gin7425



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ コズミック・ディスクロージャー ★もう直ぐバチカンが宇宙人を発表する? シーズン8 ピソード4★ ☆。・:*:・゚`★

Augut 30, 2017

◎ David Wilcock : オーライ!

「コズミック・ディスクロージャ」へよこそ!
司会のデビット・ウィルコックです。

このエピソードでは、コーリー・グッドと最新情報をお届けします。
それではコーリー、番組へようこそ。

★ Corey Goode : サンキュー。

◎ David : 最初の話題は、多くの人々の心の中に秘められているものです。

非常に密集した多数の酷い騒ぎ、私に対して悪質な個人的な攻撃がありますが、貴方にとっては更にそうです。
このネットワークに対してもです。

私は番組では、これらの攻撃が非常に頭がおかしく、馬鹿げていると言います。
そして、私は、この種のものには通常対応しません。
何故なら、それは全く絶対的な意見ではないからです。

しかし、今、起こっていることについて、貴方の考えや気持ちはどうですか?

つまり、普通の人々が典型的な苦情を言って来ているよにう見えます。
一体、何が起こっていると思いますか?

★ Corey : まあ、貴方と話しましたが、私はこの仕事(ディスクロージャ)に長年携わって来た他の人達とも話しました。

このタイプの攻撃の規模に近いものは、他の誰も見たことがありません。

画像の説明

そして、これはまさに私が6ヵ月前に起こったと言いましたが、海軍の秘密宇宙計画に関係する誰もがこの空軍の物語が公開されることを望んでいるので、ディスクローズされなければならないと言われました。

◎ David : このことについて私を驚かせるのは、これを犯した人々が持っている、ほぼ完全な敵の感覚です。
それは、彼らが名誉毀損、中傷、をすることに対し、訴えられたりすることを、少しも心配していないのです。

彼らは、全く気にしない。
貴方は、どう思いますか?

★ Corey : まあ、私が述べたように、これは主要な作業の一部です。

それは、いくつかの問題を抱える少数の人々に対してだけではありません。
これらは動員された人々であり、海軍のプログラムに信憑性を与える何か(証言や証拠)を無効にしたり、取り除かなければならないのです。

彼らは、空軍計画が非常に近く開示される予定である為、空軍プログラムを最前線に置きたい。

◎ David : 貴方が敗北すると思ったから、彼らは攻撃して来るのですか?

★ Corey : 絶対違う。

自分を犠牲者として表現すると、貴方は防御モードに入ります。
攻撃モードではありません。

これは、彼らが慣れ親しんでいるパターンです。
上手をとって、攻撃を受けます。

今、彼らは、彼らが使っている戦術に、非常に苛立っています。

◎ David : 貴方は最近、マイケル・サラ博士との共同記事を書きました。
貴方はまた、ノルディックに関して、公式な開示があるかも知れないというアイデアに関して、いくつか Facebook の記事を書いています。

★ Corey : はい。
そして、これはカーリーとの最近のミーティングにも結びつくかも知れません。

私は言葉のエネルギーやボディーランゲッジで、彼女の不安な様子を見たことがないが、今回は不安を感じました。
彼女は、アンシャールがタイムラインを心配していて、状況がうまくいっていないことを私に伝えました。

◎ David : フム。

★ Corey : その為、アンシャールだけでなく、アンシャールと一緒に他の3人のエイリアンも、ムハンマド協定に反対することにしました。
(地球人に公然とにコンタクトしたり、公にエイリアン同士で戦ったりすることを控える合意)

これは、本当に大きな問題です。
彼らは、全ての加盟国が一緒に合意を批准するか、または止(や)めてしまうことができない。

物事は絶望的になっているので、彼らは、今、人類に手を差し伸べるようになると言いました。
そして、当初はフェイストゥフェイスのコンタクトの準備の為に、夢やビジョンを通じて、人類に一歩手を伸ばし始めます。

そして、彼らは、個人的にも少人数のグループでも、私と非常に近いように見えるでしょうが、テレビに出たり、世界規模ではなく、そういうものです。
順応プロセスは、遅いものになるでしょう。

◎ David : これについて、このエピソードで明確にしたいと思います。

この種の連絡(夢やビジョン)には、どのような人が選ばれますか?
そして、貴方がこの種の接触を受けることになったら、それらの存在が貴方に期待しているのはどんな行動でしょうか?

★ Corey : 彼らは、長い間、接触して来た人々を選んでいます。
通常は選ばれる多くの人が、多くの時間を瞑想的状態で過ごします……

◎ David : ウ~ン、フム。

★ Corey : だから、通常肯定的な人、静かな人々、彼らの内側の旅に焦点を当てている人は、連絡の為に準備しているでしょう。

◎ David : 我々が明らかにしたように、これらの人々は、恐らく以前よりももっと鮮明な夢を見ることから始めるでしょう。

★ Corey : そう、鮮やかな夢。

◎ David : どんな夢になるでしょうか?

★ Corey : コミュニケーションの夢。

彼らの夢の中で現れて、顔を合わせる為の準備をします。
その直接コンタクトが起こると、人々は母船に乗る為のパスを受け取ることができます。

◎ David : OK。

知りたいことがいくつかあります。
エゴに駆られたスピリチュアリティが、貴方が描いているようなものを受け取れば、人類の為の救世主として描写したいと思うでしょう。

★ Corey : そうですね、誰かそうする人がいるでしょう。
しかし、何千人もの人がそうなれば、どんなタイプの救世主も描くことはできません。

とにかく、救世主を複合体として描くような人を選ぶことはないでしょう。
彼らは、救世主じゃありません。

◎ David : 世界の状況はどうだと思いますか、言わている様なことが世界の状況にはなるでしょう。
しかし、人々の行動が起こり始めたら、直ぐにそれが見られますか?

★ Corey : そうですね、多くの人が、これらの夢を報告しています。

夢に、コンタクトしましょう。
それが……人々が気づく重要な原因になるでしょう。

さて、(コンタクトをして来る)4つのグループのうちの一つは、ノルディック・グループの可能性が高いです。

ゴンザレス、シグムント、カーリーは、恐らくこのノルディック。
グループについて、語っています。

ノルディックのグループは、世界中の指導者、宗教指導者と長い間コミュニケーションを続けて来ました。

最近、世界の宗教指導者達の集まりがありました。
私は6月に、基本的に全てが仲直りできるかどうか尋ねました。

よろしい?

◎ David : それはまさに、「友達になってみましょう」というテーマ。

★ Corey : そうです。
友達に。

さて、このノルディックグループは、バチカンと非常に緊密に協力し、人々に衝撃を与えない方法で彼らの存在を浮かび上がらせると、多くの情報が入っています……今、彼らは皆、人々がこれらの「非地上人」について、多くの質問をしてくれることを期待しています。
(訳注:ノルディックタイプのETは宇宙由来だけでなく、見た目が非常によく似た、地球内部の存在もいると言われている)

そして、彼らは何千年も過去に関わって来ており、彼らは天使として登場しました。
彼らは、私達が意識的に成長するように、意識を整えようとする様々な信念体系を導入しました。

だから、この情報を全て知れば、このグループは基本的に、彼らの信念システムと宗教を私達に与えることが大いに期待されます。
そして、それはワンネスに基づいているだろうし、多くの人々が難解なアイデアを検討するだろうが、ほとんどの大衆がそれを非常に迅速に採用することが期待さます。

◎ David : ですから、コーリーによれば、同盟は、これまで以上にバチカンの一要素になると信じる理由があります。
貴方が話しているこのコンタクト計画に、どのように反映されていますか?

★ Corey : 同盟は直接的、または間接的にバチカンの要素になる可能性があります。
バチカンに住む人々の中には、バチカンの壁に書いてあるものが見えるようになるかも知れません。

彼らの一部は、最初に現れる「非陸上グループ」について、完全に説明されているかも知れないし、その前に家を清掃したいと思うかも知れない。
だから、バチカンが彼らと共に行動している理由は、いくつかあります。

オープンな議論という事実であり……人類に興味深い新しいアイデアをたくさん紹介する、人間によく似たETグループがバチカンから発表されるということを、他の人からも聞きました。

◎ David : 貴方が、その4つのグループがムハンマド協定を破ることを計画してる。(ムハンマド協定:地球人の前で、公に宇宙人同士で戦わない。まだ地球人に母船を公開しない等)
と前に貴方が言った時、それらのグループの一つが、アンシャールだと言いましたっけ?

★ Corey : はい。

◎ David : そうした4つのグループの何(いず)れかが、悪意のあるグループになるかどうかは分かりますか?

★ Corey : 彼らは、肯定的なグループです。

◎ David : オォウ!

★ Corey : 彼らは、この連合で協力して来ました。
そのうちの4人は、ムハンマド協定から離れ、対面して接触するように人々を順応させることを決めました。

◎ David : これまでに、私達と共有して来た部分的ディスクロージャの全体計画に、それがどのように影響しますか?

★ Corey : 南極の海底や、氷の下の古代の地下構造物に関する情報を公開するという、部分的な情報開示が始まる為、かなり影響します。
その後、空軍とDIA(国防情報局)が管理する、秘密宇宙計画を発表する予定でした。

◎ David : ウーンハァ。

★ Corey : そして、その時点で、彼らはこう述べます。
「これらの技術のテレメトリー(遠隔測定)は、海の下や氷の下で多く見られました。そのメモで、私達は火星でもこれらの構造のをいくつか見つけました」

そうやって、彼らは物事をステップアップしていく計画です。
その物語の一部は、ETが地球を訪れたが、何千年も地球にはいなかったことになるでしょう。

北欧人や人間に見える種族が現れ、バチカンで教皇の隣に立って人々に話しかける始まりならば、その物語は大きく踏み出されるでしょう。

◎ David : 今日の収録と同じように、世界で全く自然に当たり前の様に、会見が起こると話したことはありますか?
それとも、何かしらの触媒的事象の余波として始まるのでしょうか?

★ Corey : これらのディスクローズと並行して発生すると予想される、多くの出来事があります。
私が話してしていたように、軍産複合体は、海の下や氷の下で古代文明が見つかったことから始めることを望んでいます。

まあ、彼らはいつでも、それを開始することができます。
彼らがしようとしているのは、裁判が起こったり逮捕があれば、そこから逃れる戦術として使うことです。

それは、彼らが計画している主要な反動作戦になるでしょう。

◎ David : 私はそれが、非常に印象的だと思います。

★ Corey : 絶対に。

◎ David : これまでに見た典型的なタブロイドの記事よりも印象的な出来事を、貴方はどう思いますか?

★ Corey : 推測の代わりに、実際のビデオと、実際の遠隔測定を見せる。
分かるでしょ……キューバの海岸のような、古代の構造物のソナーがいくつか公開され、その後は静か、そして、静かです。

◎ David : うん。

★ Corey : これらは否定できない報告となり、彼らが調査によって得た情報の全てを公開する、公認の報告書になるでしょう。
そして、これは水中の基地と、氷の下にあります。

◎ David : 人々の反応がそうなるだろうと思うものを、彼らがゲームするということですか?

★ Corey : はい。

◎ David : 彼らは、何を期待していますか?

★ Corey : まあ、彼らはそれが良い方向転換戦術であると、期待しています。
当初、この情報公開では、氷の下で文明を創造した存在が、人間ではないという内容を公開する予定でした。

そして、エリート達(カバル)は、この存在の血統の一部であるから、彼らは特別である。
そう、プッシュしたかったのでした。

彼ら(カバル)は基本的に、これらの発見を利用して、宗教をバックアップとすることで、世界に自分達の宗教を押しつけるつもりでした。

◎ David : 貴方とこのシリーズを始める直前に、私は火星とティアマト(神々の母)の宇宙全体の歴史学者である、内部情報提供者の一人から、米国政府からの「許可された開示」を聞いたことを覚えています。
また、50万年前の文明である惑星マルデクは、惑星自体を吹き飛ばし、月に行き、最終的には地球上に上陸し、プレアマダイトになりました。

★ Corey : その通り。

◎ David : プレアダマイトのストーリーは、彼らが描写したいと思っていた、エリートの神のアイデアの一部だと思いますか?

★ Corey : はい。

◎ David : それを、どのように使いますか?

★ Corey : まあ彼らは、このETグループ、プレアダマイトに血統を辿ることができます。
従って、それは「王の神の権利」のようなものです。

彼ら(カバル)は、「この膨大な文明を見て、彼らが何をすることができたかを見て下さい。何故、私達を支配しないのか?それは、私達が同じ血統だからです。私達は、全ての情報を持っています。彼らは技術的に進歩した、誰もが一緒に住むことができる社会を実現することができます。」

◎ David : これをやっているノルディックのグループの目標は、何だと思いますか?
この部分的な開示のタイムラインを放棄させる最終的な目的は、何でしょうか?
彼らは、何を望んでいるのですか?

★ Corey : 彼らは、ネガティヴETによるオープンルールを見て来ました。
そのタイムラインを、防止したいと考えています。

彼らは、レプタリアンによって開かれたルールがある場所の、タイムラインを見て来ました。
彼らは、タイムライン上の様々な相違や状況が、どのように進行しているかを見ています。

だから、彼らは、彼らがやっていた様な遠回しのアプローチの代わりに、総動員で、実践的なアプローチを開始しなければならないと決めたことを指摘して来ました。

◎ David : では、貴方が言うことは、これらのポジティブなET達が、私達が、今、起こっていることに目覚めて、どこもかしこも爬虫類が支配している惑星を、実際に取り戻すことができる可能性があると言っているですね?

★ Corey : それが、懸念事項の一つです。

◎ David : (ネガティブな)タイムラインが起こらないようにするには、どうすればよいですか?
そして、私達は何が足りませんか?
何故、彼らはそれが存在することに気づくでしょうか?

★ Corey : まあ、私は彼らが負のグループからの(人類への)干渉が非常にあることを、今、見ていると信じています。

発展途上の社会と直接交流することができないという、宇宙の法律があります。
背景には、パペット、秘密結社などがあります。

より多くのことをしなければなりません。

◎ David : それは、正と負の両方の側面ですよね?

★ Corey : そう。

まあ、正の側は、宇宙の法律をすり抜ける方法を見つける。
負の側面は、法律をうまくすり抜け、その法律を完全に破るでしょう。

◎ David : しかし、どちらの場合でも、コンタクトを望んでいる人々に連絡しなければならないと言うことができます……

★ Corey : そうです。

◎ David : ……それがポジティブであろうと、ネガティブであろうとも……

★ Corey : そうです。

◎ David : ……直接出現するのではなく、それらの人々を介して働きだす。

★ Corey : はい。

しかし、ネガティブなグループは、長い間実践的なアプローチをしています。
そして、それはロープサイドバトル(防戦一方の戦い)を引き起こしていました。

従って、これら宇宙の法律を守るポジティブグループの多くは、より実践的になり始めています。

◎ David : さて、このショーを見ている人は、ポジティブグループがこれについて心配しているのならば、何故、今直ぐ現れないのか?
彼らは何故、条約やこの種の法律を壊すことを心配しているのですか?
恐れる理由は、何でしょう?と思うでしょう。

★ Corey : まあ、彼らは、まだ正しい方法で物事を行わなければなりません。

彼らは、空に現れるだけではありません。
彼らは、私が議論したようなプロセスを経なければなりません。

そこで彼らは、夢を通して人々を順応させ、彼らと1対1で出会います。
空に現れるのよりは、自己紹介には良い方法です。

◎ David : コーリー、明らかに、カーリーと他のアンシャールの何人かは、この戦いでは、負のタイムラインになる可能性が非常に高いと言いました。
確率が、何故、それほど高いのか説明できますか?

★ Corey : まあ、言いましたように、アンシャールは、彼らの系統は、実際に私達の未来から来たものであることを明らかにしました。
それは、難しいことです……貴方のヌードルをちょっと捻(ひね)るよりも。

彼らは現在へ、私達の未来の何かを持って来ました。
それは、マンデラ効果の様なものを起こし、時間を振り返り始めました。

彼らは、原因を突き止めました。
そこで彼らはタイムラインを維持する為に、小さなグループを約1700万年前に送りました。

彼らはずっとここに居て、独立して発展して来ました。
そして、小さなグループから、地球内部に住む高度な文明に発展しました。

今、タイムラインの維持に成功しなかった場合、彼らの存在は消えてしまいます。

◎ David : 彼らは、未来には存在しないのですか?

★ Corey : 彼らは、将来存在しないでしょう。
従って、タイムラインの維持を試みる為に過去に旅行する機会も存在しないことになり、過去にも存在しませんでした。

◎ David : 非常に奇妙です。

★ Corey : 非常に奇妙です。

◎ David : シグムンドの消滅について、私達と共有できる最新情報を教えて下さい。

最近の更新の、主要人物だったので。
一体、何が起こったのでしょう。

★ Corey : ええ、私は4月に彼が姿を消したと思います。
不思議なことに、その期間の間に、他の何人か空軍のコネクションの研究者が消えました。

それは非常に奇妙です。

それ以来、私は、ツイーデルディーと、ツイーデルダムと呼んでいる飛行士と何度かミーティングしました……彼らの中には、多少の争いがありました。

最初は、ジグムンドについて何か聞いたことがあるかということに、非常に関心を持っていました。
そして、何かが少し落ちた。私は何が起こっていたのか分かりません。

そして、最近のミーティングで、これらの航空隊員が私に以下の報告書を渡します。
それは、私がシグムントと会話したことの多くに矛盾しています。

シグムントが関係者の一部を尋問したにも関わらず、海軍の秘密宇宙計画の兆候は、見られなかったと書かれています。
だから、私は直ぐに、注目しました。

そして、報告書は、私達の太陽系に入った巨大な球体はないと言っています。
これは全て、ノルディックの欺瞞(ぎまん)であり、基本的に、私にそう言いたいのです。

◎ David : ブルー・エイビアンズは、どうですか?

★ Corey : ブルー・エイビアンズは、ノルディックの創造者だと軍は信じています。
彼らはまた、ノルディックが「一なるものの法則」を創造したと信じている。

それが、全て報告書にありました。

◎ David : 面白い。

★ Corey : 彼らは私にこのレポートを与えています、そして、私はそれを見ています、私の直観は少し狂って来ています。

貴方が知っていることと、違っています。
そして、彼らは私を非常に綿密に観察しています。

更に、私が最後に彼らを見た時は、シグムントによって与えられた南極や宇宙で起こってことについての知識を、プッシュし始めたと思います。
あたかも私を、本当に素早くはずそうとしているかのようでした。

そして、彼らから多くの欺瞞(ぎまん)を感じました。
彼らは私を見て、勉強して、情報をどのように取るかを見ていました。

その会話で、彼らが話していた時、私はジグムンドが本当は行方不明ではなかったことを感じていました。
私は彼が、実際にSSP同盟に潜入しようとしていると感じました。

◎ David : 海軍として。

★ Corey : 海軍。

そして、私はちょっと止まって言いました。
「ああ! シグムントは、同盟に浸透しようとしている!」

彼らは、落ち着きがなくなりました。

私がそのようなことを公にすれば、私の家族が傷つくだろうと言いました。
最後には……

◎ David : 彼らから脅威を受けていますか?

★ Corey : うん!

◎ David : 本当?

★ Corey : それは、私の最後の「ガイアへの旅」の直前に起こったことでした。
私はレポートから、それを外しました。

◎ David : だから、「彼らは平静さを失った」のですね、彼らは文字通り叫び始めましたか?

★ Corey : はい。

◎ David : そして、怒っている、暴力的な顔?

★ Corey : 目に見えて、怒っている。

◎ David : 本当?

★ Corey : 彼らはまた、南極のR&D施設(研究開発センター)については、如何なる状況下でも議論すべきではない、と私に言いました。
私はそれらのブリーフィングを受け、更にブリーフィングをしました。

彼らは、広範囲で巨大です!
そして、そこの宇宙空港も、私達が議論することを望んでいません。

彼らは、彼らの物語ではなく、私達が完全に興味をなくして、古代文明の話でもしてくれることを望んでいます。
それは非常に問題であり、請負会社と共に南極で起こっていることに関する情報です。

違法行為や不道徳な行為は、その施設内で行なわれています。

◎ David : とにかく、世界中のほとんどの人がこれを信じていないと、貴方や、私が言うことに対し、彼らは何を気にしているのですか?

★ Corey : 彼らは1959年の条約に反対しているので、研究開発センターについて何も流布して欲しくないのです。
その条約の他の加盟国が同様のことを行っていると聞いても、多くの否定的な意見が出る可能性があります。

これは主要な黒い情報操作です、南極大陸のです。

◎ David : フムムム。
この2人の飛行士が貴方を脅かす最終目的は、何だと思いますか?

明らかに、貴方は彼らの言うことを聞いていません。
貴方は、これを公的記録に載せているからです。

彼らは、何故、貴方を強く脅かす?
彼らは、何を心配していますか?
彼らの脆弱(ぜいじゃく)性は、何ですか?

★ Corey : 彼らは、私が空軍の物語だけを報告するように誘導したいのです。
彼らがやっていることは全て、私をその方向に導こうとしています。

私がその方向に向かわない場合、次の段階は、私や海軍の物語を報告している他の誰かが、完全に信用されないようにしなければなりません。

◎ David : 私は釣りに行くのですが、それは貴重な釣りの時間だと思います。
この爬虫類によって制御される惑星のタイムラインと、部分的な開示のタイムラインとの間には、関係がありますか?
彼らが、私達を部分的な開示のタイムラインに向かわせようとしているのであれば、ネガティブなタイムラインのゲートウェイ・ドラッグになりますか?

★ Corey : タイムラインが分割されると、ポイントから分割された場所ができます。
また、それが負のタイムライン、正のタイムライン、またはその間の何かに応じて、別のポイントでまた分岐します。

だから、彼らは私達の大衆意識を制御することによって、分岐が起こる時を制御しようとします。

私達の共同創造的な大衆意識は、これらのタイムラインに大きな影響を与えます。
私達の心をマインドコントロールして来た主な理由の一つが、それです。

◎ David : 私達が最後の収録をして以来、ゴンザレスとの更なる交流がありましたか?
もし、そうなら、何か起こりました?

★ Corey : 私はゴンザレスと、1~2週間毎(ごと)に会います。
出血性一時痴呆の問題と、発生している2つの 20-and-back による出血を管理するのを、サポートしてくれます。

困ったもので、治療し始めて以来、私は他の 20-and-back の夢とフラッシュバックが始まりました。
そして、最近、私は突然、少し汗ばんで吐き気を感じ、体外離脱のような気分になっていました。

それから、私が判ったことは、NBC型のような防護服を着て、(Nuclear,Biological,Chemical 核、細菌、化学防護服)あるエリアを歩いていて、洞窟のように見えますが、この洞窟は古代の施設のようです。
そして、我々は歩いている。

私は、水滴の音を聞きました。
そして、突然、全て……それは、ほんの瞬間でした。

突然、私は目眩(めま)いを感じ、壁によりかかります。
そして、そこにいた女性の一人がヘルメットを掴んで、私を見て、私と連絡を取ろうとしていて、他の人を見渡して、「まただ! まただよ!」

そして、私は、自分自身、現在のタイムラインに戻り、起こったことを理解しようとしています。

◎ David : フム!
それは貴方の 20-and-back sによる経験だと信じていますか?

★ Corey : はい。

◎ David : そして、これは、貴方の健康や精神状態の悪化が、結果として起こっていることを暗示します。

★ Corey : はい。
また、最後の 20-and-back は、1997年あたりの時間枠にあると報告されました。

◎ David : オォウ!

★ Corey : 私達は20年後に居るんですね?

◎ David : はい。

★ Corey : 私が述べたように、多くの 20-and-back の人々は、 20-and-back から解放された後、20歳戻っていることを認識し始めます。

◎ David : これらの分岐したタイムラインが一緒に編み戻されるのは、いつですか?

★ Corey : そのタイムラインの20年後に、多くの人々が何らかの理由で、彼らが行ったことを思い出し始めます。

◎ David : 興味深い。
3回の 20-and-back を、それぞれ分けて細かく話すことができますか?

貴方は、「ソーラーウォーデンで実際に働いていました。」と言い、私はそれを受けて質問しました。
それはまだ、具体的に有効ですか?

★ Corey : No,no。

私は、ただ瞬間をフラッシュバックしていただけでした。
そして、明らかに、最後の2つの 20-and-back があった……私はかなり暗い活動に関わっていました。

そう……

◎ David : はい。
銀河系の奴隷取引のようなものですか?

★ Corey : 恐らく。

◎ David : 一般的に言って、宇宙計画は、(訳注:ここではSSPのことを言っている)告発者が誰も来ないように、邪悪な行為や、非倫理的な状況に人々を巻き込むように設計されているのですか?

★ Corey : まあ、それは主な理由の一つです。
彼らは、自己を有罪にしたくありません。

ネガティブなものがたくさんあり、多くの情報を提供してくれる人がたくさんいますが、彼らは自分自身を傷つけることを恐れています。

◎ David : 貴方はゴンザレスと会う方法について、全て具体的に話せますか?
カーリーと会う時と、似ていますか?
マヤの離脱文明の方法ですか?

★ Corey : はい、マヤの離脱文明です。
彼らは、基本的軌道に乗っている船に私を移動させたり、輸送したりします。

◎ David : フム。
貴方がゴンザレスをミーティングで見かけるのは、マヤの船上です。

画像の説明

★ Corey : はい。

◎ David : 貴方は、ゴンザレス以外の人と交流していますか?

★ Corey : いいえ、彼だけです。
マヤは私を見て、暖かく笑顔を浮かべます。

でも、私はまだ今までに、彼らの一人と交流することはありませんでした。

◎ David : これらのミーティングは、通常、同じ部屋、または同じ場所で行われますか?

★ Corey : はい。
以前の浮遊した石のパネルと同じ部屋で、マヤ型のシンボルが点滅していました。

画像の説明

画像の説明

◎ David : 貴方がゴンザレスから得た情報で、今、私達と分かち合うことが重要だと感じていることは、何ですか?

★ Corey : はい、実際にあります。
彼は静かにバックグラウンドで、シークレット・スペース・プログラム同盟(SSP)と契約しています。

彼らはジグムンドのグループが登場してから、頭を下げ続けて来ました。
そして、彼は私にブリーフィングをもう一度始めています。
それはSSP同盟が私に与えるようにと、彼に要請したブリーフィングです。

今、これは地球上で起こっている現在の出来事に関する情報を含んでいます。
随分前の「コズミック・ディスクロージャー」で、ディープ・ステート・タイプの組織や、資産の一部をモニターする人材を選出する前に、どのように異なる軍事組織が米国全土に広がっていたのかを説明しました。

◎ David : フム。

★ Corey : 今、私は最近、これらが特殊部隊のチームであることを発見しました……私はどの支部か分かりませんが……これらの人々、これらの兵士は、コソボやそのような場所に送られたチームであり、人類に対する犯罪の証拠を集めます。

◎ David : フム。

★ Corey : 彼らが国内調査をすることは、本当に合法ではありませんが。
そして、彼らは全てのネガティブなグループを特定しました。

彼らは、腐敗を調べて来ました。
彼らは非常に暗い秘密結社や活動に結びついていますが、詳細については触れません。

そして、彼らはネガティブな人々の全てを特定しました。
そして、この軍派は、これらの人々を逮捕する為のGOサインを待っています。

そして、彼らは軍事クーデターがなければ、それが実現するとは思っていない。
何故なら、私が受け取った情報では、米国のディープステートには現在、アライアンスがシードしリーダーシップを取っています。

これが起こると、クーデターを計画している軍事グループがクーデタープランを制定し、それが起きた後の為に、これら特殊部隊の兵士が裁判所の情報を収集していると言われました。

◎ David : まあ、これらの計画が長い間テーブルの上にあったという事実を考えれば、どうして、これが実際に起こるのにずっと時間がかかっていると思いますか?

★ Corey : 私が前に述べたように、カバルグループは、可能性のある未来を検出するAIアルゴリズムで、可能性の高い将来を知る技術を使用していました。
それにより、彼らがどのように逮捕から逃れているかということです。

今、過去に誇張された逮捕者の多くは戦略的に、逮捕がどこまで可能かという状況ではなかったので、誇大宣伝に過ぎませんでした……司法省が連邦議会と同様にカバールによって統制された為、逮捕は起こり得なかったのです。

政府全体が、基本的に管理されています。
だから、誰もが逮捕を命ずることができる機会はなかった。

それは、起こりません。
彼らは逮捕を命じることができるが、誰も逮捕しないのです。

◎ David : はい。
貴方は、今、変化していると感じますか?

★ Corey : まあそれは、今、何年も前にアライアンスが、彼らの活動を強化した為に変わって来ました。
そして、全ての兆候は、ディープ・ステート、つまり、カバルが攻撃的な位置ではなく、防御的な位置にあることを示しています。

だから、緩(ゆる)やかに編成されたアライアンスのグループの多くは、この弱さの兆候を見ており、カバルを倒そうとするプレッシャーをより多く大げさにかけています。

◎ David : だから、何らかの大規模な共同作戦があるとすれば、どうやって市民の人々にそれを伝えますか?

★ Corey : 最初に戦争が終わるまで、メディアのブラックアウトが起こります。
そして、軍は放送波を引き継いで、何が起きたのかを完全に説明します。

それが、私の説明です。

◎ David : そして、これは慈善だと思いますか?

★ Corey : 私は、アライアンスは、それが慈悲深いものだと感じていると思います。

今、人々は、悪の化身に支配されています。
……彼らが(解放を)行います。

◎ David : はい。

★ Corey : 私は、それを人々の想像力に任せる必要はありません。
インターネット上に、全て公開されてます。

◎ David : ブルーエイビアンズとの、更なる交流がありましたか?
もし、そうならその内容は、何ですか?

★ Corey : はい。
約5週間ほど前に、私はついにティアエールと出会いました。

私は居間からブルースフィアにピックアップされ、過去もそうだったように、別の巨大なブルースフィアに連れて行かれ、ティアエールと会話しました。
そして、彼は私に太陽系を見せました。

これらの球体は全て脈動しており、ほぼ完全に透明でした。

画像の説明

そして、彼は直ぐに消えることになると私に言いました、そして、これらのエネルギーの完全な放出は、人類に打撃を与えるでしょう。

それが起こり始めると、大規模な群発地震、火山の崩壊、嵐の勢いが更に活発で危険なものになりますが、恐れてはいけません。
これらの事柄は、このエネルギーによるのです。

◎ David : それは、ソラー・フラッシュですか?
それとも、ただのエネルギーの変化……

★ Corey : それは、エネルギー変化です。

◎ David : OK。

★ Corey : そして、私は、ネガティブな人々が非常にネガティブになるエンド・タイム・マッドネス型のもの、肯定的な人々がより幸福になること、そして、精神的に病気の人々が治るのを目の当たりにするとも言われました。
精神的に病気の人々は、単に治る……それは、指数関数的に発生するだろう、そして、それはもっと激しくなるだろう。

◎ David : フム。

★ Corey : だから、この終末の狂気の為に、私達は、より重大な恐怖を感じる可能性のある、武器や戦争の揺れ、そのようなことが起こり得ます。
ティアエールが私に伝えようとしたことは、私達がこの獣(恐怖・恐れ・戦争)を養うので、恐れてはいけないということです。

私達へ意識のルネサンスを与える、大きな変化が起きようとしている兆候である為、私達は希望をもたなければなりません。

◎ David : 一なるものの法則では、一なるものの法則を実際に手にとって、これらの事象が全てその中に表現されていれば、ブルー・エイビアンズは、アンシャールよりも高度な次元レベルになります。
アンシャールが接続する未来について、彼らは同じ程度の懸念を抱いていますか、それとももっと冷静ですか?

★ Corey : 彼らは、あまりにも冷静です。

◎ David : OK。

★ Corey : うん、私はどんなタイプのものも感知しませんでした……どんな種類の自我も全く感じない。
彼らは、その時代の一人が代表している社会的記憶複合体のようです。

名前として自分自身を識別するのは、一つの存在の自我ではありません。
アンシャールとは違って、彼らとは異なるコミュニケーションです。

◎ David : 彼らは貴方に、地球で可能性のある負のタイムラインについての警告を与えましたか?

★ Corey : はい。

◎ David : 彼らが?

★ Corey : うん。
そう。

彼らは私達がより一層懸命に働き、大量の瞑想を行い、この積極的なタイムラインを共創する為に、できること全てを実行する必要があると述べました。
私達の意識が現在操作されていること、私達が必ずしもスケールの底に向かわず、否定的ではなく、途中にあるということです。

◎ David : フム。

★ Corey : 真ん中にぶつかると、次のサイクルが起こります。
人類にとって何を意味するのかを、誰が知っているかを知っています。

◎ David : 南極で発見され、長年に亘(わた)って発掘されて来た、過去に話したような大規模な母船について、私達と共有する情報はありますか?

★ Corey : はい、実際に。
私は、基本的には、そこでの研究開発施設について、かなり正しいブリーフィングを受けました。

特に、氷の下の地面で発見された3つのオリジナルのクラフトについての詳しい情報だけでなく、3つの楕円形のクラフトがあり、一つは非常に大きく、二つは小さくなっています。
それは彼らが冗談で、ニーナ、ピント、サンタマリアと呼ぶものです。

それらは同時に到着し、地表の三角測量位置に着きました。
それから、船に乗っていた人達は船を共食い状態で、そこに都市を作り始めました。

◎ David : そして、これは私が貴方が言ったと信じていた、50万年前の時代のものでしたか?

★ Corey : いいえ、これは約6万年前に起こりました。

◎ David : オォウ!
それは更にに新しいものですね。

★ Corey : ……彼らがここへ来て不時着した時。

◎ David : OK。

★ Corey : 彼らは既にティアマト(メソポタミア神話の女神)の前から、その地域で発見された、全てのものをここに残しました。

◎ David : はい。
しかし、貴方が「地上レベル」と言う時、貴方は、何を意味しますか?

★ Corey : 氷の下です。

◎ David : それは、氷の上にあったのですか?

★ Corey : いいえ、地面の上です……

◎ David : OK。

★ Corey : ……木、植物がありました。
彼らは、その中に上陸した。

◎ David : OK。

★ Corey : 彼らは、社会を作り出しました。
文明は、かなり高くなっていました。

私が議論したことの一つは、遺伝子工学に本当に大きく関わった。
彼らは、彼らの遺伝子を、人間の遺伝子や異なる動物の遺伝子と混合しました。

私が最初にこれについて話した時に言及したことの一つは、遺伝子検査所の一つで、彼らは発達の異なる段階にあった、非常に奇妙な爬虫類の存在を発見したということでした。
それは、小さいのと大きいのがいました。

◎ David : フム。

画像の説明

★ Corey : もし、私がこれらのプレアダマイト実験の一つであったならば、ナスカの3本指ミイラの最近の発見であろうかと思います。

画像の説明

画像の説明

私はまた、疑問に思っています……ドラコが不平を言うのを聞いたことがあります……地球からの3つの爬虫類の種族が消滅した。
何故なら、人間タイプのETが地球環境を多く破壊したからだと。

画像の説明

そして、彼らは、これらのヒト型ET、及びヒトの遺伝子実験を、地球から除去しようとしています。

◎ David : フム。

★ Corey : ガイアレポートによって報告された、これらの2つの異なるタイプの存在が、3つの失われた種族のうちの2つであるかどうかは疑問です。
だから、私はそれについての質問をしており、返事を待っています。

◎ David : 記録の為に、「アネージング・ナスカ」に表示されたミイラについての、貴方の個人的な感情は何ですか?

★ Corey : 衝撃ですね!

多くの人が、ワンパターンの反応をします。
「それは悪戯(いたずら)です! それは悪戯(いたずら)だ!」

自分の信念体系を脅かされているだけだと、私は言いました。
しかし、X線を見ると、それは解剖学的構造であることが分かります。

画像の説明

画像の説明

この骨は、一緒に成長した。

画像の説明

だから、私は、それが詐欺になる可能性があることは分かりません。

私は、もし、そうなら何故、誰かがそのような悪戯(いたずら)を作り出す為に苦労しているのでしょうか?

それは、非常に多くの時間とお金がかかります。
彼らの目的は、何ですか?

だから、私は、その中に爬虫類、人類、未知のDNAがあるかどうかを調べる為に、遺伝子報告を取りに行くのを待ち切れません。
或いは、それが爬虫類であれば、鳥類のDNAでさえあるかも知れません。

◎ David : 貴方は自分の旅の中で、三本指ETの存在を見たことがありますか?

画像の説明

★ Corey : はい、ゴールデン・トライアングル・ヘッド、この人種は3本指です。
そして、他にもあります……稀(まれ)ですが。

三本指の存在は、一般的ではありません。
3本の指は、動き易いだけでなく、あらゆる種類のユニークな方法で曲がることができます。

しかし、報告されている存在のほとんどは、3本の指と親指の爪、5本の指、または6本の指の何(いず)れかを持っています。
そして、私達の惑星は、特定の高調波場を作り出します。

そのフィールドはDNAと相互作用し、テンプレートを作成します。
私達の惑星のテンプレートの一つは、ほとんどの存在に5本の指があるということです。

◎ David : 地球の生来の振動に基づいて、ここに長く住んでいれば、ETのDNAにも精力的な改造が起こると思いますか?

★ Corey : イエスイエス。

このシューマン共鳴などと呼ぶ人もいますが、地球が出す振動は、DNAに十分なほど長く影響します。
それは、DNAを変え始めるでしょう。

◎ David : ソーラーフラッシュが起こると、私達の基礎状態と比べて、DNAにどのように影響すると思いますか?

★ Corey : まあ、それは間違いなく影響します……太陽に曝(さら)されるだけで、貴方のDNAは変化します。
太陽からの活発な爆発のタイプは、私達のDNAに非常に大きな影響を与えるでしょう。

私が言ったように、それは貴方が、ソーラーフラッシュが何であると思うかにかかっています。
多くの人々は、これらの粒子で全てが打ち負かされると思っており、私達は全て癌に罹(かか)るか、またはこれらの異なる放射線に曝されると非常に早く死ぬと思っています。

そして、何人かの人々は、ある種の自発的なアセンションがあると思っています。
真実は、本当にそこのどこかです。

私がティアエールから聞いたことから、何が起こるかは、意識レベルの変化であり、それは私達を意識のルネッサンスに変えようとしています。
その意識のルネッサンスでは、時間と空間を操作する方法を理解し始めます。

◎ David : それは、素晴らしい。

オーライ。
そして、このエピソードの終了時間が来てしまいました。

「コズミック・ディスクロージャ」番組ホスト、デビット・ウィルコックコーリー・グッドとお送りいたしました。
ご視聴、有難うございました。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional