gin7406



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ バシャールからのメッセージ ★ハイヤーマインドと統合/バシャールの秘密/白紙のキャンバス/白紙から/貴方という存在/狙い★ ..。o○☆*゚¨゚゚

0ctover 28,2017

新しい地球のスターシード達へ

【 ハイヤーマインドと統合 】

過去の出来事にずっと囚われたり、まだ来ぬ未来を心配したりして”今ここ”に生きていない人は、宇宙を象る壮大なパワーをスルーしていることを意味しています。

宇宙を創造するエネルギーが途切れてしまうことは絶対に有り得ませんし、サポートがない瞬間も、今まで一度もないのです。
貴方は常に宇宙からサポートをもらい、常に貴方の”望み”に対応してくれているのです。

ここで理解して欲しいことは、宇宙は”無条件の愛”で貴方を愛してくれていますので、どんな望みに対しても応じる準備が整っているという部分です。
ですから、貴方の望みと、貴方が本当に信じること、この二つの部分がマッチしていることが肝心となります。
何故ならば、時ととして貴方が望むことと、貴方が真に信じることにギャップが見られるからです。

宇宙は”必ず”貴方の心の声に反応するようデザインされていますので、たとえ、貴方が声高に”ハワイに住むんだ!”と夢を掲げていたとしても、貴方本人が実現を全く信じていないのであれば、その現実が引き寄せられて来ることはありません。
あくまでも、貴方が真に望むこと、真に信じることにのみ、宇宙は反応することができるのです。

現社会において、独りぼっちで寂しい、何も助けがなくて八方塞がりと感じている人達は、とても多いかも知れません。
しかし、それは非物質界のもう一人の貴方であるハイヤーマインドのエネルギーを、ごっそり締め出してしまっているからです。
つまり、自分自身(ハイヤーマインド)と物質界にフォーカスする貴方との関係に分離があると、360度どこを見ても、貴方は独りぼっちだと感じてしまうことにあるのです。

でも、独りぼっちという感覚は、ハイヤーマインドとの分離を意味するシグナルであって、貴方が本当に独りだということではありません。
ですから、自分のハイヤーマインドを、もっと受け止めてゆきましょう。

ハイヤーマインドと統合し、本来の貴方を取り戻してゆきましょう。

【 バシャールの秘密 】

バシャールの操縦する船は、今までに何度も私達に目撃されていると話していますが、実際にバシャールが地球に降り立ったことは、今まで一度もありません。
しかし、物質的に地球に降り立たなくとも、様々な方法で私達の生活を垣間見ることができるのだと、バシャールは話しています。

例えば、ある地域のエネルギーをバシャールの操縦する宇宙船に吸収させ、そこに住む人達の意識レベルを把握することができたり、動物達の”目”を利用して周囲を観察することもできます。
『私達が知らないバシャールの秘密を教えて欲しい』という質問に対して、バシャールはこんな興味深い回答を投げています。

時に私(バシャール)は、貴方達の家で飼っている猫になりすまして、貴方達を観察しています。
猫が優雅に目の前を横切っていても、誰も宇宙人が入ってるなんて思うことはないですから、と冗談を交えて話していました。

猫は、次元を超えたセンサーを持ちます。
また、高次的存在と同調する能力があるので、簡単に彼らの目を拝借することができるのだと話します。

ですから、部屋の角で日向ぼっこしている猫は、もしかしたら、高次的存在が貴方達の生活を観察しているかも知れませんね。

【 白紙のキャンバス 】

一般的に私達は、もう既に終わってしまった過去を変えることはできないと考えます。
だから、後悔する気持ちや負い目を感じたり、自分をジャッジしたり罪悪感を感じたりするのです。

でも、私達は毎朝『白紙』に戻っていることを知って下さいと、バシャールは話しています。
白紙に戻るという意味は、貴方は新しく毎朝生まれ変わり、過去も未来も貴方のテーマに沿った範囲で変更可能となります。

しかし、未来に関してだったら理解できますが、過去も未来も実際に”今ここ”の貴方が創り出していなんて、ちょっと考えにくいかも知れません。
しかし、こう捉えると理解できます。

例えば、幼少期のトラウマを思い出すのは、”今ここの貴方”が思い出しますし、昨日起こった腹立たしい出来事をお喋りするのも、”今ここの貴方”です。
つまり、”今ここの貴方”が、過去の意識にアクセスしてデーターを引っ張り出し、記憶データという名前の粘土を捏(こ)ねて、また新たな体験を創り出しているのです。

ということは、”今ここ”の貴方の在り方が、超ウルトラ重要であることが理解できます。
何故ならば、貴方の望む世界は、”今ここの貴方”の意識の在り方が『鍵』を握っていることにあるからです。

毎朝、新しい自分になっている貴方は、毎朝、新しい焦点を新たに構築しています。
しかし、『白紙状態』であっても、また同じ現実が繰り広げられてゆくということは、『白紙』に同じ絵を繰り返し書いていることにあるのだと、バシャールは話しています。

白紙になって、同じペイントで同じ絵を描き、次の日もまた翌日も、同じペイントで同じ絵を描き続けます。
これが、古い三次元密度の世界観です。

私達は同じ絵を、本当に長い間描き続けているのです。
そして、新しい四次元密度の世界観では、新しい絵の具と新たな色味も加わり、白紙の画用紙も大きめです。

貴方のイマジネーションにも幅があって、子供のように自由な発想でワクワクな絵を描くことができます。

【 白紙から 】

私達が認識している時間の概念は、実際はホンモノではなくイリュージョンです。

『時間』を直線的に捉えることで、物事が実る過程を体験しています。
ですから、『時間』は私達が作り出したツールの一つであって、私達の成長と進化の為に大変役だっているのです。

どんな人であろうと、私達は皆、肉体の死を体験することになります。
例外はありません。

私達は人生を通して”ありのままの自分”を拾い集め、ハイヤーマインドの視点に”目覚める”道を歩んでいます。
たくさんの気づきと体験、そして、それによる物事が実る過程を体験し、貴方はまさに”新しい自分になる過程”を体験しにやって来ています。
そして、肉体の死によって貴方の視点がハイヤーマインドに統合され、生前に掴もうとしていた知識や気づきを、一瞬のうちに手に入ることになります。

でも、何故、時間をかけて学んだ気づきや体験を全部『白紙』に戻し、新たな視点で物質界に輪廻転成するのでしょうか?

何だか、勿体(もったい)ないと感じてしまうかも知れません。
しかし、バシャールはこう話しています。

貴方達の記憶が『白紙』に戻されるその理由の一つは、貴方の体験から得れる気づきの”純度”と関係しているのです。
つまり、他の視点と重なって混乱してしまわないようにすること、それから”本当の自分”をピュアに掴むこと、そこに大きな意味があるからです。

だから、私達はいつも『白紙』に戻って新たな視点で、新たなスタートを体験することができるという訳なのです。

【 貴方という存在 】

未来も過去も、同じように変更可能です。
貴方達はちょうど真ん中の、ニュートラルの0地点に存在しています。

この0地点こそが、全てが創られる”場”であり”今ここ”を意味しているのです。
そして、”今ここ”に生きることとは、0地点に生きることを意味しており、そして、この”場”こそが、宇宙を象(かたど)る巨大なエネルギーが、物質界に流れ込む源泉を意味しているのです。

”特に”今の波動域において、貴方達は決して八方塞がりになることはないのだと、バシャールは話しています。

私達の意識は、既に古い概念の箱の外へ飛び出しています。
なのに、わざわざ、古い箱の一番奥深くに収まる想いや体験を引っ張り出して突っつき回し、中々古い箱を手放すことができないでいます。

しかし、宇宙を創造する意識、”ワンネス”に対する認識を高めてゆくと、自然に古い箱を手放すことができるようになります。
もっと厳密に言うと、全く機能しない古い概念を持っていることに『意味がない』と理解できるようになるからです。
そして、自分には選択権が常にあって自由である、ということを理解できるようになりることにあります。

貴方を構成する、『コアなる自分』が変わることはありません。
つまり、貴方の『意識構造』が変わることはないのです。

変わる部分、それは表現方法やアプローチ方法、カタチや関係が変わるだけで、貴方を構成する”そのもの”は、常に貴方でいつも貴方となります。
ですから、非物質界の貴方も、異次元に住む貴方も、物質界で生活する貴方も、全部貴方の視点で貴方中心に引き寄せらているのです。

貴方は常に、貴方なのです。

【 狙い 】

現在の世の中では、地球外生命体の存在を信じる人が大多数です。
何度か宇宙船を目撃した人も、夢の世界で高次的存在と会って話したことがある人もいます。
また、チャネリングでメッセージを受け取るスターシードも非常に多く、今までに例のないスピリチュアル・ブームが巻き起されています。

私達の意識が非常に高くなっていることで、私達の住む物質界以外の”存在”に非常に関心があるのです。
目撃される宇宙船の中には、いくつかの地球産の宇宙船も含まれていると、バシャールは話しています。

しかし、地球産の宇宙船は、ある異なる目的を持っており、特に私達の恐怖心を煽(あお)るツールとして多く活用されています。
また、地球産の宇宙船は”外へ飛び出せるほど”ではなく、私達が想像する以上に”カタチだけ”であると話しています。

ですから、情報ばかりが先走って私達の恐怖心を仰いでいますが、実際には、”カタチだけ”で何もすることはできません。
そして、私達の豊かな想像力を利用してネガティブな想像を増幅させ、恐ろしい仮説をいくつも誕生させています。
が、それが、主な地球産宇宙船の狙いとなります。

一方、高次的存在の宇宙船は全く違うエネルギーを持っていますので、ニュートラルな意識でいれば直ぐにエネルギーを感知できるはずであると、バシャールは話しています。
そして、宇宙船内からも、目撃者の”意識”を感知することができるのです。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional