gin7379



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ マシュー君のメッセージ ★北朝鮮、9.11によって阻止されたディスクロージャーとネサラ法発表、メッセージの日時、ミステリーサークル……★ *:..。o○☆*゚¨゚゚

September 25, 2017

マシューです。
この宇宙領域に居る全ての魂達から、心からのご挨拶をします。

北朝鮮を巡っての不安が高まるに連れ、「ETの存在で核戦争が回避されるのなら、宇宙船が着陸できるのでしょうか?」と言った質問や、「ディスクロージャー(情報公開)と、宇宙船着陸が直ぐ起こったら、本当に役に立つでしょう」と言ったコメントが寄せられています。

親愛なる魂達、エスカレートしている言葉遣いが、核戦争に発展することは絶対ありません。
それに核弾頭ミサイルが、たとえ発射されても、宇宙船の搭乗員達が爆発を阻止するでしょう。

ディスクロージャーと着陸については、前に貴方達に言ったことが、今でも当て嵌(はま)ります。
着陸チームと地球の人々の安全がいつ確保されるかは、神のみが知ることができるので、神がそのタイミングを決めるのです。

地球外生命体(ET)の存在の公式発表についての最終的詳細は、そのタイミングに合わせて調整されるでしょう。
でも、基本プランには何の変更がないと、僕達は聞いています。

全ての国のネットワークに向けたテレビ放送を通じて、国際的に尊敬されている人達が、友好的な宇宙文明人達の宇宙船が貴方達の上空に居て、その一部が今直ぐ着陸すると発表するでしょう。
次に、下船する乗組員達を歓迎する、よく知られた要人達が放映されるでしょう。
そして、その時点でないにしても、その後間もなく、世界中で色々なミッションに携わっている僕達の宇宙ファミリーのメンバー達が、会議型式のテレビ放送で紹介されるでしょう。

一般の人々が訪問者達と馴染んで来るに連れ……そして、この宇宙全体にいる光の存在達が、地球の人々が、これらの宇宙ファミリーと交歓するのを見て大喜びするでしょう……彼らの中の科学者達と、貴方達の専門家チームがアイデアとテクノロジーを出し合い、地球の回復が本格的に始まるでしょう。

ディスクロージャーが、12月21日にあるというのは本当ですかと尋ねて来た読者の皆さんへ、不可能なものはないと考えていいと僕達は言いますが、どうか、当てにしないで下さい。
イルミナティは、友好的なET達が何光年も離れたところに存在するかも知れないと、人々が想像することさえして欲しくないのです。

2001年9月12日に予定されていたディスクロージャーと、ネサラ法の発表を妨害する為に、9.11のアメリカ合衆国国民への裏切り行為が、その政府によって遂行されました。
それ以来、イルミナティはその恐ろしい攻撃についての真相と、当時、知られていたであろう情報を巧みに隠し続けているのです。

間違いなく、他の宇宙文明人達の存在が公式に明らかにされるでしょう。
でも、一部のインターネット上で出回っている日に起こるとは期待しないで下さい……闇のソース(情報源)が、起きもしない出来事の日時をでっちあげています。

その日が来て何も起きないと、多分、起こる人々の反応は失望、落胆、怒りなどの感情です。
それが、闇の人間達が糧にする、低い波動エネルギーを生みます。

そのように何も起きないことで、チャネリングされたメッセージはどれも信じられないと人々が確信すれば、それは闇の策略の効果を倍にすることになるでしょう。

ここでミステリーサークルについての質問に、答えたいと思います。
というのは、それがディスクロージャーと宇宙船着陸に関わっているからです。

では、それについて話しましょう。

先ずですが、それらは地球の周りに居る宇宙船の一部に乗船している、言わば、専門的なアーティスト達によって作られています。
彼らの心に集中したイメージが、電磁気的な“型版”を創造し、それが選ばれた畑にエネルギー的に伝達され、そこでそれがアーティストの極めて詳細なイメージに正確に沿って、穀物の茎を曲げるのです。

サークルの中にはメッセージを伝えるものがありますが、それを作っている人達は、それが正確に理解されることは稀(まれ)なのを知っているので、それらのデザインは主に美しさと畏怖を目的にしています。

サークルのそのような面を味わう為に、解釈は必要ないでしょう。
そして、それよりも遥かに重要なことは、その目的です。

それらは、宇宙文明人達が近くに居るという、明白な証拠です。

彼らが地球まで旅行できるのですから、地球に侵入する能力があることは確かです。
でも、そうしていません。

40数年間、主に英国で、でも他の多くの国でも同様に、一晩の内に現れるこれらの驚くような模様は、今ではその数が千以上になり、貴方達の科学者や指導者達の首を傾げさせて来ました。
それだけでも、主要メディアが決して口に出さない理由になるでしょうが、検閲の本当の理由は、それらの精巧さと急な出現が人間の手では不可能だからです……一体、誰がこれをやっているのでしょう?

イルミナティは、知っています。
だからこそ、彼らは映画やゲーム産業への影響力を使って、地球を征服し、その住民達を殺すか奴隷にしようとするグロテスクな野獣として、地球外生命体(ET)が描かれているのです。

貴方達の上空に居るこれらの訪問者達が、たくさんの方法で地球を救っていること、そして、彼らが着陸する時は、彼らの計り知れない支援が地球環境の修復まで及ぶことを人々が知ったら、人々は微塵(みじん)の恐れもなく、他の世界からやって来たこの魅力的で親しみある愛すべき人々を、両手を広げて歓迎するでしょう。

しかし、闇の人間達は、恐れのエネルギーが生存の為の頼りです。
ですから、“エイリアン”を歪曲(わいきょく)するだけでなく、テクノロジーを満載した宇宙船の着陸を阻止しなければならないのです。

彼らは、貴方達の世界を何かと混乱状態にしておくことで、それをやっています。
戦争やテロ事件、そして、悪性伝染病を引き起こすことで広範囲な混乱と恐怖を生んでいますが、経済危機や異常気象も、同じように彼らの役に立っています。

最近の例は、アメリカ合衆国に居る彼らの子分達が仕組み、強大化させた異常な一連の壊滅的ハリケーンがあります。
ロシアが、地球工学的に仕組んだことだと非難されるとしたら、それは、彼らへの協力を拒否しているプーチン大統領に対する別の報復攻撃でしょう。

宇宙船の乗組員達は、破壊的な風水害の影響をできる限り抑えていますが、このような出来事は直接影響を受けた何百万の人々には個人的な悲劇であり、瓦礫(がれき)処理と再建作業は、被害地にとって深刻な財政的、物流的状況になっています。
けれども、強大な嵐のポジティブな影響は……同じことが山火事と地震にも言えますが……それが母なる自然のすることであろうと人間の仕業であろうと、ネガティブな影響を上回っているのです。

それらがネガティビティ(破壊的エネルギー)を解放するので、それが蓄積して、闇の人間達の精神の食糧貯蔵庫にはなれないのです。
それらは何百万の魂達が、選択したカルマ学習を経験する機会なのです。

被災地への世界中で溢れる祈り、遠方からのボランティア達や物資救援、高まる草の根の支援が……愛と光の働きです……惑星地球と社会の波動エネルギーを更に高めています。
そして、破壊的な出来事がある度に、闇の人間達が存続させようとしている分断化よりも、心を合わせることが、遥かに全ての人々の為になるという気づきが高まっています。

「この地球に動き回っているレプタリアン達のことを、どうしてマシューは言わないのでしょう? 政府内にもメディアにも居る、変身能力のある存在達です。進行中の善と悪との戦いについて、悪魔崇拝、悪霊という意味ですが、どうして話さないのでしょう?」

先ず言いますが、地球に居るレプタリアン達が全て闇ではありませんし、闇に傾倒している人間達が、全てレプタリアンでもありません。
確かに一部の人々はそうです……血統を純潔に保っている王族、富と権力の為に結婚する“支配一族”のメンバー達、政府に強大な影響力を持つ人間達です……でも、レプタリアンよりもより多くの人間達が、闇に染まっているのです。

そして、その全てが地球外に居る闇の勢力の、操り人形なのです。
また、光に満ちた人間の文明社会人達が居るように、光に満ちたレプタリアンの文明社会人達がいます。

後者は、彼らの人種を闇と同じ意味で捉えている誤った考えを、何とかなくしたいと思っています。
そして、彼らは他の人種達と協力して、宇宙で大混乱を引き起こしている彼らの闇の同類達の活動を、阻止しようと働いています。

あらゆる生物種のDNAはそれぞれに特有のものですが、生理学的な違いが正しい道、或いは邪悪な道に導く訳ではありません。
どの種であれ、それは一人一人が決める自由意志の選択の問題です……ある魂は一部の面で著しく進化していても、生命力である僅(わず)かな閃光以外は何も光がないかも知れません。

けれども、地球上と地球外に居るレプタリアンは、そのDNAのおかげで地球人よりも知性と物質化能力が優れています……彼らが変身できるのはその為です……人間とレプタリアンの親を持つ子供は、両方のDNAを受け継いでいます。
繰り返しますが、このDNA構成の違いが、人を光や闇に向かわせる意識的な選択に影響をすることはありません。

親愛なる兄弟姉妹達、貴方達は、ただそのままであることで光を発しているのです。
それが闇に陥っている全ての人々に届いていると思って下さい……その人達が何よりも光を必要としているからです。

宇宙で最強のこのフォース(力)がないことが、人々に恐れを引き起こすことで、その空隙を満たそうとする気持ちを彼らに起こさせています……彼らが生き延び、彼ら自身の恐れを抑え込む為には、その低い波動エネルギーが必要だからです。

彼らは、自分達を世界の正当な統治者だと見ています。
そして、光の高い波動エネルギーがそこに及べば、その支配が失われることを恐れています。

それこそまさに光が、今、していることです。
でも、彼らが自分達の破滅だと思っていることは、彼らの救済になるのです。

貴方達が送っている、愛と同じエネルギーである光の津波によって、長い間、閉じ込められている人々が、その闇を克服することができるでしょう。
では、ここからは僕一人が話します。

20数年前に、二人のレプタリアン司令官がニルヴァーナに来て、他の銀河系から私達の銀河系に入って来た侵略者達の拡大を、彼らの軍隊がどのように阻止するかについて宇宙評議会に説明しました。
彼らの知性と、その率直な能力の説明は本当に印象的でしたが、特に注目すべきは、彼らの目的でした。

レプタリアンは、戦士と兵力に勝る文明社会に対してしか敬意を払わないことで、宇宙で知られています。
しかし、彼らは地球の霊界と、この銀河系の愛と、光が支配する全ての世界を守る意思があることを、宇宙評議会に知ってもらいたかったのです。

貴方達には興味があることと思いますが、司令官達の身体は、普通の成人の人間よりも背が低く、ほっそりして、毛はなく、皮膚は灰色で目は黒く、鋭い目つきでした。
それではあまり魅力的には聞こえないかも知れませんが、シンプルできちっとした制服に身を包み、落ち着いて、静かに自信溢れたその様子は、極めて威厳がありました。

種全体としては、レプタリアンは望む姿にいくらでも瞬く間に変身できるので、その文明社会によって、大きく姿が変わっています。
会議の後、司令官の一人が、本の為にプレゼンテーションを僕の母へ送ることを宇宙評議会から許可されました。

彼の啓発的な情報は、数年前のメッセージに入っています。

(ホリスのプレゼンテーションと、彼の人々と故郷の説明は『宇宙の声』の章と2009年6月24日のメッセージにあります。)
ありがとうございます、お母さん。

さて、“善と悪との戦い“をより高い認識から見ると、光対光の欠如です。
デビル(悪霊)やサタン(悪魔)は、ネガティブなアタッチメント(付加)を持つあらゆる考え、感情、行為から発せられるエネルギーから作られた巨大な宇宙のフォースフィールド(力の場)である、闇の勢力を擬人化した名前です。

自分勝手な僅(わず)かな数の人間達によって、人々を支配する目的で作られた宗教的信仰には、人々が死後どこに行くかを決める崇高な存在があります。
もし、“善人”と判断されると、安らかな場所に行き、そこに永遠に留まるという見返りが与えられ、“悪人”と判断されると悪霊や悪魔が支配する永遠の地獄に行かされます。

そのような信仰が、神やアラーといったこの宇宙の最高の存在の名前の下(もと)に、何世紀に亘(わた)って大量の流血を引き起こして来ましたが、それは“善”と“悪”は、それぞれにポジティブとネガティブなアタッチメント(付加)持つ、エネルギーのストリーマー(流れ)であるという宇宙のリアリティー(現実)には、全く無知です。

地球に送られ、またライトワーカー達が輝かしている光のおかげで、偽善の内に作られ続いて来た信仰のパワーが、今、消滅しつつあります。
親愛なるファミリー、そのことと意識レベルとスピリチャルな気づきの向上が全てもっと早く進んで欲しいと貴方達が願っているのを、僕達は知っています。

貴方達の文明社会が今のようになるまでに、貴方達の時間概念で5万年も掛かっていることを、貴方達は覚えていないことも知っています。
でも、僅(わず)か80数年前に始まった世界の変容から、貴方達の光の助けで達成した驚くような進展を、どうか見て下さい。

地球の人々の目覚めを助けるという貴方達のミッションに、貴方達が一人だけということは決してありません。
僕達や他の全ての光の存在達が、無条件の愛という比類ないパワーで、貴方達を支援しています。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional