gin7285



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ アルクトゥルスの集団からのメッセージ ★平和について★ ☆、。・ : * : ・゚`★

June 25, 2017

親愛なる皆さん、皆さんが、今、見て聞いているものを、怖れないで下さい。
何故なら、こうしたものは、変化する宇宙の象徴、既に間もなく、目覚めることを選択している皆さんが参加する必要がない、別の世界の部分になる古いエネルギーの、瀕死の苦悶を意味するからです。

全ての人々が、既に次元上昇する選択肢を与えられています。
ほとんどの人々は、これに気づいていませんが、更に深い水準では、あらゆる人がそれを選択しています。

この時期に目覚めることを選択しない可能性がある家族や友人達を怖れるか、或いはそれについて心配しようとはしないで下さい。
彼らのその無限の叡智の中に居る更に高い自己は、今後、3次元型の経験から離れた場所に行く準備が整う前に、彼らがより多くの3次元型の経験を必要としていることを認識しているかも知れません。

あらゆる個人が、ある時点で、更に高い自覚の水準へと次元上昇することになり、それは必然的なことです。
人間の本質は神々しいものであり、人間は幻影的な信念という経験を永遠に生きながら、時間を費やすように運命づけられていません。

親愛なる皆さん、怖れないで下さい。
何故なら、皆さんは今も今までも、皆さんが鏡を覗き込む時に、皆さんが確認するもの、或いは皆さんはそうだと伝えられ信じさせられたものではないからです。

今は新しい時代、目覚めの時、皆さんは実際に創造主と一つであり、従って創造主である全てと一つであるという認識を、喜ぶ時です。
アルクトゥルスの集団は、平和について話をしたいと思います。

威力と義務を通して創り出された、署名済の書類から現れる平和の概念ではなく、本当の平和、ただ意識的に内面に存在する時にだけ外部に現れることができる、一つの安らぎのことです。
平和は、物質的なものではなく、霊的なものです。

真の平和は、3次元の意識状態が何も認識せず、従って決して-分離の感覚に基づいた-条約、戦争、支配、そして、罰則を通してでは首尾良く創り出すことができない、一つの安らぎです。
何故なら、こうした方法論を通して創り出された“平和”は、二元性と分離に基づくものであり、二元性の中の信念はいつも反対側を持つ一対として明らかになる信念の為に、遅かれ早かれ“善の味方”が、“悪の味方”に引っ繰り返ることになるからです。

紛れもない安らぎは、ただその安らぎがそこから形成される実質が……意識として……存在する時にだけ、明らかになります。
平和は、愛の自然な表現、一体性の内部で全てが一つだという、その認識です。

何故、誰かが安らぎ自体を憎み、傷つけ、騙し、欺(あざむ)き、殺し、苦悩させるのでしょうか?

それはただ平和をもたらす為に他者を支配しようとする権力を、適切な行為と理解する、進化していない個人的、そして、集団的な意識状態に属する密度の高いエネルギーというだけのことです。平和があらゆる個人の生得の権利である理由は、それが地球規模でも、個人的にでも、真の現実性になるからです。

親愛なる皆さん、ただ一体性だけがあり、そして、その一体性が皆さんです。
ただ一体性の物質的な形だけを確認する人間の目は、分離を信じます。

しかし、全ての生涯は、ただ存在する実質、遍在し、万能で、博識な神聖なる一つの意識の個人的な顕在化に過ぎません。
神聖なるものとしての真の同一性の容認は、人間は、何らかの手段によって保護されなければ、善悪に関するあらゆる経験に従属する単なる物質的な身体に過ぎない、という信念と共に現れる怖れと疑いを乗り越えて、一人の個人を移動させます。

この認識は、ただ二元性と分離(地球という学校)の言い成りのままに行われた、数多くの経験の後になって現れるだけであり、それが最終的に、その疲弊(ひへい)した魂が、自分達の真の自己に対して心を開き抱き締めることに通じます。
その時こそ、それに伴って、その精神の安らぎ、あらゆる人が捜し求める平和をもたらしながら、真の安らぎという一つの意識が広がり始めます。

真の、そして、長続きする(物質的、精神的、情緒的、霊的な)安らぎの根本は、意識的な一体性の実感です。
毎日、更に数多くの人々が、しばしば自分達が感じているものが何かということを、意識的に認識することなく、更に深い一体性の感覚を経験しています。

その数を増やしている人々、他の人々やしばしば見知らぬ人々や、動物達の為のいくらかの許容性の中で、自分自身を犠牲にすることを選択する人々の活動を、目の当たりにして下さい。
こうした行動は、普通は自発的なものであり、考えられることなく、あらゆる人が内部に持ち運んでいる、その愛の核心部分に起因する極端な要求のほんの少しの瞬間の中で、現れています。

現時点においてこの地上には、数多くの非常に進化した魂達が存在し、他の人々に対する一つの実例になると同時に、自分達の光を集団に付け加えています。
その魂達は、カルマを解消する、或いは愛の課題を学ぶことを目的にして現れる必要はありませんでした。
何故なら、その魂達は、既に地上で、或いは他の数々の惑星上で、この働きを行っていたからです。

この強力な変化の時に、人間の援助の必要性を確認しながら、こうした魂達は、愛を込めて支援することを選択しました。
皆さんは、人生の全ての歩みの中で外見的に普通の物事を行っている、こうした魂達を確認することができ、そして、今後は、その魂達が、更に深い自覚的意識を必要とする数々の状況に、その意識をもたらそうと努力する時に、愛に溢れながらも、しばしば強烈なエネルギーによって、その魂達を認めることになるでしょう。
皆さんはその魂達を、しばしば直観的に強力だと感じますが、しかし、人間の目には、普通に見えます。

愛の活動は、日々、生じますが、しかし、皆さんは、主として大部分の報道媒体からの否定的な情報を提供されます。
報道は、簡単に皆さんを、古いエネルギーに連れ戻すことができます。
その為、皆さんの報道への関与を制限することが重要になるのは、これがその理由です。

皆さんの周りで、続いている物事を意識することは素晴らしいことですが、しかし、それに同調しないで下さい。
それは、皆さんがいくらかの低く共鳴している個人のエネルギーと同調し、そして、気づくと“エネルギーの吸血鬼”という言葉が生まれた姿である、エネルギーが枯渇した状態になっている場合と同じ発想です。

全ての状況の中で、そして、全ての人々、場所、物事、そして、出来事と共に、皆さんのエネルギー場を、澄んで光に溢れた状態、そして、出現する可能性がある何らかのより低く共鳴するエネルギーと同調しない状態に、維持して下さい。

より低く共鳴しているエネルギーは、そのエネルギーについての、一つの“重苦しい”感覚を持ちます。
それは、一部の場所の中や、特定の人々が簡単に感じるものです。

それは、皆さんが与える力以外の力を持たない為、それを怖れることなく、それに同調も同一視もしないように意識して下さい。
皆さんはまさに、それを放置することを選ぶことができます。

一人の個人が探し求めるあらゆる物事は、既に内部に存在することをその個人が実感するまで、その個人は、個人達や物事から外部にあるものを探し求め続けることになるでしょう。
皆さんが、別の人の比較的低く共鳴するエネルギーと同調する時、皆さんは無意識の内に、皆さん自身のエネルギーを提示します。

ただ一体性だけがあることを、忘れないで下さい。
皆さんは愛に溢れ共感を持っているという信念の中でさえ、皆さんは、枯渇していると感じ、その理由を不思議に思う皆さん自身に気づくことがあります。

意識的に意図しないで、その者達は、皆さんのエネルギーを利用して来ました。

共感……(“私は貴方の痛みを感じる。嗚呼、貴方はどれほど苦悩してきたことか、等々”)。
思いやり……(“私は理解する。恐らく貴方はこれをすることができた、等々”)

何故なら、ただ一体性だけが存在し、同調が簡単に起こるからです。

助言者や療法士等々として働く人々は、これを忘れないように、自分達の作業領域とエネルギー場を頻繁(ひんぱん)に清潔にすることが、特に重要になります。
皆さんが何らかの物事と同調する時、皆さんは、そのエネルギーと一つになります……人々、場所、物事、発想等々です。

これが関係性……進化し、低く共鳴している両方の状態の人々の、その働き……の背後にある秘密であり、その人々のエネルギーは同調しています。

霊的に気づいている人々の為に、今は、ある種の微調整が起っています。
現時点まで、真剣な探求者達は、余り反動を受けずに、自分達のある種の古いエネルギーのやり方を続けることが許されて来ましたが、しかし、既に地球の共鳴がかなり浄化されている為、あらゆる人の信念の隅々は一掃されていて、既にその霊的な鎖錠はとても短くなっています。

かつて、重要ではないと考えた小さな数々の出来事や活動を、非常に重要なものであり、皆さんが理解しないある種の罪悪感をもたらすかも知れない、と考え始める時には、これを思い出して下さい。
これがそうなる理由は、既に皆さんのエネルギー場は、次第に更に高い光の周波数により順応した状態になり、皆さんが同調から外れている場合を、簡単に感知できる状態を引き起こしているからです。

ある特定の時点で、霊的な旅は剃刀の刃の上を歩いているようなものになる、と言われて来ました。
これが、今、皆さんが行っていることです。

あらゆる物事を、人間の精神で解明しようとする試みを、手放して下さい。
何故なら、それを行うことはできないからです。

今の皆さんである私が、その計画を認識するという事実を、信頼して下さい。
皆さんが探し求めるその平和、真の安らぎになって下さい……皆さんは、その準備が整っています。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional