って仕事をし、彼らは大きな本体に報告します。
一部の人々はまた、グレイを見て、アブダクションされた後に、米国の軍服で制服の男を見たと覚えている人もいるかも知れません。

それは、トールグレイと米国政府、影の政府との間に非常に強い結束と合意があるからです。
何故なら、離れた惑星からの生物標本の取引と、干渉しないで実験を行う技術との取引です。

そして、何度も、人間の軍隊はオブザーバーとしてこれらの拉致船に乗って、彼らはそれを記録しています。
何故なら、最初はこれらの存在、彼らは誰に拉致されたのかについての情報を、私達に与えることになっています。

そして、彼らは、私達に正直ではないことを知りました。
だから、私達は、今、私達の先進的な宇宙計画を通して、大気に入って来る船を逸(そ)らす能力を持っているので、彼らは、今、私達と協力して、彼らの船で人間を観察者するには許可を得る必要があります。

画像の説明

【 DRACO REPTILIANS 】

私の説明で、私がドラコ、レプタリアンをたくさん見ているとは言いませんでした。
それは、かなりの敵意があるからです。

これらのドラコは、このボディ、このスーパー連盟のボディは、間もなく数千万年前、正確には6500万年前にこの惑星にやって来て、既に進行中だった実験を破壊したと主張しています。
レプタリアンの実験をです。

彼らは恐竜を主張した……彼らは爬虫類を哺乳動物、即ち哺乳動物型の実験と混合する実験を、何らかのやり方で行っていました。
そして、その実験は抹殺され、その後、このスーパー連盟の一部となった遺伝子組換え農家の種族が入って来て、遺伝学によって、地球上で全く新しい哺乳類の完全哺乳動物型の実験を始めました。

事前にドラコが地球は彼らの惑星であると主張し、彼らは十分に実験を行っていました。
彼らにも、このスーパー連盟に参加する代表者がいました。

爬虫類のような存在、非常にそう見えます……トカゲのような皮膚が伸びた状態で、骨構造は人間のようです。
つまり、彼らは……彼らは人間とドラコの混合物のように見えました。

【 ANT BEINGS 】

ドラコはこの会議に自身が出席しない場合、彼らとは異なるアリのような、昆虫タイプの様な、異なるメンバーを持っていました。

画像の説明

これらアリの存在はドラコと緊密に連携し、これらのタイプの会議で仲介者になっています。

【 BLUE AVIANS 】

画像の説明

このイメージは私達が今まで議論して来たものとは、違った見た目をしています。
そして、正直なところ、私はこのプログラムの中にはこのような人物が存在することを、見たことも聞いたこともありませんでした。

画像の説明

私が最初にプログラム「シークレット・スペース・プログラム」に参加した時、最初に約10ヶ月間、「侵入者、迎撃者、尋問プログラム」と呼ばれるものに入りました。
そして、私はそのプログラムのあらゆる種類の存在と交流しました。

これらのプログラムでは、私は8フィート(2.4m)の青い鳥の存在を聞いたことがありませんでした。
そして、2011年頃、夢ではないと判った鮮やかな夢を、このブルー・エイビアンが私の夢の中に登場して、私にテレパシーで繋がり、そして、唇を動かしました。

その夢の後、私は非常に混乱しました。
私はそれが、夢以外の何かであることを知っていました。

最終的に、それは私の目の前に物理的に現れ、私はその時に私の犬と一緒にいましたた。
私はソファに座っていて、私の犬は私の隣にあり、それは部屋に現れました。

それは私と愛犬にとって、大きなショックでした。
8フィート(2.4m)の青い存在ですが、非常に人間に見えました。

それは、5本の指を持っていました。
そして、最終的に、それは私達が高密度に移行する際に、私達を助ける為にここにいたグループの一員であったということを、私に伝えました。

彼らはここにいて、22の遺伝プログラムについてはあまり気にしていません。
彼らはここにいた……彼らが心配しているのは精神的なことで、精神的要素の方が遥かに重要です。

スーパーフェデレーション評議会は、恐らく4倍、または5倍の密度スケールと考えています。
これらのブルー・エイビアン、及び他のグループは、6番目の密度以上であると述べています。

彼らは自由に現れ、消えた。
そして、基本的には、彼らは自分の望む場所での振動に合わすことができると言っていました。

彼らは私の証言を前に進めるように、私プッシュしました。
そして、彼らはまた、私を数多くの異なる存在に紹介しました。

【 MICA 】

画像の説明

彼らは、私が「コズミック・ディスクロージャ」で数回述べた、マイカの人々のような存在に私を紹介しました。
私達の地元の星団にある、非常に平和なポリネシア人の人々です。
実際に、最も近い星です。

【 GOLDEN TRIANGLE-HEAD 】

画像の説明

彼らは、このトライアングルヘッドという存在のような他の存在に、私を紹介しました。
私は実際には、それと触れ合っておらず、やりとりしたことはありません。

画像の説明

しかし、私がLOC(ルナ・オペレーション・コマンド)での会議に出席した時、私は基本的に会議ホールの前に行かされました。
部屋の後ろに、大学の劇場型の椅子があるのと同じような部屋です。

そして、私は説明のなしに部屋の中央に置かれました。
その後、人々は何が起こっているのか分からずに私を少し見始めました、そして、私はそこに完全にぼんやりと立っていました。

誰もが静かになり、私の後ろにはティア・エールが現れました。
これは、私がやりとりする主要なブルー・エイビアンです。

そして、もう一つは、三角の頭を持つ10フィート(3m)の高貴な金色の存在です。
それは手に3本の指と3本の爪先を持ち、三脚のように爪先を使っていました。

そして、爪先はこのようにしていましたが、ちょっと上がったり下がったりしていました。
そして、腕には骨があるようには見えなかったので、水中のように見えました。

脈動がありました……彼らはうねりがあり、リズミカルに上下していました。
それは、非常に奇妙でした。

そして、その時点で誰もが完全に静かになりました。
そして、それがティアエールと私が繋がって、聴衆の人々が彼に質問をするのを許した時です。

ゴールデントライアングルヘッドは、誰とも接触したことはありませんでした。

【 BLUE SPHERES 】

興味深いのは、アライアンス圏の一部である別の存在、実際に球体があることです。

サイズは、本当に問題ではありません。
彼らは太陽系全体を取り囲むのに十分な大きさに見えるかも知れませんし、それはピンポン玉のような小さなものでも構いません。

画像の説明

そして、それらは浮かぶ明るい藍色のボールです。
そして、彼らは乗って来ます。

彼らは私を迎えて、ティアエールとの会合に私を連れて行きます。

画像の説明

画像の説明

そして、彼はそれらが彼らの集団の一部であり、非身体の存在である第九の密度の存在であると私に言いました。

【 DRACO ROYAL 】

&ref(): File not found: "44_Draco_Royal_and_humant.jpg" at page "gin7467";;

このイメージは、多くの人が覚えているかも知れません。
私は、この存在と会う必要がありました。

私は、準備時間がほとんどありませんでした。
私は、中西部の真ん中の廃ホテルのようなところへ飛んでいました。

周りが、全部砂漠でした。
私達は建物の上に立ちました、そして、入り口のドアを通って入りました。

それから私達は、大きな中庭型のエリアにあるエレベーターに行きました。
全ての部屋は横にあり、空部屋です。

そして、ガラス張りのエレベーターがあり、ロビーまで下がっていきました。
そして、私達がこのエレベーターで降りていく時、私の不安が高まり始めました。

それは非常に……私は樽の中の魚のように感じた。
それは、非常に不快な感じでした。

そして、ドアが開かれた時、エレベーターに入って来たのは尿臭ですか?

非常に、非常に恐ろしい臭い。
最初は吐き気がしましたが、慣れて来ました。

私達は歩いて中へ入ります、彼らは昆虫型の存在を従えています。
多くの人が見慣れている爬虫類は、オリーブグリーンの鱗を持っています。

長い銛(もり)のような武器を持ち、目の前に立っています。
そして、歩いて、部屋の中にいる14フィート(4.26m)の背の高い白いトカゲに逢いました。

画像の説明

私は、平静さを保つ為に努力します。
何故なら、私がこの存在と触れ合っていると知っているからです。

そして、それは私のところまで歩き、私には向いていないが、それが非常に脅くほど近くまで歩いて来て、私と接し始めた。
そして、そうした時、私が過去にやったインターフェースのようなものではありませんでした。

ここでは、私は会話に敏感に、受動的なやり取りでした。
それは直ぐに、トラクタービームのように、私の意識を捕らえ、私が望むものを読んでいました。

それは、精神的な強姦のようです。
そして、それは私をコントロールしていて、その目はこれをやり始めました。

[コーリーは、親指と人差し指を付けたり離したりします。]

瞳孔が唸(うな)るように動きます、「ブルン、ブルン、ブルン。」
それは、非常に強力だった!

これらの存在との出会いは、その後、その存在とのコンタクトを私は拒否しました。
それは、恐ろしいものでした。

代表団に入っていた皆んな、警備員達、私達は皆とても穏やかでクールな人達ですが、エレベーターを降りてクラフトに乗ると、私達は皆震えました。
誰もが、とても揺れていました。

全ての機器が、ガタガタ鳴りました。
誰もが出会った後に、アドレナリンが急増して震えました。
それは、信じられないほど怖い遭遇でした。

さて、貴方にお届けしたのは「コズミックディスクロージャ」です。
番組ホストは、私コーリー・グッドでお送りしました。

ご視聴、ありがとうございました。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional