gin7453



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ コズミック・ディスクロージャー ★ナスカの地下にETの巨大トンネル発見!!ETのミイラもあった!へ! シーズン 8 エピソード 12★ ☆。・:*:・゚`★

Octover 24, 2017

◎ David Wilcock : オーライ。

「コズミック・ディスクロージャ」アナザーエピソードへようこそ。
番組ホスト、デビットウィルコックです。

再度、お越しいただきましたスペシャルゲストのピート・ピーターソン、ピート、ショーへようこそ!

★ Pete Peterson : ありがとう。

◎ David : ガイアの新しいシリーズ、「ナスカを掘り起こす」があります。

私達は、ナスカ高原と関係がある、本当に魅力的なものについて議論しています。
そして、私は好奇心が唆(そそ)られています。

インサイダーの世界で、貴方の経験上、誰かナスカの地上絵とその地域の奇妙な地質学的特徴を研究しようとしましたか?
もし、そうなら、彼らは何を見つけましたか?
彼らの結論は、どうでしたか?

画像の説明

画像の説明

画像の説明

★ Pete : まあ、いくつかありますね。

画像の説明

私達は、ナスカの線(地上絵)について、話します。
私は特に、ナスカのいくつかのトンネルを見る為にそこにいました。

◎ David : Ok。

★ Pete : それらは平らな底と、丸いトップでまるで焼き立てのパンのようです。
そして、明らかに、ある種のエネルギー機械、例えばレーザーマシン、または非常に高い熱を発生させるものによって作られました。

◎ David : それらは、どこの地域の下にありましたか?

★ Pete : それは、下に……

◎ David : ナスカの地上絵の下に?

★ Pete : そのエリアは全てが何マイルも何マイルも、そして、何マイルもですよ。

◎ David : フム。

★ Pete : そして、それは、その下にあります。
私はそれらは、遥かに新しい、ラインよりも遥かに新しいと思う。

◎ David : フム。

★ Pete : 私はライン(地上絵)を多く研究する機会はありませんでしたが、私達は熱気球で見下ろせば、トンネルを作った時に起こった何かを、地表に見つけることができるかも知れません。

◎ David : 地表からトンネルへの入り口がいくつぐらいあるか、ご存知ですか?

★ Pete : オゥ私が知ってるかって?

多分、私は、6、または8、または10か判らないですが、恐らくは60~75位はあります。
恐らくです。

◎ David : では、これらのトンネル内部の天井は、どれくらの高さですか?

★ Pete : 私が入ったものでは……30~35か、37フィート(11.3m)……

◎ David : ワオウ!
そりゃデカい。

★ Pete : ……いくつか知ってる。
うん、それらは巨大です。

◎ David : それらは地面からどのくらい下にあったのですか?

★ Pete : それらの大部分は、恐らく150フィート(45.7m)以上ありました。

◎ David : 本当に?

これらのトンネルは、どこに行きましたか?
貴方は、出口を見つけましたか?

★ Pete : さて、トンネルが広がる場所がありました。
或いは、それらは広がり、同じ方向に進み、崩壊しない大空間に出ました。

◎ David : では、いくつかのトンネルは、大きな部屋に繋がっている?

★ Pete : それらは、大きな部屋に繋がっている。
または、並行するトンネルもあった。

◎ David : これらのトンネルに、何らかの出土品が見られましたか?

★ Pete : オォゥ、はい。

◎ David : オォゥ、本当?
どんな種類の出土品?

★ Pete : うん。
そう、我々が見たのは……貴方は人工物を考えていると思います……小さなオブジェクトを。

私達は、たくさんの棚を見ました。

◎ David : アゥ!

★ Pete : それは恐らく発電機、大型発電機のようなものに見えました。
つまり、60年代、1960年代の私の見解です。

◎ David : フム。
岩に彫られた棚のようだった……

★ Pete : そう。
全部が……

◎ David : ……トンネル?

★ Pete : 岩から、全部掘られた。

◎ David : OK。
それで、それらは棚のように刻まれて、岩壁にセットされていた……

★ Pete : はい。
岩壁に、セットされてます。

またはトンネル斜面では、壁に沿うようにセットアップされています。
恐らく、塞(ふさ)ぐ為に。

水が入って来ることを、意図されていたようなものでした。

◎ David : フム。
だから、この掘削された証拠があれば、掘削の形跡は見つけましたか?

★ Pete : 決して……私達は、空中からも見ました。
そして、私達はどんな尾鉱も(訳注:デビットデアーの回でもあった様にETが作ったトンネルは、どんなに巨大でも掘り出した岩石や土が残らない)見たことはありませんでした。

それはいつも、私にとって謎でした。

◎ David : 私は貴方が石棺、または任意のタイプの彫像、またはこれらのトンネルの中に彫刻された物体を見たことがないのが不思議です。
私達は、「棚」と言いました。

★ Pete : トンネルには明らかに、壁に小さな凹(へこ)みがあったので、これらの壁に沿った棚(の様なもの)を嵌(は)めるもの。
そういう感じです。

今、それらのいくつか……松明の為の(窪み)か集塵装置の為に、何らかの種類の窪みがあったと言うことができます。

◎ David : OK。

★ Pete : しかし、そらの多くは、現代の家で見るように配置されていました。
……シャドーボックスが壁に沿ったように配列されて。

それらのトンネルは、綺麗でした。

◎ David : フム。

★ Pete : つまり、そこに何かあるのは明らかでした。
それの為に作られた場所があった。

そこにあった……今日の、モダンなアパートの家具のようなものです。
貴方が持っているエンドテーブル、そのようなテーブルがありますが、そこには窪みがあります。

彼らは、物を運ぶ必要がありませんでした。
彼らは、それを作る為の材料を多く持っていました。

……壁を繰り抜くか何で、それをコートする。
それはグラスファイバーのようでしたが、一般的なグラスファイバーのように、織られていませんでした。

しかし、それはそうだった……それらは、一緒に糊づけされました。

◎ David : フム。

★ Pete : 彼らは実際に、それを加熱しそれを作る、そから冷やして、叩いて成型します。
そして、最終工程では、非常に高温の炎で表面を少しだけ溶かして、滑(なめ)らかなテクスチャを与えます。

◎ David : アパートの様な人が住んでいるトンネルには、アパートがどのくらいありましたか?
ピート:ああ、トンネル沿い全部に。

◎ David : オォウ,本当に?

★ Pete : うん。
場合によっては、500フィート(152m)、または300(91.44m)、またはトンネルが分岐、または移行していた場所を見つけることがあります。

◎ David : うん。
これは、地下都市だった。

★ Pete : オォウ、それは、はい。
そして、それは続いています……同じトンネルを1,500~2,000マイル(約2414㎞から3218㎞)ほど見つけたました。

◎ David : ご存知のように、恐らく数十万人にはならないかも知れないが、これは恐らく少なくとも何千人もの人々を収容していた可能性があります。

★ Pete : 道に沿って、少なくとも何千人も。
途中に色々な場所がありました……米国の高速道路70号線を走ったとしましょう。

ご存知のように、小さな街がありますし、暫(しばら)く行けば、セブンイレブンや、トラックの停留所などがあります。
そして、明らかに、彼らはAからBまで高速に進める場所がありました。

それは、貴方が以前に尋ねていた場所です。
連続しているかどうかは問題でなく、それは本当に連続的してはいませんが、継続的でした。

◎ David : だから、彼らは歩いているだけではないでしょう。
彼らは恐らく、何らかの種類の電動車両を内部に持っていたでしょう。

★ Pete : フロアーから見ると、彼らは電動のものを持っていましたが、フロアーには多くの通路があることが分かりました。

彼らは私達が発見した、多くのものをもたらしました。
何故なら、そこにあることが分かったからです……フロアーは、実際に交通がありました。

これは古く、かなり古いものです。
徒歩や、小さなカートの交通によって使われていたことを意味します。

◎ David : 貴方は、そこで絵や碑文を見つけたことはありますか?

★ Pete : いくつかありました。
私が言うように、その場所は彼らのように見えました……覚えていますか、かなり……もっと北に言及していた時、それらはメキシコシティ北部から更に北に向かって、アルゼンチンの最後まで……

◎ David : ワオゥ!

★ Pete : ……トンネルがあった。
人々がいました……何らかの理由で地下に住んでいました。

さて、今、私達が約2万8000年の太陽サイクルを持っているので、私達はこれまでに色々な形を取っています。

私達は、過去の太陽フレアよりも遥かに多く影響を受けます。
以前より、電離層を失っているからです。

◎ David : 貴方は、これらの人々が地下に住んでいて、ソーラーイベントの何かから隠れと思いますか?

★ Pete : まあ、彼らは何かから隠れようとしていました、そして、それは地球外の種族かも知れません。

◎ David : フム。

★ Pete : ここには、防衛分野があると言えます。
私は海兵隊で10年間過ごしたので、見て判ります。

OK。
「この地域は、防衛を意図しています。」

◎ David : そこで、ミイラを見たことがありますか?
何かの証拠が……

★ Pete : 決してない。

◎ David : ……そうだった?

★ Pete : その場所は……文字通り、バキュームクリーナーしたように見えました。

◎ David : ワォウ!

★ Pete : そして、それは非常に奇妙でした。
貴方にそう言えるのは…………色々な物がたくさんありました。

小さな窪みと大きな窪みを、そこで見つけました。
何か大きく重いものが、長い間そこにセットされていたのです。

◎ David : さて、私達の「ナスカを掘り起こす」シリーズのビデオを見て来ました。

★ Pete : はい。

◎ David : そして、これらの遺体は、貴方がこれらのトンネルに入ったと言っている、正にナスカで発見されました。
貴方が見たトンネルと、これらのミイラがどんな形ででも繋がっていると感じたら、興味があります。

★ Pete : オォウ、絶対に。

◎ David : はい。
繋がりが何であるか、説明できますか?

★ Pete : さて、繋がりは、そこを構築したものです。

◎ David : 地下トンネルを作ったと考えますか?

★ Pete : 地下トンネル。

◎ David : OK。

★ Pete : トンネルは建設され、その後、数年かけて改修されました。
つまり、彫刻、切り取り、または空洞化の手法には様々な種類があることが分かりました。

それらのうちのいくつかは、手作業で行われていたように見えました。
初期のものは手作業で行われていましたが、それらは接続されていました。

それらが建設された後、それらは小さな都市のようになりました。
多分……それらが接続されてできた。

そして、通常、それぞれが、地球表面に、ナスカの地上絵のような表面現象を起こすことが判りました。

◎ David : オォウ!

★ Pete : そして、ある場合に、これらは遠くから、宇宙のどこかから見られるように意図されていて、「それで、これはどこにあるの?」

◎ David : ナスカの実際の線が、トンネルの地下に対応しているという証拠はありましたか?

★ Pete : オォウ、完全に。

◎ David : オォウ、本当に?

★ Pete : うん。

◎ David : OK。

★ Pete : どこから地上に(影響が)出たのか、見て分かります。

◎ David : ワォウ!

★ Pete : そして、ここにラインがあります。

◎ David : 貴方は、離れてみるのは誰だと思っていますか?

★ Pete : 解りません。
私は、人々がそれをそこに置いたと思っています。

多くが、宗教的な彫像だと思っています。
それは、私の想像に過ぎませんが、他に何がありますか?

つまり、パリの現代美術のド・ゴール美術館のようなものではありませんでした。

◎ David : 貴方は、全てのものを持ち去ったのは、米国政府だったかも知れないという証拠を持っていましたか?
それはまるで……

★ Pete : 私は、米国が関わったとは思わない。
下に住んでいた人々だったと思います。

◎ David : OK。

★ Pete : 当時、米国は平坦ではなかった……(訳注:ベトナム戦争等があった時代)この種の考古学はありませんでした。

◎ David : はい。
……機密扱いの世界でさえも。

★ Pete : うん。
機密扱いの世界でさえも。

私達は、食べる為に忙し過ぎていました……野生の動物を食べて、隠れる場所を見つける。

◎ David : そう。

★ Pete : 調査結果を、米国政府に報告したことはありますか?

◎ David : 非常に少し。

★ Pete : 本当に?

◎ David : そう、勿論(もちろん)。
当然ですよ。

★ Pete : OK。
そして、時々私は尋ねられました。

彼らのほとんどはどこにいるのか、私が誰であるのか、誰と一緒にいるのか。

「貴方は、何を見つけましたか?」
「そう、私達が見つけたのは……」

「オォウ!それについて教えて、それについて教えて!」
しかし、誰かが実際に、本当に興味を持っていたか?

全く、そうではありません。
私達は、本当に興味がありました。

私達はそれをするのに、何も持っていません。
私達はチャネル(英仏海峡トンネル)を掘った装置を持っていましたが、私が思うのは……彼らの考えでは……彼らはこれらのトンネルを見て、それがどのように造られたのか把握しようとしました。

◎ David : 米国には、1960年代の早い時期にトンネリング機を持っていたようだから、かなりスピードが上がっている可能性もあります。

★ Pete : まあ、私はそれらの多くが動作するのを見たことがあります……別の物です。
私が知っているのは、恐らく過去20年間でない程のハイスピードです。

◎ David : オゥ、OK。

★ Pete : 私達には、今ある物で可能ですが、一部、問題がありました……先ほど言ったエネルギーの問題です。
その多くの岩を溶かすエネルギーです。

私達は、岩石を粉砕します。
それの多くは削り取られ、[私達は]それを取り除きます。

彼らは岩を溶かし、外側をコートか、この場合は内側をコートします……落ちる岩や水が垂れないようにします。

◎ David : 確かに。

★ Pete : そうです。
地下には、常に水があります。

◎ David : OK。
では、私からの質問です : これらのミイラで見つかった内いくつかは、レプタリアンタイプです。

私は、強い好奇心があります。
政府のワークでもETに遭遇することができたので、3本指を持つ存在を見たことがありますか?

先ず、それから始めましょう。

★ Pete : はい。

◎ David : OK。

そして、彼らはどのように見えるますか?
私達に、教えてもらえますか?

★ Pete : 彼らは非常に細い、長い腕、長い指、長い脚、長い体です。

◎ David : 「ナスカを掘り起こす」にあるものは、それらが地球上で成長したと思いますか、貴方はどう思いますか?……

★ Pete : No。

◎ David : No?

★ Pete : まあ、私は彼らが一定の期間に亘(わた)ってやったと確信していますが、彼らはここ(地球)の出ではありません。

◎ David : OK。

★ Pete : 進化の記録がないのです。

◎ David : 質問です。
これは、興味深い質問です。

画像の説明

画像の説明

M.K.ジェシーは、コロラドの放射線医です。
ミイラのX線を見る為に、そこへミイラを持ち込みました。

そして、彼女が指摘したもっとも奇妙な異常の一つは、それは恐怖の対象ではないと思いますが、頭蓋骨に頭蓋骨の縫合がないということでした。

画像の説明

頭蓋骨に亀裂のない、大きな一つのピースであるように見えます。

★ Pete : うん。

◎ David : それは、どのように考えられますか?
どうやって、成長するのでしょうか?

★ Pete : それは、単に遺伝学です。
全てが共通であるという、事実です。

……彼らは、私達に近いかも知れません。
彼らは、私達の銀河系にいます外銀河に比べ(より近い)。

通常は、外銀河です……実際、科学の他の分野では、銀河系外のものは本当に違っています。

◎ David : フム。

★ Pete : しかし、それらの多くは二つの目、二つの鼻孔、二つの耳、二つの聴覚物、二つの腕、二つの脚を有する。
そして、非常に多くの異なるものが広がっているという事実は、私にとって驚くべきことです。

ミイラは、そのはずだと証言しています……ご存知の様に、彼らはいくつか(の星)から来ている必要があります……基本的な形式、または機能として。

◎ David : 人間の青写真のようなものは、ありますか?

★ Pete : まあ、うん。
OK。

◎ David : ヒューマノイド。

★ Pete : 私達はそれを人間の青写真と呼んでいます。
遺伝的な青写真があります……それはかなりよく続いたように見えます。
さて、私達は結局人類学や考古学の研究で見つけ出すかも知れません……ちょうど、そのフォームが最も効果的だったことが分かります。

◎ David : はい。

★ Pete : だから、自然の進化は、私達が今見ているものに向かって進んでいたということです。

◎ David : 私達が「マリア」と呼んでいるミイラは、「ナスカを掘り起こす」の中で、耳の周りに脂肪組織を持っていません。
実際には、耳が全くありません。

画像の説明

これは、より空気力学的な外観を示しているようであり、それは水生生物であるか、または空気中を急速に移動する存在である可能性があります。
私は、貴方の考えに興味があります。

★ Pete : さて、私は貴方が望むならば、多くの異なる種族の写真や例を見たことがあります。
我々は、それらをレース(種族)と呼ぶ。

いくつかは、水生生物に由来することは明らかです。
水中から来ていない、鳥や昆虫のようなものもあることは明らかです。

彼らは水かきがあり、水中から来たように見えるものがあります。
彼らには腕があるかも知れませんが、水掻きがあります。

[ピートは、身体を低くして腕を動かす……泳ぐ真似をする。]

◎ David : うん。

★ Pete : 彼らは、ミックスになるように造られました。

◎ David : はい。

★ Pete : そして、非常に厚い大気を持つ、人間の住める惑星があります。

◎ David : フム!

★ Pete : つまり、温度がそこにあるということで、人類の生活を支えてくれるのです。
重力はそれほど強くないか、少な過ぎない。

◎ David : だから、必ずしも、ゴールドロックス(ちょうどよい)の原則である必要はないと言っています。
それは、大気が私達と大きく違う惑星でも、貴方はまだ知的な人生を持つことができるということです。

★ Pete : ああ、絶対に。
私は、私が感じているものを見ました……知的な人々だった……二つの目を持っていません。

◎ David : フム。

★ Pete : そして、貴方が見た人物の耳に脂肪組織がない話は、高度な生命体であると解かります。
それらの多く……リモートビューワーが遠くの場所を訪問し始めた時、彼らは「ギャラクティック・センター」から遠く離れて行くに連れて、声帯と耳でコミュニケーションする必要性を失い、言葉以外で伝達されます。

◎ David : アゥ

★ Pete : そして、彼らの耳……それは、進化がそれを耳を取り除いたところに向かって進みました……

◎ David : ワォウ!

★ Pete : ……声の和音を止(や)めました。
そして、貴方はまた、それらの人々がこれまでに他の方法で進化したことを知っています。

私達が彼らとコミュニケーションする時は、パーキングメーターや古いフェンスのポストと話すようなものです。
そして、我々は続けることができない……サンスクリット語を除いて、ここにある私達の言語は、間違いなく世界共通語です……知る限り約7,200年前からあります。

そして、7,200年の間に、彼らはフライング・ソーサーの作り方を正確に説明していました。

◎ David : はい。
では、貴方が個人的に会った地球外生命体についてもう少し話しましょう。

貴方が個人的に見た3本指のETに関する情報を、いくつか教えていただけますか?

★ Pete : 私は、3本指型のETを3種類見て来ました……

◎ David : OK。

★ Pete : ……彼らは基本的に情報を交換したり、集めたりする為にここに来ていました……私達は、彼らが興味を持っているDNAを持つ、多くの身体を持っています。
再生の可能性が、非常にあります。

◎ David : これらの3つのタイプのものがどのように見えるかを、具体的に記述することができますか?

★ Pete : 3本指のもののうちのいくつか……私の仕事は、主にクラフトのコントロールをリバースエンジニアリングすることであることを、覚えていますね。

◎ David : OK。

★ Pete : だから、私達が飛行機と呼ぶもののほとんど全てのように、3本指の存在の為のコントロールパネルを持っていました。

◎ David : ほぼ全てのフライング・ソーサーには、3本指のコントロールパネルがありましたか?

★ Pete : そう。

◎ David : 本当に?

★ Pete : そうだった……私が言うように。

◎ David : これらの存在には、3つの爪先がありますか?

★ Pete : 私が3本指のETで見た、全ての存在は3つの爪先を持っていたので、普遍的なものでした。

◎ David : ちょっと待って下さい。
ナスカのショーでは、爪先はフロントジョイントで下にカールしているようでした。

画像の説明

貴方がこれを観察したのであれば、私は不思議です。

★ Pete : オォウ、絶対に。

◎ David : 本当?
OK。

★ Pete : うん。
そして、一つの方法……私は、これらの3本指の存在の3つの異なるグループを見ていると言いました。

グループには、3本の指があります。
中指は、真っ直ぐです。
そして、彼らに実際のるのは……彼らのほとんどは私達が持っていない、二つの余分な関節を持っています。

彼らは、私達が持っているナックルジョイントと同じではありません。
それは、別の種類の関節です。

しかし、それらの多くでは、外の指の先端の関節……実際には、このような軸の中で[指を上げ下げする]全てを動かす代わりに、外側のものは内側に曲がります。

◎ David : オゥ!

★ Pete : まあ、どんな感じでしょう?
それは、貴方の中指の両側に反対の親指があります。

◎ David : 面白い。
中指はそうならないが、他の2本は内側に曲がる?

★ Pete : 他の2本は、そうです。

◎ David : う~ん。

★ Pete : さて、今のところ、彼らは恐らく3つの種族全て同じように見えます。
通常、中指は一方向に直線的ですが、外側の指は中に入る傾向があります。

◎ David : だから、私はそれらの関節の為の腱は、別の場所になければならないと思います。

★ Pete : 腱は別の場所にあり、骨や骨に沿った神経経路や溝は別の場所にあり、それらは非常に異なっています。

◎ David : 貴方は、ペルーの誰かがこれらのミイラをお金を稼ぐ為に、悪戯(いたずら)した可能性があると思いますか?

★ Pete : 今日では、ありません。

◎ David : どうして?

★ Pete : 私達は、この技術を持っていません。
私の理解では、(ミイラが)持っている結晶構造は、天然の骨の結晶構造であるということです。

◎ David : はい。

★ Pete : どうすれば、それを作ることができますか?
私達はそのようなものを、どうやって作るのか考えることさえありません。

◎ David : 懐疑的な人達の中には、ミイラの周りにある白い粉塵を嫌う人もいます。

画像の説明

私達が見て来たことは、ケイソウ土と明らかに洞窟全体としての塵のテストが完全に一致しているということです。

画像の説明

画像の説明

貴方は、どう思いますか?
……何故、彼らは最初にこれらのミイラを珪藻土に置くのだろうか?
理由は、何でしょうか?

★ Pete : 組織を保存する保存方法です。
組織は、常に崩壊するでしょう。

それは大気中の細菌によって、食べられるでしょう。
私達は常に、その問題を抱えています。

それでエジプト人は、それに一つの方法を見出しました。
彼らは、特定の種類のカブトムシの羽根からワックスを抽出し、コーティングに使用しました。

化学的相互作用を阻止する、多くのことをしました。

◎ David : 材料科学の知識からして、珪藻土は防腐剤として機能しますか?

★ Pete : 絶対に。

全ての珪藻質……珪藻は小さな細胞であるか、炭素質の外骨格を持ち細胞メカニズムは極(ごく)僅(わず)かです。

画像の説明

そして、例えば、アンデスのいくつかの地域では、洞窟は全て珪藻土にあります。

◎ David : はい。

★ Pete : 珪藻は、地球上でアニマルライフが始まった頃に、ほぼ形成されました。

◎ David : はい。

★ Pete : そういう訳で、貴方は骨格を持っています。

◎ David : 貴方は、三つの異なるタイプの三本指の存在に会ったと言った。
そして、私は彼らがどのようにコミュニケートしたのか不思議です。

★ Pete : いくつかは、精神的に伝えられました。
一部は、部分的な精神伝達です。

まだ、貴方の耳があるようなものです。
いくつかは、耳を持っていません。

彼らに耳がある場合、彼らにより良い範囲になる様に、遥かに高い周波数に設定されています。
いくつかは、彼らの聴覚で見ることができます。

◎ David : 本当に?

★ Pete : 言い換えれば、聴覚がとても良く、1ヘルツの1/10を聞き分けることができます。
彼らの発言の一部は、非常に狭い帯域幅にありますが、私達が持っているよりも遥かに多い発言をしています。

◎ David : 「帯域幅が狭い」というのは、スピーチのピッチを意味しますか?

★ Pete : ピッチ。
ピッチは、ミドルC(音階のド)とA(ソ)、またはB(ラ)ノートの間、で上下します。

それだけです!
それだけで……それが全体のスペクトルです。

しかし、その全体像には、ビジョンを得る為に十分な情報を詰め込むことができます。

◎ David : 彼らの目や瞼で、ユニークなものはありましたか?
または、点滅しますか?

★ Pete : 全てが異なっていますが、大きく異なる訳ではありません。
さて、両方向[上と下を意味する]から、目が瞬(まばた)きするものがあります。

レプタリアンのものは、異なる種類のコーティング構造を持っています。
或いは、何らかの形で水分を保持しています。

彼らは、異なったエアフローを持っています。
それは、違った表面を持っています。

それは水をよりよく保持する、非常に厚い涙を持っています。
これらの全てが行われます。

そして、彼らの目は、ほとんどのトカゲのようなものです。
彼らは、点滅しません。

◎ David : はい。

★ Pete : 複眼を持つ、宇宙人がいる。
垂直な瞳孔を持つ、宇宙人がいる。

瞳孔は、このように[開閉する]代わりに、このように[縦に細く拡大]……開閉して光の量を調整します。

目には常に一定の光量と一定の色合いの光があります。
それは、より多くの情報を得ることができるからです。

そして、その全てが誘導と生存の為のものです。

◎ David : 貴方がナスカのミイラの目を見たら、彼らの目は貴方の経験に基づいてどのように見えると思いますか?

★ Pete : さて、その存在は、私達と非常によく似た目を持っています。

◎ David : 本当に?

★ Pete : 複眼ではありません。
それは、蓋(ふた)があります。

私は、カメラのようなアイリス(虹彩)を持ったカップルを見ました。
昔ながらのカメラの様なアイリスがあり、個々に離れています。

◎ David : 虹彩の目だということは、瞼(まぶた)が開いて閉じることを意味しますか?

★ Pete : 瞼(まぶた)ではなく、瞳孔が作られています……動物には、次のような化学があります。

それに続く、化学があります。
それに続く、神経構造があります。

ワシは、地面に這う数千フィート先の虫を見ることができます。

◎ David : 確かに。

★ Pete : 私達は、そのようなビジョンを持っていません。

◎ David : 確かに。

★ Pete : 彼らの目は、それに応じて異なっている。
まあ、貴方はETのことを考えています。

◎ David : それで、これらの生き物は平らな足の裏で歩いたのですか、爪先で歩いたのですか?

★ Pete : 彼らの歩き方は……先ず、遠くから見ると、彼らは竹馬で歩いているように見えます。

◎ David : OK。

★ Pete : そして、爪先は、柔らかく、どれくらい湾曲しているかによって、違います。
彼らは立って、(爪先を)伸ばすか、ぴょんぴょんします。

そして、彼らの多くは、自分の指や足指の上に蹄(ひづめ)のような構造を持っていました。
彼らのグループにはパッドがあり、非常に柔軟なつま先を持っていました。

そして、爪先はちょうどパタパタと道を移動します。
彼らの中には、バランスを取る為に、それらをコントロールする者もいました。

◎ David : 彼らは裸足でしょうか、足の上までのジャンプスーツがあるのでしょうか?

★ Pete : 上記の全て。
ほぼ裸でした。

彼らの多くは、裸です。
裸のものには、堅い角状がありました…………彼らのほとんどは、関節の間に角がありました。

◎ David : ここで彼らが地球上で果たした役割は、何ですか?
彼らは、ポジティブでしたか?
彼らは、私達を助けようとしていましたか?

★ Pete : 彼らが来たのは、探検し、存在し、彼らはピックアップして、去りました。

◎ David : オーライ。
「コズミック・ディスクロージャ」、このエピソードは時間となりました。

スペシャルゲスト、ピート・ピーターソンでお送りしました。
ご視聴、ありがとうございました。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional