gin7288



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆彡☆ プレアデス高等評議会のミラと地球評議会からのメッセージ ★新時代の光★ *:..。o○☆*゚¨゚゚

July 5, 2017

こんにちは、私はこの惑星の次元上昇の為に、地球評議会でフルタイムで働いている、プレアデス高等評議会のミラです。

全ては、うまく進んでいます。
どうか舞台裏で起きつつあることに、最善の注意を払って下さい。

幕は、本当に上がったのです。

貴方方の目の前に示されている事実は、実に胸がワクワクするようなことだと思います。
それらは極端で、刺激的、怒りを誘い、そして、神経を逆なでするようなことでありえます。

私達には、これらのエネルギーが、人間に如何に影響が大きいかが分かります。
それらは重大で、終わることがありませんが、それによって、この惑星上での闇の勢力の影響も明らかになることは間違いがないことです。

多くの者が、覚醒しつつあります。
これが、創造主が待ち望んでいる次元上昇プロセスの一面です。

人間は、幻想という霧に包まれた泡の中で、眠っていました。
恐れが続き、支配を許して来ました。
しかし、恐れは、暮らしのあらゆる局面で解消されつつあります。

あまりにも長い間、人間は言われたことをそのまま信じて来ました。
今では、人間はそれらに疑問符を投げかけています。

支配者の手は、かつてのように強力ではなくなっています。

行間を読み、言われて来たことに集中することが、非常に大切です。
地球評議会はこの惑星上で進行しつつあることを、常に観察しています。

核戦争は二度と起きないということを、保証したいと思います。
種々(しゅじゅ)の国からのこの種の問題は、単に威嚇(いかく)に過ぎません。
それは恐れを永続させ、軍事力と軍事支出を正当化する為に、企(くわだ)てられていることなのです。

貴方方の政府の焦点は、”もしも、貴方方がポケットの中に1ドルあるなら、それをロケット開発用に拠出しなさい。”ということにあります。

貴方方には彼らの力の集中が無駄であることを、知って欲しいと思います。
貴方方にはこの種のドラマの真意を、可能な限り見透かして欲しいと思います。

新時代の光に、集中して下さい。
光を自分の中で、自分を通して輝かせて下さい。

振動を、高く保って下さい。
意識を高めるのに役立つのですから、周波数の上昇に集中して下さい。

どうか、活動的であって下さい。
不正義の側に立たず、不正義を暴く側に立って下さい。

自分の能力を、真実を語り、自分の希望に沿った暮らしをするのに役立てて下さい。
これが、貴方方が学ぼうとしていることなのです。

古いことを、手放して下さい。
もはや、役に立たないことを手放して下さい。

ネガティブなことや、メディアが貴方方に押しつけようとすることに、精力を使わないようにして下さい。
それらのことから、離れて下さい。

自分自身が明快に感じることについて、エネルギーを使って下さい。
より高度な行動に、集中して下さい。

私達高次元界に居る者に、支援を求めて下さい。
私達は、貴方方の暮らしをより容易にする為に、貴方方を強化しようとしています。

自分のリラックスに、時間を使って下さい。
貴方方が、終わりのゲームに参加しつつあることを、知って下さい。

貴方方は、新たなレベルへと上昇中なのです。
それは、先ず初めは不快かも知れません。

次元上昇が近づいて来ると、新たなレベルにも慣れて来るでしょう。
次元上昇が急迫しつつあることを、確信して下さい。

貴方方は、より高い次元世界で歓迎されようとしています。
貴方方の心は、歓喜と幸福感で満たされるでしょう。

貴方方は、ついに故郷(ふるさと)への帰還ができると感じるでしょう。
地球上で、貴方方が経験して来た苦難、苦痛はほとんど終わりです。

私達がこう言うことができ、貴方方を勇気づけるのは、貴方方が成果を挙げたからなのです。

貴方方の献身と貴方方が行った努力に、私達全てが感謝しています。
貴方方が、真に創造の光であることが間もなく分かるでしょう。

私達が、実際に顔合わせできる日を待っています。

私達の宇宙船が、貴方方に見えるようになり、ワンネスの中で力を合わせられるようになるのは、素晴らしいことでしょう。
貴方方が、生命と創造の市民であることが思い出されるようになるでしょう。

貴方方全てに私の愛を、ミラより。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional