gin7417



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ コズミック・ディスクロージャー ★霊の進化という実験が宇宙全体で行われている!!シーズン7エピソード32★ ☆。・:*:・゚`★

August 9, 2017

David Wilcock:オーライ!

「Cosmic Disclosure」へようこそ。
番組ホスト、David Wilcock です。

Corey Goode とお送りする、今回のエピソードは、The Grand Experiment です。
これは、私にとって特に興味深いものです。

ETの魂を持つ人に影響を与える実験は、このプログラムを見る多くの人に確信をあたえることでしょう。
さて、詳しい情報は Corey Goode がお伝えします。

コーリー、ショーにようこそ。

★ Corey Goode : Thank you.

◎ David : 我々は、50万年前に爆発したスーパー・アースが、太陽系内に存在したという考えについて話をしました。

それは、私達自身のソーラー・システムと、近隣のシステムの周囲にある保護グリッドの一部を無効にしました。
そして、貴方はこれの直後に、ETのグループが束で入って来たと言っています。

その出来事を要約して、私達お話できますか?
彼らは、誰ですか?
彼らは、何を望んでいますか?

画像の説明

★ Corey : はい、彼らは遺伝農家の種族と呼ばれて来ました。
そして、彼らは先進的な生活を広め、人生の発展と人生の精神的発展を監視し、支援する為に、銀河のいたるところで何らかの任務を行って来ました。

◎ David : 「先進生活」を定義できますか?

★ Corey : 高度な人生は、人間のような生活でしょう。

◎ David : OK。
では、どの時点で事態を認識しましたか?

★ Corey : 私が13歳頃に、このプログラムを知り始めました。

私はこのMILABにいました……(訳注:恐らくミリタリーラボのこと)
私達は、MILABプログラムと呼んでいます。

◎ David : OK。

★ Corey : エンパス能力の為の血清投与のプロセスが全部終わると、私の訓練は終わりになります。
そして、彼らは私をフィールドに出したいと思っていました。

だから、13歳くらい、彼らは私を連れて行った……私達はこれについてのエピソードをしました……彼らは私を木星の外側にあるスーパー連盟の基地に連れて行きました。
そして、私はこの一時的な異常にいつ飛び込むのか、巨大な、宇宙のバブルのような星の見えない場所。

それは、ただ黒だった。

そして、宇宙ステーションが真ん中に鎮座していて、貴方は様々な種族が出入りしている宇宙船を見るでしょう。
そして、彼らは会議を開くようになりました。

◎ David : そのET達は、何故、13歳の子供に興味があるのでしょうか?

★ Corey : 彼らは私に、何の関心もありませんでした。

私は、3つのIEサポートの内の(訳注:インターフェイスETのサポート役の意味か?)1一人として、そこに居ました。
彼らは、通常、色々なタイプの欺瞞(ぎまん)、危険、を避ける為、或いは三角測量を助ける為に、三人のエンパスを連れています。

◎ David : OK。

★ Corey : 私が、以前、説明したように、彼らは私達を会議ホールに連れて行きました。

そして、私達は、蹄鉄形に並んだデリゲート・シート(代表者席)に座っていました。
そして、彼らは私達にスマート・ガラスパッドを渡したので、忙しくそれを見ていました。
そして、私は、私がサポートしていたグループに関する情報と、彼らが関わっていた様々な遺伝子プログラムを読み始めました。

そのプログラムが、22あることが分かった時です。

◎ David : ETグループをサポートする為に、そこに居たのですか?
それは、貴方が関わってたことですか?

★ Corey : いいえ、私は地球の代表団を支援する為にそこに居ましたが、地球代表団以外の皆を監視する為にそこに居ました。

◎ David : 選出された代表団でなくても、あるレベルでは、評議会に代表として参加を?

★ Corey : そうです。
彼らは、ローテーションします。

代表の座は、地球上の色んな人々に回っていきます。

◎ David : 交渉において我々の役割は、何です?
私達は、何の為に戦っているの?

私達は、何をしたいですか?
何故、そこに居るの?

★ Corey : 私達は、役割を持っていません。
それは、単なる観測です。

私達は、ただ観察するしかありません。
かなり最近に与えられた情報だと、(少し前に)話しました。

◎ David : この情報が一般の人々に知られることを常に意図していたのですか、それとも、それを厳密に別けておきたいのですか?

★ Corey : 別けるのです。

◎ David : このスーパー連盟で見た存在達は、どのように私達を見ますか?

★ Corey : そう、60以上の異なるグループがありました。
彼らの内のいくつかは、私達と非常によく似ていました……サイズではなく構成で……貴方も知っている、ヒューマノイド。

しかし、彼らの多くはかなり人間に見えた。

彼らは、僅(わず)かに異なる肌色を持っていました。
つまり、彼らは少し違って見えましたが、かなり人間に見えました。

プレアダマイトグループの一部のいくつかの種族が、より古いものでした。
彼らは背が高く、細長い頭蓋骨を持っていました。

前のエピソードで話したものも、緑色の肌と黒い髪がありました。

◎ David : 彼らは、私達の銀河のポジションでどのような場所にいるのか、知っていますか?
彼らは至る所の銀河から来たのだろうか、それとも、ローカルのエリアですか?

★ Corey : いいえ、彼らはこの銀河の中から来ています。
私達の地元の星団は、以前に考察したように、古代ビルダー種族のバリアによって保護されていました。

◎ David : はい。

★ Corey : その為に、彼らはアクセスできなかった。

しかし、それが内側から降ろされた為、彼らにとって非常にエキサイティングなものとなりました。
豊富な資源へのアクセスです。

この宇宙バブルの中で進められた唯一の遺伝的なプログラムは、進歩した、星団内を回って遺伝的実験を行っているグループでした。
それは、何十億年も続いていました。

◎ David : 貴方が以前に言ったことを信じるならば、私達のローカル星団内惑星の進化した人々は、一般的にかなり私達に近いように見えますか?

★ Corey : ほとんどの場合、彼らは非常によく似ています。
はい。

◎ David : OK。

★ Corey : 哺乳動物以外の、様々な種類があります。

◎ David : シークレット・スペース・プログラムがカバールによって運営されていて、非常に否定的な側面があることは明らかですが。

「遺伝子農家」という言葉は、私にとっては軽蔑的です。
そして、もし、彼ら(ET)がやっていることが、地球上の人類の生命の為に慈悲深いものならば、カバルが運営する秘密スペース計画は、それをどのように見ていたのでしょう。

★ Corey : 貴方がペトリ皿であるか、籠(かご)の中のラットである時、(訳注:つまり、実験動物)貴方が白いコートを着ている場合(訳注:実験・観察者)とでは、視点は少し異なります。

◎ David : しかし、貴方は、彼らが何をしているのかという基本的な考え方を言っていない……人々は「遺伝子農家」という言葉を聞いて、これは人間遺伝学が(人を)食物として使う何らかの奴隷工場だと考えるかも知れません。

以前に説明した内容では、アセンション計画のように聞こえます。
彼らは、私達を助けようとしている。

★ Corey : そうです。
それは、異なる地域で起こっている宇宙の変化と協調して働く、霊的で遺伝的な計画、即ち進化のプログラムです。

これらの宇宙……銀河の様々な部分では、これらの活発な流入は、時々刻々と異なったやり方で起こっています。
そして、それらの宇宙の変化と協力して地元の人とも協力して、DNAを強化し、意識を高めるようにしています。

◎ David : 私は最近、検索エンジンを使ってヒンドゥー教の聖典を見ていました……彼らは完全に個別かどうか明らかではありませんが、ソーラーフラッシュの記述は約188件ありました。
誰もがソーラーフラッシュについて語り、ラクシャサと呼ばれる爬虫類のグループがあります。

クリスナという、青い肌で人間に似たグループがいます。

当時、地球上には、色々なグループがいました。
そして、ヴェーダ(聖典)では、誰もがこれが起こることを知っているかのように、ソーラーフラッシュについて話します。

太陽は、今年の終わりにこの大きなフラッシュを放つはずであり、地球上では何らかの人生の変容が起こるということです。
それで、貴方は、遺伝子農家とヒンドゥー教の聖典で何が起こっているのかには、関係があると思いますか?

★ Corey : はい、彼らが話しているこのフラッシュは、発生している宇宙変化の単なる副産物であり、エネルギッシュな変化です。
そう、それは直接の結びつきです。

◎ David : 興味深いのは、他人のメールを読むようなもので、誰もがそれを当然としている。
彼らは、全てが起こることを知っている。

それが起こるのは、疑いありません。

★ Corey : それは、以前に起こったことです。

◎ David : ええ、それは基本的な事実であると考えているのです。

赤色が停止の様な物。
同じです。

だから、彼らがアセンションを促進しようとしているのであれば、このソーラー・フラッシュが起こった時の違いは何ですか?
(ソーラー・フラッシュがあると、ないとでは)、どう変わります?

★ Corey : まあ、宇宙にはある種の構造があると思っています。
アセンションに向けて進行はしてますが、想像よりは、遥かにゆっくりとしたスピードで進んでいるようです。

ソーラー・フラッシュは、アセンションにターボ加速を加える様なものです。

◎ David : これは、ジャック・イン・ザ・ボックスの(ビックリ箱)アナロジーみたいです。
私達は、春が用意された、捕虜です!

ソーラーフラッシュが起こると、何かが起こります。

★ Corey : はい。

◎ David : 50万年前のスーパー・アースが爆発する前には、地球上の知的人類の歴史はどうでしたか、もしあるなら、それはどんなでしたか?
それ以前に地球上に人類や、知的な文明があったのでしょうか?

★ Corey : まあ、面白いことに、このトカゲやレプタリアンのグループは、人類と長い間葛藤し続けていて、元々地球の幹部であったと主張し、彼ら自身の実験を行っていました。
今でも、哺乳類の実験を行っている種族の中に、3つの種族を失ってしまった者がいます。

◎ David : フム。
3つの異なる種族?

★ Corey : 彼らは、このクレンジング(ソーラー・フラッシュ)が行われた為に、3つの失われた種族があったと言いました。
私が確認していない、爬虫類人の主張の一つです。

◎ David : 「Ascension Mysteries」に関する多くの情報を与えてくれた内部情報者Bruceは、彼のインサイダー情報の流れの中で優勢な意見は、小惑星が恐竜を絶滅に追いやったのだが、それは意図的に操縦されていた、ということです。
月がその時、現在の位置に置かれたので、それなしではなかった季節というものが与えられ、哺乳類のサイクルがより多様性のある出発点に立ちました。

★ Corey : そうですね、面白いことに、私は最近、ジグムンドを護衛していた兵士の内の数人と連絡を取り合い、私の日付が間違っていたと言いました。

彼らの情報によれば、このスーパー・アースは、5億年前に爆発したと言っています。
そして、月が軌道に乗って来て、それはたくさんのものでした……彼らはまた、それは本当に奇妙であると私に伝えていたが、彼らはより多くの日付を押し進めようとしていました。

◎ David : まあ、私自身の研究は、何らかの理由で貴方と違っていたかも知れないと示唆しています……

★ Corey : うん、うん。

◎ David : ……私は複数の人に、同じ日付を言っていたからです。
そして、50万年前の日付は、正確に一つの法則です。

★ Corey : そうです。

これは、シグマントが行方不明になってからのことです。
彼らは、私に彼の所在を聞いていました。

そして、ええ、それ以来、奇妙なことがたくさんあります。

◎ David : これらの失われた3種の爬虫類種族がどのように見えるか、或いはどこに行ったのかについて、何か知っていますか?

★ Corey : 解りません、何も。

恐らく、レプタリアングループは、(ソーラー・フラッシュや小惑星衝突を避ける為)、地下の地下に逃げ出した恐竜種族の末裔であり、大惨事を免(まぬが)れたと主張しています。
だから、もし、彼らが生き残った一種族だったのだろうか、更に三種族欠けているのかどうかは分からないが、考えるのは面白い。

◎ David : うーん。
私は以前にレプタリアン達をカバーしたので知っていますが、誰もが全てのエピソードを見た訳ではありません。

もう少し詳しく、話すことができますか?
これは明らかに、非常に奇妙です。

★ Corey : そして、私はそれ以来、彼らは全て大きさと種類が異なっていることを知りました。

◎ David : オーゥ!
本当に?

画像の説明

★ Corey : そうです。
そして、私達が最も見るものには、鳥のように首の後ろに羽毛があります。

彼らは、恐竜と鳥のミックスのようです。
彼らは、本当に可愛い鳥のような動きをします。

彼らは、南アメリカのジャングルに住んでいます。
そして、彼らは夜に出て狩りをすることが知られていました。

しかし、これは古い情報です。
それは、私がガラスパッドで読んだものではありません。

◎ David : 彼らは、スピーチをしますか?
彼らは、音を出すことができますか?

或いは、彼らは、どのようにコミュニケーションを取っていますか

★ Corey : 彼らは、お互いにテレコミュニケーションを交わします。

◎ David : ああ、彼らは実際には話さない。

★ Corey : まあ、彼らは騒音を出します。
彼らには、全ての種類があります……鳥のように。

彼らは、様々なタイプの非言語コミュニケーションを持っています。
しかし、ええ、彼らはボイスボックス(発声機能)を持っていません。

彼らには唇や舌がない、私は非常に真剣に疑います。

地球上で、全ての話す人が持っている遺伝子を持っています。
しかし、彼らは高い知性を持ち、かなり凶悪です。

◎ David : 彼らは、何らかの意味でテクノロジーを持っていますか?
それとも、基本的には原始的な種ですか?

★ Corey : 技術的には、とても原始的です。

◎ David : 彼らが持っている技術を、知っていますか?

★ Corey : かなり基本的な……高度な技術ではありません。
基本的な技術です。

◎ David : どんな基本的な技術ですか?

★ Corey : まあ、貴方も知っているように、棒と岩を使ったり、(原始的の比喩)物事を纏(まと)めるように。
彼らは、超高度ではありません。

◎ David : OK。

だから、私達は地球上の恐竜から進化した爬虫類人は、悪魔的な種だと思っています。
他の誰かが来て、排除し地球を清潔にする必要があると確信しています。

レプタリアンのグループは、彼らが依然として、地球を支配していると信じていますか?
彼らは、彼らが最初にここに居たということから、この惑星に対する権利を持っていると考えていますか?

★ Corey : はい、それは彼らの主張の一つです。

◎ David : OK。
それが実際に起こったのであれば、これらの遺伝子農家グループは実際にテラフォーミングしており、ある望ましい結果に基づいて惑星全体を改造することができるといっています。

それは本当ですか?

★ Corey : はい、それは偉大な実験の一部です。

◎ David : もし、私達が月について話すなら、ウィリアム・トンプキンズも言いました……大量の内部構造を持っていれば、文字通り、月が一つの惑星から別の惑星への生物圏全体を運ぶことができるでしょうか?
このテラフォーミングの一部として、それ自体の中に?

★ Corey : まあ、それは古代のエンシェントの理論の一つです。

◎ David : OK。
だから、もし、遺伝子農家が、この種の戦略を積極的に追求しているのであれば、今日のような人生を創造することだけではないように思えます。

我々は、その真ん中に居る。
私達は、何らかの最終形態ではありません。

それは、本当ですか?

★ Corey : そうです。
ええ、私達は、かなり長い実験の結果です。

◎ David : おおぅ、私達が?

★ Corey : 私は、そう言います。

私達は明らかに、何らかの最高潮に到達しようとしています。
だから、偉大な実験の道の方がより良い道でしょう。

◎ David : 実験は、ソーラー・フラッシュの後直ぐに終了するだろうと思いますか?

★ Corey : そうとは、結論できません。
それは(世界は)変わるでしょう……新しい段階に入ります。

◎ David : OK。
これは実際には、私達の言葉で言えば、かなりの時間続きます。

★ Corey : 全てがソースに戻ったり、時間の終わりに何が起こっても、それは続くでしょう。

◎ David : これらの遺伝子農家グループは、ある時点で、私達が彼らに会って何が起こったのかを知るほどに、十分に成長するだろうと認識していますか?

★ Corey : 絶対に。
これらのプログラムの目的は、各惑星領域と、その上の高度な存在を自己管理できる様にすることです。

ある時点で、私達は自分達の遺伝学と進化したいペースを管理する為に、技術的に、霊的に進化していきます。
それが、目標です。

彼らは誰もが、その点まで行きたいと思っています。
そして、その時点で、貴方はこのグランド・コンフェデレーション(連盟)の一員になります。

◎ David : 貴方は銀河系の奴隷取引について以前に話しました。
そして、彼らがここでやったことは、他の多くの場所よりも、私達は遥かに貴重なものであり、私達は奴隷としても遺伝物質の源泉としても、非常に望ましい商品であると言いました。

この惑星は、何故、これらのプログラムを行うことができるのかという点でユニークであると思いますか?

★ Corey : ローカル・スタークラスターの、真ん中に位置している可能性が高いのです。
スーパーゲートがあるので、色々な存在達は私達の銀河や他の銀河のどこからでも、簡単にここにやって来るでしょう。

◎ David : これらの人が実行している遺伝子プログラムの要素に関する、具体的な情報はありますか?

◎ David : 先週は、50万年前に太陽系内に存在したというスーパー・アースが爆発し、太陽系の保護グリッドの一部が無効になったこと。
その直後に、ETのグループが束で入って来たこと。

惑星の衝突から生き延びた恐竜の末裔が、レプタリアンとしてこの惑星に存在すること。
多くの外からやって来たエイリアンが、地球上で遺伝子実験をしている。
我々人間は、奴隷として商品価値が高いというお話をしました。

さて、これらの人が実行している遺伝子プログラムの要素に関する、具体的な情報はありますか?

★ Corey : 遺伝的要素があります。

霊的な要素と、関連する要素、意識の要素があります。
そして、最後の要素は、私達が議論したものです。

それは、宇宙の要素です……これらは全て、宇宙の要素とタイミングを合わせる為に、互いに協力して働いています。

◎ David : OK。
これは面白い。

これについて前に話した時、基本的にはそれを遺伝的、及び精神的な要素として話しました。
それは、どちらか一方の伸縮法のようなものです。

貴方は意識の要素と宇宙の要素だけでなく、遺伝的で精神的な要素もあると言っています。

★ Corey : はい。

◎ David : これらの4つのカテゴリが表すものを、描くことができますか?

★ Corey : そうです。
私達は、これほど深く考察したことがありませんでした。

◎ David : OK。

★ Corey : 遺伝的プログラムは、かなり明白です。
彼らは他の星系、銀河から遺伝学を収穫しています。
一旦、彼らが別の種にとって良い触媒となると思う特定の点に達すると、それらをその惑星領域に持ち込み、その種を遺伝的に操作し始めます。
彼らは非常に厳密に宇宙の法律に固執する必要があります……自由意志の法則です。

◎ David : アーハア。

★ Corey : このプログラムの最大の要素の一つは、……理解するのに時間がかかりました。
大部分ではないにせよ、多くの人々が拉致されて実験されていました。

彼らは、ソウルグループの生まれ変わりです。
貴方は、実験をしている存在の仲間を呼び出すでしょう。

生命を基本に話すのであれば、……彼らは通常、人間の実験をあまり行っていませんが……人間が実験を倫理的に行いたいのであれば、多くの人々が体を離れ、地球上の化身にウォークインします。
彼らが肉体に入る前の合意で、遺伝子実験されることを許可します。

◎ David : 宇宙の法律では、これらの実験をプレイする為に、貴方にそれを要求するということですか?

★ Corey : 宇宙の法則は、慈善心に満ちた人達に、このタイプのことを要求します。

◎ David : ワオ!

★ Corey : 彼らは、これらの宇宙の法則を如何に絡ませることなく、うまく通り抜けるかを学びます。

◎ David : フム。
OK。

貴方は遺伝的要素を持っていて、彼らは別の惑星から遺伝学を収穫していることを示しました。

どういう意味ですか?
それは、かなり恐ろしいように聞こえます。

★ Corey : まあ、彼らはある期間までに開発した存在から、遺伝子サンプルを取得しています。

同じ開発が必要な実験が、ここにあります。
だから、彼らにターボブースト(実験の促進)を与える為に、彼らはその遺伝子を持って、それらのグループに運びます。

◎ David : それは彼らが、ミキサーに人を投込んで、組織を取っているようなものではないんですね。

★ Corey : No。

◎ David : これは、私が想定しているような非常に技術的なプロセスですか?

★ Corey : 現在、もし、貴方が遺伝子サンプルを提供するならば、貴方はカップに唾を吐くか、綿棒を入手するだけです。

◎ David : はい。

★ Corey : 彼らは、貴方をミキサーに入れる必要はありません。

◎ David : それが「収穫」の意味ですね。

★ Corey : はい。

◎ David : OK。
貴方はまた、これに意識の構成要素があると言いました。

意識の構成要素が何であり、それが霊的構成要素とどのように異なるのかを、説明できますか?

★ Corey : ええ、意識の要素は、霊的な要素に関連しています。
意識の構成要素は、この場合、私達であるターゲットグループに、発生しようとしている宇宙のスケジュールと(訳注:ソーラー・フラッシュの発生時期に合わせて)一致するスケジュールで、意識を育てることです。

だから、それは全て非常に慎重に管理されています。
そして、意識は計算した一定の割合で成長しますが、宗教だけではなく文化的なものを私達に与えて、それを増やしています。

動物を育てる方法と、その文明の全てを教えてくれます……

◎ David : ええ、これは興味深いことです。
何故なら、12,500年前のアトランティスの大惨事以降、私達は地球上の独立した文明を持ち、穀物、冶金、配管工事、下水道、建築技術、数学、時間測定、コード化された法律……貴方は、これらの遺伝子農家が、全ての種類のものに直接関与していると言っていますか?

★ Corey : はい。

◎ David : タイムライン上で、私達を守っているのですか?

★ Corey : タイムラインについては必ずしもそうではありませんが、私達を宇宙のイベントのスケジュール通りに保ちます。
そして、彼らは、遺伝子工学と精神工学のプロセスを通して、私達を更に発展させて、イベントが起こった時、私達が自然に発達した場合よりも宇宙イベントによって、遥かに発達することを望みます。

◎ David : そういう文明の再開の段階を経ている間に、彼らが自分達のクラフトとその化身の形で現れれば、「神」になることが許されているように見えます。

★ Corey : 再起動の途中ですが、ほとんどの場合はそうです。

肯定的な人達は、空や人間や他の存在の周りに現れないようにしています。
それが意識の中で成長する為に、使用している触媒の一つではないとします。

◎ David : 錬金術、冶金学、占星術、或いはこれに類することについて教えたいと思っていて、彼らが現れたくないのなら、彼らはどうしますか?

★ Corey : 指導者を通してです。
彼らは、テレパシーで人々とコミュニケーションをとります。

彼らは、人々にアイデアを与えます。
彼らは、私達の科学者達と長い間それを行い、無意識の内にアイデアや情報を彼らに与えました。

精神的要素は、意識の要素と結びついています。
それはまた、これらの遺伝子農夫(エイリアン)と関係があります。

私達がこの実験の一部になろうとしていますが、多くは仲間同士で結ばれています。

彼らが行って来た実験の為に、私達が一緒に来なければ、彼らは進化の過程でそれ以上進むことはできません。
だから、彼らの議題の多くは、私達が進歩することと関係しているので、彼らはそうすることができます。

◎ David : 彼らのグループの名前は、自分の話し言葉で使用する子音と母音の種類に、カプセル化することができる言語になっていますか?
(訳注:つまり、普通の母音と子音で呼ぶことができる名前か。)

★ Corey : 私達に、発音することができる名前です。

◎ David : 話す方法がまるで違い、話すことができないほどに馴染んでいない(言語)はありますか?

★ Corey : スワジランド(アフリカ)に行くか、地球上のどこかにおいて、彼らがコミュニケーションを取る方法の違いを聴くことができます。
だから、ええ、彼らが伝える言語は、様々な種類があります。

しかし、あります……彼らが使っている共通の標準言語があるようです。

◎ David : 私はグラハム・ハンコックと「コンタクト・イン・ザ・デザート」で夕食を共にした時に、これと同様のテーマで話しました。
そして、彼は"Supernatural"という本を書いたことを思い出しました。

これは様々な先住民族の文化が、洞窟の絵を作っているという考えを語りました。
そして、それは実際は、遥かに洗練された言語であるかも知れません。

いくつかの絵は、サイケデリックな意識に縛られています。
彼らが描いたものは、どこかに実際に存在します。

だから、私は、これらの遺伝子農夫が持っている言語の内、何らかの形で見ることによって精神的領域を活性化するパワーを持った象形文字を含んでいるならば、非常に好奇心があります。

★ Corey : はい。
ええ、非地上の人達が、そのような反応を呼び起こす絵文字言語がたくさんあります。

私達の場合でも、同様の反応を引き起こすかも知れません。
それは、貴方がそれらの近くにいるかどうかによって異なります。

そこには、多くの変数があります。

◎ David : 合計4つの話題について、話しました。
4つ目は、宇宙でした。

そして、私達が議論しているものは、どこの話題に当たりますか?

★ Corey : まあ、宇宙の構成要素、スターシステムとスタークラスターは、(銀河の各領域で、銀河が回転するシステム)イベント為の触媒である、高エネルギーガス領域に移動しつつあるということです。
そして、彼らはどれくらいのスピードで動いているかを計算します。

彼らが言うこのエネルギーは、少なくとも1930年代から私達を襲って来ていて、益々増えて来ています。
だから、彼ら遺伝子農夫のグループがやって来たことは、人間を遺伝子工学的に操作して、意識とスピリチュアリティに取り組んで、私達がこのエネルギー流入のクレッシェンド(増大期)に達すると、密度を変えてターボジャンプをしたり意識を変えたりするのではなく、干渉していない場合とはちょっと違うバージョンになります。

◎ David : 私にとって、この遺伝子農家のテーマは本当に面白いものです。
先週金曜日の夜に、アルコールとドラッグを楽しみ、土曜日にはAA会議に行きました。

そして、同じ週末の日曜日に、地球について信じていることを長いエッセイとして書いています。
それは「実験としての地球」というタイトルです。

私は壮大なスピリチュアルな実験の一環として、地球上に私達の生活の全てを設定していたET達がいるという考えを、説明しました。
貴方は、これらの遺伝子農家グループが、人々として姿を現わすと思いますか?

★ Corey : そう、間違いなく。
彼らは人として、人間として生まれ変わります。

彼らは人間として生まれ変わり、その生涯の終わりに、彼らの仲間が来て、魂を回収し、彼らの集団に戻します。
彼らは、通常、それらの為のバックアップ本体を持っています。

実際、このプログラムでは、当初、混乱がありました。
何故なら、これらの存在のいくつかは、私達の身近で人々を拉致し、彼らの死体を返す訳ではないからです。

最終的に何が起こったのかというと、何人かを捕獲して尋問した時、何千年も前に亡くなった人々を、ここで捜していたことが分かりました。

◎ David : フム。

★ Corey : そして、人々はここで、地球上の生まれ変わりサイクルに巻き込まれました。
そして、彼らがしなければならないことは、人々の位置を特定し、それを取り除き、魂を取り除き、魂を別の容器に入れ、体を返すことです。

彼らはそれを救助の使命と見做し、プログラム内の多くの人々は、もっと悪いことが起こっていると考えました。

◎ David : そうです、慈悲深いグループの一人ではないでしょう。
グループとしては精神的なものではなく、ちょっと変わっているかも知れません。

★ Corey : そうですが、このグループの視点から見ると、彼らは基本的に「スタートレック・ボイジャー」のようなもので、1000年ほど失われたチームメートの一部を救出するようなものです。
だから、彼らはそれについて、全く異なった視点を持っています。

◎ David : 「The Law of One」で呼ばれる「彷徨(さまよ)う人達」のように、どれくらいの記憶を留めていますか?
……これらの彷徨(さまよ)う人々は、どれくらいの(過去の)記憶を持っていますか?

★ Corey : 彼らがここで生まれ変わることによって、回避しなければならない法律に違反するのを防ぐ為に、基本的には白紙状態です。
これらの法律を迂回する為に、地球では白紙状態として生まれ変わるのです。

◎ David : これらの人々が生まれ変わりのサイクルを逃れることを可能にするものは、何ですか?
貴方は、そのサイクルに一旦入ると、彼らは生まれ変わらなければならないと言った。

★ Corey : 生まれ変わりのサイクルは、それを行うのに必要な時間だけ、以前から進化を続けています。
(つまり、前世から進化を続けている。)

もちろん、彼らは私達より先進的です。
しかし、起こり得ることは、彼らが救助されることもあります。

彼らが救助されない場合、彼らはサイクルを完了するまで、ここで立ち往生しています。

◎ David : 貴方が描いていることから、ここに来て魂の罠に入っているかのように解釈する人もいると思えます。

★ Corey : さて、彼らの魂は捕まえられませんが、起こっているのは、各惑星がそれ自身の生まれ変わりサイクルを持っているということです。
そして、彼らがそれに巻き込まれ、彼らを救う人がいなければ、彼らは急速な進化を経て出て行くことができるまで、そこに留まらなければなりません。

◎ David : "The Law of One"では、意識的に他人に向かって行動しない「彷徨(さまよ)う人達」は、この生まれ変わりサイクルに巻き込まれると言います。
実際、そこに述べられています。

貴方が個人的に聞いたことが、そのアイデアを検証しているかどうかは疑問がありそうですね。

★ Corey : つまり、そのアイデアの検証は、基本的に、彼らのクラフトが過去に墜落した時に、私達の生まれ変わりサイクルに立往生したという報告です。
だから、それは相関するでしょう。

◎ David : はい。

では、私に聞かせて下さい。
これらの様々なETグループは、様々なスーパーフェデレーション会議で40〜60名が参加していますが、基本的に互いに協力し合って、同じ目標を達成していますか?

★ Corey : 彼らは同じ全体目標の為に働いており、彼らはお互いに緩やかに協力しており、条約と協定を締結していますが、彼らは互いに(実験では)協力し合ってはいません。

これらのプログラムの多くは、競合するプログラムでもあります。
だからこそ、彼らは、彼らの実験をお互いに分離しています。

そして、彼らは"他の人種と混血しないで下さい"のような、宗教的なことを植えつけました。
彼らは別の実験で、実験を汚染したくなかったのです。

◎ David : 何らかの理由で、彼らが実際に自分のグループの外に、誰かを誘拐したことはありますか?

★ Corey : うん。

多くの場合、これらのグループは、お互いの実験を監視しています。
そして、しばしば、彼らはお互いの実験を妨害しようとします。

◎ David : フ~ン。

★ Corey : 実験や、あるグループの実験中である人を拉致し、遺伝情報を取得し、競争相手が進行中の実験のスピリチュアルと意識レベルの評価などを行います。

◎ David : だから、宗教は、これらのグループを分割する方法の一つだと言ったのですね。
基本的に、特定の種族と独自の特別な話し言葉を持つ地理的地域は、実際には別々のプログラムであるのですか?

★ Corey : まあ、そうです。

そして、地球上のこれらの異なる種族が、海洋によって分離された異なる地域で発見されるという事実は、通常、これらの実験が混ざり合って、お互いを汚染するのを防ぐ為に行われます。
そして、それはソーシャル・プログラミング、宗教的なプログラミングがたくさん入っているところです。

「貴方の種族以外とは、結婚しないで下さい。」

彼らは、私達がそのレベルで自己管理し、交配したり、お互いに混じり合ったりすることを望みません。
それは、彼らの実験を汚染するから。

◎ David : このようにお互いに競争する目標は、何でしょうか?
それは、名声についてですか?
あるグループがより早く進んだり、精神的にも技術的にも早く発展すれば、勝利なのですか?

★ Corey : 私は、それが競争だとは思わない。

確認したいのは、彼らの議題は最初に完了していることです。
そして、全ての条約の前に、22の異なるグループのがお互いに戦っていました。

彼らが最初に、他の遺伝子農家グループによって管理されていない地域に来る時、彼らは主張をする全般的な決まりを持っており、主張が争点になります。
だから、彼らはこの全過程を経験します。

通常は、その宇宙での実験がプログラムのある部分に達すれば、何らかの条約によって終わります。

◎ David : 22のグループがあり、最大60人の種族出席者がいると言っている場合は、……

★ Corey : 22種類のプログラム。

◎ David : OK。

★ Corey : 60人の出席者。
そして、これらの出席者の内のいくつかは、一つの遺伝子プログラムを共同して働く5つのグループのようになります。

◎ David : OK。
私も、そう思っていました。

★ Corey : そして、それらの内のいくつかは、複数のプログラムに取り組んでいます。
彼らは、彼らと競争していない他のプログラムに取り組んでいます。

◎ David : だから、実際に地理的に隔離された地域で、彼らと一緒に働く5つの異なるETグループが居るかも知れない地球上の特定の文化がある。
という感じ?

★ Corey : そうです。
その中には、遺伝的要素だけを取っているものもあります。

他の人達は、特定の人々に現れて宗教的なイデオロギーを与えるかも知れません。
彼らの中には、文明の為の技術を増やしているように見える人もいるかも知れません。

彼らは、互いに協力し合って働いています。

◎ David : 私は地球上のこれらのグループの人口密度について、興味があります。
何故なら、一人の主要な神を持つ一神教だけが存在するという事実を考えれば、これらのプログラムには、いくつかのカテゴリしか存在しないと誤って判断するかも知れないからです。

しかし、私が聞いていることは、中世のヨーロッパのように、山脈や水などで分かれている国があることです。
貴方は、それが人種であるということだけでなく、それ自体が特定の宗教であるということだけではなく、それ自身が遺伝子プログラムの可能性である国と考えるかも知れません。

★ Corey : そう、地域。

◎ David : はい。
実際に、地理的に多様な地域がありますから、それぞれ独自の実験が実行されている可能性があります。

★ Corey : そうです。
そして、時にはお互いに一致するならば、複数の実験が行われます。

◎ David : フム。

従って、「One of Law」では、この種の伝統を持つ人々は「放浪者」と呼ばれています。
彼らはしばしば、「スターシード」とも呼ばれています。

恐らく、1996年以来、私達のショーを見る人の大部分は、ET魂であろうと思っています。
貴方は、彼らが誰であるか、ここで何をやっているのか、そして、その目的が理解できるように助けとなるメッセージを、その人達に送ることができますか?

★ Corey : まあ、彼らのほとんどが信じるのが一番難しいのは、ここに来て全てを経験することに同意したということです。
あるレベルでは、全て経験することに同意したことを覚えているということは、自分自身をグラウンディングさせる最善の方法だと思います。

◎ David : ここに居ることの目的が何であるかを理解する上で、それらの人々の霊的指針は、何でしょうか?

★ Corey : まあ、それらの人々のほとんどは、既にそれらのものに引き寄せられています。
適切に食べて行け、彼らが見、持ち込む情報の種類により振動を上げること、そして、そのことを瞑想すること、また、羽の鳥である人々(ブルーエイビアンズ)と会っている、と貴方は言うだろうと思います。

◎ David : 非常に多くの「選ばれし人々」が、「犠牲者の意識」と呼ぶものに本当に閉じ込められているように思えます。

この考え方は、彼らが巨大で、完全に制御できないものに圧迫されているという考えです。
そして、多くの人々が個人的な責任において「サインオフ」し、被害者の役割という、非常に楽な立場に移っていくように見えます。

真実に目覚めた人は、彼らがボランティアをして学び、ボランティアでここにいる。
ということを知っているので、被害者の様に思う傾向がある人々に照らし合わせて、貴方は何を言うでしょうか?

★ Corey : さて、私達は、結局、犠牲者ではないかも知れないということを学んでいます。
この犠牲者の精神は、恐らくもう一つの恐怖です。

多分、私達が何であり、真の可能性があると分かったら、私達は権限を与えられ、もはや犠牲者ではないと感じるでしょう。

◎ David : フム。
私は(その考えが)好きです。

オーライ。
Grand Experiment に関するこのエピソードは時間になりました。

お楽しみいただけましたでしょうか。
私は、ワンダラー(放浪者)であり、1996年からそれを目覚めさせて来た魅力的な歴史があります。

デビット・ウィルコックが、コーリー・グッドとお送りしました。
「コズミック・ディスクロージャ」をご覧いただき、ありがとうございました。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional