gin7352



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ バシャールからのメッセージ ★流れの中に/ホンモノとは/調整期間/輪廻転成システム/自分の道を/4次元密度を生きる★ ..。o○☆*゚¨゚゚

August 27, 2017

新しい地球のスターシード達へ

【 流れの中に 】

最近、断捨離という言葉をよく聞きます。
心が共鳴しないアイテムは、どんどん手放し、好きな物だけ残すライフスタイルを表しています。

それはちょうど、精神世界の“要らない波動を手放す”ことと良く似ています。

貴方ではない波動を手放すことは、そんなに難しいことではありません。
何故ならば、貴方に決して”馴染むことのない”波動だからです。

もちろん、長年持ち続けて”愛着”ある波動を、中々手放すことが難しいかも知れません。
しかし、前へ一歩進んでゆくには、いつか手放す必要があることを、貴方はちゃんと気がついています。

アセンションは、まさに本来あるべく姿を思い出すこと、そして、物質界はイリュージョンの世界であるということに目覚める、”進化のプロセス”を表しています。

今までの私達は、要らない波動を死ぬ瞬間まで握りしめていました。
ちょっと前へ出れば、手放しができるのに、中々それをする勇気がありません。

しかし、私達は、肉体の死を体験しなくても、本来あるべく姿を思い出すことができる波動域に存在しています。
つまり、何もしなくても、貴方の望む目的地へ運んでくれる”流れ”の中に居るのです。

【 ホンモノとは 】

”ダイヤモンドは永遠の輝き”というフレーズは、とても有名です。
ホンモノだからこそ、永遠に輝きが失われることはないという意味を含みます。

実はホンモノ=永遠というこのシンプルな定義は、精神世界でも理にかなった考え方なのです。
ホンモノは決して色褪(いろあ)せることはなく、ずっと永遠にホンモノでい続けます。

それが、ホンモノの定義なのです。
ですから、ホンモノは劣化したり、退化したり、または消滅することはないことを知って下さいと、バシャールは話しています。

一方、私達が住む物質界がイリュージョンの世界だという”証拠”を挙げるとしたら、それは破壊と再生を繰り返す世界観で見て取ることができます。

イリュージョンの世界に生きていても、貴方の得る体験はホンモノです。
ホンモノの体験ができるのは、この世界をホンモノだと思い込んでいることにあるのです。

誰かに追いかけられる夢を見ている時、これをイリュージョンだと思うと、途端に怖くなくなります。
怖くなくなった途端、貴方の“想い”に反応して、夢の内容は一変されてゆきます。

それと同じように、この世界をイリュージョンだと思うだけで、物質界の人生がどんどん扱い易くなってゆくという訳なのです。

【 調整期間 】

たとえ、どんな変化であれ、たとえ、どんな小さな変化であれ、貴方が変化することは、総合変化を意味していることを知って下さいと、バシャールは話しています。

貴方が、例えば以前していたことを、”今ここ”の貴方はもうしていないとします。
すると、”今ここ”の貴方は、以前していたことを、今まで一度もしたことがないバージョンの自分になることを意味しているのです。

例えば、10年以上タバコを吸い続けていた貴方は、今の時点で喫煙を止(や)めているとします。
喫煙を止(や)めた貴方は、今まで一度も喫煙したことのないバージョンの自分が住む並行世界へ、”シフト”しています。

しかし、以前の自分が持っていた関連性を、引き続きシフト後でも持ち続けることができるのです。

例えば、喫煙友達との友好関係にも、当然ながら変化が起こる訳ですが、”友人関係”という関係性自体は、貴方が望めがそのまま継続することができます。
つまり、これらの新しい関係性は、貴方が新しく作り上げていくことにあるのです。

貴方は常に変化して、毎旬、異なる人間にシフトしています。
貴方の変化が大きいと、”あれ、思い違いだったかな?”と頭を傾(かし)げる場面に多く出くわしたり、買ってない荷物が届いたり、毎月定期的に予約する予約が、今回だけ入っていなかったりと、”辻褄の合わない出来事”がしばらく続くようになります。

でも、これは”一時的”な調整期間を意味している訳ですから、その時間を大いに楽しんでゆきましょうと、バシャールは話しています。

【 輪廻転成システム 】

最近になって、輪廻転成システムがなくなっただとか、完了したという話しをよく耳にすることがありますが、実際のところはどうでしょうか。
バシャールは、次のように答えています。

貴方達が今まで持ち続けていた輪廻転成のコンセプトは、途轍(とてつ)もなく古臭くて時代遅れで、極めて旧式な考え方であったと、バシャールは話しています。

貴方達を含めた全ての全ては、”今ここ”に結集されているのです。
どんな生命だろうと、どの時代に生きようと、どこの次元のどの並行世界だろうと関係なく、全てが”今ここ”に結集しています。

ですから、私達が考えていたような”方法”で転生が行われている訳ではないということを、今一度、認識してゆきましょうとバシャールは話しているのです。

しかし、こういった新しい概念を真に受け止めるようになるには、貴方自身が”今ここ”を意図的に生きることが必要があるのです。
そうすることで、貴方の異なる人生にアクセスするさまを、直接体験することができます。

他の次元に住む”異なる自分”の”異なる体験”から、学びを拝借することも可能となるのです。
ですから、まず、”今ここ”を生きるようにしてゆきましょう!

【 自分の道を 】

私達が住む物質界は、いくつもの並行世界へと分離し始めています。
たとえ、貴方の隣に座る人であっても、貴方と同じ並行世界へ進んでいるとは限りません。

貴方のパートナーや家族もまた、貴方と同じ並行世界へ行くとは限らないのです。
とは言っても、現時点においてはちゃんと会うこともできますし、きちんとコミュニケーションも可能です。

貴方と異なる並行世界へ進んでいる人と交流する時、貴方は?という場面にちょくちょく出くわすようになるでしょうと、バシャールは話しています。

例えば、一つの出来事に対して、その捉え方や”見え方”が全く貴方と異なることに気がつくようになります。
同じトピックを話していても、噛み合わない感じがしたり、理解する”場”が違う場所にあることに気がつくようになります。

また始めは、何だか”おかしいな”と感じるだけかも知れません。
しかし、その内に子供時代からの大親友と仲違いするようになったり、または興味がなくなってしまったりと、シンプルに”会いたい、交流したい”と思う対象が変わってゆくようになります。

しかし、これは皆お互いに異なる並行世界へ向かっているだけであって、それぞれの自由選択によるのです。
ですから、貴方は”無条件の愛”でそれを受け止め、貴方は、貴方の道を選んで突き進んでゆきましょうと、バシャールは話しています。

【 4次元密度を生きる 】

次元の高い位置から低い次元を”見ること”は、とても簡単です。
例えば、4次元密度には、3次元+2次元+1次元が含まれています。

しかし、逆に低い次元から高い次元を”見あげる”となると、”意識をシフト”させる波長を合わせないことには、その次元を認識することができません。
まさに今の私達は、既に存在する4次元密度の世界を、自分達の立ち位置まで呼び込んでいる最中という訳なのです。

新しい世界でどんな自分でありたいのか、どんな世界を体験したいのか、どんな4次元密度を生きたいのか、ワクワクを具体的にイメージしてゆくと良いでしょうと、バシャールは話しています。
貴方がイメージすることによって、4次元密度の世界と、貴方の立ち位置との間に”パイプ”ができるようになります。
この新しく作られた”パイプ”から、4次元密度のエッセンスが、貴方の住む世界へとどんどん運ばれてくるようになるという訳なのです。

私達は既に、新しい世界に降り立っているのです。
後(あと)は、”見上げる”次元を自分の足元へ運び込み、そこから徐々に4次元密度の世界を広げてゆきましょう。

先ずは、貴方の中から始まります。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional